iPhoneでも可能!楽天モバイルでテザリングをする方法 - 格安スマホ辞典

外出先でパソコンやタブレットを使う人にとって欠かせないのが「テザリング」です。スマホさえあれば、どこでもパソコンやタブレットをインターネットに接続できるようになるテザリングですが、格安SIM、格安スマホを提供する楽天モバイルでも、もちろん利用することができます。

 

ただし、端末によっては楽天モバイルのテザリングが利用できないことがあるので、自分の端末はテザリングに対応しているかどうかをしっかり確認する必要があります。

 

今回は楽天モバイルでテザリングを使う方法について解説します。

 


目 次

  1. テザリングとは

    1-1. USBテザリング
    1-2. Wi-Fiテザリング
    1-3. Bluetoothテザリング

  2. 楽天モバイルではテザリングができる

    2-1.楽天モバイルは全プランでテザリングが可能
    2-2.申し込みや別途料金は不要

  3. 楽天モバイルでテザリングが出来る端末と出来ない端末

    3-1.iPhoneであれば全機種でテザリングができる

  4. テザリングの使い方

    4-1. iPhoneのテザリング設定
    4-2.Androidのテザリング設定

  5. まとめ

 

 

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

 

 

テザリングとは

テザリングとは、スマホを経由してパソコンやタブレット、ゲーム機などをインターネットに接続することです。

 

テザリングを使えば自宅で無線LAN(Wi-Fi)を使っているような感覚で、外出先でもパソコンやタブレットでインターネットを楽しめます。

 

テザリングにはUSBテザリング、Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリングの3つの接続方法があります。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

USBテザリング

USBケーブルでパソコンとスマホを接続する方式です。有線LANに近いので通信速度が安定しやすいですが、外出先でUSBテザリングを利用するためにはUSBケーブルを持ち歩く必要があるので少し面倒です。

 

 

Wi-Fiテザリング

スマホのWi-Fi機能を使って接続する方式で、テザリングの中ではもっとも一般的な方法です。無線LANと同じような感覚で使えるので設定が簡単
ですし、複数の端末を接続することができます。

 

 

Bluetoothテザリング

近距離無線通信規格の1つである「Bluetooth」を使う方式です。感覚的にはWi-Fiテザリングと似ていますが通信速度は遅いです。その代わりWi-Fiテザリングよりもバッテリーの消費が少ないです。

 

通信速度よりも長時間の利用を重視する場合におすすめです。

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

楽天モバイルではテザリングができる

パソコンやタブレットを外で使う際に便利なテザリングですが、楽天モバイルでも問題なく使うことができます。

 

 

楽天モバイルは全プランでテザリングが可能

楽天モバイルには全部でSIMカードタイプごとに、6種類のプランがあります。
以下、楽天モバイルの料金プランです。

プラン名

通話SIM

050データSIM

データSIM

ベーシックプラン※

1,250円

645円

525円

3.1GBプラン

1,600円

1,020円

900円

5GBプラン

2,150円

1,570円

1,450円

10GBプラン

2,960円

2,380円

2,260円

20GBプラン

4,750円

4,170円

4,050円

30GBプラン

6,150円

5,520円

5,450円

  ※最大通信速度は200kbps

 

 

楽天モバイルではSIMカードのタイプにかかわらず、全プランでテザリングを利用することが可能です。高速通信が使える3.1GB〜30GBのプランはもちろん、低速通信しか使えないベーシックプランでもテザリングが使えます。ただしベーシックプランの通信速度は遅いので、テザリングには向いていません。テザリングを利用する際は高速通信が使えるプランを選びましょう。

 

テザリングを利用して、頻繁にパソコンやタブレットなどをインターネットに接続する場合は、スマホだけを利用する場合よりも多くのデータ通信量を消費しますので、10〜30GBの大容量プランを選ぶのがおすすめです。
※月のデータ容量をすべて消費すると、通信制限がかかり、通信速度がベーシックプランと同じ200Kbpsに制限されます。この通信速度でテザリングをすることも不可能ではありませんが、WEBページの表示速度がかなり遅くなるなど、ストレスを感じることになります。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

