楽天モバイルの通信速度は速いのか遅いのか

楽天モバイルは通信速度が速いと言われる格安SIMです。月額料金が安いだけでなく楽天スーパーポイントに対応していたり、完全かけ放題のプランがあったりとサービスも充実しています。
しかし、いくら安くてサービスが良くても通信速度が遅かったら使えませんよね。楽天モバイルの通信速度は、本当に速いのでしょうか。

そこで今回は楽天モバイルの通信速度が速いという理由を他社と比較して解説し、楽天モバイルのコストパフォーマンスが高い理由について説明していきます。

楽天モバイルの通信速度は速い

結論から言うと、楽天モバイルの通信速度は速いです。なぜなら「最低速度」と「長期観測」という2つの観点で他の格安SIMを大きく上回る結果が出ているからです。

最低速度が他社より速い

楽天モバイルは「最低速度」が比較的速いです。

なぜ最高速度ではなく最低速度かというと、楽天モバイルはドコモの回線を利用しているため、最高速度はドコモの回線を利用した他の格安SIMと同じです。しかし最大速度で通信できることはほとんどなく、実際には最大速度よりもずっと遅い速度で通信することになります。

とくに利用者数が多くなる通勤・通学時間や昼休み、帰宅時間になると格安SIMは通信速度がかなり遅くなってしまいます。格安SIMではそういった「通信速度が遅くなる状況でどれくらいの速度を出せるのか」が非常に重要になります。

そこで、格安SIM専門誌が行った速度テストの結果を見てみましょう。

この結果で注目したいのは通勤・通学時間である8時、昼休みである12時、そして帰宅時間である17時~23時の通信速度です。

時間帯 通信速度
8時(通勤時間) 13.51Mbps
12時(昼休み) 4.27Mbps
17時~23時(帰宅時間) 6.37~29.70Mbps(平均:19.13Mbps)

楽天モバイルは朝8時の時間帯では最も速い、17~23時の時間帯では平均の速度が最も速い結果となりました。また、お昼休みの12時台もYouTubeをHD画質で快適に閲覧できる4Mbpsを上回る速度を出しています。

楽天モバイルは混雑しやすい時間帯でも比較的速い速度がでるようになっています。つまり、「最低速度」が速いということなので、1日を通してどの時間帯でも速度が安定して速いと言えます。

速度が長期間に渡って安定している

格安SIMは1回の測定で速いだけでなく、長期に渡って安定することも大事です。サービス開始直後は高速でも、時間が経って契約者数が増えると速度が低下する、ということは格安SIMではよくあることです。

楽天モバイルはさきほどのテストではかなり速度が速く安定するということが分かりましたが、この速度を長期的に維持することができているのでしょうか。

そこで姉妹サイト「SIM速度ランキングcom」では1年以上に渡って楽天モバイルの速度を測定しました。その結果がこちらになります。

計測月および場所 下り速度 上り速度 PING
 2016年10月 横浜  45.11Mbps 20.56Mbps 31ms
2016年9月 渋谷  22.94Mbps 2.99Mbps 38ms
2016年7月 原宿  18.35Mbps 2.83Mbps 32ms
2016年5月 東京駅 39.25Mbps 14.94Mbps  33ms
2016年3月 渋谷  43.80Mbps 7.17Mbps 38ms
2016年1月 日暮里  55.00Mbps 33.46Mbps 37ms
2015年12月 新宿 45.83Mbps 10.77Mbps 19ms
2015年10月 渋谷 15.12Mbps 8.04Mbps 38ms
2015年9月 青梅市 27.91Mbps 6.81Mbps 42ms
2015年7月 新宿 39.80Mbps 20.57Mbps 31ms

この結果を見てみると、1年を通して安定して速い速度が出ていることがわかります。しかも比較的人口が多い都市部でこれだけの速度が出ています。

楽天モバイルは人気が高く今後も利用者数が増加することが予想されますが、これだけ長期に渡って安定しているのであれば安心ですね。

楽天モバイルの全プランで3日間の速度制限が撤廃

多くの格安SIMでは直近3日間で一定以上のデータ通信を行うと一時的に速度制限がかかる「3日間の速度制限」というものがあります。以前は楽天モバイルでも実施されており、短期間に大容量のデータ通信を行うと速度制限がかかっていました。

しかし、2017年3月1日から3日間の通信速度制限が撤廃され、すべてのプランで制限されなくなりました。それと同時に高速通信容量の追加チャージのメニューが改訂され、大容量の通信を行ってデータ通信量を使い切ってしまっても安心して使えるようになりました。

