格安スマホへの連絡先データ移行方法

格安スマホに乗り換える にあたって、問題になるのは、「連絡先のデータ移行」です。

今使っているスマホやガラケーから、格安スマホへ機種変更する場合、 連絡先(電話帳、アドレス帳)のデータをどうやって移行すればいいのでしょうか?
3大キャリア(docomo、au、softbank)間の乗り換えなら、ショップのスタッフに質問できますが、格安スマホに乗り換える場合は基本的に自力でデータ移行の作業をする必要があります。
データ移行サービスを導入しているMVNOもありますが、基本的に有料オプションで、5000円~1万円ほどかかってしまいます。できれば、自分でデータ移行したいですよね。
それでも、格安スマホに乗り換えてから連絡先データの移行に失敗してしまったら、また一つ一つ連絡先を新しいスマホへ登録しなおさなければなりません。
不安に感じる方のために、この記事では、新しい機種への連絡先データ引き継ぎ方法をご紹介します。お持ちの端末と、新しく使いはじめる端末の種類によって方法は異なりますので、それぞれのケースごとに、データ引き継ぎ方法を分かりやすく解説していきます。

今持っている機種はそのままで、SIMカードだけMVNOのものに挿し替えて使うという方は、連絡先データの移行の必要はありません。連絡先データ はすべて端末の中に残っていますので、今まで通り使うことができます。
この記事の対象になる方は、機種変更する方、つまりMVNOで新しく機種を契約して使いはじめる方、もしくはご自分で新たにSIMフリー端末を購入し、格安SIMカードを挿して使いはじめる、という方です。

連絡先データ移行のために最低限必要な事

まず、連絡先データ移行のために最低限必要なことを2点ご紹介します。

Gmailアドレスを取得する(googleアカウントを取得する)

格安スマホにのりかえると、キャリア(docomo,au,softbank)のメールは使えなくなりますので、フリーメールのアドレスを取得しておきましょう。
おススメはGmailです。Gmailは、googleが提供しているメールサービスです。無料で、@gmail.comのアドレスを持つことができます。
Gmailなら、キャリアのメールと同じように使うことができますし、Android端末、ios端末、またパソコンでも利用可能です。
LINEなどのメッセージアプリを使っているのでもうメールアドレスはいらない、と思う方もいるかもしれませんが、gmailアドレスを取得すると、同時にgoogleアカウントを取得することができます。
googleアカウントを持つことによって、googleドライブなど、連絡先データ 移行の時に役立つ様々なサービスが基本的にすべて無料で使えるようになります。

microSDカードを買っておく

microsdカードとは、スマホなどのデータを保存しておくために使われているメモリーカードの1種です。

この1円玉より小さいカードがmicroSDカードです。この中に様々なデータを保存することができます。
もちろん連絡先データも保存できますので、連絡先データを移行する際も、microSDカードに対応している端末同士であれば簡単にデータ移行することができとても便利です。
またAndroidのスマホを使う場合は、スマホのデータ保存容量が一杯になってしまってもこのmicroSDカードの中にデータを保存することができますので、ぜひ一つ持っておきましょう。
Amazonや家電量販店などで購入することができます。ちなみにAmazonでは、8GBのものであれば、1000円以下から購入することができます。端末間のデータ移行に使うだけの用途であれば、容量は8GBあれば十分です。

microSDカードの種類について

microSDカードにはSD、SDHC、SDXCの3種類があります。それぞれの違いは、一言で言うと容量の違いです。SDは128MB~2GBまで、SDHCは4GB~32GBまで、XCは64GB~2TBまでのものを指します。端末によっては、容量の大きいものに対応していない場合がありますので、端末を紹介するサイトなどでスペック表の「microSDカード」の欄を確認してから購入するようにしましょう。ほとんどの端末は、少なくとも128GBまでは対応しています。

ガラケーから格安スマホへの連絡先データ移行

ガラケーからスマホへの連絡先データ移行は、意外と簡単に行う事ができます。
以下の記事では、ガラケーからAndroid、ガラケーからiPhoneへのデータ移行それぞれの手順を画像付きで詳しくご紹介しています。
ガラケーから格安スマホへの連絡先データ移行方法

Android端末からAndroid端末への連絡先データ移行

Android端末からAndroid端末へ機種変更する場合の連絡先データ移行には、2通りの方法があります。1、microSDカードを使用したデータ移行と、2、Googleアカウントを利用したデータ移行です。
以下の記事では、それぞれの手順を画像付きで詳しくご紹介しています。
Android端末からAndroid端末への連絡先データ移行方法

Android端末からiPhoneへ の連絡先データ移行

Android端末からiPhoneへ機種変更する場合の連絡先データ移行には、3通りの方法があります。1、Googleアカウントを利用する方法、2、SDカードを使用する方法、3、アプリを利用する方法です。
以下の記事では、それぞれの手順を画像付きで詳しくご紹介しています。
Android端末からiPhoneへの連絡先データ移行方法

iPhoneからAndroid端末への連絡先データ移行

iPhoneからAndroid端末に機種変更する際、連絡先データを移行するおススメの方法は、ios版Googleドライブアプリを使う方法です。
以下の記事では、手順を画像付きで詳しくご紹介しています。
iPhoneからAndroid端末への連絡先データ移行方法

iPhoneからiPhoneへの連絡先データ移行

iPhoneから新しいiPhoneへ機種変更する場合の連絡先データ移行には、2通りの方法があります。1、icloudにバックアップを取る方法と、2、itunesを使ってバックアップを取る方法です。
以下の記事では、それぞれの手順を画像付きで詳しくご紹介しています。
iPhoneからiPhoneへの連絡先データ移行方法

格安スマホへの「連絡先データ」移行方法徹底解説! まとめ

以上が端末ごとの連絡先データ移行方法です。データ移行作業は面倒に感じるかもしれませんが、端末(OS)ごとの特徴や必要な機器、アプリなどポイントを押さえれば、意外と簡単に行うことができます。ここでご紹介した方法は、写真や音楽ファイル※などの移行にも応用できますので、ぜひ挑戦してみてください。
自信のない方は、データ移行のしやすさを考えて、Androidにするか、iPhoneにするか判断してみてもいいかもしれませんね。

※ キャリアのサービスを利用して購入した音楽ファイルなどは、他の端末では利用できないようにロックがかかっていて移行できない場合がありますのでご注意ください。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.