SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

外出先で威力を発揮する!SIMフリーLTE内蔵ノートPC特集

最近のモバイルノートパソコンはメモリーも8GBで、
メインPCにしても十分仕事をこなせるスペックで、
小さいので外で利用することもできる優れものが多々発売されています。

今までノートPCを屋外でインターネットに接続させるには、
モバイルルーターを持ち歩いて、そのたびにルーターとPCを、
接続させる必要がありました。両方の電池残量も気にしてとっても面倒…

以前からノートPCに内蔵SIMがあればと探していました。
少し前はWIMAX内蔵型PCというものが少しありました。しかし、
WIMAXは月額3~4千円かかり、格安SIMが内蔵できるPCはほぼ皆無でした。

東芝も通信部門を売却してしまったし、
このLTE内蔵ノートPCに参入するメーカーは本当に少ないです。
今、管理人が紹介できる機種は下の2つだけです。
タブレットならばたくさんあるのですがPCとなるとこれだけ…
この2機種がかなりの優れものです。ちなみに管理人はレッツNOTE!

マイクロソフト Surface3

Surface3 (4G LTE)

税込88,344円から

Panasonic Let's note

(LTE内蔵モデルはRZ/MX/SX)

税込216,864円から

価格がお手頃でLTE内蔵のパソコンならばコレ。
オフィスもついていて、スタイリッシュなモデルです。以前から気になっていましたが、外出先でもりようできるとうたっている割には、外で必要なLTEが内蔵されておらず「内蔵モデルでないかなぁ~」と思っていた矢先の発売でした。ネックはHDMI端子なかったこととなどです。でもニーズに合う人はこの価格でLTE内蔵のSIMフリーパソコンはありません!
ひとつのステータスにもなっている、パナソニックのレッツノート。LTE内蔵モデルは今までパナソニックのオンラインストアだけで量販店はありませんでした。この夏から量販店でも販売していますが、スペックが劣っています。うまくできているものです。散々比較して管理人はオンラインストアからRZを購入し、格安SIMを入れて利用しています。普段は大画面モニターにHDMIで出力してメイン機として利用しています。本格使用する方はこれではないでしょうか?

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

auの子会社でコスパ最強の「UQモバイル」
通常1,980円(初年度)で家族割を組むと2人目から1,480円~で通話料コミコミの最強プラン。このサイトから申し込むと13,000円のキャッシュバックキャンペーン中!


通話もデータも優等生な「楽天モバイル」
大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。


iPhoneにも対応のこども向けスマホの「トーンモバイル」
TSUTATAグループが発売するトーンモバイルは、細かい使用制限が可能で子どもにもたせるのに安心な独自スマホが特徴。2018年についにiPhoneでも子供向けモードが利用可能に!月1,000円~と良心的。

更新日:

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.