SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

JCOMモバイル評判・口コミは?ガラホと動画の独自路線!でも・・・

ジェイコムモバイル

JCOMモバイル」はケーブルテレビのJ:COMが始めた格安スマホのMVNO事業です。

ジェイコムはケーブルテレビの業界でシェア50%/1000世帯のユーザーを持つKDDIのグループ会社です。 格安スマホ各社、料金プランごとの月額利用料金やサポート体制等のサービス内容がほとんど横並びとなっている中JCOMモバイルはかなりの独自路線を突き進んでいます。 サービス内容を一言でいうと J:COMユーザー(インターネットやケーブルテレビ)に思いっきりえこひいきなお得プランを提供しています。 しかも、電波やドコモとau回線で通信速度・回線品質は担保されていますので1000万世帯のジェイコムユーザーはJ:COMモバイルを契約しない理由がないのでは?と感じさせる太っ腹さです。 では、J:COMモバイル通信サービスのメリットデメリット、特徴を解説していきます!

JCOMモバイルの特徴

JCOMモバイルはJCOM MOBILE SIM単体とJCOM MOBILEスマホセット販売の2つのタイプから選択できます。しかし!後述しますが「セット購入」でメリットがでるようになっています。SIM単体購入するとJCOMモバイルを契約するメリットがほぼなくなります。 また、契約期間も「2年間の長期契約タイプ」と「標準契約タイプ」に分かれます。大幅な値引きがされるのは長期契約タイプです。 JCOMのオンデマンドの動画視聴の使用データ量をカウントフリーにしたり、ガラホが端末代コミで月額980円で利用できるなど、JCOM側の条件に合えば、さりげなく他にないコスパの通信料金でドコモ回線を提供する隠れたお得な格安スマホサービスです。

利用料金、プラン一覧

JCOMモバイルのプランは大きく分けて「Aプラン スマホセット」(端末とのセットプラン)と「Dプラン SIMカード」(SIMカードのみ契約)の2つです。どちらのプランを選んだ場合も、月の基本データ通信量は0.5GB/3GB/5GB/7GB/10GBから選ぶことができます。 ただし、SIMカードのみ契約した場合月額料金の総額が最大24,000円割り引きになる「JCOM MOBILEスタート割」は適用されません。また「端末代の割引」と「他社からの乗り換えでキャッシュバック」特典も「Aプラン スマホセット」のみの適用になります。 「Dプラン SIMカード」プランではこれらの特典が適用されないため、JCOMモバイルを契約するなら「Aプラン スマホセット」それも月額料金が大幅に割引になる「長期契約タイプ」を契約することをおすすめします。 以下では基本プランではなく、「Aプラン スマホセット」(長期契約タイプ)を契約して各種特典を適用した場合の金額をご紹介します。

端末セットプランと各端末の比較(iPhone6sもあり!)

◆安価に利用できる 「お勧めのプランと端末」 の携帯料金組合せ例

セット端末

音声通話付き端末セット

月額料金

備考

LG Wine Smart

LG Wine Smart

980円

/0.5GB

端末代実質0円※

0.5GBならずっと980円! 機能はスマホ、スタイルはガラケーの「ガラホ」

jcomモバイル sharp aquos l2

SHARP AQUOS L2  

980円

/0.5GB

端末代実質0円※

0.5GBならずっと980円!

jcom_huaweip10lite.png

HUAWEI P10 lite

980円

/0.5GB

端末代実質0円※

0.5GBならずっと980円!

LG X screen

LG X screen

 

980円

/0.5GB

端末代実質0円※

0.5GBならずっと980円!

jcomモバイル iphone6s

iPhone6s(リファービッシュ)

980円/0.5GB

別途端末分割料金が必要

(月額1,000円×48か月)

