どっちがおすすめ?UQモバイル取扱店での即日開通と通販

au回線利用のUQモバイルの契約は実店舗でも行えます。格安SIM業者の場合、キャリアのようにいたるところにショップを構えているところは少ないのが実情。UQモバイルもUQスポット上野店などの専用ショップを開店していますが、まだUQスポットは少ないため家電量販店や大型スーパー、携帯ショップ等を利用するケースが多いようです。

 

しかし店舗契約なら、その日のうちに端末やSIMカードを入手可能でMNP転入する場合も、新しい回線を即日開通できます。こうした点を考慮して、店舗でUQモバイルを契約したいと考える方は多いことでしょう。

 

ただ、店舗申し込みには、メリットがある反面デメリットもあります。この点は通販も同様です。多少のデメリットはあるものの、通販契約には店頭契約にはないメリットがあります。このようにいうと、店舗での契約と通販のどちらを選んだらいいのか迷ってしまうかもしれませんね。

 

そこで本ページでは、取扱店での契約と通販での契約申込方法を詳しく比較。両者のメリット・デメリットをご紹介したうえで、おすすめのUQモバイル契約手続き方法を提示します。取扱店での契約申し込み方法も詳しくご紹介しますので、ぜひご一読ください。

 

 


目 次

  1. どんな店舗で契約できる?
  2. 1-1.店舗で契約する方法

  3. 店舗での契約のメリット・デメリット
  4. 通販を利用するメリット・デメリット
  5. 店舗と通販どちらがおすすめ?
  6. 4-1.MNPの空白期間はほぼなし

 

 

UQモバイル 公式サイトはコチラ

UQモバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

どんな店舗で契約できる?

本文のはじめにUQモバイルの取り扱い店舗をご紹介します。UQモバイルは、全国の「UQスポット」という専用ショップをはじめとする、さまざまな店舗で取り扱われています。主な取り扱い店舗を、ジャンル別に見てみましょう。

 

家電量販店

エディオン、ケーズデンキ、ビックカメラ、Joshin、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機など

流通・スーパー

AEON、イズミヤ、イトーヨーカドー、平和堂、Mr Maxなど

携帯販売店

GEO mobile、じゃんぱら、モバワン、ジョイネット、ダイマック、モバイラーズステーションなど

上記のとおり、UQモバイルは大手企業の店舗でも取り扱われています。ちなみに、全国のUQモバイル取り扱い店舗数は、2017年2月23日時点で1,975店舗。お住まいの地域でも、いくつかの取扱店が見つかることでしょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

店舗で契約する方法

店舗でのUQモバイル契約に、特に難しい点はありません。最寄りの取扱店に出向き、カウンターで契約を申し込むだけです。UQモバイルの取扱店舗は、以下の手順で検索できます。

 

取扱店舗の検索方法

  1. UQコミュニケーションズのウェブサイトにアクセス
  2. トップページのメニューにある「お申し込み」をクリック
  3. 表示されたメニューから「販売店舗一覧」を選択
  4. 表示されたページの地図でお住まいの都道府県を選択
  5. 「2 地域を選択」に表示された地域名から任意のものを選択
  6. 画面を下にスクロールさせて店舗名を確認する

 

上記手順で最寄りの取扱店を見つけたら、以下の4つをそろえたうえで店舗までお出かけください。

 

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • 連絡の取れるメールアドレス
  • MNP予約番号(MNP転入を希望する場合のみ)

 

店舗での契約は、キャリアのスマホと同様に行えます。多くの店舗は即日開通に対応しているため、端末はその日のうちに持ち帰ることが可能です。なお、本人確認書類に該当する書類は、以下のとおりとなっています。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 健康保険証+補助書類

 

契約者が本人確認書類として健康保険証を提示する場合、以下いずれかの補助書類が必要となります。

 

  • 公共料金領収書(電気料金・都市ガス料金・水道料金など)
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書
  • 行政機関発行の領収書

 

いずれの書類を提出する場合も、現住所と氏名が記載されており、かつ3ヶ月以内に発行されたものを用意してください。以上のほか、契約者と利用者が異なる場合は、以下の家族関係を証明する書類が必要となります。

 

  • 戸籍謄本
  • 住民票(続柄が記載されているもの)
  • 同性のパートナーシップを証明できる書類

 

同性のパートナーシップを証明できる書類とは、渋谷区が発行する「パートナーシップ証明書」のような公的証明書を指します。NPOや市民団体が発行する書類では、家族関係の証明書として認められないのでご注意ください。なお、戸籍謄本と住民票については、3ヶ月以内に発行されたものが必要となります。

 

 

ページの一番上に戻る

 

店舗での契約のメリット・デメリット

ここからは、店舗での契約と通販の比較を行っていくことにしましょう。通信サービスの契約方法は、メリット・デメリットを踏まえて選ぶことが肝要です。この節でご紹介するのは、店舗でのUQモバイル契約のメリットとデメリット。まずは、メリットから見てみましょう。

