初月の月額基本料が無料になる格安スマホは?比較一覧表 - 格安スマホ辞典

格安スマホに乗り換える際、初月(申し込んだ月)の月額料金をまるまる無料にしてくれるMVNOがあります。

 

そこで、データSIMを申し込む場合やMNPを利用せず新規で音声通話SIMを申し込む場合は、月の初めに申し込めばほぼ1カ月無料で利用できるのでお得になります。

 

 

でもMNPを利用して乗り換える場合は、以前に使っていた大手キャリアやMVNOの解約月の料金が日割り計算されるのかについても確認しておかないと、月の初めに申し込むことで結局料金を多く支払う結果になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

そこで厳選18MVNOについて、初月の月額基本料は無料になるのか、また解約時の料金は日割りになるのかを調査してみました。一括でチェックできますので乗り換える際の参考にしてください!

 


目 次

  1. 【比較一覧表】初月の月額基本料が無料になるMVNO は?

    1-1. 楽天モバイル
    1-2. OCNモバイルONE
    1-3. BIGLOBEモバイル
    1-4. LINEモバイル
    1-5. NifMo(ニフモ)
    1-6. nuroモバイル

  2. MNPの場合は解約時にかかる料金も計算に入れる
  3. MNPの場合は申し込みのタイミングは月末がおすすめ
  4. まとめ

 

 

【比較一覧表】初月の月額基本料が無料になるMVNO は?

初月(申し込んだ月)無料のMVNOでデータSIMを契約する場合、または音声通話SIMを新規契約する場合は、月の初めに利用開始できるよう申し込むのがおすすめです。

 

例えば1,980円の料金プランを契約する場合、1日に申し込むと1,980円分が無料になりますが、15日に申し込むと半分の990円分しか無料になりません。申し込むのが早ければ早いほど、初月無料の恩恵を受けられるというわけですね。

 

主要な18のMVNOについて、初月の料金が無料になるかどうかをまとめてみました。

 

▼初月料金比較一覧表

楽天モバイル

組み合わせプラン申し込みの場合は初月無料

スーパーホーダイは初月無料対象外

mineo

初月の料金は日割り

OCNモバイルONE

初月無料

IIJmio

初月の料金は日割り

利用できるデータ通信量も日割りされる

UQモバイル

初月の料金は日割り

BIGLOBEモバイル

初月無料

端末の分割代金も初月は無料

イオンモバイル

初月の料金は日割り

DMMモバイル

初月の料金は日割り

LINEモバイル

初月無料

NifMo

初月無料

nuroモバイル

初月無料

U-mobile

U-mobileプランのみ日割り

それ以外のプランは1ヶ月分の料金がかかる

DTI SIM

初月の料金は日割り

TONEモバイル

初月の料金は日割り

J:COMモバイル

初月の料金は日割り

b-mobile

初月から満額の支払いが発生

エキサイトモバイル

初月から満額の支払いが発生

リンクスメイト

初月の料金は日割り

利用できるデータ通信量も日割りされる

 

主要なMVNOのうち、初月の料金が無料になるのは楽天モバイル、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイル、LINEモバイル、Nifmo、nuroモバイルの6社です。

 

以下それぞれのMVNOの特徴と、初月無料の「初月」がどの期間を指しているのかをご紹介します。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

楽天モバイル

 

楽天モバイルの特徴は以下の通りです。

 

■利用料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、貯まったポイントで料金を支払える
■端末セットが豊富、さらに長期優待ボーナス(スーパーホーダイ)で端末代が最大20,000円オフ
■時間、回数ともに無制限のかけ放題オプションがある

 

楽天モバイルは「組み合わせプラン」申し込みの場合、月額基本料が初月無料になります。初月とは、MNPの場合はMNPが完了した日、それ以外の場合は楽天モバイルのSIMカードを受け取った日が属する月を指します。スーパーホーダイプランは初月無料の対象外です。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

OCNモバイルONE

 

OCNモバイルONEの特徴は以下の通りです。

 

■MVNOでは珍しい日次プランがある
■かけ放題オプションを3種類から選べる
■全国80,000ヶ所以上で使える公衆無線LANサービスが無料
■OCN光とセットで月額利用料が200円割引

 

OCNモバイルONEはすべてのプランで初月無料です。OCNモバイルONEでは申し込み日の10日後を含む月が初月となっています。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

BIGLOBEモバイル

 

BIGLOBEモバイルの特徴は以下の通りです。

 

■ドコモとauの両方の回線に対応
■「エンタメフリー・オプション」でYouTubeやGoogle Play Musicが使い放題
■高額なキャッシュバックがもらえる

 

BIGLOBEモバイルではすべてのプランで初月無料です。また、BIGLOBEモバイルで端末を購入する場合は分割払いになりますが、その際の端末料金(分割代金)も初月無料になります。

 

BIGLOBEモバイルではSIMカードの受け取りをBIGLOBEモバイルで確認した日がサービス開始日となり、サービス開始日が含まれる月が初月になります。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

LINEモバイル

 

LINEモバイルの特徴は以下の通りです。

 

■LINEやSNSがカウントフリーで使い放題
■LINEの年齢認証が可能
■LINEアプリからデータ容量を確認したり、サポートに問い合わせたりできる

 

