トーンモバイル新機種TONEm17 口コミレビュー! - 格安スマホ辞典

 

独自の格安スマホ(格安SIM)サービスを提供するトーンモバイルから、2017年8月1日に新機種、「TONE m17」が発売されました!

 

「TONE m17」についてはすでに色々なサイトでいいことや悪いこと、たくさん紹介されていますが、やっぱり機種の良し悪しは実際に触れて、使ってみないと分かりません。そこで、当サイトではトーンモバイルの店舗でm17の実物に触れながら、TONEモバイル本社の方に「TONE m17」について取材させていただきました。

 

結論からお伝えすると、m17はかなりおすすめ!子供だけでなく、大人が持っても十分満足のできる端末です。m15よりも端末価格は高くなりますが、それだけの価値は十分にあります。

 

この記事では、m17を実際に触れて、操作してみた感想や、前モデルm15とm17のスペック比較をご紹介します。また、「TONE m17」で新たに追加された機能も、実際に使ってみてレビューしていますので購入の際の参考にしてください!

 


目 次

  1. TONE m17を実際に手にした感想
  2. TONE m17の仕様
  3. m17で新たに加わった機能

    3-1. 防水・防塵、そして洗える!
    3-2. 耐衝撃性、キズにも強い
    3-3. ワンセグが見られる
    3-4. おサイフケータイ機能も追加

  4. 2017年8月〜新たに開始されたサービス

    4-1.TONE端末自体の時間制限
    4-2. 「親子スマホの約束」機能
    4-3. 行動サマリーレポート
    4-4. ジオフェンスロック
    4-5. お知らせシール
    4-6.置くだけサポート2

  5. まとめ TONEm17は親子のコミュニケーションを助けるツールになる

 

 

TONEモバイル 公式サイトへ

TONEモバイル 詳しい解説はコチラ

 

 

TONE m17を実際に手にした感想


今回はTSUTAYA所沢山口店(埼玉県所沢市)内にあるトーンモバイルの店舗で取材させていただきました。こちらの店舗では店頭にTONEスマホの実機が展示されていますので、自由に機種を触って試してみることができます。

 

▼新機種のm17も、前モデルのm15も置いてありますので2つの機種を使い比べてみることもできますよ。

 

スタッフの方もとても親切で、分からないことを丁寧に説明してくれました!

 

まず新機種m17を見て感じたのは、m15よりも圧倒的にカッコいい!ということです。前モデルのm15も、カッコ悪くはなかったですが、デザイン的には特徴のないごくごく普通のスマホでした。

 

でもm17は、シルバーの側面のステンレスフレームや、真っ白ではなく薄くグレーがかった背面など、シンプルながらも高級感がある見た目で、所有する満足感を感じさせてくれるデザインになっています。シンプルなので誰が持っても違和感がなく、大人用としても十分かっこいいです。

 

▼大きさの比較では、m17の方がm15に比べて一回り小さくなっています。

TONEm17とm15の大きさ比較

右がm17で左がm15です。画面も5.5インチから5インチへと小さくなり、大人の女性でも楽に片手に収まるサイズです。

 

スペック表の比較で、m17の方がm15よりも17グラム軽くなる、ということは確認していましたが、実際にm17を手にしてみて、その軽さにとても驚きました。思わず、これは本物!?中身の入っていない見本じゃないの??と疑ってしまったほどです。この重さなら、子供が持ち歩くのにも全く負担にならないと思います。

 

また、大抵のSIMフリースマホにはついていない「ストラップホール」も本体の右下部についています。これは国内メーカー仕様の強みです。子供がスマホをなくしたり、落としたりしたりするのを防ぐためにストラップをつけたい、という方にはうれしい改善点ですね。

 

 

TONEモバイル 公式サイトへ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

TONE m17の仕様

 

