Amazon格安スマホの評判は?

Amazon参入の月々2980円格安スマホ vs アマゾンで自己購入!

イオンの1980円スマホ筆頭にどんどん参入が続く格安スマホ。
とうとう、Amazonが格安スマホを、発売日2014年8月1日から
予約販売することが報道されました。

 

機種はLGのG2miniで、回線は日本通信の格安SIM。
この2つをくっつけてアマゾンの看板で販売しています。

 

まだ、口コミや評判などがないので、当サイトで比較レビュー敢行!
率直な感想は「 帯に短したすきに長し 」でした(古い?)
なぜか?月々の料金をご覧ください。

 

  • イオンのスマホと、管理人推奨の自主制作スマホが月々1980円。
  • BIGLOBEのうれスマが月々3476円。
  • Amazonのスマホが月々2980円。

 

格安スマホの中ではちょうど真ん中です。
中身もとっても微妙に・・・表で見比べてみましょう!

 

※ちなみに通話料金は30秒20円でどこも横並び。
このあたりは楽天でんわなどを駆使して下さい。

 

※自分で用意する格安スマホの月々の支払い料金は、
イオンスマホとの比較でとりあげた、BIGLOBEの900円SIMと、
ドコモ、ソフトバンク、auの最低料金の組合せプランを、
例としてあげています。

 

 

Amazonの

格安スマホ

 

自分で用意する

格安スマホ

BIGLOBEの格安スマホ|うれスマ

 
 

 

 

 

 

機種価格

34080円

19009円

45024円

AmaとBIGは分割支払いに料金含む
coviaは自分で購入

月々支払

(最初の2年)

2980円+通話料金

1890円+通話料金

3476円+通話料金

 

月々支払

(2年以降)

1560円+通話料金

1890円+通話料金

1600円+通話料金

1890円プランは、通話料のメリットが強力!
詳しくは下で。

 

メーカ

 

LG

covia

SHARP

 

 

機種名

 

G2mini

 FleaPhone CP-F03a

AQUOS PHONE

SH90B

個別購入できるのはcoviaのみ

 

回線

 

日本回線

自由※BIGLOBEを例としています

BIGLOBE

wifiが無料で付く

BIGLOBEは強い!

MNP

MNP可能

SIMが2つ入るので、そのままで大丈夫!

MNP可能

 

 

OS

 

Android? 4.4

Android? 4.2/4.4

Android? 4.2

 

 

CPU

 

クアルコム1.2GHz Quad-Core

クアッドコアプロセッサ 1.2GHz

クアッドコア1.7GHz

SHARPが格上

 

メモリ

ROM 8.0GB / RAM 1.0GB LPDDR2

Flash ROM:4GB、RAM:512MB

ROM 32GB、RAM 2GB

 

表示

 

4.7インチqHD IPS (960 x 540 px)

4.5インチ / QHD IPS 液晶

約4.8インチ 約1678万色

SHARPは

IGZO搭載

 

SDカード

スロット

 

microSD (最大32.0GB)

microSD カード × 1(SDHC 対応)

microSD (最大32.0GB)

 

 

 

SIM

スロット

 

 

シングル

SIMは1枚のみ

 

デュアルSIM[標準SIM×1 microSIM×1]

シングル

SIMは1枚のみ

デュアルだと今までの携帯会社の回線も使える!凄イ

無線LAN

不明

2.4GHz/5GHz IEEE802.11 a/b/g/n 準拠

不明

 

 

Bluetooth 

 

不明

Bluetooth version 4.0

不明

 

 

カメラ 

 

外側 800万/

 内側 130万画素

外側500万画素/

内側30万画素

外側1310万画素/

内側210万画素

 

 

外形寸法

( 高さ×

幅×奥行 ) 

 

 129.6 x 66.0 x 9.8 mm

131.2 ×66.5×9.9 o 

138mm×70mm

×9.9mm

 

 

質量 

 

約120g

約140g

約157g

 

総 評

 

コレ!という特徴がありません。機能も低価格のcoviaとそれほど違わないのでは?

 

 

 

コストパフォーマンスが高い!デュアルSIMが最大の武器!