LINEモバイルでは利用開始日を含む月を初月としています。LINEモバイルの利用開始日は、申し込み方法によって以下のように異なります。

 

■新規契約の場合:SIMカードが発送された日の2日後
■MNPの場合:回線切り替えが完了した翌日
■即日受渡対応の店舗で申し込みの場合:申し込んだ翌日

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

NifMo(ニフモ)

 

NifMoの特徴は以下の通りです。

 

■バリュープログラムで月額料金が安くなる
■@niftyの接続サービスとセットで利用すると月額料金が200円割引
■高額なキャッシュバックがもらえる
■ファミリープログラムで家族でもお得に利用できる

 

NifMoは全プランで初月無料です。NifMoではスマホセットもしくはSIMカードが手元に届いた日が利用開始日となっており、その利用開始日を含む月が初月となります。

 

ただし、MNPで乗り換えてなおかつスマホセットもしくはSIMカードが到着した日までに回線切り替えが完了していない場合は、到着した日の翌日が利用開始日となります。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

nuroモバイル

 

nuroモバイルの特徴は以下の通りです。

 

■決まった時間だけデータ通信が使い放題になる「時間プラン」がある
■容量プランが1GB刻みで用意されている
■業界で唯一、翌月のデータ通信量を前借りできる

 

nuroモバイルも全プランで初月無料です。nuroモバイルではプランの申し込みを了承した日をサービス開始日としており、サービス開始日を含む月を契約開始月、つまり初月としています。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

MNPの場合は解約時にかかる料金も計算に入れる

大手キャリアから初月無料のMVNOにMNPで乗り換える場合は、必ずしも月初めに申し込むのがお得、とはならないので注意してください。

 

大手キャリアは解約月の料金が日割りにならないため、MVNOの申し込み月が無料になるからと言って月の初めに申し込むと、解約する大手キャリアの1ヶ月分の月額料金を余計に支払うことになり、結局支払う料金の総額は高くなってしまうことが多いです。

 

MVNOの初月無料サービスは、申し込んだ月がお得になるようにするためのサービスというよりも、MNPをする月に以前の会社の月額料金と乗り換え先の会社の月額料金をダブって支払わなくていいようにするための救済策です。

 

月末にMNPすれば初月無料の期間は短くなり、月初にMNPすれば初月無料の期間は長くなりますが、以前の会社の月額料金を1ヶ月分余計に支払うことになります。

 

そこでMNPの場合は、解約月の月額料金が日割りになるMVNOから初月無料のMVNOに乗り換える場合のみ、月の初めに利用開始となるように申し込むとお得になります。主要な18のMVNOで、解約月の料金が日割になるかどうかもまとめてみました。

 

▼解約月料金の日割り有無の一覧

楽天モバイル

日割りなし

mineo

日割りあり

OCNモバイルONE

日割りなし

IIJmio

日割りあり

UQモバイル

日割りあり

BIGLOBEモバイル

日割りなし

イオンモバイル

日割りあり

DMMモバイル

日割りなし

LINEモバイル

日割りなし

NifMo

日割りなし

nuroモバイル

日割りなし

U-mobile

日割りなし

DTI SIM

日割りなし

TONEモバイル

日割りなし

J:COMモバイル

日割りあり

b-mobile

日割りなし

エキサイトモバイル

日割りなし

リンクスメイト

日割りなし

 

18のMVNOのうち、解約月の料金が日割りになるのはmineo、IIJmio、UQモバイル、イオンモバイル、J:COMモバイルの5つだけです。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

MNPの場合は申し込みのタイミングは月末がおすすめ

解約月の料金が日割りになるmineo、IIJmio、UQモバイル、イオンモバイル、J:COMモバイルから初月無料のMVNOにMNPする場合のみ、月の初めに利用開始できるように申し込むとお得になりますが、そのほかのMVNOや大手キャリアから初月無料のMVNOにMNPする場合は、基本的に月末に利用開始できるよう申し込むのがおすすめです。

 

以前の会社のデータ通信容量をほぼ使いきってから月末にMNPすれば、乗り換え先の会社のデータ通信容量をまるまる余らせて翌月に繰り越して使えるのでちょっとお得になりますよ。

 

ただし、初月のデータ通信容量が日割りになるIIJmioなどではこの方法は通用しないので、月初に申し込んでも月末に申し込んでもあまり変わらない結果になります。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

まとめ

▼初月無料サービスを実施しているMVNOは、以下6社です。

■楽天モバイル
■OCNモバイルONE
■BIGLOBEモバイル
■LINEモバイル
■Nifmo
■nuroモバイル

初月無料サービスは、MNPをする月に以前の会社の月額料金と乗り換え先の会社の月額料金をダブって支払わなくていいようにするためのサービスなので、MNPする場合はいつ申し込んでもそれほど支払う料金の総額は変わりません。

 

以下3通りの場合のみ、月の初めに利用開始となるように申し込むとちょっとお得になります。

@ データSIMを契約する場合
A 音声通話SIMを新規契約する場合
B 解約月の月額料金が日割りになるMVNOからMNPで乗り換える場合

 

 

▼解約月の月額料金が日割りになるMVNOは以下5社です。

■マイネオ
■IIJmio
■UQモバイル
■イオンモバイル
■JCOMモバイル

 

 

ページの一番上に戻る