TONE m17は、国内メーカー富士通が製造を担当したODM品です。富士通は国内に工場を持っているため、価格競争では中国や台湾など海外のスマホメーカーに太刀打ちできませんが、その分ワンセグやおサイフケータイなど日本ならではの機能を自社製のスマホに搭載することで、海外メーカーとの差別化を図っています。

 

m17も、ワンセグやおサイフケータイ、タフネス機能などを搭載した、「The国産スマホ」と言えるような端末です。

 

2017年7月20日に発売された富士通のスマホ「arrows M04」と外観や機能はほぼ同様のモデルですが、ハード、ソフト両方にトーンモバイル独自の機能が盛り込まれた仕様になっています。

 

▼前モデルTONE m15とのスペック比較です

 

TONE m15(前モデル)

TONE m17

 寸法

高さ:147.9mm 幅:74.5mm

厚さ:8.6mm

高さ:144mm 幅:71mm

厚さ:8mm

 重さ

 約165g

 約148g

OS

Android 5.1

Android 7.1.1

 液晶サイズ

5.5インチ

5インチ

解像度

1280×720ドット

1280×720ドット

カメラ

 1,300万画素(リア)

500万画素(フロント)

 1,310万画素(リア)

500万画素(フロント)

CPU

 MTK6735

Qualcomm MSM8916

メモリ

 2GB

2GB

ストレージ

16GB

16GB

SDカード

32GB

256GB

電池

3000mAh

2,580mAh

防水

×

○(IPX5/IPX8)

防塵

×

○(IP6X)

MIL規格

×

23項目

独自機能

置くだけサポート

置くだけサポート2

お知らせシール対応

取るだけ設定対応

センサー

歩数計

歩数計・動き検知・歩行検知

価格(税抜)

29,800円→19,800円※1

34,800円

※1一括払いの場合。または、端末代金はそのままで、基本プラン月額1年無料のキャンペーンも選べます。

 

TONE m17はメモリ・ストレージ容量ともに前モデルのTONE m15と同じままです。m15と同様、高速通信のLTEにもちろん対応しています。m15と比較して、AndroidのOSが新しくなった以外は、CPUなどスマホ本体の性能はほとんど変わりません。

 

一部のサイトでは、同価格帯のスマホと比べて性能が低いという評価を受けていますが、実際に使ってみると十分サクサク動きますし、3Dゲームなど特別に高い処理能力を必要とするアプリを利用しない限り、通常の使用範囲では困ることはないでしょう。

 

  • m15でも、m17でもポケモンGOなど人気のゲームは全く問題なく遊べます。

     

    通話、メール、インターネット検索、SNS、一般的なゲームなどをメインに使うのであれば、それほど高いスペックは必要ありません。どちらの端末を選んだとしても、利用していて不便は感じないと思います。

 

また、カメラについてはm17の画素数はm17と比べてほとんど同じですが、トーンモバイルの方にお聞きしたところ、カメラの内臓センサーのメーカーが変わり、性能が良くなった、ということです。

 

実際に写真も撮ってみましたが、スマホの画面で見る限り、筆者の利用しているiPhone7と比較しても遜色のない画質の写真が取れているように思えました。M15と比較して、より人間の目で見ている映像に近い画像の写真が撮れるようになったということなので、写真を撮るのは楽しくなりそうですね。

 

 

TONEモバイル 公式サイトへ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

m17で新たに加わった機能

 

TONE m17は「TONE ダメージレス構造」と呼ばれる防水・防塵・耐衝撃の機能を備え、タフネススマホというのにふさわしい頑丈なスマホになりました。

 

また、30代から40代の子育て世代の女性に人気の雑誌「VERY」と共同開発した“子供に持たせたいスマホ”としての、子供を守る様々な機能「トーンファミリー機能」も、前モデルm15よりもパワーアップし、さらに充実しています。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

防水・防塵、そして洗える!

 

TONE m17には、防水・防塵機能が付いていますが、実際どのくらいのレベルのものなのでしょうか?

