UQモバイルはfacebookに完全対応!利用方法を解説

世界で17億人以上が利用しているとされるFacebook。パソコンだけでなくスマートフォンでもチェックできることから、1日に何度もFacebookに目を通している方も多いことでしょう。

 

多くの方にとって日常生活の一部となっているFacebookですが、au系MVNOであるUQモバイルの格安SIMカードや格安スマホ端末でも問題なく利用できるのでしょうか。キャリアからの乗り換えや機種変更によって、友達のアップする情報が確認できなくなると不便ですよね。

 

Facebook認証や相手のID検索、友達登録は?こうした格安SIMプラン利用に関する不安点は、契約前にスッキリ解消しておきたいところ。そこで本ページでは、UQモバイルでの格安SIM利用者のためにFacebook利用について詳しく解説いたします。

 

 


目 次

  1. UQモバイルでFacebookは使える?
  2. 1-1.スマホでのFacebook利用方法

  3. 通信量の消費なしで利用できる!
  4. ターボ機能ON・OFFを上手に利用しよう
  5. 3-1.閲覧
    3-2.投稿
    3-3.記事のシェア

    3-4.メッセンジャーアプリの利用

  6. 思わぬデータ消費を防ぐための設定
  7. まとめ

 

 

UQモバイル 公式サイトはコチラ

UQモバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

UQモバイルでFacebookは使える?

本文のはじめに、最も重要な点を押さえておきましょう。UQモバイルのSIMおよび端末は、Facebookの利用に対応しているのでしょうか。もし未対応であれば、このページはここで終了してしまいます。

 

…と、もったいつけてみましたが、ご安心ください。UQモバイルでも、3大キャリアのスマホと同様にFacebookを利用できます。使える機能についても、3大キャリアで利用する場合と同じです。

 

  • 投稿の閲覧
  • 近況の投稿
  • Facebookページのチェック

 

など、基本機能は問題なく使用可能です。キャリアからUQモバイルに乗り換えても、Facebookの利用に関して不便が生じる心配はありません。

 

 

ページの一番上に戻る

 

スマホでのFacebook利用方法

同じく利用出来るのなら、格安な月額基本料金で利用できる料金プランのUQモバイルに乗り換えたいですね。通信キャリアはau回線なので通信品質も良好です。

 

ここで、UQモバイルでのスマホデビューを予定している方のために、スマホでFacebookを利用する方法をご紹介しておきましょう。すでにパソコンで自分のアカウントを取得している場合は、スマートフォンでも簡単にFacebookを利用できます。以下の手順をごらんください。

 

スマホのブラウザでfacebookを利用する方法

  1. スマートフォンでインターネットブラウザを起動
  2. URL入力部分もしくはGoogleの検索フォームをタップ
  3. 「Facebook」あるいは「フェイスブック」と入力
  4. 検索結果から「Facebook-フェイスブック-ログイン」を選択
  5. ログイン画面が表示されるので、Facebookに登録しているメールアドレスとパスワードを入力
  6. 「ログイン」をタップ

 

以上の手順で、スマートフォンでもFacebookを利用できるようになります。パソコンで利用する場合とほぼ同じですね。ちなみにスマートフォンには、Facebook専用のアプリも用意されています。

 

アプリをスマートフォンにインストールすれば、ブラウザを利用せずにFacebookにアクセス可能。より手早く、最新の投稿をチェックできます。もちろん、近況の投稿もアプリで行えますよ。

 

Facebookアプリは、Google PlayでAndroid版を、App StoreでiOS版をダウンロード可能です。どちらも無料で利用できるので、スマホデビューしたらぜひ端末にインストールしてみてください。

 

 

ページの一番上に戻る

 

通信量の消費なしで利用できる!

格安SIMでFacebookを利用する際の注意点が、高速データ通信量の消費です。Facebookは表示される画像が多く、閲覧によって予想以上に高速データ通信量を消費してしまう場合があります。小データ容量プランで閲覧を繰り返していると、「いつの間にか契約しているデータ量を超えていた…」なんてことになるかもしれません。

 

契約容量以上の高速データ通信を行うと、帯域制限(速度制限)が課されて通信速度が大幅にダウンしてしまいます。こうなると、ネットの閲覧や動画の視聴に不便が生じるので要注意です。とはいえ、Facebookはこまめにチェックしたいところですよね。

 

ご安心ください。UQモバイルなら、高速データ通信量を消費することなく、低速データ通信でFacebookを利用できます。「UQ mobile ポータルアプリ」を活用すれば、高速データ通信をOFFにした状態でFacebookを利用できるのです

 

UQ mobile ポータルアプリとは、UQモバイルのデータ通信量を管理するための専用アプリ。データ通信量の残量を確認できるほか、「ターボ機能」のON・OFFを切り替えることができます。

 

ターボ機能とは、高速データ通信量を消費するモードのこと。ONにすると高速データ通信が可能となり、OFFにするとデータ通信量が消費されない「節約モード」に切り替わります。

 

