格安スマホと通話時間

格安スマホが合う人合わない人の見分け方。通話時間が決め手!

料金や品質の面では全く問題のない格安スマホ。
しかし、弱点もあります。格安スマホの弱点は3つ・・・

  1. キャリアメールが使えなくなる
  2. 高速通信データ容量の制限
  3. 通話し放題プランがない

 

1、キャリアメールが使えなくなる
今まで利用してきたドコモやauのメルアドが利用できなくなります。
これがどうしても嫌だという方は、残念ながら格安スマホが使えません。
でも、Gmailに統一して問題がないという方がほとんどです。

 

2、高速通信データ容量の制限
高速データ通信にリミットがあります。
しかし、最近は10GBや無制限プランも破格で出てきたので、
必要な方はプラン変更で調整できます。
あと、無料wifi付きの会社を選ぶことはお忘れなく!

 

3、通話し放題プランがない
一番問題になるのは、通話料金!
格安スマホの通話料金は大手キャリアと同じ30秒で20円。
IP電話やアプリを上手に利用して30秒で10円なので、

 

もし、1日10分有料通話をすると・・・

 

1日の通話料金=1分20円〜40円×10分=200円〜400円
1カ月の通話料 =200円〜400円 ×30日=6000円〜12000円
これだけで6000円以上かかってしまいます。

 

つまり、格安スマホが向いているのは、
通話はLINEや無料通話アプリで済む方。
有料の通話はしたとしても、1日5分くらいで済む方にはピッタリです。

 

 

格安スマホを使いたいけど、今のメルアドはやめられない。
大手キャリアの通話し放題のプランがどうしても必要…
という方には、こんな方法で格安スマホを活用することがでます。

 

それは…デュアルスマホという機種を利用することです。
このタイプのスマホは2つのSIMをさして利用できます。

 

だから、通話やメールは今までのキャリアのプランを利用して、
データ通信だけ格安プランのプランをフル活用することができます。

両方のおいしいとこどりですね。

 

デュアルスマホの機種や、利用するときの注意点を、
下の解説ページでよくチェックしてから利用してください。

 

>>デュアルスマホ機種と注意点へ<<

 

関連ページ

ビック、ヨドバシより安い格安スマホ!簡単自分で用意!
イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラと次々に参入してきた格安スマホ。実は簡単に自分で作ることができます。ただ端末とSIMをくっつけて販売しているだけで毎月300円ほど高く設定されています。知っているか知らないかだけで最安値格安スマホを利用できます。
格安スマホはどうして安いの?MVNO制度のおかげ
格安スマホって音質が悪い・遅い?どうして安いの?
格安スマホの基礎知識|話題の格安スマホは安さに比例して音質が悪かったり、速度が遅かったりするの?どうして安い料金で利用できるかを解説しています。
格安スマホを手に入れる4つのパターン - 格安スマホ辞典
話題の格安スマホに変えたいけど何から始めればわからない方へ。同じ格安スマホでも入手方法は4つの方法に分かれます。まずはここから理解しましょう!