申し込みや別途料金は不要

楽天モバイルのテザリングは申し込みが不要で月額料金、オプション料金など一切かかりません。楽天モバイルを申し込めば誰でも使うことができます

 

大手キャリアの場合、テザリングはオプションとして用意されていることが多いです。利用する際に申し込みをしないといけませんし、しかも有料です。

 

申し込み不要かつ無料でテザリングを利用できる楽天モバイルのほうが使い勝手が良いですね。

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

楽天モバイルでテザリングが出来る端末と出来ない端末

楽天モバイル自体はテザリングに対応していますが、端末によっては楽天モバイルでテザリングが出来ないことがあります。テザリングを使う予定のある人は、自分の端末がテザリングに対応しているかどうかをあらかじめ確認するようにしましょう。

 

 

iPhoneであれば全機種でテザリングができる

楽天モバイルでは自分で用意したiPhoneを利用することができます。iPhoneの場合、楽天モバイルに対応しているすべての機種でテザリングが可能です。

 

SIMフリー版およびドコモ版のiPhoneであればSIMロック解除をすることなくそのまま挿して使えます。au版およびSoftbank版のiPhoneもSIMロック解除をすれば楽天モバイルで使用でき、テザリングも可能です。

 

Androidでも、SIMフリー端末を利用する場合は問題なくテザリングを利用することが出来ますが、ドコモ版のAndroid端末でテザリングを利用する場合は注意が必要です。

 

Androidのうち、ドコモ版のAndroid端末ならSIMロック解除せずに楽天モバイルで使用できますが、ドコモ版のAndroid端末ではデータ通信や電話はできてもテザリングができません。ドコモ版のAndroid端末はテザリングを使うと強制的にドコモのアクセスポイントを利用するようになっているので、楽天モバイルではテザリングができないようになっています。

 

ドコモ版のAndoird端末でも一部のものはテザリングに対応していますが、ほとんどの端末では対応していないので注意が必要です。

 

ドコモ版のAndroid端末でテザリングをしたい場合は、楽天モバイル公式サイトの動作確認済み端末一覧を必ず確認するようにしましょう。

 

※楽天モバイル動作確認済み端末一覧ページ:
https://mobile.rakuten.co.jp/device/?l-id=header_pc_decvicecheck

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

テザリングの使い方

楽天モバイルでは対応している端末であれば、別途申し込みをすることなくテザリングを使えます。設定方法もとても簡単です。

 

 

iPhoneのテザリング設定

iPhoneのテザリング設定は以下の通りです。

 

iPhoneの場合

▼「設定」→「モバイルデータ通信」の順にタップします。モバイルデータ通信の画面にある「インターネット共有」をタップしてオンにします。確認画面がでるので「Wi-FiとBluetoothテザリングをオンにする」をタップします。

 

▼これで、iPhoneのテザリングがオンになります。テザリングをオンにするとSSIDとWi-Fiパスワードが表示されるので、接続する側の端末でSSIDを選択し、Wi-Fiパスワードを入力すれば接続できます。

 

 

Androidのテザリング設定

Androidの場合はメーカーによってカスタマイズされているので設定方法が異なることがありますが、おおむね同じです。

 

Androidの場合

▼「設定」→「その他」→「テザリングとポータブルアクセス」の順にタップします。テザリングとポータブルアクセスの画面になるので「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」をタップします。

 

▼ネットワーク名およびパスワードを設定する画面が表示されるので、任意のネットワーク名とパスワードを入力しましょう。

 

▼セットアップが完了したらさきほどの画面にもどり、「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をタップしてオンにします。これでテザリングがオンになります。接続する端末側でさきほどのネットワーク名を選択し、パスワードを入力すれば接続できます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

