UQモバイル

UQモバイルもデータ特盛!ワイモバイルに続いてデータ容量1.5倍で通話定額+3GBで1,480円が新しいスタンダードに!楽天モバイルも追随するか要注目!

更新日:

auのサブブランドで高速通信が売りのUQモバイルがデータ容量1.5倍を発表しました!これまでと料金かわらず「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のデータ容量が1.5倍に増量されます。もちろん既存ユーザーも対象です。

今回の増量の発表により、

  • プランS 2GB→3GB (1,980円/家族割で1,480円)
  • プランM 6GB→9GB (2,980円/家族割で1,480円)
  • プランL 14GB→21GB (4,980円/家族割で4,480円)

にそれぞれ増量されるとのことです。

データ2倍!ではなく実質1.5倍なので要注意。それでも凄いお得!

データが倍増になるといいながら実質1.5倍なのは少しややこしいですが、仕組みを解説します。

もともとUQモバイルのプランS/プランM/プランLのデータ容量は、それぞれ「1GB/3GB/7GB」が基本容量なのですが、これまで「データ増量オプション」として追加のギガを購入したときにそれぞれ「1GB/3GB/7GB」分の追加の購入金額が無料になることで、実質「1+1=2GB/3+3=6GB/7+7=14GB」のプランとなっていました。

今回は、そのうちの基本容量分が倍増して「2GB/6GB/14GB」に拡大することになります。一方でデータ増量オプションの増量分は変更なしなので、合計すると「2+1=3GB/6+3=9GB/14+7=21GB」となり、実質的に1.5倍になるということです。

先日発表されたワイモバイルに追随するナイスなデータ増量!

お値段そのままギガ増量!

先日、ワイモバイルも「ギガ増量」と称して同様の1.5倍のデータ容量の増加を発表しました。

▼ワイモバイルのキャンペーンについて詳しくはこちら▼

ワイモバイルがUQモバイルの機先を制して発表したことでUQモバイルも今回あわてて発表したものと思われます。その証拠に、ワイモバイルのデータ容量の追加は9月1日から適用なのに対して、今回発表したUQモバイルのデータ容量の追加について、ワイモバイルと同じ9月からスタートするものの、まずは「データ増量オプションの無料追加分の拡大」としてスタートし(プランSの場合、基本1+増量2GB=3GBとしてスタート)、本来の基本容量部分の増加(本来の姿は、基本2+増量1GB=3GB)で対応するのは3ヶ月遅れの12月1日からになります。

いずれにせよ、既存のユーザーも対象となるので今のうちに申し込んだからと言って損することもないのでユーザーにとって悪いことはなく純粋に手放しで喜べる発表だと思います。

実は、ワイモバイルよりもUQモバイルのほうが使い勝手がいい理由

今回の発表でワイモバイルとUQモバイルがまた料金的に横並びになったのですが、データ通信という点ではワイモバイルよりもUQモバイルのほうが遥かに使い勝手が良いのをご存知でしょうか?それは、ワイモバイルではデータの繰越は一切ないので、今回1.5倍にデータが増量されたといっても当月中に使い切らなければいけないのです。

一方のUQモバイルは、1ヶ月間の繰越がついているのでデータが増量された分は翌月に繰り越していくことができます。

UQモバイルはデータ容量繰り越しに対応している

そして実は翌月まで繰越することができるのは「基本データ容量」なのですが、上で説明した「データ増量オプション」による追加チャージ分は「最終チャージから90日間」有効となっているのです。つまり、データ増量オプションを使ってチャージした分は毎月忘れずにチャージする限り半永久的に繰り越すことができるのです。実際わたしも繰り越し続けた結果20GB以上たまってしまったことがあります。

これはワイモバイルにはない特徴なので、データ増量の開始が3ヶ月遅いといったことに耐えられるのであればUQモバイルを契約するのが圧倒的におすすめです。

UQモバイルキャンペーン情報

2018/8/9発表!UQモバイルのデータ容量が価格据え置きで1.5倍に!月1,980円で、5分通話つき3GBプランにリニューアル!

さらに今だけ!当サイトからの申し込みで最大13,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!キャッシュバック額一覧

  • 端末セットの場合プランS:11,000円プランM:12,000円プランL:13,000円
  • SIMのみの場合プランS:10,000円プランM/L:13,000円

 

ワイモバイルの強みは通話定額が10分なこと

一応、ワイモバイルの強みも紹介をしておくと、ワイモバイルの通話定額は5分ではなく10分(楽天モバイルも同様)だということです。5分だとちょっとこみいった通話をしていると超えてしまうことがありますが、10分だと通常の通話であれば超えることは少ないので、こうした点はワイモバイルのほうがメリットだと言えます。

楽天モバイルも追随せざるを得ないのでは?楽天モバイルのデータ増量にも期待!

格安SIM業界でいま勢いがある3社のうちの「ワイモバイル」と「UQモバイル」がデータ増量を発表した以上、残る1社の 楽天モバイル もデータ増量をしないわけにはいかなくなったのではないかと思われます。現時点では、まだ楽天モバイルからの正式な発表がないですが、発表があり次第追記していきたいと思います。

ただ、もしかしたら楽天モバイルは「家族割なしでも1,480円~」とワイモバイルUQモバイルよりも安い値段設定をしているので、今回は追随しないかもしれません。そうなったら、安いけど少し容量が少ない楽天モバイルを選ぶか、通話定額10分のワイモバイルを選ぶか、繰越OKなUQモバイルを選ぶか?という3択になりそうです。

 

 

-UQモバイル
-, ,

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.