楽天モバイルが一番得になる利用開始日、契約タイミングは?

楽天モバイルには、利用開始初期の費用削減に役立つ“あるサービス”が備わっています。
そのサービスとは、「月額基本料金1ヶ月無料サービス」。なんと楽天モバイルは、初月の月額基本料金なしで格安SIMデビューできるのです。ただし、このサービスのお得度を100%引き出すには、ちょっとしたコツが要ります。

契約手続きにはどのようなコツが必要となるのか、本ページで詳しく探ってみることにしましょう。スマートフォン開通月に1ヶ月無料サービスを利用する際の注意点にも触れますので、ぜひチェックしてみてください

楽天モバイルの利用開始月1カ月無料サービスとは

冒頭でお伝えしたとおり、楽天モバイルには初月の月額基本料金が無料になるサービスが備わっています。スマホ代を少しでも節約したい方にとっては、結構うれしいサービスですね。

ただし、基本料金が無料となるのは、あくまで楽天モバイルの契約が始まった月の間のみです。契約開始日から1ヶ月間(30日間)の料金が無料になる、というわけではないのでご注意ください。

たとえば、4月15日に楽天モバイルの利用を開始したとすれば、無料期間は4月30日までとなります。この点は、無料サービスをお得に利用するうえで重要なポイントなので、しっかり押さえておいてください。

他のMVNOにもあるのか

少数ではありますが、楽天モバイル以外のMVNO(格安スマホ・格安SIM)にも初月無料期間を設けているものがあります。以下をご覧ください。

  • NifMo・・初月の月額基本料金が無料
  • BIGLOBEモバイル・・・初月の月額料金と端末料金が無料
  • OCNモバイルONE・・・初月の月額基本料金、SIMカード利用料、端末レンタル代金が無料

2016年12月現在の情報では、上記3つのMVNOが初月にかかる一部の料金を無料としています。どのMVNOの料金無料サービスも、特にサービス終了時期は定められていません。この一方で、短期間限定で初月の月額料金を無料としている格安SIM契約もあります。

  • ぷららモバイルLTE・・2017年1月31日まで初月の月額料金が無料

ぷららモバイルLTEのように、期間限定キャンペーンとして初月無料サービスを実施するMVNOは少なくありません。しかし、楽天モバイルのように、長期間にわたって初月の料金を無料としているMVNOは少数です

どのくらいお得?

初月無料キャンペーンを活かして楽天モバイルを契約すると、実際にどのくらい料金がお得になるのでしょうか。具体的な数字を述べる前に、まず以下の点を大前提として押さえておきましょう。

初月無料となる料金

月額基本料金

初月無料とならない料金

契約事務手数料、オプション料金、通話料、SMS送受信料、ユニバーサルサービス料、端末購入費

上記のとおり、楽天モバイルの利用で発生する料金の中で、初月無料となるのは月額基本料金のみです。この点を押さえたうえで、実際にどの程度の料金を節約できるのかを見てみましょう。

仮に通話SIMの5GBプランを契約したとします。このプランの月額基本料金は2,150円です。月額基本料金1ヶ月無料サービスをフル活用すれば、この2,150円がまるごと無料になります。

もし夫婦で同じ通信契約を行ったとすれば、お得になる金額は2,150×2で最大4,300円。家計に影響を与えるレベルの大きな金額ですね。

また、楽天モバイルの初月無料サービスは、ほとんどのプランに適用することができます。たとえば20GBプランや30GBプランの初月の料金も、無料とすることができるのです。

通話SIM・30GBプランともなると月額基本料金は6,150円。税込だと6,642円にもなりますから、これだけの料金がお得になるとは、かなりの大盤振る舞いですね。

ただし、月額基本料金1ヶ月無料サービスは、「コミコミプラン」という料金プランには適用されないのでご注意ください。

※ご契約後のプラン変更は可能です。

初月無料をフルで利用する申し込みのタイミングは?

ここまでの内容を読んで、勘のいい方なら「申込タイミングによって初月無料のお得度が変わるのでは?」と気付いたかもしれませんね。

まさにそのとおり。月額基本料金1ヶ月無料サービスをフル活用するには、楽天モバイルを申し込むタイミングを考えた契約方法が重要となります。そしてこのタイミングこそが、冒頭でお伝えした「ちょっとしたコツ」というわけです。

先にご紹介したとおり、楽天モバイルの月額基本料金が無料となるのは、“楽天モバイルの契約が始まった月”となっています。つまり、最初に発生する月額基本料金が、無料となるのです。…とここで、「料金発生 いつから?」という疑問があがりそうですね。

楽天モバイルの最初の月額料金は、SIMカードが自宅に到着した月に発生します。つまり、申し込んだSIMカードを受け取った日が、契約開始日となるのです。

となれば、SIMカードを月のはじめに受け取れば、月額基本料金1ヶ月無料サービスの利点をフルに活かせることになりますね。ただ、普通に楽天モバイルを申し込んでも、月初にSIMカードを受け取ることは難しいかもしれません。

そこで活用したいのが、配達日指定サービス。楽天モバイルの商品は、申込時に配送日を指定できるようになっています。このサービスを上手く利用すれば、月のはじめにSIMカードを受け取ることが可能。月額基本料金1ヶ月無料サービスのメリットを、100%活かすことができます。

ただし、配送日指定サービスを活用するには、楽天モバイルを申し込むタイミングに注意しなければなりません。というのも、配達日を指定できる期間は、地域によって以下のように違っているからです。

