SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

SIMフリーiPhoneの新着ニュース

例年、長蛇の列ができる新型iPhoneの発売日。しかし、2014年9月のiPhone6/6plusの時は今までと違いました。量販店やキャリアショップへの顧客の数よりも、Apple直営店のショップに長蛇の列ができました。

なぜか?量販店やキャリアではロックのかかった、iPhoneしか販売されていないからです。2015年のSIMロック解除の総務省指導に向けて、アイフォンもシムフリーに向けて大きくシフトしました。

これで、ドコモでもauでもソフトバンクでも、または格安SIMを扱うMVNOのどの業者のSIMでも、ただSIMを抜き差しすれば自由に使えるようになりました。

アンドロイド機種は大抵ドコモ・ソフトバンクの通信形式と、auの通信形式が違うため、この2つのグループでは、実質ロックがかかっていてSIMを抜き差ししても使えません。

(恐らく)シムフリーアイフォンだけが、SIMの自由。通信形式も自由の本当のフリー端末です。このカテゴリーではSIMフリーiPhoneにかかわるニュースを取り上げます。最新のAppleの動向にご注目ください。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

auの子会社でコスパ最強の「UQモバイル」
通常1,980円(初年度)で家族割を組むと2人目から1,480円~で通話料コミコミの最強プラン。このサイトから申し込むと13,000円のキャッシュバックキャンペーン中!


通話もデータも優等生な「楽天モバイル」
大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。


iPhoneにも対応のこども向けスマホの「トーンモバイル」
TSUTATAグループが発売するトーンモバイルは、細かい使用制限が可能で子どもにもたせるのに安心な独自スマホが特徴。2018年についにiPhoneでも子供向けモードが利用可能に!月1,000円~と良心的。

更新日:

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.