登録修理業者による再整備品。

1,000円×48回払いだが、24カ月目以降に機種変更したい場合は「スマホmoreプログラム」を利用すれば端末の残額支払が免除される。

※J:COM TV、またはJ:COM NET(120Mコース以上)に加入している場合

セットプランにはデータ専用タイプはありません。「スタート割り」と「端末割引(条件は後述)」を適用した価格です。

3GBプランは+1,000円/5GBプランは+2,000円/ 7GBプランは+3,000円/ 10GBプランは+4,000円を上記金額に上乗せして計算する。

2018年4月現在、JCOMモバイルでは上記の4つの端末(LG Wine Smart/SHARP AQUOS L2/HUAWEI P10 lite/LG X screen/iPhone6sのリファービッシュ品 )から選ぶことができます。 JCOMモバイルでは、なんとiPhone 6s(リファービッシュ)が購入できます。ただし、iPhoneの「リファービッシュ品」は「Apple認定整備済品」とは違い、1年間のAppleハードウェア保証対象にはならず、補償とサポートを延長できるAppleCare+ for iPhoneに加入することもできませんので注意してください。(JCOMモバイル独自の端末保証 for iPhoneに加入できます) また、端末代の割引はありますが他の機種とは違って実質0円にはなりません。それでもiPhoneが割引価格でセット購入できる格安スマホ(MVNO)はまだまだ少ないので、格安スマホでもiPhoneを使いたい!という方にはおすすめです。 以下、JCOMモバイルで購入できるAndroid端末を簡単に比較してみます。

2018年4月現在、JCOMモバイルで選べるAndroid端末のスペック比較

 

jcomモバイル sharp aquos l2

 

SHARP AQUOS L2 

LG X screen

 

LG X screen

一括価格(税抜)

32,400円

32,400円

カメラ機能

メイン:1310万画素

/サブ:500万画素

メイン:1300万画素

/サブ:800万画素

JCOM最低利用料金

980円/月額

(端末代込み)

980円/月額

(端末代込み)

スペック

ROM:16GB

/RAM:2GB

ROM:16GB

/RAM:2GB

特徴

おサイフケータイ、防水・防塵対応。3日間長持ちする電池搭載の頼れる国内メーカースマホ。

とにかく軽く使いやすいスマホ。インカメラも800万画素で自撮りもきれい。

 

jcom_huaweip10lite.png

HUAWEI P10 lite

LG Wine Smart

LG Wine Smart

(ガラケースタイル)

一括価格(税抜)

32,400円

12,000円

カメラ機能

メイン:1,200万画素

/サブ:800万画素

メイン:300万画素/サブ:30万画素

JCOM最低利用料金

980円/月額

(端末代込み)

980円/月額

(端末代込み)

スペック

ROM:32GB

/RAM:3GB

ROM:4GB

/RAM:1GB

特徴

高性能カメラ搭載でコスパ抜群!

背面はガラス製で高級感もあり。

2つ折り形式なのにアプリも入れられる本格ガラホ。スマホ機能も利用できるガラケー形式スマホ。

2つ折りのガラケースタイルで利用したい方は「LG Wine Smart」がお勧め。意外と高級感があり、ボタンも大きく使いやすいモデルです。もちろんJCOMモバイルの大きなメリット”JCOMオンデマンド”も視聴し放題できます。 結構サイズがあるのに120gととにかく軽いスマホがお好みの方は「LG X screen」がお勧めです。セルフィーカメラ(自撮りのためのインカメラ)も800万画素できれいに撮れます。女性やコンパクトに利用したい方にちょうどよい機種です。 国内メーカー製で便利機能がたくさんついているスマホなら「SHARP AQUOS L2」です!国内メーカーならではのおサイフケータイ・防水防塵・長持ち電池搭載の贅沢モデルです。おサイフケータイ機能や防水がついてるのは後からありがたみが出てきます。 JCOMモバイルで選べるAndroid端末の中で一番お勧めなのは「HUAWEI P10 lite」です。カメラ性能も高く、ROM:32GB/RAM:3GBとこの4機種の中で一番高性能。4機種とも0.5GBプラン端末代コミで980円と同価格なので一番高スペックなP10 liteを選ばない理由はありません。UQモバイルでP10 liteを購入した場合、一番安い「プランS」でも月額2,138円ですからお得です!

