SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

郵便局とツタヤも格安スマホ参入!から解る4つのコレカラ

※この記事はツタヤ、郵便局が参入するかもという時期に掲載したものです。TSUTAYAがTONEモバイルとして実際に参入したので、加筆し実際のトーンモバイルの中身について詳しく説明しています。

 

以前この記事はツタヤと郵便局が参入するというニュースから、

  1. 格安スマホは郵便局のメイン顧客層のシニアをターゲットにしている
  2. ツタヤも参入したということは、20代~40代もターゲットに入った
  3. つまり全世代が格安スマホの利用者層に今後広げられる
  4. 大きな企業の参入でハッキリしたのは格安スマホ市場は息が長い

こんな内容の記事を書いていました。
2015年5月、2017年までにはと言っていたTSUTAYAが、
TONEモバイルとして格安スマホに本格参入してきました。
ツタヤはOCNやIIJ、ニフモなどと一味違ったスペックのサービスです。
このページではTONEモバイルの目立った特徴と、
比較しておいた方がよいある1社のサービスとの、
ポイント比較表を記載しておきます。是非参考にして下さい。

TONEモバイルは良くも悪くもシンプル

TONEモバイルの料金プランはすごくシンプルです。

  • 容量無制限使い放題:月々1,000円
  • 初期費用:3,000円
  • 端末代:24,000円(分割OK)

tone

料金面でシンプルに見えますが、
実際はここに必要なオプションを追加します。

  • 3G音声オプション 953円
  • 高速チケット 1GB 300円
  • 安心オプション 500円

なんだか、本当にTONEモバイルのプランって、お得なのか微妙に感じませんか?
そうなんです、もうちょっと調べるべきポイントがあります。
速度関連の問題です。それは…

絶対動画は見ない?もし動画を見たくなるとTONEモバイルは…

機種を一括で払ってしまえば、月々1,000円で使い放題。
これってとってもわかりやすくてお得!な気がします…
でも、本当に注意しなければならないのは速度です。
速度が低速回線で最高で500~600kbps!
つまり使い放題とはいいつつも速度が遅いんです。
もしも、あなたが
「スマホでは動画は見ない、メールや検索、LINEだけ!」
というならば十分な速度といえます。
しかし、本当にスマホで動画を見ない!と言い切れますか?
スマホって使って初めて用途がわかってきます。
以外とニュース、好きな歌手のyoutubeなど、
動画が見たくなることって多いんです。
その時にTONEモバイルの5~600kbpsは微妙なスピードです。
YouTubeのHDがストレスなく見れる速度は、3.5Mbpsと言われています。
600kbpsでたとすれば4.8Mbpsなのでクリアです。
でも、あくまでMAX600!時間によってはもっと遅くなります。
だから、朝の通勤・昼休み・夜の帰宅時間は、
混みあって動画が止まりまくって見れたものではないことも。
だからMAXで600kpsってとっても微妙なんです。
だとすると、ひとつお勧めの会社があります。それは…

TONEモバイルににするなら楽天モバイル!は、なぜ?

TONEモバイルの低速無制限使い放題が魅力だったら、
もう1社比較してみるといいのが、楽天モバイルです!
表で見るのが一番わかりやすいので、下をご覧ください。

TONEモバイル(TSUTAYA)

楽天モバイル

基本料金

1,000円

このプラン1つしかない

525円

ベーシックの低速プラン

速度

5~600kbps

YouTubeが見れるギリギリ

200kbps

検索・メール・LINEはOK

3Gの電話番号(090)を追加

1,953円(+950円)

1,250円(+700円)

機種(スマホ本体)は選べる?

freebitから提供の1種のみ

最新の10機種以上から選べる

高速で動画を見るには?

追加で300円払うと1GB使える

※1ヶ月で2回までしか購入不可

無料でプラン変更して対応

900円で3.1GBまで高速通信OK

※5GBで1,450円、

10GB2,260円もあり

一言メモ

動画を見るためにはMAX600kbpsはとっても微妙。
高速チケットを購入すると、300円かかり基本料と合わせて1,300円に。楽天モバイルなら900円で3.1GB使えるのに…
低速プランでは「動画は見ない!」と決めるならメール・検索・LINEに支障のない200kbpsで500円代は最高のコスパ!
もし動画が見たくなったら高速プランに変更できるので自由度が高い!
公式ホームページで詳細チェック

同じ低速使い放題ならば、
動画が見たくなったら、高速データプランに、
無料で変更できる楽天モバイルの方が潰しがききます。
TONEモバイルが常に600kbpsを安定的に、
提供してくれるなら試してみることもできますが、
もしダメだったとき、プラン変更ではなく、
解約して他社に変えるしかないのは、費用が掛かってしまいます。
だとすると、低速使い放題もあり、
高速データ通信プランも利用できる楽天モバイルはお勧めです。

よかったら公式HPで詳細をチェックしてみてくださいネ。

▼▼詳しくは公式ホームページでご確認ください▼▼

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.