 

 

 

 

機能を重視するならコレ。スマホは値段だけでなく、楽しみの部分もある方は一押しです。

 

 
料金を安く、今まで使っていた携帯電話会社の回線をそのまま使って、格安SIMも両方使う最強の利用方法なら、coviaを使う自己購入方法。機種をちょっと贅沢にスマホを楽しむなら、BIGLOBEのうれスマでアクオスフォン。Amazonのスマホは中途半端に思えてしまいました…

※税込と税抜きが混ざっています。ごめんなさい><

 

 

 

 

「 一般のスマホよりは安く!でもいい機種を使いたい! 」なら、
BIGLOBEとSHARPが組んで作った格安スマホの>>>うれスマ<<<がお勧めです。
IGZO搭載の高性能AQUOSフォンSH90Bが今までの電話番号で利用できます。

 

▼▼ 詳しくはBIGLOBEの公式サイトをご確認下さい ▼▼

 

 

 

 

「 とにかく安く 」ならば、管理人推奨のイオンのスマホ解説ページでお勧めした、
アマゾンで口コミで評判のデュアルSIM(2つSIMが入る)スマホを買って、
BIGLOBEかサーバーマンの格安SIMとドッキングで格安スマホを自作することです。
これだったら、激安スマホで今までのキャリアの回線も使えます!

 

※つまり、家族通話や同じキャリア内の無料通話などの、
強力なメリットをそのまま利用することができます。
データ通信だけ格安SIMを利用して、2枚のSIMを使います。

 

そのために、機種と回線を自分で用意しなければなりません。
上の表でお勧めしたCOVIAのスマホはコレ↓です。
2台持ちをしなくてもSIMが2つ入ってしまうスゴイ奴!

 

デュアルSIMのスマホ!デュアルSIMスマホの中でも
Amazonで高評価、コスパ最高といわれる機種です。

 

 

▼▼楽天価格もチェックする?▼▼

>>>Covia CP-F03aの楽天最安値をチェック<<<

 

※楽天の検索結果にOCNモバイルONEの

セットパッケージもあり機種料金が安く設定されています。

しかし、BIGLOBEのwifi無料の特典が、

OCNにはないのでご注意下さい。(これが大きい><

 

あとは回線を用意します。
管理人のお勧めはコレです。

 

他社にはないwifiスポットが無料でつくのはここだけ。
あとは若干の差があっても900円前後のSIMはほぼ一緒。
wifiスポットを上手に利用して容量制限の弱点を補いましょう!

 

 

 

 

関連ページ

楽天モバイル口コミ評判 料金は安いが2つの注意点
楽天モバイルの料金を見て一瞬スゴイと思いきや…2つの理由でNGか!口コミ、評判ではわからない楽天モバイルのスマホの注意点は?申込むなら1つのポイントを押さえて快適利用!|格安スマホ辞典
イオンスマホ第三弾!凄いのにお勧めできない1つの理由
イオンが格安スマホ第三弾を2014年9月発売。月額2980円でスペック・コスパもよいと評判なのにお勧めしにくい理由は?あまり気にされない今までのキャリアのメリットの消失。コレを理解すれば格安スマホ選びを後悔しません
郵便局とツタヤも格安スマホ参入!から解る4つのコレカラ
格安スマホに郵便局とツタヤが参入!今までの楽天、イオンの報道とは一味違います。この2社が参入することから解る格安スマホのこれからは?4つの切り口で見てみました。2015年格安スマホは超メジャーになりますヨ。
イオン評判の1980円格安スマホ vs Amazon自己購入!
イオンモバイルが格安スマホ第二弾・月々1980円の安さでGEANEEという機種を発売。でも実ほぼ同額でサクサク動くスペックの最新機種が手に入る! どれ程性能が違う良サービスか比較表で徹底検証|格安スマホ辞典
ワイモバイルの格安スマホ vs イオンスマホ vs Amazon自己購入!
イーモバイルがワイモバイルと社名改め新料金で格安スマホを発売しました。ライバルは大手3社よりもイオンスマホや格安スマホ?口コミや評判も調査し当サイト推奨のAmazonでの自己購入スマホとワイモバイルを徹底比較し掲載中!
15年4月格安スマホ一斉値下げ!主要5社比較表!楽天・OCN他
2015年4月に格安スマホ各社一斉値下げを発表!楽天モバイル・OCNモバイルONE・BIGLOBE・ニフモ・IIJmioの主要5社の容量増量や無料でのアプリ提供など多彩なサービスを一発比較|格安スマホ辞典
本田圭佑の楽天モバイルTVCMからわかる3つのポイントとは?
楽天モバイルのテレビCMがいよいよ始まりました。本田圭佑さんを起用して楽天のスマホに対する本気の取り組みを印象的に表現しています。実際楽天モバイルはかなりの取り組みをしています!3つ取り上げると…