楽天モバイル×中古iPhone失敗回避の注意点

楽天モバイルでiPhoneを使いたい!安定したキャリア並みの通信速度で人気のiPhoneが格安の料金プランが利用できるので是非利用したいところです。
しかし楽天モバイルではiPhoneの販売はしていません。そのため、これまで利用していたiPhoneがあればそのまま引き継いだり、別に購入する必要があります。

 

さらにお得に活用するためには中古のiPhoneを購入して利用することです。ただ、中古の場合にはいくつかの注意点があります。例えば携帯電話のネットワーク利用制限が設定されているケースもあります。本ページでは中古で購入する場合の注意点などを解説していきますので是非チェックしてみてください。

楽天モバイルではiPhoneも使えます

楽天モバイルは、今話題になっている格安SIMプランのひとつで利用料金がNTTドコモ等の3大キャリアよりもずっと安く、さらに楽天ユーザーにとってうれしい特典サービスもついています。楽天会員数が多いことからもさらに楽天モバイルの料金プランで格安スマホを使う人が増えていきそうですね。

かつてはキャリアの乗り換えのためにはスマホの交換が当たり前でしたね。しかしsimロック解除の義務化もあり、通信契約のみをすることも可能になりました。楽天モバイルに乗り換える際も他社のスマホ本体を使うことができます。MNP予約番号を取得すればこれまでの電話番号も引き継いで使えます。

それまで使っていたsimフリースマホを引き継ぎたい人や楽天モバイルでSIMフリー版iPhone端末を使いたい人にとっては嬉しいことですよね。

SIMロック解除とMVNOについて

実は、大手キャリアのスマホにはSIMロックという処置がされていました。SIMロックとはそのスマホ端末で他社の回線を使えなくするもので、3大キャリアが自社を保護するために使われてきました。しかし、消費者の自由を制限するという理由でSIMロックの解除が義務付けられました

ところが大手キャリアは依然、有料かつSIMロック解除条件付きでのSIMロック解除手続きしか認めていません。一方でSIMロックがあらかじめされていない端末のことをSIMフリー端末と呼びます。

また、格安simの場合はSIMロックの解除が必ずしも求められません。格安SIMを販売している会社は大手キャリアの通信回線を借りていることからMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれています。つまりMVNOはドコモ系かau系、SoftBank系いずれかの通信網を使っています(SoftBankは法人向けのみ)。

そのため、docomoの回線を使っているdocomo系格安simであればdocomoのスマートフォンをそのまま使えます。auの回線を使っているau系格安simであればauのSIMをSIMロックの解除なしで使えるわけです。

ドコモならそのままOK!他社のiPhoneでもSIMロック解除でOK

楽天モバイルにおいてはSIMフリーiPhoneを問題なく使うことができます。これはSIMフリーなので当然ですね。対応しているのはiPhone5以降です

次に楽天モバイルはdocomo回線を使用しているためdocomo版のiPhoneもSIMロック解除なしで使えます。しかし独自の設定がされているためdocomo版iPhoneではテザリングが不可能です。この点が気にならなければ中古で買う上でも無難ですし、docomoから引き継ぐのも経済的でおすすめと言えます。

docomo版iPhoneはiPhone5s以降が対応しています。

auとSoftBankのiPhoneに関しては、対応確認端末としては示されていないものの、公式サイトを見る限りどちらもSIMロックを解除すれば使用できそうです。また、スマホにはSIMロック以外にも通信方式や周波数帯によってSIMとの互換性が限定されます。

そのためSIMフリースマホだからと言ってどんな格安SIMカードでも使えるわけではありませんし、SoftBank・docomoとauで3G通信方式が違うことも他社格安SIMへ乗り換える際の注意点として有名です。具体的には通信方式が違うことで通話SIM(音声SIM)が使えません。

しかし、LTEなら3大キャリアのカベを超えることができます。かつて通話は3G、データ通信はLTEという状態でしたがVoLTEという技術が開発されたことでどちらもLTE回線を用いられるようになりました。つまりau端末でdocomo系のスマホを使えるかは端末の性能次第となったわけです。

iPhoneもVoLTEに対応していますし、楽天モバイルもVoLTE用SIMを使わずにVoLTEを利用できます。よってauやSoftBankのiPhoneでも使えるわけです。周波数帯の問題もありません。VoLTEに対応しているのはiPhone6以降なのでそれを選びましょう。

中古のiPhoneは中古屋でも、オークションでも買えます

新しくiPhone7、iPhone7sが販売したということは、中古で売られているのはiPhone5~iPhone6です。iPhoneは人気が高く中古でも数万円は覚悟した方が良いです。買う手段としては中古屋さんで購入することとオークションで購入する方法がありますが、端末料金はどちらも同じくらいです。

オークションの中でメジャーなものはヤフオクで、ヤフオク相場もネットで簡単に調べられます。相場は時間と共に変わっていくので買いたい人も売りたい人も、一つの参考にとどめておきましょう。