 

電気機器の防水・防塵性能には、防水性能のレベルを判断する、IP(Ingress Protection)規格という規格があります。防水・防塵のIP規格は以下のようになっています。

 

▼防水のIP規格 保護等級一覧

等級

水の侵入に対する保護

 

保護の精度

テスト方法

IPX0

水の侵入に対して特には保護されていない

テストなし

IPX1

垂直に落ちてくる水滴によって有害な影響を受けない

200oの高さより

3~5o/分の水滴、10分

IPX2

垂直より左右15度以内からの降雨によって有害な影響を受けない

200oの高さより15度の範囲

3~5o/分の水滴、10分

IPX3

垂直より左右60度以内からの降雨によって有害な影響を受けない

200oの高さより60度の範囲

3~5o/分の水滴、10分

IPX4

いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない

300から500oの高さより

全方向に10リットル/分の放水、10分

IPX5

いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない

3mの距離から全方向に

12.5リットル/分・30kpaの噴流水3分間

IPX6

いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない

3mの距離から全方向に

100リットル/分・100kpaの噴流水3分間

IPX7

規定の圧力、時間で水中に没しても水が浸入しない

水面下・15cm~1m、30分間

IPX8

水面下での使用が可能

メーカーと機器の使用者間の取り決めによる

 

▼防塵のIP規格 保護等級一覧

等級

人体・固形物体に対する保護

 

保護の精度

テスト方法

IP0X

保護なし

テストなし

IP1X

手の接近からの保護

直径50o以上の固形物体(手など)が内部に侵入しない

IP2X

指の接近からの保護

直径12o以上の固形物体(指など)が内部に侵入しない

IP3X

工具の先端からの保護

直径2.5o以上の工具先端や固形物体が内部に侵入しない

IP4X

ワイヤーなどからの保護

直径1.0o以上のワイヤーや固形物体が内部に侵入しない

IP5X

粉塵からの保護

機器の正常な作動に支障をきたしたり、安全を損なうほどの量の粉塵が内部に侵入しない

IP6X

完全な防塵構造

粉塵の侵入が完全に防護されている

 

m17の防水性能はIPX5/8等級(あらゆる方向から噴流を当てたり、常温水道水に30分継続的に水没したりしても浸水しない)、防塵はIP6X(粉塵が入り込まない)です。どちらも最高の基準を満たしていますので、m17は非常に高い防水・防塵性能を持っていることが分かります。

 

また、TONE m17は端末本体を泡ハンドソープや家庭用液体洗剤で洗うことができます。ただし、洗う際にはスロットキャップ(SIM・SDスロット部カバー)が確実に閉じているか確認してください。洗った後は、本体を乾いた布などで拭き、イヤホン端子やスピーカに水滴が残らないようにします。

※m17には利用にあたっての注意の説明書が付いてきますが、その中でスマホの洗い方、濡れた後のケアなど詳しく説明されています。m17を洗う際はその指示に従うようにしてください。

 

  • 注意点として、m17の防水性能は高いですが、耐熱性能は持っていませんので毎日のようにお風呂の中で利用していると、バッテリーの消耗が早まる可能性があります。

 

スマホを毎日使っていれば、大事に使っていても、汚したり、落としたり、ぶつけたりすることはよくあるものですが、TONE m17なら汚れても洗える、頑丈で傷つきにくい作りになっていますので、子供が使うのにもぴったりの機種だと思います。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

耐衝撃性、キズにも強い

 

TONE m17は、MIL規格(ミル規格:米国が調達する物資の規格のガイドラインで、極端な気温差やほこりの多い場所など、過酷な条件での耐久性を示す基準)より厳しい「150cmの高さ・26方向からコンクリートに落下させる試験」を行っています。(MIL規格は120cmからの落下実験)

 

