どっちが得?auと楽天モバイルのiPhone利用費を比較

大手キャリア会社のau版やソフトバンク版、docomo版iPhoneを利用すると、どうしても料金が高くなります。auプランで利用しているユーザーの中には、「iPhoneをもっと安く利用する方法はないのかな?」と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

楽天モバイルの格安SIMカードならiPhoneの利用に対応しており、料金も安価です。もちろん、使い慣れたauから、わざわざSIMロック解除手続きやAPN設定などの切り替え手続きを行うなら、それなりの金銭的メリットが欲しいですよね。※楽天モバイルはNTTドコモ系の通信回線を利用します。

 

そこで本ページでは、auと楽天モバイルのiPhone利用料金を詳しく比較。楽天モバイルの格安SIMプランへの乗り換えで、どの程度白ロムのiPhoneをお得に利用できるのかを検証します。楽天モバイルで利用できるSIMフリースマホ・iPhoneの種類にも触れますので、ぜひ目を通してみてください。

 

 


目 次

  1. 2年間使うとどちらが安い?
  2. 乗り換え後は通話時間に要注意
  3. 利用できるiPhoneは限られる
  4. MNPの手順と注意点

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

2年間使うとどちらが安い?

auと楽天モバイルの料金比較を行うために、今回は以下の条件を設定してみました。

 

  • 利用するiPhoneは、iPhone7の128GBモデル
  •  

    楽天モバイルの料金には

  • SIMフリーiPhone7の一括購入費を含む
  • 契約事務手数料3,665円を含む
  •  

    auの料金には

  • iPhone7の分割購入費(割引適用後)を含む
  • 機種変更手数料2,160円(同回線種同士で変更した場合の料金)を含む

 

以上の条件を決めたうえで料金比較を行えば、楽天モバイルがどのぐらいお得なのかがわかるはずです。ではまず、auユーザーに人気のある現行プランの料金をチェックしてみましょう。プランを2年間利用した場合にかかる費用を確認したうえで、内容の近い楽天モバイルのプランを提示したいと思います。

 

auプラン

月額料金

スーパーカケホ 

1,836円/月 

データ定額5(5GBのプラン) 

5,400円/月 

LTE NET 

324円/月 

iPhone7(128GB)購入費 

1,335円/月 

 

上記プランの月額料金は8,895円(税込)。これを24倍して機種変更手数料2,160円をプラスすると、iPhone7を2年間利用するために必要な費用を算出できます。以下の計算結果をご覧ください。

(8,895円×24回)+2,160=215,640円

 

合計金額は215,640円。正味のiPhone7購入費は、32,040円となります。次に、上記プランと内容が類似する、楽天モバイルの料金プランをチェックしてみましょう。

 

楽天モバイル類似料金プラン

月額料金

5GBプラン(通話SIM) 

2,322円/月 

5分かけ放題 

918円/月 

 

通話SIMを通信量5GBで契約し、かつオプションに「楽天でんわ 5分かけ放題」を選ぶと、先のauのプランと類似した内容になります。このプランを24ヶ月利用した場合の費用に、3,665円の契約事務手数料とiPhone7の購入費を足してみましょう。なお、iPhone7(SIMフリー端末)の購入費は、税込90,504円(アップルストアにおける販売価格)とします。

 

(3,240円×24回)+3,665円+90,504円=171,929円

 

計算結果は、171,929円。auのプランとの差額は、43,711円となりました。iPhone7の一括購入は必要となりますが、差額を考えると楽天モバイルの方がかなりお得ですね。ちなみにアップルストアなら、手数料なしの24回分割払いでiPhone7を購入できますよ

 

続いて、もう1つauのプランを提示して、楽天モバイルとの料金比較を行ってみましょう。以下のプラン内容をご覧ください。

 

auプラン

月額料金

スーパーカケホ 

1,860円/月 

データ定額10 

8,640円/月 

LTE NET 

324円/月 

iPhone7(128GB)購入費 

1,335円/月 

 