 

  • 当日中に利用を始められる
  • 店員に相談しながら契約できる
  • 端末の実機に触れられる

 

先にご紹介したように、多くのUQモバイル取扱店では申し込み当日中に端末を受け取ることができます。また、即日開通に対応しているため、MNPの手続きを1日で済ませることも可能です。

 

契約について店員に相談できる点も、店舗での契約がもつメリットのひとつ。店員から説明やアドバイスを受けつつ、契約プランを決定できます。

 

端末に触れられる点も、店舗での契約で得られるメリットです。長期間利用する端末は、実際に触ってから選びたいところ。実店舗に出向けば、動作を確認したうえで購入する端末を決めることができます。

 

続いて、店舗での契約のデメリットをチェックしてみましょう。

 

  • 通販と比べて時間と手間がかかる
  • 欲しい端末が在庫切れになっている場合がある
  • iPhoneを取り扱っていない店舗がある

 

実店舗での契約には、どうしても時間と手間がかかるのが注意点として挙げられます。店舗の混雑具合によっては、契約完了までに半日を要するかもしれません。

 

また、店舗に出向いたところ、購入したい端末が在庫切れになっている場合もあることでしょう。こうした場合は、ほかの店舗を探すか、端末を取り寄せてもらう必要が生じます。どちらにせよ、余計な手間と時間がかかるので要注意です。

 

もう一点留意したいのが、iPhoneの取り扱い。UQモバイルの取扱店の中には、iPhoneを取り扱っていない店舗もあります。UQモバイル版iPhone5sを契約したい場合は、iPhoneの取り扱いに対応している店舗を探さなければなりません。

 

 

ページの一番上に戻る

 

通販を利用するメリット・デメリット

通販、すなわちネットでのUQモバイルの申し込みには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。まず、メリットをチェックしてみましょう。

 

  • 自宅で申し込みできる
  • 端末の在庫切れがない

 

自宅で申し込みを行える点が、通販最大のメリットです。UQ mobile公式サイトは、24時間いつでも利用可能。日中は仕事で忙しい方でも、帰宅後に申し込みを行うことができます。また、UQモバイルの申し込みは、スマホから行うことも可能です。仕事の休み時間を利用して、手軽に契約を申し込めます。

 

端末の在庫切れが起こらない点も、通販の大きなメリット。ほぼ確実に、欲しい端末を手に入れることができます。続いて、通販のデメリットを見てみましょう。

 

  • 商品到着に数日を要する
  • 購入するまで端末を触ることができない

 

通販の注意点は注文した端末やSIMカードを、申し込み当日に受け取ることが出来ないことです。どうしても、商品到着までに数日かかってしまいます。

 

実際に入手するまで端末を触れない点も、通販のデメリットです。操作感や手に持った感触などを、購入前に確認できません。端末にこだわりのある方には、やや不向きな購入方法といえます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

店舗と通販どちらがおすすめ?

ここまでに見てきたとおり、店舗での契約と通販には、それぞれにメリットとデメリットがあります。はたして、どちらの契約方法がベストといえるのでしょうか。

 

結論を述べるとUQモバイルの契約方法は、通販がベストです。通販をおすすめする理由としては、以下の3つがあげられます。

 

通販での申込おすすめのポイント

  • 手続きにかかる時間が少なく済む
  • 申し込み2日後に商品を入手可能
  • チャットで質問できる

 

オンラインショップでのUQモバイル申し込み手続きは、手早く行えば10分程度で完了します。店舗での契約とは違い、移動時間や待ち時間がかかりません。

 

また、UQモバイルオンラインショップで注文した商品は、最短で申し込み日の翌日に発送されます。地域にもよりますが、早ければ申し込みの2日後に商品を利用可能です。

 

チャットによる質問を行える点も、通販のおすすめポイント。契約や商品に関し分からないことはUQモバイルオンラインショップのチャット機能を使って専門スタッフに質問できます。この機能を利用すれば、実店舗と同様にスタッフのサポートを受けつつ契約を進めることも可能。はじめて格安スマホの契約プランを利用する方でも、迷わずに申し込みを行えます。

 

以上のおすすめポイントの中で最も注目すべきポイントは、手続き時間の短さ。短時間で申し込みが完了するので、ちょっとした空き時間を利用して契約を行えます。

 

平日の隙間時間に契約を済ませておけば、休日までにSIMカードや端末を入手することも可能です。つまり、契約のために休日をつぶすことなく、UQモバイルの利用を開始できるのです。

 

一見遠回りに見える通販も、上手く利用すれば大幅に時間や手間を節約できる契約方法となります。以上が通販をおすすめする理由です。

 

 

ページの一番上に戻る

 