10歳(平均身長140cm)から15歳の子供(平均身長168cm)でも手の高さは90cm〜118cmですが、m17は150cmの高さからの落下の衝撃に耐えるので、子供だけでなく大人でも通常使用するのに十分な耐衝撃性を備えていると言えます。

 

m17は画面と画面を保護するベゼルとの間にすき間がなく、割れにくい構造になっています。リジットベゼルは角を丸くして、落下時の衝撃を分散さることで、画面へのダメージを最小限に抑制してくれます。画面自体にも傷や衝撃、曲げに強いゴリラガラス3が採用されています。

※もちろん、落としても絶対に画面が割れない、というわけではありませんので、落とさないよう注意するに越したことはありません^^

 

▼m17の背面塗装

TONE m17の背面塗装
また、m17の端末背面塗装は、姉妹機のarrows M04とは違い、トーンモバイル独自のものになっています。普通のものより強度を強くして、傷がつきにくいように工夫されているということです。

 

実際に触れてみると、ツルツルではなく、サラサラした手触りで、バックの中でスマホと他の持ち物が一緒に触れあっても細かい傷はつきにくそうだと感じました。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

ワンセグが見られる

m17には、本体にワンセグアンテナが内蔵されているので、スマホでテレビを見たい時、アンテナを伸ばしてすぐにワンセグ放送を見ることができます。緊急の時、災害時などにも役立ちそうですね。

 

子供がテレビを見過ぎるのが心配であれば、設定でワンセグを見られないようにしたり、利用時間を制限したりすることができます。

 

 

おサイフケータイ機能も追加

 m17では、FeliCa方式のサービス、(iD、モバイルWAON、楽天Edy、QUICPay、モバイルSuica、nanacoモバイルなど)を利用したおサイフケータイ機能を使えるようになりました。

 

チャージした金額以上は使えないので、ちょうど良い金額だけチャージして、子供に現金を持たせずにコンビニでジュースを買えるようにしてあげるといった使い方もできますし、もちろんこの機能も使えないように設定することもできます。

 

 

TONEモバイル 公式サイトへ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

2017年8月〜新たに開始されたサービス

トーンモバイルでは、m17の発売と同時に、新たなサービスも開始しました。ここからは、より安心・便利になったトーンモバイルの新サービスをご紹介します。

 

TONE端末自体の時間制限

トーンモバイルと雑誌「VERY」の共同開発により、12歳以下の子供は午後10時から午前6時までの間スマホが使用できないようになりました。この時間制限は申し込みの際、使用者の年齢が12歳以下だと自動的に設定されるものですが、制限中も緊急連絡先への連絡をすることはできます。この設定は後でTONEファミリー(トーンモバイルの家族見守り機能)から変更することも可能です。

 

時間によって端末自体がロックされて使えなくなるので、子供がスマホ中毒になったり、友だちとのやり取りに長時間拘束されたりするのでは?という不安が解消されます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

「親子スマホの約束」機能

TONE m17の背面塗装

これまでも、「TONEファミリー機能」では、使っても良いアプリの選択やアプリごとの利用時間の制限などを設定することができました。

 

その中で、スマホの設定に自信がない「ママたちの声」から新たに生まれたのがこの「親子の約束」機能です。

 

この「親子の約束」機能は、スマホの使い方に関して親子で話し合い、決めたルールを「親子スマホの約束」用紙に記入、その用紙を親のスマホにインストールした「TONE見守りアプリ」で撮影するだけで、簡単に子供側のスマホでアプリ利用時間制限の設定ができる、という機能です。

「親子スマホの約束」用紙は、トーンモバイル公式サイトからPDFファイルをダウンロードしてプリントアウトするか、トーンモバイル店舗で用紙をもらうことができます。

 