まとめ

今回は楽天モバイルでテザリングをする方法について解説しました。楽天モバイルでもテザリングは問題なく使えます。しかも大手キャリアとは違い、申し込みが不要で料金もかかりません。

 

ただし、すべての端末でテザリングが出来るわけではありません。端末の中には対応していないものもあるので、楽天モバイルでテザリングを利用する場合は自分の端末がテザリングに対応しているかどうかをあらかじめ確認するようにしましょう。

 

 

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

関連ページ

LINE
楽天モバイルAPN設定解説 iPhone編
中古購入時の注意点
楽天モバイルではSIMフリーおよびdocomoのiPhoneを利用できます。SIMロックを解除すればauやソフトバンクのiPhoneも利用可能です。インターネットに接続できない場合はデータ通信のON・OFFで問題が解消する可能性があります。
買い取り
楽天モバイルではSIMフリーおよびdocomoのiPhoneを利用できます。SIMロックを解除すればauやソフトバンクのiPhoneも利用可能です。インターネットに接続できない場合はデータ通信のON・OFFで問題が解消する可能性があります。
データ移行
auと比較
auユーザーが楽天モバイルに乗り換えるとiPhoneを安く利用できるようになる可能性があります。データ定額5を契約しているなら乗り換えで料金が数万円安くなります。ただしauのiPhoneは楽天モバイルで利用できない場合があります。
ソフトバンクと比較
ソフトバンクユーザーがiPhoneを利用する場合、楽天モバイルに乗り換えた方が料金を安く抑えられる可能性があります。ただしソフトバンク版のiPhoneは2015年5月1日以降に発売されたモデルでなければ楽天モバイルで利用できません。
SIMフリー
楽天モバイルVSドコモ iPhoneXを使うならどっち?2年間の料金比較
楽天モバイルならdocomoよりも安価にiPhoneを利用できます。内容の近いプランなら2年間で5万円ほど出費に差が生まれます。ただし音声通話を多用する場合はdocomoのカケホーダイを利用した方が安くつく可能性があります。
iPhone5/iPhone5S
SIMフリー版のiPhone5とSIMフリー・ドコモ版のiPhone5sは楽天モバイルの端末として利用できます。新たに購入する場合は中古を探す必要があります。iPhone5はアップデートの対応期間終了が近い可能性があるので要注意です。
楽天モバイルセット販売のiPhone SE、6s/6sPlus 価格と月額料金は?
楽天モバイルの整備済iPhoneは”ほぼ”新品?断言できる2つのワケ
iPhone4・4s
iPhone4や4sは楽天モバイルの端末として利用できません。iPhone4・4sを所有している方が楽天モバイルを利用するには端末を購入する必要があります。新品ならiPhone7かSE、中古で購入するならiPhone6がおすすめです。
iPhoneユーザーの口コミ
楽天モバイルでiPhoneを運用しているユーザーの口コミを見ると「30Mbps程度の通信速度は出ている」という意見が見られます。一方昼間や夜間は速度が低下するという口コミもあります。料金についてはおおむね好評です。
ios
iOSをアップデートするとiPhoneに不具合が発生する場合があります。バッテリーが急速に減ったり操作に反応しなくなったりと不具合の症状はさまざまです。楽天モバイルはiOSのアップデートに素早く対応しています。
iPhoneSE
楽天モバイルはiPhoneSEの利用に対応しています。利用できるのはSIMフリー版とdocomo版です。au版とソフトバンク版はSIMロックを解除しなければ使えません。新品のiPhoneSEを利用するには別途購入が必要です。
iPhone7
iPhone7とiPhone7Plusは楽天モバイルの端末として利用できます。動作が確認されているのはSIMフリー版とドコモ版です。楽天モバイルなら、どちらのiPhone7シリーズもキャリアと比べて安価に利用できます。