ターボ機能をOFFにした状態なら、どれだけFacebookをチェックしても高速データ通信量が消費されません。高速通信容量を上手く節約すれば、動画の視聴やネットサーフィンに活用するデータ通信量をキープできます。

 

…と、ここで気になるのが、ターボ機能OFF時の通信速度。あまりに通信速度が遅いと、肝心のFacebook閲覧を快適に行えなくなってしまいます。はたして、ターボ機能をOFFにすると、通信速度はどの程度まで下がるのでしょうか。以下をご覧ください。

 

  • ぴったりプラン・・・300kbps
  • そのほかのプラン・・・200kbps

 

ターボ機能OFF時の通信速度は、契約しているプランによって違います。「ぴったりプラン」を契約していれば、ターボ機能OFF時も最大速度300kbpsで通信可能です。

 

一方、そのほかのプラン(データ高速プラン、データ高速+音声通話プラン)は、ターボ機能OFF時の通信速度が200kbpsとやや低速。この100kbpsの違いが、Facebook利用時の快適性を左右します。

 

300kbps程度の通信速度が出れば、十分快適にFacebookを閲覧可能です。ぴったりプランに関するユーザーの口コミでも、「ターボ機能OFFでSNSを問題なく利用できている」といった感想が多く見られます。

 

一方、通信速度が200kbpsだと、Facebookの利用に少しストレスを感じるかもしれません。というのも、画像の読み込みに多少時間がかかる場合があるのです。データ通信量の消費を抑え、かつFacebookを快適に利用したい場合は「ぴったりプラン」を契約することをおすすめします。

 

UQコミュニケーションズのUQ mobile公式サイトでプランをチェックしてみてください。

 

ページの一番上に戻る

 

ターボ機能ON・OFFを上手に利用しよう

前節でご紹介したように、UQモバイルには高速データ通信量をOFFにするサービスが用意されています。「Facebook利用時はターボ機能をOFFにする」と決めておけば、データ通信量の無駄な消費を防げるはずです。

 

ただ、Facebookは多機能なため、ずっとターボ機能をOFFにしたままだと少し不便を感じるかもしれません。Facebookの機能には、高速データ通信なしではスムーズに利用できないものがあります。そこでこの節では、Facebookの使い方に合わせた、UQ mobile ポータルアプリの活用法をご紹介しましょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

閲覧

Facebookの閲覧は、基本的にターボ機能OFFで行えます。通信状態によっては画像の表示に時間がかかるかもしれませんが、大きな不便を感じることはないはずです。

 

ただ、埋め込み動画を再生する場合は、ターボ機能をONにした方がよいかもしれません。特に高画質動画が埋め込んである場合は、再生に高速データ通信が必須となります。

 

低画質に切り替えればターボ機能OFFでの再生も可能ですが、せっかくなら高画質で視聴したいところ。いったんターボ機能をONにして、動画を視聴したらOFFに戻しましょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

投稿

Facebookへの投稿は、ターボ機能OFFの状態でも問題なく行えます。テキストのみの投稿であれば、スムーズに完了するはずです。一方、写真の投稿には、少し時間がかかるかもしれません。画像データが大きいと、高速データ通信ONの状態でも投稿に多少の時間がかかるものです。あまりにアップロードに時間がかかるようであれば、ターボ機能をONに切り替えてください。

 

なお、ターボ機能をOFFにした状態でも、時間さえかければデータの大きい画像をアップロードできます。時間に余裕がある場合は、のんびりとアップロード完了を待つのもよいでしょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

記事のシェア

ネットの記事をFacebookでシェアしたい場合は、いったんターボ機能をONにする必要があります。というのも、高速データ通信なしでは、ネットの閲覧をスムーズに行えないからです。

 

特に画像の多いサイトを閲覧する場合は、低速通信だとページ全体の表示にかなりの時間がかかる場合があります。サイトの表示に時間がかかると、意外なほどストレスを感じるものです。ネットの記事をシェアする場合は、ターボ機能をONにすることをおすすめします。

 

 

ページの一番上に戻る

 

メッセンジャーアプリの利用

Facebookのメッセンジャーアプリを利用すると、LINEと同じ感覚で友達とメッセージのやりとりを行えます。メッセンジャーアプリの利用は、ターボ機能OFFの状態でもスムーズに行えます。

 

ただし、画像の送信やダウンロードについては、高速データ通信なしでは少し時間がかかるかもしれません。スムーズに画像のやりとりを行いたい場合は、ターボ機能をONにするとよいでしょう。

 

なお、UQ mobile ポータルアプリには、ウィジェットとしての機能が備わっています。ウィジェットとは、スマホのホーム画面に設置して使用する小型のアプリケーションです。

 

UQ mobile ポータルアプリのウィジェットをホーム画面に設置すれば、アプリを起動することなくターボ機能のON・OFFを切り替られます。高速データ通信の切り替えを頻繁に行う場合は、ウィジェットを上手く活用してみてください。

 

 

ページの一番上に戻る

 

思わぬデータ消費を防ぐための設定

UQ mobile ポータルアプリを活用すれば、高速データ通信量の消費を抑えることができます。ただ、いったんターボ機能をONにした後で、OFFに戻すのを忘れてしまう場合もあるかもしれません。

