SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

価格重視!SIMフリー端末選びは格安モデルで安く手に入れる

格安スマホなんだから端末だって安くないと!という、
価格重視のあなたには2万円以下の格安端末がお勧めです。

2万以下のものでもスペックがある程度しっかりしたものもあるので、
スペックのチェックと、3Gしか対応していないかLTEも利用できるか?
など、最低限のチェックポイントはおさえたいところです。

ただ、名前がほぼ知られていない中華メーカーや、
あまりに以前の型落ちスマホでは動きがモッサリして、
使っていくうちにイライラしてしまうことも。

最近では国内振興メーカーが企画設計監修したモデルで、
格安機もあり、十分なスペックを保ちながらも
良質な選択肢が持てるようになりました。

このカテゴリーでは低価格でありながら、
長期の利用に耐えられる機種を選んでご紹介していきます。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

auの子会社でコスパ最強の「UQモバイル」
通常1,980円(初年度)で家族割を組むと2人目から1,480円~で通話料コミコミの最強プラン。このサイトから申し込むと13,000円のキャッシュバックキャンペーン中!


通話もデータも優等生な「楽天モバイル」
大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。


iPhoneにも対応のこども向けスマホの「トーンモバイル」
TSUTATAグループが発売するトーンモバイルは、細かい使用制限が可能で子どもにもたせるのに安心な独自スマホが特徴。2018年についにiPhoneでも子供向けモードが利用可能に!月1,000円~と良心的。

更新日:

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.