SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

トーンモバイルでSIMのみ契約が可能に!TONE SIM(for iPhone)解説

これまでトーンモバイルを契約するには、SIMと専用端末をセットで契約する必要がありましたが、2018年4月上旬から、ついにトーンモバイルで“SIMのみ”契約できるようになることが発表されました!サービス名は「TONE SIM(for iPhone)」です。
スマホの中でも断トツの人気を誇るiPhone。子供からiPhoneをねだられることも多いと思いますが、子供にiPhoneを持たせるとなると、、

  • 月額料金が高額になるのでは?
  • 有害なサイトやアプリを使ってしまうのでは?

など気になりますよね。でもTONE SIM(for iPhone)なら、そんな心配はもう必要なくなります!
この記事では、TONE SIMの料金プランや概要について、またTONE SIM(for iPhone)でどのように子どもの安全を見守れるのかもご紹介します。

TONE SIM(for iPhone)の料金プランは?


トーンモバイルではこれまで、必ずSIMと専用端末をセットで契約する必要がありました。
2018年4月上旬から提供開始予定のTONE SIM(for iPhone)は、トーンモバイルとしては初めて「SIM単体」での契約を可能にするサービスです。
TONE SIM(for iPhone)の料金プランは、各種オプションを除いて月額1,500円(税抜)の『基本プラン』のみとなっています。

▼TONE SIM(for iPhone)「基本プラン」の3つの機能

TONE SIM(for iPhone)の基本プランでは、容量無制限のインターネットTONEファミリー機能IP電話の3つの機能を使うことができます。
TONE SIM(for iPhone)の通信速度は500Kbps~600Kbps程度とあまり早くはありませんが、それでも「インターネット容量無制限」というのは非常に魅力的です。
他社では契約している一定の通信容量(例えば2GBなど)までは高速で通信ができても契約容量を超えて通信を行うと通信速度が128Kbpsや200Kbpsなどの低速になってしまうことが多くなりますが、TONE SIM(for iPhone)ではこの制限がないためインターネット容量の上限を気にすることなく無制限で通信ができます。

▼トーンモバイルの通信速度では何ができて、何はできないの?詳しくはコチラ
通信速度が“速くない”

電話番号が050で始まるIP電話は通話先により料金が異なりますが、トーンモバイル同士なら通話料無料です。
通常の電話回線を利用した電話が必要な場合は、月額950円で「090音声オプション」を付加すれば電話も利用できます。
なお、TONE SIM(for iPhone)を使い始めるための初期費用として3,000円(税抜)は必ず必要となります。

TONE SIM(for iPhone)ならTONEの見守り機能が使える!

TONE SIM(for iPhone)なら、これまで専用端末でしか使用できなかったTONEファミリー機能をiPhoneでも使えるようになります!

▼「TONEファミリー」について詳しくはコチラ
子供と楽しくコミュニケーションできる~TONEファミリー機能

iPhoneにTONE SIMを挿すことによってTONEファミリー機能を利用できるようになりますので、保護者のスマホにインストールしたアプリ「TONE見守り」を使って子供の居場所を確認したり、子供に持たせるiPhoneでのアプリの利用をコントロールしたりできるようになります。

▼「TONE見守り」アプリについて詳しくはコチラ
https://xn--sim-pd0fo47c37eo05e.com/tonemobile/ichi-tone.html

TONEファミリー機能を利用することで、親が決めたiPhoneの設定を子供が勝手に解除・書き換えをすることができないようになり、また親子間で定めたiPhoneの使用ルールが守られない時には、通信全体を遮断することもできます。この通信の遮断機能の部分は特許出願中の技術となっています。

親や保護者がトーンモバイルのユーザーでない場合は、TONEファミリーの利用に月額200円(税抜)が必要です。

TONE SIM(for iPhone)の対応モデルは?

TONE SIMで使えるiPhoneは?
TONE SIM(for iPhone)はSIMのみを提供するサービスなので、TONE SIMを挿して利用するためのiPhoneは自分で用意する必要があります。
TONE SIMの対応モデルは、iPhone5s/5c以降(iOS10以降)のSIMフリー版もしくはドコモ版です。au・ソフトバンク版のiPhoneでTONE SIM(for iPhone)を使う場合はSIMロック解除が必要となります。ただし、そもそも2015年5月以降に販売されたiPhone6s以降のモデルでないとSIMロック解除自体ができませんので注意してください。
例えばドコモ版のiPhone5s、 iPhone6、iPhone6 PlusではTONE SIMを挿して使えますが、au版の場合は使用できません。(発売が2015年4月以前のため)
親がかつて使用していたキャリア版のiPhoneを子供に使わせようと思う場合には、上記の点を踏まえてTONE SIMsで利用できるモデルなのかを確認するようにしてください。

他社のSIMでフィルタリングアプリを利用するのと比較してどっちがいい?