 

JCOMモバイル

SIMカード単体契約プラン

月間の基本データ通信量

データ通信のみ

音声通話+データ通信

3GB

月額900円

月額1,600円

5GB

月額1,400円

月額2,100円

7GB

月額1,900円

月額2,600円

10GB

月額2,400円

月額3,100円

※すべて税抜

JCOMモバイルでSIMカードのみを契約した場合の料金は、他格安SIMサービスと同水準で決して高くはありません。ただしJCOMモバイルのメリットの通信データ量が節約出来るJCOMオンデマンドのカウントフリー(JCOMオンデマンドアプリ経由で動画視聴した場合、パケットを消費しない)の適用外となりメリットが少ないためセット購入をお勧めします。

JCOMモバイル

主なオプションサービス機能の有無

カケ放題(1回5分/月額850円)

ポイントシステム

×

家族データ容量共有

×

複数SIM契約

×

カウントフリー

大容量・無制限プラン

Wi-Fiスポット

バースト転送機能

×

データ繰り越し

 

 

通話SIMで通話料金がお得になるカケ放題はIP電話ではない携帯電話会社の音声回線です。アプリを利用していないので通話品質は劣化せずドコモの品質で利用できます。それでいて楽天でんわと同じ1回5分で850円!

端末セットプランはJCOMオンデマンドアプリの利用時、データ消費にカウントしない「カウントフリー」があり、外出先で利用できる無料Wi-Fiスポットもついています。

10GBまでですが、カウントフリーもあるので大容量プランはありとしました。ジェイコムユーザーにはとってもお得な料金システムです。

JCOMネット・テレビ利用者に"えこひいき"なJCOMモバイル特典

JCOMはケーブルテレビとインターネットサービスがメイン事業です。JCOMモバイルを展開する目的はおそらく囲い込みです。 JCOMユーザーに様々なサービスをJCOMネットワークから一括して利用してもらい、他社のインターネットサービスに乗り換えないように繋ぎとめるのが目的だと思われます。 これは決してユーザーに悪いことではなくメリットが多いパターンです。その証拠にJCOMモバイルのプランはまとめて利用すれば携帯電話料金がしっかりお得になるようにうまいプラン構成をしています。

年配者シニア層が使いやすい!価格・出張設定サポート・ガラケー

JCOMモバイルは二つ折りの携帯電話(ガラケー)に慣れている方や、高齢者(シニア層)に優しい3つのポイントがあります。それは・・・

  • 価格
  • 出張設定サポート
  • ガラホ端末もあり

高齢者の方ですとガラケーでカケ放題で現在1,000円前後の方と、スマホにして6,000円前後かかっている方に二分されると思います。JCOMモバイルだと、 ジェイコムモバイル980円 月額980円で端末コミで利用できます。しかも「LG Wine Smart」の限定で2年後の値上げもなく永年980円で利用できます。 しかも、二つ折携帯の形式のままなので、今までガラケーを利用してきた方も違和感なく利用できます。もう一つのメリットは、無料で設定出張サポートをしてくれることです。 ドコモやauとのキャリア契約であれば、お店で店員さんが利用できるように設定を済ませて手渡してもらえました。しかし、格安スマホ各社は店舗をもたずこのサポートが受けられません。 しかし、JCOMモバイルはケーブルテレビサービスのサポートスタッフを活用して、自宅まで訪問サービスをしてくれます。 ジェイコムモバイル 出張設定サポート 訪問サポートの内容も、端末を電話とデータ通信がただ出来るように初期設定して動作確認するだけではなく、電話帳の移行や、LINEなどのアプリ設定、メール設定、さらには画面を使いやすいように調整までしてくれます。 出張設定サポートは楽天モバイルなどでもおこなっていますが、対象端末が限られていて1回のサポートで通常8,500円かかります。これを無料で提供されています。

ガラケーの機能がすごい、パカパカそのままで機能はほぼスマホ

今までの二つ折携帯でも「データ通信」ができたと思います。このガラホは何が違うのか?今までのガラケー、またはガラホといわれるものは、スマートフォンの劣化版のようなものでした。 つまり、二つ折り携帯よりはいろいろ出来るが、スマホよりはできることが少ない端末でした。しかし、このAndroidスマートフォン「LG Wine Smart」は、ほぼスマホと同じスペックでありながら、二つ折りのメリットを残した機種です。 LG Wine Smartの特徴 GooglePlayに対応、キー操作だけでなくディスプレイ画面に直接触って操作できるタッチパネルが採用され アプリのインストールが出来ます。つまりスマホです!

