SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

失敗しない格安SIM選びのポイントは?

1か月1GBで月1000円。
だいたい格安SIMの会社は横並びになってきました。
でも、その中でもヒカル他と違うサービスを展開している業者もあります。

お勧めのSIM提供会社や、
失敗しないSIM選びのためのいくつかのポイントをご紹介しています。

特に注意してほしいのは、

  • SIMのサイズ
  • auユーザー特有の問題
  • 目的別のSIMの選び方のコツ

などです。SIM提供会社のほとんどが、
途中解約の違約金などはとっていないのでそれほど恐れることはありませんが、
加入時に事務手数料が3000円ほどかかることが多いので、
是非失敗しないSIM選びをされてください。

このページではsim選びに必要な情報をまとめています。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

auの子会社でコスパ最強の「UQモバイル」
通常1,980円(初年度)で家族割を組むと2人目から1,480円~で通話料コミコミの最強プラン。このサイトから申し込むと13,000円のキャッシュバックキャンペーン中!


通話もデータも優等生な「楽天モバイル」
大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。


iPhoneにも対応のこども向けスマホの「トーンモバイル」
TSUTATAグループが発売するトーンモバイルは、細かい使用制限が可能で子どもにもたせるのに安心な独自スマホが特徴。2018年についにiPhoneでも子供向けモードが利用可能に!月1,000円~と良心的。

更新日:

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.