 

ずっとターボ機能をONにしたままFacebookアプリを利用すると、思いのほかデータ通信量を消費してしまう可能性があります。埋め込み動画が自動再生されることで、気付かない間に大量のデータ通信量を消費してしまう場合があるのです。

 

こうした事態を防ぎたいなら、以下の手順でアプリの設定を変更してください。

 

facebookの動画再生に関する設定方法

  1. アプリ画面右上のメニューボタンをタップ
  2. 「ヘルプと設定」項目にある「アプリの設定」をタップ
  3. 『自動再生」をタップ
  4. 「動画を自動再生しない」もしくは「Wi-Fi接続時のみ」を選択

 

「動画を自動再生しない」を選ぶと、いかなる状態でも動画の自動再生が行われなくなります。「Wi-Fi接続時は自動再生して欲しい」という場合は、「Wi-Fi接続時のみ」を選択してください。

 

なお、ブラウザでFacebookを閲覧する場合は、動画の自動再生は行われません。上記の設定が面倒だと感じる場合は、ブラウザでFacebookを閲覧するとよいでしょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

まとめ

以上ご紹介したように、UQモバイルはFacebookの利用に完全対応しています。実用的な通信速度を保ちつつデータ通信量の消費を制限できることから、UQモバイルはFacebookの利用に最適な格安SIMといってよいでしょう。通信費の月額料金を抑えつつスマホでFacebookを楽しみたい方は、ぜひUQモバイルの利用を検討してみてください。

 

 

UQモバイル 公式サイトはコチラ

UQモバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

関連ページ

プラン
APN設定方法
SIM変更
対応機種&SIMの選び方
着信拒否
softbank
エリア
UQモバイルはau回線のサービスエリアで利用できます。サービスエリアとは無線基地局が発した電波が到達する地域です。au回線のサービスエリアの人口カバー率は99%です。UQモバイルは3G、4G、LTEに対応しています。ただしデータ通信については3Gを利用できません。
プラン変更方法
UQモバイルに家族割ってある?家族で安く利用できるかを徹底検証!
UQモバイルには家族割が用意されていません。複数回線の契約を行うことは可能です。ただし2回線以上を契約しても割引は行われません。とはいえUQモバイルは格安で端末を購入できます。端末込みの料金ならmineoより安価です。
【2018年版】UQモバイルの「UQゼロ学割」解説!条件や注意点は?
どっちがおすすめ?UQモバイル取扱店での即日開通と通販
UQモバイルの解約方法!手順や注意点を詳しくまとめて解説
UQモバイルの解約はUQお客様サポートセンターで申し込めます。MNP転出するはウェブでMNP予約番号を取得可能。新しい通信事業者で回線切り替えを行った時点でUQモバイルは解約されます。解約後のSIMカードの返却は不要です。
店舗のほうが便利?UQモバイル契約後の相談窓口をチェック
UQモバイルはビックカメラやヤマダ電機のような家電量販店、AEONやイトーヨーカドーのような流通系店舗などで契約できます。ただし店舗によっては、契約後の相談に乗ってもらえない場合があるので注意が必要です。
「楽天でんわ」アプリ活用法
ソフトバンク版のiPhone
ソフトバンクの端末もSIMロック解除すればUQモバイルの端末として利用できます。ただし公式に対応が発表されているのはiPhone6s、6sPlus、SEのみです。iPhone7の利用もユーザにより確認されていますがテザリングは使えません。
繋がらない
UQモバイルはau回線を利用する格安SIMです。通信はau回線のバンドで行われます。ドコモやソフトバンクのスマホは一部のauのバンドに対応していないためUQモバイルのSIMカードで電波が繋がらない場合があります。
au版iPhone使用条件
auのiPhone6,6s,6sPlus、SEはUQモバイルのSIMカードでの動作が確認されています。ただしSIMロック解除しなければVoLTE用SIMで通信を行えません。SIMロック解除はauショップまたはauお客さまサポートで行えます。
UQモバイル版iPhone5s
UQモバイル版iPhone5sはマンスリー割により実質108円で購入できます。テザリングやキャリアメールも使用可能です。選べるモデルは16GBモデルのみ。SIMロックがかかっており、UQモバイルではSIMロック解除に対応していません。
UQモバイルで利用できるドコモ版iPhone
ドコモのiPhone6s、6s Plus、SEはUQモバイルのSIMカードに対応しています。ただしUQモバイルの端末として使用するにはSIMロック解除が必要です。テザリングやMMSを利用するにはマルチSIMを選ぶ必要があります。
LINE
格安SIMならUQモバイルかワイモバイルか?乗り換える前にチェックすべきこと
テレビ好き必見!UQモバイルのワンセグ対応機種まとめ
UQモバイルの一部機種ではワンセグ放送を視聴できます。2017年3月で販売されている機種ではDIGNO Lやarrows M03などがワンセグに対応しています。ワンセグ対応機種はUQコミュニケーションズ公式サイトの製品比較表でチェックできます。
iphoneSE