3日間の通信速度制限の概要

楽天モバイルでは3.1GB、5GB、10GB、コミコミプランS・M、コミコミプランL・LLの5つのプランにおいて3日間の速度制限が実施されていました。しかし、2017年3月1日から速度制限が撤廃され、すべてのプランで制限なくデータ通信を行えるようになりました。

プラン

変更前

変更後

3.1GBプラン

540MB

 

 

 

 制限なし

 

 

 

5GBプラン

1GB

10GBプラン

1.7GB

20GBプラン

制限なし

30GBプラン

制限なし

コミコミプランS・M

 400MB

コミコミプランL・LL

800MB

 
3日間の速度制限が撤廃されたことで、動画の視聴やアプリのダウンロードなど、大容量のデータ通信を短期間に使う場合でも速度制限を気にすることなく利用できるようになりました。

データ使用量はこまめに確認する

3日間の速度制限が撤廃されたら、何も気にせずデータ通信を使っていいわけではありません。当然ですが、プランで決められた容量以上の通信を行うと速度制限がかかります

むしろ3日間の速度制限が撤廃されたことで、これまではデータ容量を使い切らなかった人でもいつの間にか全部使い切ってしまった、なんてことが起きる可能性もあります。

そうならないためにも、データ使用量はこまめに確認するようにしましょう。楽天モバイルの場合は、専用アプリ「楽天モバイルSIMアプリ」を使うことで簡単にデータ使用量を確認できます。アプリのトップ画面に大きくグラフで表示されるので、あとどれくらい使えるかが直感的に分かります。

(画像引用元:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rakuten.broadband.sim&hl=ja)

速度制限にかかったら通信容量の追加購入を活用する

3日間の速度制限が撤廃された楽天モバイルですが、一カ月の規定量以上のデータ通信を行うと当然速度制限がかかります。そうなった場合は翌月まで低速で我慢しないといけませんが、月の始めや中ごろで制限がかかるとかなり辛いです。

そんなときは、通信容量の追加購入を利用しましょう。速度制限がかかってしまっても高速通信容量を追加で購入することで、翌月を待たずに速度制限を解除することができます。

高速通信容量追加オプションのメニューが改定

さらに便利に

2017年3月1日から速度制限が撤廃になったと同時に、高速通信容量を追加購入するオプションのメニューも改訂されました。これまでは100MB/300円のパックのみでしたが、新たに500MB/550円と1GB/980円のパックが追加され、さらに便利に使えるようになりました。

例えばこれまで500MB追加する場合は100MB/300円を5回チャージするので1,500円かかりましたが、今後は500MBのパック1つをチャージすればよいので550円で済みます。

楽天モバイルの容量チャージは低容量のものほど割高なので、出来る限り多めにチャージすると良いでしょう。チャージした分は3ヶ月間繰り越しできるので、余っても大丈夫です。

もしもの時のためにデータシェアサービスに入っておこう

楽天モバイルには、家族や友達などと高速通信容量(データ通信量)の前月繰越分を分け合える「データシェア」というサービスがあります。

※楽天モバイル契約者間でのみシェア可能

このサービスに身近な家族や友達を入れておけば、今後速度制限にかかってしまった時にデータシェアをしてもらって助け合うことが可能になります。

データシェアを利用するには、楽天モバイルの「メンバーズステーション」にログインしてデータシェアの申し込み後、「データシェア」ページ内の「メンバーの招待」で電話番号を記入することで利用できるようになります。

何度も容量の追加購入を利用するならプラン変更がおすすめ

容量の追加購入は非常に便利ですが、通常のプラン料金と比べるとかなり高額です。そのため、頻繁に速度制限にかかり、何度も容量の追加購入をするようであればそもそも契約しているプランの容量が少なすぎる可能性があるので、プラン変更をしてみるのをおすすめします。

楽天モバイルでは公式サイトのマイページ簡単にプラン変更が可能になっています。しかも無料で行えるので、こまめにプラン変更を行い、自分に最も合ったプランを見つけると良いでしょう。

プラン変更の注意点

楽天モバイルのプラン変更は申し込んだ翌月に適用されます。今すぐ容量を増やしたい、という用途には向きません。その場合は容量チャージを利用しましょう。申し込める日も毎月1日~25日の間と決まっているので、翌月に変更したい場合は必ず25日までに申し込むようにしましょう。

また、音声通話SIMからデータSIMへの変更など、別タイプのSIMカードへの変更はできません。別タイプのSIMカードに変えたい場合は一度解約し、新たに契約しなおす必要があります。楽天モバイルのプラン変更はあくまでも「同一タイプ内での容量変更のみ」可能です。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.