SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

格安スマホとは?どうして安い?仕組みと購入方法等

イオンの参入で一気に知られるようになった「 格安スマホ 」。
でも、格安スマホっていったい何なのかよくわからなくありませんか?

通常のスマートフォンは、
通信会社のdocomoやソフトバンク、auなどが、
端末を開発している、アップルやシャープ、LGなどのメーカーと契約して、
通信と、端末をセットにして私たちに販売しています。

でも、格安スマホは通信会社ではない会社(ワイモバイルだけ別ですが…)
イオンや家電量販店などが、主にドコモの電波を一括大量購入して安く買い取り、
MVNO(仮想移動体通信事業者)となって、私たちに小売しています。
端末は独自に直接に、開発業者と契約してセット販売しています。

また、BIGLOBEや、OCNモバイルONEなどが、
端末はつけないで、SIMだけ(電波の権利や情報が入ったカード)
販売して、私たち利用者自身で購入した端末にセットして利用する方法もあります。

一般のスマホと違うのは、

  1. 端末の性能が劣ることがある
  2. 月額料金が安い
  3. 通信に制限がある
  4. 通話料金が発生する

主にこんな違いがあります。
それぞれ別のページで解説していますので、
じっくり読んで格安スマホを上手に利用してください。

デメリットもありますが、よく理解すれば、
ほぼすべての人が、今までと遜色なく活用できますので、
安心して当サイトをご覧になってください!

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

auの子会社でコスパ最強の「UQモバイル」
通常1,980円(初年度)で家族割を組むと2人目から1,480円~で通話料コミコミの最強プラン。このサイトから申し込むと13,000円のキャッシュバックキャンペーン中!


通話もデータも優等生な「楽天モバイル」
大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。


iPhoneにも対応のこども向けスマホの「トーンモバイル」
TSUTATAグループが発売するトーンモバイルは、細かい使用制限が可能で子どもにもたせるのに安心な独自スマホが特徴。2018年についにiPhoneでも子供向けモードが利用可能に!月1,000円~と良心的。

更新日:

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.