例えば、親子で“LINEが使えるのは何時から何時まで”という約束をしたとします。その約束通り、「親子スマホの約束」用紙の「LINE」アプリの項目に、子供のTONEスマホでLINEを使える時間を記入して、用紙を親のスマホにインストールした「TONE見守り」アプリで撮影するだけで、自動的に子供のTONEスマホでは記入した時間しかLINEが使えない設定になるので、たとえ親がスマホの設定に自信がなかったとしても、しっかり約束した内容を子供に守らせることができます。

 

利用時間を設定できるアプリには、電話・メール・YouTube・インターネットなどに加え、LINE 、InstagramやTwitter などのSNSやゲーム(ディズニーツムツム・モンスターストライク・パズル&ドラゴンズ・ポケモンGOなど)もあります。

 

▼こちらの用紙に記入します。

アプリを利用できる時間帯と、1日の合計利用時間を設定できます。2ページ目(店舗で用紙をもらう場合は裏側)には記入例もありますので、例の通り記入すればOKです。

 

 

実際に「親子スマホの約束」設定をしてみました。

 

▼試しにLINEとYouTube、防災速報の設定をしてみます。用紙にはこのように記入しました。

トーンモバイル「親子の約束」記入例

その後、親側のスマホのトーン見守りアプリから、カメラで親子のスマホ約束用紙を撮影します。

 

▼アプリごとに用紙に記入した通りの時間が画面に表示されるので、右上のチェックをタップします。

 

▼すると、子供側のTONEスマホに、利用時間を設定されたアプリがプレゼントされて、アプリが表示されるようになります。(YouTubeはすでに設定されていたようでプレゼントには表示されませんでした)

 

「親子スマホの約束」でアプリの利用許可時間を設定しておけば、設定した利用時間を過ぎると利用できる時間外であることを知らせる画面が表示され、そのアプリを使うことができません。

 

親子で一緒にスマホの使い方を話し合い、契約書のように記入してからカメラで撮影して設定するのは、子供が納得して利用時間の制限を受け入れるのにも良いアイデアです。スマホの設定をするのが苦手な方でも、簡単に設定をすることができます!親子でいいコミュニケーションをとるのにも役立ちそうですよね。

 

記入した用紙を、冷蔵庫など家族の見えるところに貼っておけば約束を忘れることもなく、親子で「この約束をしたよね?」と確認することもできます。

※ 「親子スマホの約束」機能は、m15、m17どちらの端末でも利用できます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

行動サマリーレポート

子供にTONEスマホを持たせるだけで、ライフログ(歩数・活動量)、位置情報などの子供の活動内容と、アプリ、インターネットの利用時間、制限されているサイトを見ようとしてブロックされた回数などスマホでのネット利用状況が、一日ごとに行動サマリーレポートとして親の端末に送られてきます。(要設定)

 

ネットの利用履歴に関しては、どのページを見たか特定するものではなく、ジャンル(例:学習系など)を知らせるものです。さすがに自分がインターネットで何をしたのか、履歴を全部親に知らされると思うと、子供も使いたくなくなってしまいますが、その点は配慮されています。

※ 前モデルm15では、ライフログの情報と、位置情報だけがレポートとして親のスマホに送られます(要設定)

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

ジオフェンスロック

もともとトーンモバイルの子供見守り機能、トーンファミリーには、利用者があらかじめ設定しておいた場所に到着したことを親に知らせてくれる「ジオフェンス」という機能がありました。

 

m17ではこの機能がさらに進化して「ジオフェンスロック」という機能になっています。ジオフェンスロック機能を利用すると、あらかじめ設定しておいた場所にいる間はスマホを利用することができなくなります。例えば学校や塾など、勉強に集中してほしい場所ではスマホを使えないようにする、などの設定をすることができます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

お知らせシール

GPSを利用したジオフェンスより確実に、より細かくTONEスマホ利用者の居場所を通知できる「お知らせシール」が2017年11月から販売開始予定になっています。TONEのスマホを特定のシールにかざすことで、子供が家に帰ったこと、子供部屋に入ったことなどが保護者に通知されます。このシールにはNFC(数センチ程度の短い通信エリアでかざして通信するための規格)の技術が使われるので、よりきめ細かく、TONEスマホ利用者が今どこにいるか分かります。