上記は、iPhoneをヘビーに使うユーザーに人気のプランになります。「データ定額10」は、2016年9月14日に新規受付が終了したデータ定額サービスです。数年来auを利用している方の中には、こうした旧プランの利用を続けている方も多いのではないでしょうか。上記プランで、iPhone7を2年間利用した場合のトータル費用を見てみましょう。

 

(12,159円×24回)+2160=293,976円

 

かなり高額な試算結果になりましたね。では次に、内容が類似した楽天モバイルのプランをチェックしてみましょう。

 

楽天モバイル類似料金プラン

月額料金

10GBプラン(通話SIM) 

3,196円/月 

5分かけ放題 

918円/月 

 

上記プランの月額料金は4,114円。10GBのプランとしては、かなり安価ですね。このプランでiPhone7を2年間運用すると、トータルの費用は以下のようになります。

 

(4,114円×24回)+3,665円+90,504円=192,905円

 

何と、auとの差額が10万円以上になってしまいました。auで10GBプランを契約している方は、楽天モバイルに乗り換えるか契約内容を見直した方がよさそうです。

 

ちなみに、auの契約を解約するとau WALLETポイントも同時に消滅してもったいない方には、例えば楽天市場での買い物で全残高を使い切って気分良く解約できる方法がおすすめです。残高より少し多めの金額の買い物をして、その金額からauウォレット残高を引いた額を楽天ポイントで支払い、残りはウォレットで支払うという方法です。

 

この場合は、ウォレットプリペイドカードですがクレジット扱いで支払います。カード会社の種別ではMASTERカードを選択し、あとはカードに記載の情報を入力するだけでスッキリ残高をゼロに出来ます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

乗り換え後は通話時間に要注意

前節でご紹介したように、通信量5GBのプランならば、auより楽天モバイルの方が4万円以上安くiPhone7を運用できます。ただ、通常の音声通話を利用する機会の多い方は、通話料金に注意が必要です。

 

auならば「カケホ」を選択することで通話料を完全定額にできますが、楽天モバイルにはこうしたサービスは用意されていません。楽天モバイルの定額通話サービスは、「楽天でんわ 5分かけ放題」のみ。このオプションに加入しても、5分以上の連続通話を行うと30秒につき10円の通話料金が発生します。

 

仮に「5分かけ放題」付きの楽天モバイルで、毎日10分の電話をかけたとしましょう。この場合、2年間の通話料金は73,000円に上ります。思いのほか高額ですね。

 

楽天モバイル 5GBの料金プランで同様の通話を行った場合

  • 2年間のiPhone7利用にかかるトータル費用は244,929円

 

auで「カケホ」に「データ定額5」を付けてiPhone7を契約した場合

  • 月額料金は9,975円
  • このプランを24ヶ月した場合、トータル費用は241,560円

 

auの料金の方が安くなりましたね。このように、通話料金はiPhoneの利用にかかる費用に大きな影響を与えます。キャリアのかけ放題プランを利用していると、通話料金に対する感覚が麻痺してしまいがち。楽天モバイルなど格安スマホへの乗り換えを検討する際は、普段の通話時間を一度チェックすることをおすすめします。

 

 

ページの一番上に戻る

 

利用できるiPhoneは限られる

2017年1月11日現在、楽天モバイルで利用できるiPhoneは以下のとおりとなっています。

iPhone5

SIMフリー版のみ利用可能

iPhone5s以降(Plus含む)

SIMフリー版およびドコモ版を利用可能

 

残念ながら、楽天モバイルではauのiPhoneをそのままでは利用できません。ただし、SIMロックを解除したものであれば、auで購入したiPhoneも楽天モバイルのSIMカードで利用できます。またiPhone端末によってSIMカードサイズが違うので要注意です。iPhone6以降のSIMサイズは、ナノSIMになります。詳しくは公式サイトで確認できます。

 

また楽天モバイルなど各格安SIMごとにiPhoneを利用する場合には、auのキャリアプロファイルを削除しiPhone専用構成プロファイルのダウンロードや設定も必要となります。難しくないので、こちらのページを参考になさってください。
 ⇒ iPhoneの場合の初期設定手順を解説

 

