SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

トーンモバイルの端末代はいくら?分割払いの手数料や注意点を解説

 

トーンモバイル(TONEモバイル)のシンプルな基本プランの料金「月額1,000円」はインターネット使い放題とIP電話の通話基本料を合わせた料金で、端末代は含まれていません。
他社MVNOでは、自分で端末を用意すればSIMのみ契約して格安で利用できますが、トーンモバイルを契約する場合は必ず端末とSIMをセットで購入することが必要です。となると気になるのは、TONEスマホの端末代金ですよね。
この記事では、トーンモバイルで購入できる端末と端末価格をご紹介します。さらに、端末代金の支払い方法や分割手数料、そして初期費用や購入の際の注意点なども解説します!

TONEスマホの端末代はいくら?

2018年2月現在、トーンモバイルで購入できる端末は、富士通の国産スマホ「m17」の1機種のみです。
TONEスマホ「m17」は、これまでの端末にはなかった防塵、防水、耐衝撃設計が特長の子どもに持たせるには最適な端末です。TONEの見守りアプリ「TONEファミリー」もプリインストールされています。
ディスプレイサイズは5インチ、重さは約148gで、システムOSはAndroid7.1.1です。

「m17」は発売当初は34,800円(税抜)でしたが、価格が改定され2018年2月現在29,800円(税抜)で購入することができます。 

「m17」の詳しい情報は下記URLを参照ください。
https://xn--sim-pd0fo47c37eo05e.com/tonemobile/tonem17.html

選択できる支払い方法は?

TONEスマホ「m17」を購入する際の端末代支払い方法は、オンラインストアで購入するか店舗で購入するかによって選択肢が異なります。

オンラインストアで購入する場合

トーンモバイルのオンラインストアで端末を購入する場合は、選択できる支払い方法が「クレジットカード払い」の1種類のみとなります。

▼使用できるクレジットカードブランドは5つ

端末の購入の際に使用できるクレジットカードは、VISA、Master、JCB、ダイナース、アメリカン・エキスプレスの5ブランドとなります。
なお、「VISA」マークや「JCB」マークが付いているカードであっても、「デビットカード」の使用はできませんので、ご注意ください。

店舗で購入する場合

トーンモバイル取り扱い店舗(2018年2月現在、全国で51店舗)で端末を購入する場合は、以下の3つの支払い方法から選択することになります。

  • クレジットカード
  • 現金
  • オリコ ショッピングクレジット

店頭で端末を購入する際に使用できるクレジットカードは、オンラインストアで使用できる5ブランドと同一です。
現金払いの場合は、一括払いのみの対応となります。
オリコ ショッピングクレジットはクレジットカードを持っていない場合に分割払い(口座引き落とし)を可能にする支払い方法です。
なお、トーンモバイルの月額料金は店頭で申し込めば「口座振替」が可能になりますが、端末代の支払い方法としては「口座振替」を選択することはできません。

店舗とオンラインストア、どちらで購入するほうが便利?

端末購入代金の支払い方法として選択できるのは、オンラインストアがクレジットカードのみの1種類、店舗の場合はカードや現金など3種類となっていますので、クレジットカード以外の支払い方法を望む方は店舗で購入するのがいいかもしれません。
もちろん、オンラインストアの場合24時間365日いつでも端末を購入できて便利ですが、実店舗の場合はトーンモバイルの取り扱い店舗やTONEカウンター営業時間など、事前に幾つか調べておく必要があるでしょう。また、一時的に在庫切れになっている可能性もあるので、購入店舗が決まったら、事前に問い合わせをして在庫確認をされることをお勧めします。

分割払いの回数や手数料は?

端末をオンラインストで購入するか、店頭で購入するかに関わらず、クレジットカード払いで購入する場合は、12回もしくは24回の分割払いを設定することができます。
「m17の端末代金」としてトーンモバイルに支払う金額は、12回払いの場合で月額2,484円(総額29,808円)、24回払いの場合で月額1,242円(総額29,808円)となりますが、この他にクレジットカード会社ごとに異なる「分割手数料」をプラスして支払う必要があります。
例として、クレジットカード会社2社の手数料率を取り上げ、それぞれ支払い総額が幾らになるのかご紹介します。なお、端末代の29,800円は税抜価格ですので、消費税を含めた総額(本体29,800円+消費税2,384円)の32,184円を12回・24回で分割払いした時の比較となります。

▼楽天カードの実質年率

 

12回払い

24回払い

年率

14,75%

15,00%

総額

34,744円

37,385円

▼三井住友VISAカードの実質年率

 

12回払い

24回払い

年率

14,50%

14,75%

総額

34,699円

37,279円

12回払い、24回払いともに、三井住友VISAカードのほうが0,25%ずつ実質年利が低いため、支払総額も楽天カードより安くなっています。

オリコ ショッピングクレジットの手数料は?