JCOMオンデマンドがカウントフリー

JCOMでは映画やドラマ、アニメを楽しめるコンテンツとして「オンデマンドサービス」を提供しています。通勤通学の時間に動画を見るとデータ通信量を消費してしまい、あっという間にパケット量を超過してしまいます。 しかし、JCOMオンデマンドをJCOMモバイルで視聴しても、その消費容量はカウントフリーにされデータを消費しません! ところで、JCOMのオンデマンドはケーブルテレビのサービスでなんだかローカルな番組しか楽しめないような気がしませんか?HuluやU-NEXTと同等のサービスと考えてよいようです。ジャンルも豊富です。 ジェイコムオンデマンド ジャンル

無料作品/アニメ/映画/ドラマ。他にも地上波の見逃し番組も視聴できます。

ジェイコムオンデマンド 見逃し

フジテレビオンデマンド/テレ朝動画/TBSオンデマンド/日テレオンデマンド/テレビ東京オンデマンド。そして、NHKオンデマンドも利用できます。

ジェイコムオンデマンド NHKオンデマンド つまり、LG Wine Smartの0.5GBプランの場合、通話もできて動画も見放題で端末料金もコミコミで月額980円になるんです。(オンデマンドは別途追加料金必要)この組み合わせはかなりのコスパです。

JCOMの「ネット、TV、オンデマンド」の違いを整理

既にJ:COMをご利用の方は難なく理解できるかもしれませんが、その他の方はネットサービスとテレビ、オンデマンドサービスってどう違うのか混乱しませんか?

名称の通りですが、ネットサービスは”インターネット接続サービス”です。光回線とほぼ同等に利用できるケーブル回線を利用したネット接続プランです。

JCOMテレビは、アンテナ不要で利用できる地上波とBSテレビ、CSテレビを見ることができるパックプランです。

JCOMオンデマンドは、インターネット回線を介して視聴する、オンラインのDVDレンタルみたいなものです。見放題や見逃しプランもあります。テレビと違って自分の好きな作品を選んでみることができます。

外出先でデータ容量気にせず利用できるwifi無料

MVNO各社で有料化されつつある、マクドナルドや駅などで利用できる公衆LAN(Wi-Fiスポット)を無料で提供しています。有料だと月々400円くらいかかるサービスです。 Youtubeなどはカウントフリー対象ではないので、外出先で重い動画を見るときなどは100円コーヒーを飲みながらマックで楽しめます。

で、結局どのくらいお得なのか?楽天モバイルとの比較表

J:COMモバイルのこの価格のコスパっぷりは他社と比較してみるとハッキリします。格安スマホの代表格楽天モバイルで2017年2月現在発売しているガラホと比べてみます。

 

J:COMモバイル

楽天モバイル

端末

LG

Wine Smart

AQUOS ケータイ

 SH-N01

契約プラン

0.5GB ※1

/3GB ※2

3.1GB

かけ放題

1回5分/

月額850円

1回5分/

月額850円

カウントフリー

JCOMオンデマンド

カウントフリー 使い放題

なし

月額料金

※以下、コミコミの価格

( 端末代金+

データ通信料

+カケ放題 )

0.5GBプラン 1,830円 ※1

 (980円+カケ放題850円)

ずっとこの料金

3,483円

3GBプラン 1,830円 ※2

(980円+カケ放題850円)

(1年以後は3,830円)

設定出張サポート

無料

8,500円

その他

乗り換えキャッシュバック

10,000円

 

楽天モバイルのガラホ「AQUOS ケータイ SH-N01」を分割払いで利用した場合、カケ放題を付けて3GBで3,483円。JCOMモバイルの場合は2つプランが分かれますが(以下のコラム参照)かけ放題コミで1,830円で利用できます。0.5GBプランは永年その価格です!乗り換えキャッシュバックと、無料設定出張サポートもつくのでかなりお得です。※価格は税抜価格です。

0.5GBと3GBがどうして同額980円なの?【※1と※2について】

月間利用データ容量が”0.5GB”と”3GB”の両方とも基本料が1,830円と同額なのはなぜ?