 

シール1枚ごとにスマホをかざしたときに行う通知を設定でき、家の玄関、子供部屋、おばあちゃんの家など、部屋単位で位置を特定できます。子供が帰宅する時に家に親が不在でも、子供の動向がわかるのは安心ですね。

 

お知らせシールは、年配で一人暮らしの親に緊急なことがあった時、このシールにスマホをかざせば子供に連絡が取れるように寝室や脱衣所にシールを貼っておくといった使い方もできるので、子供だけでなくシニア世代の高齢者の方にも活用する機会が広がりそうです。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

置くだけサポート2

 

購入時、TONEスマホが入っていた箱の上に、TONEスマホを置くだけで不具合を検知し、修正してくれる「置くだけサポート」が、新たにバッテリー関連の不調も診断する機能が加わった「置くだけサポート2」になりました。

 

例えば、充電してもすぐに充電がなくなってしまうトラブルが起きたときに、バッテリー自体が消耗しているのか、他に問題があるのか診断してくれます。

 

 

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

まとめ TONEm17は親子のコミュニケーションを助けるツール

様々な新しい機能が追加されたTONE m17ですが、特に子どものスマホ利用を制限する機能が多くついています。親としては安心な機能であっても、子どもの側が制限されるのを嫌って、せっかく買ったのに使いたがらない、ということになってしまってはもったいないですよね。

TONEスマホは、ただ単に子どものスマホ利用を制限するために使うのではなく、子どもの成長に合わせてスマホの利用の仕方について親子で話し合い、制限の見直しをすることで、親子でよいコミュニケーションを保ち、お互いに信頼を深めていくのに役立つ1つのツールになるのではと感じました。

 

そうすれば、子どもも親から監視されているのではなく、守られているという意識でトーンモバイルを使っていくことができそうです。

 

トーンモバイルの新機種、TONE m17は子どもの見守り機能がより充実していること、子どもの使用に耐える丈夫さを兼ね備えていることから、スマホが欲しい子どもと、子どもにスマホを持たせたいけど色々と心配、という親のための “初めてのスマホ”に最適なスマホです。

 

今回実際にm17の端末を手にしてみて、子どもだけのものにしておくのはもったいない、「大人も使いたくなるスマホ」だと思いました。十分なスペックで、デザインもカッコよく、ワンセグやおサイフケータイなど日常に便利な機能も付いています。

 

トーンモバイルなら、月額1,000円からスマホを利用できますので、家族でトーンモバイルに乗り換えれば、通信費を大きく節約することができますよ。

 

▼現在、トーンモバイルでは新機種のTONE m17と前モデルTONE m15の2種類を購入することができます。


m17の端末価格は34,800円(税抜)、m15の端末価格は一括購入の場合29,800円から1万円オフの19,800円(税抜)になっています。また、今ならm17への機種変更キャンペーン(基本プラン月額料金6ヶ月無料)も実施中です。

 

筆者としては、より機能が充実してタフに&カッコよくなったm17がおすすめですが、m15も端末の性能的にはm17とそれほど大きく変わりません。

※m15は、新しく追加されたトーンファミリー機能に一部対応していません

 

m15はm17より15,000円安くなっていますので、おサイフケータイ・ワンセグ・防水防塵などの新しい機能が必要ない方は、m15を選ぶのもありだと思います。M15は在庫がなくなり次第販売終了しますので、気になる方は早めに▼公式サイト▼をチェックしてみてください!

 

TONEモバイル 公式サイトへ

 

▼以下のページ▼では、TONEファミリー機能、トーンモバイルの料金、通信速度などについてどこよりも詳しく徹底解説しています!

TONEモバイル 詳しい解説はコチラ

 

ページの一番上に戻る