MNPの空白期間はほぼなし

他社からUQモバイルへ電話番号を引き継ぎたい場合のMNPを検討している方の中には、空白期間が気になっている方も多いことでしょう。空白期間とは、回線切り替えにともなって端末を利用できなくなる期間のこと。

 

通常、格安SIMへのMNP申込みを行うと、申込みからSIMカード到着までの間に空白期間が発生します。SIMカード発送前に回線切り替えが行われるため、スマホや携帯電話を利用できない期間が生じるのです。

 

仕事でスマホを利用する方であれば、空白期間の発生は極力避けたいところですよね。ご安心ください。UQモバイルなら、空白期間を気にせずにMNP転入できますよ。

 

UQモバイルにMNP転入すると、SIMカード到着後に自分で回線切り替えを行うことになります。つまり、SIMカードが到着するまでは、乗り換え前の回線を利用できるのです。

 

さらに、回線切り替え手続きは、短時間で完了します。切り替え手続き後に生じる空白期間は、長くても10分程度。早ければ、2分ほどで切り替えが完了します。これだけ時間が短いなら、「空白期間はほぼなし」といってよいでしょう。

 

UQモバイル公式サイトでのMNP受付時間

午前9時30分から午後8時30分

 

空白期間が気になって通販申込をためらっていた方も、ネット通販での申し込みを行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

UQモバイル 公式サイトはコチラ

UQモバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

関連ページ

プラン
APN設定方法
SIM変更
対応機種&SIMの選び方
着信拒否
facebook
UQモバイルのSIMカードおよび端末でもFacebookは利用できます。キャリアのスマホと同じように全機能を利用可能です。UQ mobileポータルアプリを利用して高速データ通信をオフにすればFacebook利用時のデータ消費を防げます。
softbank
エリア
UQモバイルはau回線のサービスエリアで利用できます。サービスエリアとは無線基地局が発した電波が到達する地域です。au回線のサービスエリアの人口カバー率は99%です。UQモバイルは3G、4G、LTEに対応しています。ただしデータ通信については3Gを利用できません。
プラン変更方法
UQモバイルに家族割ってある?家族で安く利用できるかを徹底検証!
UQモバイルには家族割が用意されていません。複数回線の契約を行うことは可能です。ただし2回線以上を契約しても割引は行われません。とはいえUQモバイルは格安で端末を購入できます。端末込みの料金ならmineoより安価です。
UQモバイルは子供の防犯に強い?&UQ学割の解説
UQモバイルの解約方法!手順や注意点を詳しくまとめて解説
UQモバイルの解約はUQお客様サポートセンターで申し込めます。MNP転出するはウェブでMNP予約番号を取得可能。新しい通信事業者で回線切り替えを行った時点でUQモバイルは解約されます。解約後のSIMカードの返却は不要です。
店舗のほうが便利?UQモバイル契約後の相談窓口をチェック
UQモバイルはビックカメラやヤマダ電機のような家電量販店、AEONやイトーヨーカドーのような流通系店舗などで契約できます。ただし店舗によっては、契約後の相談に乗ってもらえない場合があるので注意が必要です。
「楽天でんわ」アプリ活用法
ソフトバンク版のiPhone
ソフトバンクの端末もSIMロック解除すればUQモバイルの端末として利用できます。ただし公式に対応が発表されているのはiPhone6s、6sPlus、SEのみです。iPhone7の利用もユーザにより確認されていますがテザリングは使えません。
繋がらない
UQモバイルはau回線を利用する格安SIMです。通信はau回線のバンドで行われます。ドコモやソフトバンクのスマホは一部のauのバンドに対応していないためUQモバイルのSIMカードで電波が繋がらない場合があります。
au版iPhone使用条件
auのiPhone6,6s,6sPlus、SEはUQモバイルのSIMカードでの動作が確認されています。ただしSIMロック解除しなければVoLTE用SIMで通信を行えません。SIMロック解除はauショップまたはauお客さまサポートで行えます。
UQモバイル版iPhone5s
UQモバイル版iPhone5sはマンスリー割により実質108円で購入できます。テザリングやキャリアメールも使用可能です。選べるモデルは16GBモデルのみ。SIMロックがかかっており、UQモバイルではSIMロック解除に対応していません。
UQモバイルで利用できるドコモ版iPhone
ドコモのiPhone6s、6s Plus、SEはUQモバイルのSIMカードに対応しています。ただしUQモバイルの端末として使用するにはSIMロック解除が必要です。テザリングやMMSを利用するにはマルチSIMを選ぶ必要があります。
LINE
格安SIMならUQモバイルかワイモバイルか?乗り換える前にチェックすべきこと
テレビ好き必見!UQモバイルのワンセグ対応機種まとめ
UQモバイルの一部機種ではワンセグ放送を視聴できます。2017年3月で販売されている機種ではDIGNO Lやarrows M03などがワンセグに対応しています。ワンセグ対応機種はUQコミュニケーションズ公式サイトの製品比較表でチェックできます。
iphoneSE