本来0.5GBの端末セットプランは1,380円。3GBの方は3,680円です。それぞれを2年間の長期契約タイプにすると割引が適用されます。しかし、それぞれ適用される割引き制度が違います。

※1 【0.5GB】の方は「長期割り」「端末割引」がきいて端末代金の分割支払いが終わる24カ月ずっと割り引かれ980円。それ以後も端末支払代金が支払い終わっているので980円。結果、0.5GBはずっと980円で利用できます。

※2 【3GBプラン】の方に適用さえるのは「長期割り」「スタート割り」( Wine Smart には毎月2,000円×12カ月割り引き)の両方が適用され980円。しかし、スタート割りが12カ月でなくなるので、13か月目から2,980円になります。

ややこしい・・・でもガラケー付きで通話回線付きデータ容量も軽くLINEや検索なら0.5GBで利用できるので、ずっと980円で利用できるのは魅力です。永年1,830円でスマホ機能とカケ放題も利用できるこの組合せはお勧めです!

JCOMモバイルの2つのデメリットを解説

JCOMモバイルは、カウントフリー/ガラホとスマホの選択肢がある/セットタイプでの大幅値引き/設定出張サポート無料 などメリットが多いです。 しかし、デメリットもあります。ひとつはエリアと複合契約の問題。もう一つはSIM単体契約についてです。

JCOMモバイルを契約できるのはケーブルテレビエリア内だけ

「よし!電話番号引き継ぐMNP転出してJCOMモバイルに乗り換えよう!」と思っても、どうやっても契約ができない方がほとんどです。JCOMのケーブルテレビのサービス対象エリア内でないと申し込み自体ができません。

※誤解ないように、説明を加えるとケーブルテレビエリア内でないと”契約”はできませんが、契約ができれば JCOMモバイルは”ドコモ回線(SIM単体契約時)”と”au回線(端末とセット契約時)”なので、日本全国で利用できます。

では、どのエリアがジェイコムのサービス対象区域でしょうか?

ジェイコムモバイルを利用できるエリア

JCOMはケーブルテレビのシェア50%(1000万世帯)のユーザーを抱える大手です。有線で繋がられたサービスなので都市や人口密集エリアが対象になります。 ◆茨城県・千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県の一部 ジェイコムモバイル 関東エリア ◆京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県の一部 ジェイコムモバイル 関西エリア ◆山口県・福岡県・熊本県の一部 ジェイコムモバイル福岡エリア ◆仙台市・札幌市

エリア内でもテレビかネットも契約していないとメリットはゼロ

上記のエリア内だと申し込みはできます。しかし、インターネットやCS・BS放送でJ:COMケーブルテレビを利用していないとメリットがほぼゼロになってしまいます。 JCOMのインターネットかJCOMTV(BSかCS放送サービス)を利用していないと、ここまでで解説してきた 端末とのセット購入の割引きやカウントフリーになるJCOMオンデマンドの利用無料の設定出張サポートの利用ができません。 つまり、JCOMは自宅のインターネットやCS・BS放送を利用してくれているユーザーへの付加価値として、JCOMモバイルを利用しています。

SIM単体購入はあまりメリットがない

JCOMモバイルのSIMを単体で契約し、ご自分でお持ちの端末をSIMロック解除したり、SIMフリー端末を利用することもできます。(こちらもJCOMケーブルテレビエリア内の方のみ契約可能) しかし、SIM単体契約だとメリットがほぼなくなってしまいます。以下をご覧ください。

ジェイコムモバイル 

>SIM単体契約だと無料の設定出張サポートを受けられれない

ジェイコムモバイル 

>SIM単体契約はJCOMオンデマンドのカウントフリーの対象外

SIM単体契約(データ専用SIMのみと、データSIM+音声通話対応SIM)だとデータ容量も3GBプランのみなので、おそらくJCOMモバイルがSIM単体の契約にそれほど力を入れていないようです。SIMだけを利用するならば他のMVNOを検討したほうが良いと思います。 JCOMモバイルのメリットが際立つのは端末とのセット契約 & JCOMのネットかテレビの複合契約の合わせ技の時、ありえない程のコスパを発揮します!

