SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

低速でも問題なし!格安SIMでお得にカーナビアプリを使おう

最近ではスマホで利用できるカーナビアプリがたくさん登場しています。カーナビアプリは無料で使えるものが多くいつでも最新の地図を見られるので、カーナビの代わりにアプリを使う人も多いでしょう。

便利なカーナビアプリですが、格安SIMでも問題なく使えます。しかも低速通信でも問題なく動作するので、スマホの月額料金が節約できてかなりお得です。

カーナビアプリは新しいカーナビの形

これまでカーナビと言えば専用機を購入して車に設置するものでした。
しかし近年はスマホやタブレットにインストールして使えるカーナビアプリが続々と登場しており、それらをカーナビ代わりに使う人が増えています。
通常の車載ナビにはない、カーナビアプリの魅力を以下ご紹介します。

無料で使えるものが多い

カーナビアプリは無料で使えるものが多いです。無料のアプリでもGoogle MapsやYahoo!カーナビなど、通常のカーナビにも負けないナビ機能を持ったアプリが多数登場しています。
アプリの中には有料のものもあり、無料のものでは機能が物足りないという人は有料アプリを購入すればよいでしょう。(無料アプリでも、ルート検索、交通情報の取得、音声ナビ、周辺施設検索など、通常の車載ナビと同じようにナビ機能を利用することができます)
どちらにせよ、通常のカーナビを購入するよりもずっとコストを抑えられます。

常に最新の地図を閲覧できる

カーナビアプリが最も優れているのは常に最新の地図を閲覧できることです。
通常のカーナビの場合は使っているとだんだん地図が古くなっていきます。新しい地図を見るにはわざわざ更新作業をしないといけませんし、中には更新するのにお金がかかる場合もあります。
それに対して、カーナビアプリであれば地図は常に最新のものが表示されます。更新作業をしなくて良いですし、当然お金もかかりません。

カーナビアプリは格安SIMでも使える

現在大手キャリアを使っている人だと、格安SIMでもカーナビアプリが使えるのか気になるところでしょう。
結論から言うと、カーナビアプリは格安SIMでも問題なく使えます。カーナビアプリはGPSを利用して位置情報を取得するのでバッテリーの消費は大きいですが、データ通信量はそこまで多くありません。

※カーナビアプリは通話機能、SMS機能は利用しませんので、データ専用SIMを契約すれば利用することができます

そのため大手キャリアと比べて通信速度が遅い格安SIMでも問題なく読み込みますし、データ通信量の少ないプランでも速度制限にかかることは少ないです。

低速通信時でも問題なく使える

格安SIMの中には高速通信のオン/オフを自由に切り替えられるものがあります。高速通信をオフにすると低速通信になりますが、月のデータ通信容量を消費しないというメリットがあります。
この低速通信時でも、カーナビアプリは利用できます。通信速度が遅いので検索結果の表示や地図の拡大などに多少時間がかかりますが、一度表示すれば全く問題ありません。

低速通信でカーナビアプリを使う際は「バースト転送」に対応した格安SIMを選びましょう。バースト転送は低速通信時でも最初の読み込みだけ高速通信が使える機能です。バースト転送があれば低速通信時でも地図の表示が素早くなるので快適です。

ただし、格安SIMによってはバースト転送に対応していないものもあります。バースト転送を使いたい場合は契約する格安SIMがバースト転送に対応しているかどうかを確認しましょう。

※一例として、楽天モバイル、IIJmio、mineo(マイネオ)などは低速通信時のバースト転送に対応しています。

格安SIMでカーナビアプリを使う際の注意点

格安SIMでもカーナビアプリは十分に使えるということが分かりました。しかし、いくつか注意点もあります。

キャリアのスマホはGPSが取得しづらい

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際、キャリアのスマホに格安SIMカードを挿してそのまま使いたいという人もいるでしょう。しかし、キャリアのスマホで格安SIMを使うとGPSが取得しづらいです。

スマホの多くにはGPSに加えてA-GPSという機能がついています。A-GPSとはGPSを補助する機能です。キャリアの場合、A-GPSはキャリアのサーバーにアクセスして情報を取得し、それを使ってGPSの機能を補助します。
ところが格安SIMではキャリアのサーバーにはアクセスできないため、A-GPSが使えません。A-GPSが使えないので、キャリアのスマホだとGPSが取得しづらくなってしまいます。

その点SIMフリースマホのなら、A-GPSはGoogleから情報を取得するように設定されているので、格安SIMでもGPS機能を問題なく利用できます。
したがって、格安SIMでカーナビアプリを使う場合、スマホはキャリアのものではなくSIMフリー端末を利用することをおすすめします。

すぐに充電できる環境を整える

これは格安SIMというよりスマホの問題ですが、カーナビアプリを使っていると急速にバッテリーを消費します。バッテリー切れを起こさないためにも、車の中ですぐに充電できる環境を整えるようにしましょう。
車のシガーソケットに挿して充電できるカーチャージャーが多数発売されていますし、車以外でも充電したい場合はモバイルバッテリーを購入しても良いでしょう。

まとめ

カーナビアプリは格安SIMでも問題なく使えるということでした。カーナビアプリはデータ通信量が多くないため、高速通信をあまり消費せず、データ容量の少ないプランでも安心して使えます。
さらに低速通信時も利用できるので、高速通信のオン/オフが切り替えられる格安SIMならデータ通信量を節約しながらカーナビアプリが使えます。カーナビアプリ用に、低速通信しか使えない代わりに月額料金が安い格安SIMを契約するのも良いですね。
格安SIMでお得にカーナビアプリを使いましょう。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.