SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

格安スマホを端末セット申込み=設定不要ですぐ使えるMVNOは?

ドコモの電波なのに破格で利用できる格安スマホ。
でもネックもあります。通話料金問題と初期設定です。
au・ドコモ・ソフトバンクで契約した場合はSIMの設定はしてあります。

もちろん画面の色とか自分好みにする設定はありますが、
SIMは端末にさしてあり、SIMと端末を結びつける設定はできています。
しかし、格安スマホの場合基本的にはAPNと呼ばれれる、
回線と端末の紐づけ作業を自分でしなければなりません。

具体的には以下の画面作業です。

  1. 設定画面から「無線とネットワーク」の「もっと見る」
  2. 「モバイルネットワーク」
  3. 「アクセスポイント名」
  4. 上の+をタッチして「新しいAPN」
  5. 新規のAPN設定

 

apn

apn

5番目の新規のAPN設定画面だけみると
このような設定項目になっています→

 

 

 

 

 

 

 

 

この画面上でAPNの以下の設定を
契約書にあるとおりに入力します。

  • APN名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 認証タイプ

これが初めてやると、なんとも面倒なんです・・・

ドコモのように店舗で聞けないので、サポートデスクや各サイトの解説画面を見てなんとかやるしかありません><

これを乗り越えないと格安スマホは使えないのか?そうでもないんです!

 

MVNO各社この部分に差があって、

  • 既にこの設定済みの「スグ使えるスマホ」を送ってくる会社
  • 自分でAPN設定をする必要のある会社

恐らくコスト削減で…この2つに分かれています。

「セット購入だから届いたらすぐ使えるゾ♪」と思いきや、
設定に苦労するなんていうことが起きないために、
各メーカーを調査して以下を表にまとめてみました。

【端末とSIMをセットで購入時・初期設定が既にしてあるMVNOは?

※送付された端末がすでに初期設定(APN設定)してあるものは〇/してないものは×

2015年7月現在

 

楽天モバイル

NifMo

TONEモバイル

初期設定はしてある?

×

 

OCNモバイルONE

BIGLOBEモバイル

IIJmio

初期設定はしてある?

×

×

 

DMMモバイル

U-mobile

mineo

初期設定はしてある?

×

確かに1台1台APNの設定をしてから送付するとコストがかかります。
そこをあえて、1台1台設定して送ってくれる会社は信頼できますネ。

まとめると…
端末とセットで購入して初期設定をしないで済むのは、
楽天モバイル TONEモバイルIIJmiomineo です。
面倒な初期設定なしで利用したい方は上記のMVNOがお勧めです!

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

auの子会社でコスパ最強の「UQモバイル」
通常1,980円(初年度)で家族割を組むと2人目から1,480円~で通話料コミコミの最強プラン。このサイトから申し込むと13,000円のキャッシュバックキャンペーン中!


通話もデータも優等生な「楽天モバイル」
大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。


iPhoneにも対応のこども向けスマホの「トーンモバイル」
TSUTATAグループが発売するトーンモバイルは、細かい使用制限が可能で子どもにもたせるのに安心な独自スマホが特徴。2018年についにiPhoneでも子供向けモードが利用可能に!月1,000円~と良心的。

更新日:

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.