J:COMモバイル 公式ページへ

申込み時わからないことがあったときはどうする?

JCOMモバイルはほかのMVNOと比べて割引き制度や、自宅インターネットの契約者だけに限られる特典などわかりにくい部分もあります。できるだけこのページで解説しましたが分かりにくく感じた方もいると思います。そんな時は公式サイトにあるチャットサービスを使いましょう。

jcomモバイルチャット問い合わせ

電話(フリーダイヤル0120の919-988)で問い合わせもできますが、チャットだと気軽に質問できます。公式画面にいくと上記左のチャットマークが出てきます。クリックすると右のように問い合わせが始まります。管理人も使ってみましたがとても親切に対応してくださいました。 実際に申し込むときには、電話・営業マンに直接依頼・WEBから申込むの3つの方法があります。下が実際の申し込み画面ですが 「Webでお申し込み」 「訪問予約はこちら」 「お電話で申し込み」の3つのタグがあります。

jcomモバイル申し込み画面

▲インターネットで申し込む場合は左のタグから申し込みます。あとで確認の電話をくれるので間違いがなく安心です。

J:COMモバイル解説まとめ~お勧めできる人・できない人

J:COMモバイルは地域性と特定のユーザーにはメリットの多いコアファンがよろこぶMVNOです。お勧めできる方、できない方で最後にまとめます。

JCOMモバイルをあまりお勧めできない方

  • J:COMケーブルテレビのエリア外の方(申し込み不可)
  • エリア内でもJ:COMのネットかテレビを使っていない方
  • SIMだけ契約して自分の好きなスマホを利用したい方

【解説】

JCOMモバイルは、同社のケーブルテレビの基本サービス(インターネット固定回線サービス or BS、CSテレビ)を利用していないとメリットがなくなる複合契約で初めてお得になるMVNOです。

また、SIM単体で契約しても JCOMオンデマンドの通信量のカウントフリーや無料設定出張サービスなどが適用外になるためうまみがありません。SIM単体で申し込む場合は他のMVNOの方がおすすめです。

JCOMモバイルをお勧めしたい方

  • 現在、JCOMのネットかテレビを利用している方はものすごくお得
  • 二つ折り携帯のまま、スマホ機能も利用したい方(スマホも有)
  • 端末代+データ料+通話付き=コミコミで980円利用したい方
  • カケ放題も必要な方
  • 通販でのやり取りが不安で無料の設定出張サポートが必要な方
  • 映画やドラマなどの動画をデータ容量を気にしないで楽しみたい方

【解説】

JCOMのケーブルテレビやインターネットサービスを利用している方にはメリットの多い格安スマホサービスです。ガラホが永年980円(しかも通話回線付き!)は、他社としてもほぼ最安値のプランです(0.5GBの容量が大丈夫であれば)

恐らくJCOMはモバイル事業で大きな収入を得ることが目的なのではなく、JCOMのネットやテレビを末永く利用してもらいたい!という既存のユーザーの繋ぎとめのひとつのサービスのように感じます。ということはコスパがとってもよいサービスです。

ご自宅がJCOMをすでに使っている方は検討の価値ある、お値打ちMVNOサービスです。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

auの子会社でコスパ最強の「UQモバイル」
通常1,980円(初年度)で家族割を組むと2人目から1,480円~で通話料コミコミの最強プラン。このサイトから申し込むと13,000円のキャッシュバックキャンペーン中!


通話もデータも優等生な「楽天モバイル」
大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。


iPhoneにも対応のこども向けスマホの「トーンモバイル」
TSUTATAグループが発売するトーンモバイルは、細かい使用制限が可能で子どもにもたせるのに安心な独自スマホが特徴。2018年についにiPhoneでも子供向けモードが利用可能に!月1,000円~と良心的。

更新日:

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.