クレジットカード以外の方法で端末代金を分割払いしたい場合には、ショッピングクレジットを活用することができ、これによって毎月口座引き落としの形で分割払いをすることが可能となります。(ショッピングクレジットは店頭での端末購入の場合のみ選択できます)トーンモバイルで使えるショッピングクレジットは「オリコ」ブランドのみとなっています。

端末代金+アクセサリーの合計金額が、税込30,000円以上の購入額になる場合のみショッピングクレジットが使えます。現行のTONEスマホであるm17の場合税込価格が32,184円となので、アクセサリー類などを購入しなくてもショッピングクレジット払いを選択可能。分割回数は12回か18回のどちらかを選択できます。

24回払いも選択できますが、これは購入の合計金額が税込51,112円以上の場合のみ選択できる回数なので、一度に2台のm17を購入する場合などは24回払いも可能となります。では、分割手数料は幾らになるでしょうか?

▼オリコショッピングクレジットの支払い回数と実質年率

12回払いの場合の実質年率は14,8%、18回払いの場合で15,0%に設定されていますので、TONEスマホm17(税込32,184円)を12回払いする場合の総額は34,741円、18回払いをする場合の総額は36,060円となります。もしm17を一度に2台購入し(32,184円+32,184円=64,368円)、24回払い(年率15,0%)を設定した場合の総額は74,752円となります。

端末の購入でTポイントは貯まるの?

TONEスマホは「TSUTAYAのスマホ」なので、端末購入の際に一括払いでも分割払いでも、200円(税抜)に付き1ポイントのTポイントが貯まります。m17は税抜で29,800円ですので、一括払いの場合は149ポイントが付与されることになります。
分割払いの場合は、例えば楽天カードを使って12回払いでm17(税抜29,800円)を購入する場合であれば毎月Tポイントが13ポイント付く計算になります。
端末の購入でTポイントを付けるには、オンラインストアで端末購入の手続き完了後に、『トーンモバイル お客様サポート窓口 050-7300-6773』に電話をかけてTカード番号の登録を行ってください。サポート窓口は年中無休で受付時間10:00~19:00の間となっています。(Tカード番号の登録は店頭でも行えます)
もしTカードを持っていない場合、端末の購入と一緒にカードの発行を行うことが可能です。

▼オンラインストアでは端末購入の際にTカード発行が可能

トーンモバイルのオンラインストアで端末を購入する画面に、「TONE Tカード(Tポイントカード)の発行」という項目がありますので、「はい」にチェックを入れれば新規にTカードの発行ができます。この場合、送られてくる端末のセットの中にTカードが入っていますので確認してください。
ただし、オンラインでTカードを新規発行しても、そのままでは端末購入の際のポイントが貯まりませんので、端末と共にTカードが送られてきたらカードを見ながら「お客様サポート窓口 050-7300-6773」に電話をかけてTカード番号の登録を行ってください。

Tポイント付与のタイミングは?

端末購入の際のTポイント付与ですが、実際に反映されるのは購入月の翌月中旬となっています。例えば、m17を3月に一括払いで購入した場合は、購入月の翌月である4月中旬に149ポイントが付与されることになります。
購入してすぐに反映される訳ではありませんので、ご注意ください。分割払いの場合も、支払い期間中、分割代金が引き落とされた月の翌月にTポイントが付与されます。

端末購入の際の注意点

トーンモバイルの端末代を分割で支払う場合には、クレジットカード払いにせよショッピングクレジット払いにせよ、どうしても手数料がかかってしまいます。もちろん、クレジットカード払いでの分割の場合カード会社によって設定されている実質年率は異なるものの、支払い回数が増えるほど年率が上がるのは共通しています。複数のカードを所持している場合は、実質年率の低いカードを使用するのも良いでしょう。
オリコ ショッピングクレジットの場合は、基本的に12回か18回のどちらかの支払い回数となり、クレジットカードのように24回払いを選択できません。(端末を同時に2台以上購入する場合はOK)また、12回払いと18回払いで実質年率は同じではなく、18回払いのほうが0,2%高くなります。

実質年率が同じである、ショッピングクレジット最長の18回払いと楽天カードの24回払いの支払金額を比較すると、24回払いよりも支払い回数が少ない分18回払いのほうが支払い総額は安くなりますが(ショッピングクレジット18回→36,060円、楽天カード24回→37,385円)毎月の支払い金額が少し高くなりますので注意が必要です。(ショッピングクレジット18回→毎月平均2,007円、楽天カード24回→毎月平均1,560円)

またトーンモバイルで使用できるクレジットカードのうち、アメリカン・エキスプレスカードに関しては事前に分割払いの登録をしておかないと分割払いができません。この分割払いの登録はカード入会後3ヶ月経過してからでないと登録できませんので注意が必要です。

初期費用について

トーンモバイルの端末の購入・契約の際に請求される初期費用として、「契約事務手数料」3,000円(税抜)がかかります。
トーンモバイルでは2018年5月31日までの期間限定で「春の紹介キャンペーン」を行っており、既にトーンモバイルで契約している人から紹介してもらい、その方の「契約者名・電話番号」を申告して端末購入・契約すれば事務手数料が無料となります。

まとめ

トーンモバイルの現行端末「m17」は当初の販売価格、34,800円(税抜)→29,800円(税抜)に値下がりしており購入しやすくなっています。
クレジットカードでの一括払いや分割払いも選択でき、ライフスタイルに合わせて購入することができます。分割払いの場合は、そもそも実質年率の低いカードで支払うことや、支払い回数をなるべく少なくすれば手数料もその分安く済みます。
期間限定の「紹介キャンペーン」を利用すれば、事務手数料も考えなくて済みますので、今が買い時と言えるかもしれませんね!

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.