他社MVNOの多くでもiPhoneに挿して使用できるSIMのみの契約が可能となっていますし、iOSで使用できるフィルタリングアプリも存在しています。

フィルタリングアプリ」とは

スマホ利用者が出会い系サイト、身に覚えのない高額請求など意図しないネットの危険にさらされるのを防ぐアプリのことを指します。ウィルス対策アプリがウィルスの侵入から「スマホを守る」アプリであるのに対し、フィルタリングアプリは「人を守る」アプリであると言えるでしょう。

では、「子供を見守る」という観点で考えた場合、iPhoneにTONE SIM(for iPhone)を挿して使う場合と、他社で契約したiPhone用SIMとフィルタリングアプリをセットで使う場合とではどちらがいいのでしょうか?安全性と費用の安さ、2つの観点で比較してみます。
比較対象に選んだのは、TONE SIM(for iPhone)と利用環境が近いUQモバイルの「データ無制限プラン(月額1,980円)+iフィルター」にIP電話アプリを加えた場合です。 (両方ともデータ通信容量は無制限)

▼TONE SIMとUQモバイルデータ無制限プランの比較

 

TONE SIM(for iPhone)

UQモバイル(データ無制限プラン)

データ通信速度

500~600kbps

500kbps

 IP電話  

付帯あり

月額基本料無料

(通話料有料)

付帯なし

ララコールを利用(月額基本料100円)

(通話料有料)

フィルタリングアプリ

TONEファミリー

(無料or 月額200円)

 iフィルター for マルチデバイス

(月額平均261円)※

月額料金総額

1,500円(1,700円)

2,341円

料金はすべて税抜

TONE SIM(for iPhone)とUQモバイルを比較してみると、通信速度はわずかにトーンモバイルのほうが速いことが分かります。
TONE SIMの場合は基本プランにIP電話が含まれていますが、UQモバイルの場合は別途IP電話アプリを導入する必要があります。例えば「K-Opticom」が提供する「ララコール」の場合、月額基本料100円に加えて通話料が必要となります。トーンモバイル同士、ララコール同士の通話は無料です。
また、フィルタリングアプリについてはTONE SIM(for iPhone)の基本プランにはTONEファミリーが含まれていますが、UQモバイルの場合は別途アプリを導入する必要があります。

※ 表では、デジタルアーツが提供するiOSでも使えるフィルタリングアプリ「iフィルター for マルチデバイス」を中学1年~3年などの期間を想定して3年版(9,400円)購入したと仮定し、それを月額平均(平均261円)にならして月額料金の合計を計算しています。(なお、iフィルターには月額版も用意されており月額360円となっています)

これで月額料金を比較してみると、トーンモバイルが1,500円(親がトーンユーザーでない場合は1,700円)、UQモバイルが2,341円と、841円~641円もトーンモバイルのほうが安いことが分かります。iフィルター for マルチデバイスの月額版(360円/月)を利用したと仮定すると、さらに毎月100円程トーンモバイルのほうが安い計算になります。
しかも、iフィルター for マルチデバイスをiPhoneで使用する場合、アプリの利用制限ができません。(Android端末やWindows端末なら可能です)

▼iPhoneでiフィルターを使う場合はアプリ制限ができない

TONEのファミリーの大きな特長の1つが「アプリの利用制限」機能です。これによって親が許可したアプリしかインストールできなくなりますし、子供が勝手に制限を解除することができませんので、この機能がある・ないでは子供を有害なアプリから守れるか・守れないかに大きな違いが出ます。この部分は、料金以上に大きな差があると言えるかもしれません。

▼TONEファミリーの「アプリの利用制限」機能について詳しくはコチラ
①アプリのインストール(利用)制限の設定

TONE SIM(for iPhone)の購入方法は?

TONE SIM(for iPhone)は、2018年4月からトーンモバイルのオンラインストアで販売が予定されており、 今のところTONE店舗(店頭)での取り扱いは未定となっています。
トーンモバイル公式サイト上の「事前お知らせメール」受付ボタンから登録しておくとTONE SIM(for iPhone)の販売に関する情報が、2018年3月下旬までには提供されることになっていますので、登録しておくことをオススメします。

▼「事前お知らせメール受付中!」ボタンをタップ

登録は簡単です。まずトーンモバイル公式サイトのTONE SIM(for iPhone)を勧めるページに表示されている「事前お知らせメール受付中」のイエローのボタンをタップします。

▼名前・メールアドレスを入力すれば完了!

別ウィンドウで「名前・メールアドレス」を入力する画面が立ち上がりますので、正しく入力して下部にあるブルーの「申し込む」ボタンをタップすれば登録完了です! あとは、販売開始を知らせるメールを待つだけです!

TONE SIM(for iPhone)の使い方(初期設定)は?

TONE SIM(for iPhone)は、まだ販売が始まっていませんので、詳しい使い方や初期設定の方法は判明していませんが、トーンモバイルの公式サイトには、簡単ではありますが下記のような方法が明示されています。

▼TONE SIM(for iPhone)の使い方(初期設定)

STEP3の部分を見ると、TONE SIM(for iPhone)専用のアプリをApp Storeでダウンロードした上でTONE SIMを挿してアプリを起動して設定を行うことになっています。筆者がApp Storeで探してみましたが、2018年2月末の時点では、まだ専用アプリは見当たりませんでした。TONE SIM(for iPhone)の販売時期が確定した時点では、専用アプリもApp Storeに登場するのではないかと思われます。サービス開始次第、実際に契約して使い方について詳しくご紹介します!

 

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.