さて、iPhoneのSIMロックは、auショップもしくは「auお客さまサポート」で解除することが可能です。ただし、公式のロック解除を受けられるのは、以下の条件を満たす端末のみとなりますのでご注意ください。。

 

公式のSIMロック解除が可能な端末

  • 2015年5月1日以降に発売された端末であること(=iPhone6s以降)
  • 購入から180日以上が経過した端末であること

 

以上のSIMロック解除条件があるため、auで購入した「6」以前のiPhoneは楽天モバイルで利用できません。手持ちのiPhone5sやiPhone6の活用を考えていた方は、何らかの対策を講じる必要があります。具体的な打開策を確認してみましょう。

 

手持ちのiPhone6以前の端末を活用したい場合の案

  • 新たにiPhoneを購入する
  • 中古のiPhoneを購入する
  • SIMロック解除アダプターを使用する
  • ほかのMVNOを契約する

 

先にご紹介したとおり、新品のiPhone7(128GB)は税込90,504円で購入できます。楽天モバイルへの乗り換えを機に、新たに購入してもよいでしょう。iPhone6sでもよいなら、128GBモデルを税込み78,624円で購入できますよ。

 

「中古端末でもOK」という方は、一度中古iPhone市場をチェックしてみるとよいでしょう。iPhone7は中古でも高額ですが、「6s」なら5万円台後半でSIMフリー版の16GBモデルを狙えます。

 

より安く中古iPhoneを手に入れたいなら、おすすめは「6」です。iPhone6の中古流通量は増加しており、SIMフリー版の128GBモデルでも3万円台で見つかる場合があります。
※中古のiPhoneの売買に関する内容(16GB、32GBヤフオク相場など)は、こちらのページで解説しています。
 ⇒ 楽天モバイル×中古iPhone失敗回避の注意点

 

「できれば今持っているiPhoneを活用したい」という方は、「SIMロック解除アダプター」の活用を検討してみてください。SIMロック解除アダプターとは、文字どおりキャリアのSIMロックを解除する機器。薄い基板となっており、SIMトレイとSIMカードの間に設置することでSIMロックを解除できます。

 

ただ、SIMロック解除アダプターを利用しても、確実に楽天モバイルのSIMカードを利用できるようになるとは限りません。お金の無駄遣いを回避したいなら、返金保証の付いたアダプターを選ぶようにしましょう。

 

「SIMロック解除って面倒くさそう」と考える方は、楽天モバイル以外の他社格安SIMの契約を検討するのも1つの方法です。たとえばmineoなら、au系のiPhoneをそのまま利用できますよ。

 

 

ページの一番上に戻る

 

MNPの手順と注意点

MNPを行えば、auから楽天モバイルへ電話番号を引き継ぐことができます。auスマホのユーザーがMNPを申し込む方法は2つ。

 

  • 電話での申し込み
  • auショップ店頭での申し込み

 

2つの方法のうち、ショップ店頭での申し込みはあまりおすすめできません。auショップに出かける手間がかかるうえに、店員の引き留めにあう可能性が高いからです。

 

一方、電話での申し込みなら、自宅で手軽に行えます。オペレーターの引き留めやプラン変更の打診を受ける場合はありますが、対面でないので断りやすくなります。

 

 

MNP転出の申し込み電話番号 0077-75470

受付時間 9時00分〜20時00分

 

オペレーターに繋がったら、MNP転出したい旨を伝えてください。

 

MNP予約番号を取得したら、できるだけ早く楽天モバイルの申し込みを行いましょう。MNP予約番号には15日間の有効期限がありますが、残り日数が10日を切ると楽天モバイルの申し込みに利用できなくなります。時間に余裕があるなら、MNP予約番号を取得した日のうちに楽天モバイルの申し込みも済ませておくとよいでしょう。

 

楽天モバイルはウェブで契約できますし、申し込みに難しい点はありません。ただ、MNP予約番号予約番号の入力は、正確に行ってください。入力内容に不備があると、契約までの日数が延びてしまいます。

 

