楽天モバイルで端末のみ購入する方法を徹底解説!

スマホの購入は端末とSIM契約をセットで行うことが一般的ですが、端末購入とSIM契約を別々で行うことも可能です。

MVNOの中でも人気の高い楽天モバイルでは、基本はセットでの購入となりますが端末だけを購入する方法も存在します

この記事では、楽天モバイルの端末だけを購入する方法やそのメリット、注意点などを解説します。

端末のみを購入するメリット

楽天モバイルで端末とSIMをセット購入すると、楽天モバイルのプランの中からSIMを契約しなければなりませんが、端末だけの購入であれば他社のSIMを契約して使用することができるため、SIM選びの自由度が高まります。

また、最新の端末に興味はあるけどSIMは現在使用しているものをそのまま使い続けたいといった場合も、端末だけを購入することで対応できます。

このように楽天モバイルに縛られずSIMを選べることが、端末のみを購入するメリットです

楽天モバイルで端末のみを購入する方法

楽天モバイルでは、公式サイトからの注文では端末のみの購入はできない仕組みになっていますが、次のような方法を使えば楽天モバイルで販売されている端末だけを購入することも可能です。

  • メーカーから直接購入
  • ネットショップで購入
  • ネットオークションで中古を購入
  • 家電量販店で購入
  • 楽天モバイルでセット購入して即解約

各購入方法について説明します。

メーカーから直接購入

楽天モバイルで販売されている端末でも、メーカーのオンラインストアから直接購入できる場合があります。

楽天モバイルで主力メーカーとなっている「HUAWEI」の各端末や、人気機種の「ZenFone3」もASUSのオンラインストアで購入することができます。手っ取り早く端末だけ購入したい場合には、メーカー直販のオンラインストアからの購入もおすすめです

ただしメーカーによってはオンラインストアでスマホを販売していないので、まずは希望の端末がメーカーのオンラインショップで購入できるかを確認してみましょう。

ネットショップで購入

スマホ端末だけであれば、楽天市場やAmazonなどのスマホを取り扱っているネットショップでSIMフリー端末を購入することもできます。

スマホを専門に取り扱っているショップもあればAmazonなどでも販売されているので、メーカーのオンラインストア同様手間をかけずに端末のみが欲しい場合には便利な購入方法です。

端末名だけで検索するとスマホケースなどが多くヒットしてしまうので、「端末名 本体」などと検索することで、より検索結果を絞ることができます。

ネットオークションで中古を購入

ネットオークションで中古のSIMフリー端末を購入するという方法もあります。

目当ての端末が必ず出品されているとは限りませんが、出品されていた場合には安く購入できるチャンスです。中古での購入なので、検索ワードに「白ロム」というキーワードも含めて検索すると効率的です。

しかしオークションには新品が出品されていることもあるので、その場合は必ずしも安いとは限らないため他のネットショップと価格を比較してから購入を検討するようにしましょう。

家電量販店で購入

家電量販店でスマホが販売されているのを見たことがある人も多いと思いますが、人気の端末から型落ち機種まで品揃えが豊富で、楽天モバイルが取り扱っている端末と同じものも販売されています。

家電量販店の最大のメリットは端末を実際に手にとって触ることができるということです。ネットショップではどうしても実機を確認することができないため、家電量販店で実機の使い心地を確認してからネットショップなどで購入するという方法もおすすめです。

楽天モバイルでセット購入して即解約

この方法は、まず楽天モバイルの公式サイトで端末とSIMのセット購入を行い、その後すぐにSIMの解約をするという方法です。解約の手続きに必要なカスタマーセンターへの電話がつながりにくいという難点がありますが、端末を一番安く購入できる可能性が高くておすすめの方法です。

セット購入時のポイント

  • 契約するSIMのタイプを「データSIM」にする

音声通話対応SIMの場合12ヵ月の最低利用期間という制度があり、12ヵ月以内の解約は解約手数料が発生してしまいます。しかし「データSIM」であれば最低利用期間がなく、購入後すぐに解約しても解約手数料が発生しないのです。

端末の購入は分割にすると24回払いで実質2年縛りになってしまうので、一括購入にするようにしましょう。

楽天モバイルのセット購入は通常の半額など大幅に割引されることもあるので、タイミングよく購入すればこの方法で端末を格安で購入することが可能となります。

端末のみ購入する場合の注意点

楽天モバイルの端末のみ購入する方法をご紹介しましたが、端末だけの購入には注意しなければならないこともあります。

対応バンドの確認

端末とSIMを別々に購入するときにまず注意しなければならないのは、対応しているバンドです。契約するSIMが対応しているバンドと、購入する端末の対応バンドがきちんとマッチしているかは必ず確認する必要があります

対応していない端末の場合、SIMを挿しても通信ができない可能性があるので注意が必要です。

中古の購入には白ロムを選ぶ

ネットオークションなどで中古端末を購入する場合には、必ず「白ロム」を購入するようにします。中古のスマホは「白ロム」「赤ロム」といった表現で分けられます。

  • 白ロム
  • 正常なSIMフリースマホで、SIMカードを挿せばスマホとして通信ができる端末

  • 赤ロム

前所有者が毎月の端末料金を滞納しているなどの理由で、キャリアから規制をかけられている端末

赤ロムの端末にはSIMカードを挿しても通信できないので注意しましょう。

楽天モバイルで端末のみ購入する方法 まとめ

楽天モバイルで端末のみを購入したいのであれば、データSIMとのセット購入後すぐに解約するという方法がおすすめです

この方法を使い格安で端末を手に入れ、楽天モバイルよりも安い格安SIMを使用すれば、毎月のスマホ代を大きく節約することができるでしょう。スマホ代をとにかく安く抑えたい人は、最安の組み合わせを探ってみてください。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.