それぞれのヤフオク相場をまとめてみます

  • iPhone5の相場は11000円ほどです。

iPhone5は型が古いことやiPhone6に比べてスペックが低いことから値段も安く抑えられています。これはデータ容量すべてを合わせた平均なので、16GBであればもう少し安いですし32GBヤフオク相場であればもう少し高いと考えられます。SIMフリー版以外は楽天モバイルで使えないモデルです。

  • iPhone5sの相場は13000円ほどです。

iPhone5sはdocomo版もSIMフリー版も楽天モバイルで使えます。iPhone5より少し値段が上がりましたね。

  • iPhone6になると一気に41500円ほどのヤフオク相場になります。

いかに機種の新しさが値段に関わるかを実感しますね。iPhone6はiPhone5sと比べても画面が大きくなり内蔵している情報処理のスピードや解像度も上がりました。新しい機種の方がOSの更新後も問題なく動かせるメリットがあります。こちらも内臓データの量で価格の上下があります。

  • iPhone6sの相場は46000円ほどです。

ここまで来ると価格の安い新品スマホと同じくらいの値段になってきます。それだけの人気と品質がうかがえます。

安く買いたいなら美品はあきらめるべき?

このように中古でもそれなりの値段がするiPhoneですが、安いと動作品質をはじめとする状態が気になります。そこで、中古で価格の安いiPhoneを選ぶなら見た目を諦めましょう

具体的に言えば傷がついているものです。傷がついているiPhoneは「見た目が悪い」という理由で値段が下がっているので、悪くないスペックの中古品を格安で手に入れ格安の月額料金の楽天モバイルが利用できます。

中古のiPhoneを買う上で注意したいこと

iPhoneに限らず中古のものを買う上では、私たちの目や危機管理能力が問われます。iPhoneでありがちなのが以下に述べるような問題ですが、特にオークションで購入するときは細心の注意を払ってください。

SIMロックは解除されていますか?

まず、気を付けたいのはSIMロックが解除されているかどうかです。契約が解除されていてもSIMロックがそのままであれば使えないことがあります。楽天モバイルはドコモ回線を利用するのでドコモ版のiPhoneなら大丈夫ですが、au版とSoftBank版のiPhoneを購入するときには注意したいポイントです。

auの場合は購入から180日過ぎていることを条件にSIMロックを解除できますがSoftBankの場合は本人が手続きしないといけないので大変です。オークションで購入するときに起こりやすいミスなので事前に確認しましょう。

アクティベーションロックはオフになっていますか?

データも初期化したしSIMロックも解除した。しかし出品者が忘れがちなことの一つにアクティベーションロックがあります。アクティベーションロックとは他人にiPhoneを悪用されないためのもので、AppleIDとパスワードの入力が求められます。

初期化の時にも用いますが、アクティベーションロックを使わずに初期化した場合は再利用時にIDとパスワードの入力が必要となります。もちろん、所有者しか知らない情報です。

そのiPhone、赤ロムじゃありませんか?

また、気を付けたいこととしてiPhoneが俗にいう赤ロムの状態になっていることがあります。契約がないスマホのことを白ロムといいますがそれに対して赤ロムはGBプラン等の契約は終わっているのに分割払いが終わっていないスマホのことを言います。

もし、前の所有者が支払いをしなければiPhoneの機能を一切使えなくなります。そこでiPhoneについているIMEI番号を各携帯キャリアのサイトから照合することができます。またネットワーク利用制限を受けている携帯電話も注意が必要です。

この場合も、携帯キャリアのサイトから照合出来ますので購入前は必ずチェックしましょう。

製品保証はついていますか?

iPhoneには製品保証が付いていますが期限が切れている場合もあります。中古屋さんでの購入なら独自の製品保証を設けていることもあるので積極的に利用したいです。

自分でSIMロックを解除することはできる?

SIMロックを解除するためには本人であるという条件が求められることや解約〇〇日後という条件も面倒です。そこで、自分でSIMロックを解除したいときにはSIMロック解除アダプターという道具を使います

SIMロック解除アダプターってどんなもの?

この道具はアダプターという名前が付いていますが大きさは小さく、値段も1000円台です。形やサイズはSIMカードサイズになっているので、SIMカードにそのまま貼り付けて使います。そのためSIM下駄と呼ばれることもあります。

これを貼り付けたsimカードをSIMスロットを開け、SIMトレイに挿しこんで起動すると設定画面が出てきて、そこからSIMロックの解除ができます。ただし、SIMロック解除アダプターのデメリットとして確実に成功するわけではないことや、失敗すると圏外になってしまうこと、たまに偽物が流通していることなどが挙げられます。あくまで自己責任で使うようにしてください。

無事にSIMロック解除が確認出来たら、APN設定で構成プロファイルのインストールなどの段階に入ります。詳しい設定方法はこちらの記事で解説していますので参考になさってください。

 ⇒ iPhoneの場合の初期設定手順を解説

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.