SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

楽天モバイルの050データSIMとは

格安SIM、格安スマホサービスでプランを選ぶ際は、データ容量だけでなくSIMカードタイプも選択できますが、楽天モバイルのSIMカードには音声通話・SMS機能付きの「通話SIM」と、データ通信専用の「データSIM」のほかにもう1つ、「050データSIM」というものがあります。

 

楽天モバイルの050データSIMはいわゆるSMS機能付きデータ通信専用SIMですが、「050電話番号が無料で利用できる」という他社にはない強みがあります。

この記事では、楽天モバイルの050データSIMについて詳しく解説します。

050データSIMとは?

  • 楽天モバイルの050データSIMとは、データ通信専用SIMにSMS機能と050電話番号がついたものです。

楽天モバイルの050データSIMでは、電話回線を用いた音声通話はできませんが、070/080/090から始まる番号が割り振られ、SMSの送受信が可能です。そのためデータ通信専用SIMでありながら、LINEなどSMS認証が必要なアプリが利用できます。

さらに、050電話番号があるのでインターネット回線を利用した「IP電話」による通話も可能です。

050データSIMの料金プラン

050データSIMの料金プランは以下の通りです。

プラン

 月額料金

ベーシックプラン※

 645円

3.1GBプラン

1,020円

5GBプラン

1,570円

10GBプラン

2,380円

20GBプラン

4,170円

30GBプラン

5,520円

※最大通信速度は200kbps

楽天モバイル、050データSIMの月額料金は、同じ容量のデータ通信専用SIMの月額料金に120円プラスした料金です。他社の場合、データ通信専用SIMでSMSが使えるようになる「SMSオプション」の料金が150円前後なので、楽天モバイルの050データSIMのほうが少し安いですね。

050データSIMでは無料で050電話番号が利用できる

楽天モバイル、050データSIMの特徴は、無料で050電話番号が利用できることです。

通常、他MVNOのデータSIM(SMS機能付き)で固定電話や携帯電話宛に電話をしたい場合は、インターネット回線で通話ができる「IP電話」を利用するために、別途050で始まるIP電話番号を取得する必要があります。

でも、楽天モバイルの050データSIMであれば標準で050電話番号が取得できるので、別途申し込む必要がありません。しかも、通常IP電話で050番号を取得する際は毎月の基本料がかかりますが、050データSIMなら050番号の基本料は無料です。

※IP電話サービスには、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する「050Plus」、株式会社ケイ・オプティコムが提供する「LaLa Call」などがあります。どちらも050で始まるIP電話番号を取得するには月額基本料がかかります。

050データSIMで利用できるViberアプリとは?

ViberはLINEやSkypeと同じ無料通話アプリです。Viberアプリでは、Viberユーザー同士で通話やチャットが無料で出来るほか、「Viber Out」という機能を使って固定電話や携帯電話と通話をすることができます。

050データSIMでは、このViberアプリを利用して通話を行います。

Viberの通話料金

Viberアプリ自体は無料で利用することができます。通話料は携帯電話宛ての場合は9.98円/分、固定電話宛ての場合は3.05円/分です。通常の音声通話が20円/30秒ということを考えるとかなり安いですね。

▼Viber Outの通話料金 類似サービスとの比較

Viberの使い方

050データSIMで通話をする場合はViberアプリを使いますので、Viberアプリの設定方法、使い方をしっかりと覚えておきましょう。

Viberのアクティベーション

まずはViberのアクティベーション(利用登録)を行います。

▼Android端末の場合はGoogle Play、iOS端末の場合はApp StoreからViberアプリをインストールしましょう。
▼インストールが終わったらアプリを起動し、050番号を入力します。050番号は050データSIMを申し込むと楽天モバイルからのメールで通知されます。
▼050番号を入力すると、SMSでViberのアクティベーションに必要な6桁の認証コードが通知されるので、Viber側で入力します。これでViberのアクティベーションは完了です。

使い勝手は通常の電話と同じ

Viberではキーパッドから電話番号を入力することで、通常の電話のように利用できます。発信者番号もしっかり通知されます。

また、連絡先(電話帳)の利用を許可することで、スマホの連絡先がViberにも反映されます。そうすればViber上で連絡先から発信相手を選択して電話をかけることもできます。

Viberを使う際の注意点

Viberは通話料が安く、しかも使い勝手は普通の電話にかなり近いです。しかし、Viberを使う際にはいくつか注意点があります。緊急通報には使えない

Viberからは110や119といった緊急通報には発信ができません。Viberだけでなく、他の通話アプリやIP電話も同じ仕様ですが、緊急の際に利用できないことを覚えておきましょう。

通常の電話よりも通話品質は劣る

Viberはインターネット回線を利用して通話を行います。そのため、通話品質は通常の電話回線を利用する電話よりも劣ります。仕事など大事な電話の場合は音声通話SIMを契約して通常の電話を利用するほうが良いでしょう。

まとめ

今回は楽天モバイルの050データSIMについて解説しました。050データSIMはいわゆるSMS機能付きデータ通信専用SIMですが、他社のものと異なり標準で050電話番号が取得でき、無料通話アプリ「Viber」による通話が楽しめます。

Viberは通常の電話と使い勝手が同じでありながら、通話料が安いので通話料の節約ができます。ただし、緊急通報ができない、通常の電話より通話品質が悪いというデメリットもあるので、メインのスマホではなくサブ端末などで使うのがおすすめです。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.