本州もしくは四国で申し込む場合

申込日から2日後~7日後の間で配達日を指定可能

北海道、九州、沖縄で申し込む場合

申込日から3日後~7日後の間で配達日を指定可能

本州もしくは四国にお住まいの方は最短2日で、北海道、九州、沖縄にお住まいの方は最短3日で楽天モバイルの商品を受け取ることができます。ただし、最短の配達日を指定する場合は、午後3時までに申し込みを完了させなければなりません。

また、配達日指定が絶対に守られるとは限らない点にも、注意が必要です。配送中にトラブルが発生した場合は、配達日がずれ込んでしまう可能性があります。こうした点を考慮すると、ある程度余裕をもって月初に配達してもらえるように、早めに申し込みを行った方が賢明です。

MNPする場合の注意点

楽天モバイルへのMNPを希望する方は、初月無料期間のロスに注意が必要です。まず、通常の方法でMNP転入を申し込むと、SIMカードの受け取りまでにスマホや携帯電話を利用できない期間が発生します。仕事でスマホもしくは携帯電話を使う場合は、こうした空白期間の発生を極力避けたいところですね。

楽天モバイルでは、SIM受け取り後に自分で開通手続きを行うことを可能としています。この手法なら、上記の空白期間は発生しません。ただし、自分で開通手続きを行うと、MNPが実行されるタイミングが以下のようにずれ込むので要注意です。

午前8時59分までに開通手続きが受理された場合

当日の午前9時~午後9時の間にMNP手続きが完了

午前9時以降に開通手続きが受理された場合

翌日の午前9時~午後9時の間にMNP手続きが完了

SIMカード到着は午前9時以降になるため、MNP手続きが完了するタイミングは受取日の翌日となってしまいます。つまり、月初にSIMカードを受け取っても、無料期間を1日ロスすることになってしまうのです。

とはいえ、1日のロスを防ぐためにMNPを楽天モバイルに任せると、旧回線を利用できない日が発生してしまいます。これでは結局損ですね。MNPを行うなら、無料期間を1日ロスすることには目をつぶるようにしましょう。

なお、SIMカード受取後の開通手続きが遅れると、MNP予約番号の有効期限が過ぎてしまう可能性もあります。下手をすると、乗換え前の回線の更新月を逃すことにも繋がりかねません。

MNPのタイミングを逃したうえに更新月まで逃してしまうと、旧回線の料金に加えて解約月も変更となり、契約解除にともなう解約手数料が発生することになります。

こうなっては、楽天モバイルの初月料金が無料になっても大損。MNPを行う場合は、申し込みからSIMカード受け取りまでの期間に、十分余裕を持たせるようにしてください

※APN設定変更なども伴うMNP手続き方法は、こちらのページを参考にしてください。⇒ Android・iPhoneユーザー用APN設定方法

結局ベストな申し込みタイミングっていつ?

このあたりで、「結局一番お得な申し込み タイミングはいつなの?」という声があがりそうですね。お答えしましょう。

本州もしくは四国にお住まいの方 申し込み完了目安

楽天モバイルの利用を開始したい月の前月25日~28日の間
※配達を指定する日は、もちろん翌月の1日

月の末日が31日となっている場合は、25日~29日の間に申し込んでもよいでしょう。このタイミングで申し込むことにより、配送期間に1日以上の余裕を持たせたうえで月初にSIMカードを受け取ることができます。

北海道、九州、沖縄にお住まいの方 申し込み完了目安

楽天モバイルの利用を開始したい月の前月25日~27日の間
※これで、翌月の月初にSIMカードを受け取ることが可能となる

なお、MNPを行う方は、上記タイミングの範囲でなるべく早く手続きを行うようにしてください。MNP予約番号の取得と楽天モバイルの申し込みを同日中に行えば、月初にSIMカードを受け取りやすくなります

申し込み手続きの注意点

月初でのSIMカード受取を狙って楽天モバイルを申し込む際は、以下の点に注意してください。

  • 入力フォームの情報と本人確認書類の内容が一致するようにする
  • 本人確認書類は速やかに提出する
  • 本人確認書類は鮮明な画像データで提出する

申し込み時の入力フォームに入力した情報と、本人確認書類に記載された内容に相違点があると、書類の再提出や入力フォームの訂正が必要となります。こうしたミスがあると、商品の発送タイミングが遅れる可能性があるので注意してください。

また、契約者本人確認書類提出は、楽天モバイルの申し込みを行った当日中に速やかに行いましょう。契約者本人名義書類を提早く出すれば、書類の処理も早くなります。ただし、提出した本人確認書類の画像が不鮮明だと、書類の再提出を求められるかもしれません。二度手間を防ぐためにも、書類の画像データは鮮明なものを用意してください。

※契約者本人確認書類アップロード方法は、こちらのページを参考にしてください。 ⇒ 本人確認の流れ、アップロード方法

実際、月初めが格段に申し込みが多い

ここまでに述べた内容を証明するかのように、月初になると楽天モバイルの申し込みは平素より増加する傾向にあります。多くのスマホユーザーが、月額基本料金1ヶ月無料サービスの有効利用を狙って、月初に申し込みを行っているからです。

当サイトにおいても、月初は楽天モバイルの申し込みのお客様数が数倍にアップします。感覚ですが、通常日に比べると4倍くらいの方が申し込まれているようです。やはり利用するなら初月無料のメリットを最大限にいかしたいですね。

まとめ

本ページでご紹介したタイミングで楽天モバイルを申し込めば、月額基本料金1ヶ月無料サービスをフル活用できます

ただ、楽天モバイルの申し込みは、本人確認の書類提出もあるので焦って行うよりも余裕をもって確実に行うことをおすすめします。そのうえで、月初に近いタイミングでの利用開始を狙ってみてください。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.