もう1つ注意しておきたいのが、回線が使えなくなる「空白期間」。通常の方法でMNP転入を申し込むと、一時的にモバイルネットワークが利用できなくなります。キャリアのSIMカードが機能しなくなるため、楽天モバイルのSIMカードに入れ替えるまでは通信を行えなくなるのです。

 

この空白期間を回避したいなら、楽天モバイル申込時に「自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」にチェックを入れてください。これにより、SIMカード到着後に自分で開通手続きを行うまでは、キャリアによる通信を確保できます。

 

楽天モバイルのSIMカードが手元に届いたらに電話して開通手続きを行いましょう。

 

楽天モバイル開通手続きの電話番号 0800-805-1111

 

午前8時59分までに電話を入れた場合は、当日の9時から21時までの間に回線の切り替えが実施されます。しかし、午前9時以降に電話を入れた場合、切替が実施されるのは翌日の午前9時以降になります。

 

SIMカードの入手からMNPの完了までに間があくと、MNP予約番号の有効期限が切れてしまうかもしれません。SIMカード入手後は、速やかに開通手続きを行うようにしましょう。

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

関連ページ

LINE
楽天モバイルAPN設定解説 iPhone編
中古購入時の注意点
楽天モバイルではSIMフリーおよびdocomoのiPhoneを利用できます。SIMロックを解除すればauやソフトバンクのiPhoneも利用可能です。インターネットに接続できない場合はデータ通信のON・OFFで問題が解消する可能性があります。
買い取り
楽天モバイルではSIMフリーおよびdocomoのiPhoneを利用できます。SIMロックを解除すればauやソフトバンクのiPhoneも利用可能です。インターネットに接続できない場合はデータ通信のON・OFFで問題が解消する可能性があります。
データ移行
ソフトバンクと比較
ソフトバンクユーザーがiPhoneを利用する場合、楽天モバイルに乗り換えた方が料金を安く抑えられる可能性があります。ただしソフトバンク版のiPhoneは2015年5月1日以降に発売されたモデルでなければ楽天モバイルで利用できません。
テザリング
SIMフリー
楽天モバイルVSドコモ iPhoneXを使うならどっち?2年間の料金比較
楽天モバイルならdocomoよりも安価にiPhoneを利用できます。内容の近いプランなら2年間で5万円ほど出費に差が生まれます。ただし音声通話を多用する場合はdocomoのカケホーダイを利用した方が安くつく可能性があります。
iPhone5/iPhone5S
SIMフリー版のiPhone5とSIMフリー・ドコモ版のiPhone5sは楽天モバイルの端末として利用できます。新たに購入する場合は中古を探す必要があります。iPhone5はアップデートの対応期間終了が近い可能性があるので要注意です。
楽天モバイルセット販売のiPhone SE、6s/6sPlus 価格と月額料金は?
楽天モバイルの整備済iPhoneは”ほぼ”新品?断言できる2つのワケ
iPhone4・4s
iPhone4や4sは楽天モバイルの端末として利用できません。iPhone4・4sを所有している方が楽天モバイルを利用するには端末を購入する必要があります。新品ならiPhone7かSE、中古で購入するならiPhone6がおすすめです。
iPhoneユーザーの口コミ
楽天モバイルでiPhoneを運用しているユーザーの口コミを見ると「30Mbps程度の通信速度は出ている」という意見が見られます。一方昼間や夜間は速度が低下するという口コミもあります。料金についてはおおむね好評です。
ios
iOSをアップデートするとiPhoneに不具合が発生する場合があります。バッテリーが急速に減ったり操作に反応しなくなったりと不具合の症状はさまざまです。楽天モバイルはiOSのアップデートに素早く対応しています。
iPhoneSE
楽天モバイルはiPhoneSEの利用に対応しています。利用できるのはSIMフリー版とdocomo版です。au版とソフトバンク版はSIMロックを解除しなければ使えません。新品のiPhoneSEを利用するには別途購入が必要です。
iPhone7
iPhone7とiPhone7Plusは楽天モバイルの端末として利用できます。動作が確認されているのはSIMフリー版とドコモ版です。楽天モバイルなら、どちらのiPhone7シリーズもキャリアと比べて安価に利用できます。