格安スマホはどうして安いの?MVNO制度のおかげ

格安SIMとはいったい何でしょうか?
じつは、ドコモの電波を借りて、わたしたちユーザーにドコモ電波を提供している、
MVNO(仮想移動体通信事業者)のサービスを格安SIMと呼んでいます。

 

不思議に思うかもしれませんが、私たちがdocomoと直接契約するよりも、
MVNO業者と契約して、ドコモ電波を利用したほうが安く活用する事が出来ます。
本家と直接より、代理店を通した方が安く使える?理解しにくいことですね。

 

なぜそんなことが起きるかというと、こういう仕組みになっています。
まず、MVNO業者がドコモから大量に通信を一括購入します。
その結果、単価を安く購入できた電波を私たちに小売して安くしてくれています。

 

勿論格安SIMの弱点もあります。でも、それをわかったうえで比較して、
うまく活用すれば通信コストを激減させてくれる素晴らしいサービスです。
是非、上手に利用して毎月の携帯スマホ料金を安くしたいですね。

 

今は、ドコモやソフトバンク、auを利用して、
1台のスマホで通話も通信も全てやってしまおうとすると、
どうしても、月々の支払いが6000円から8000円になるように
仕組化されてしまっています。

 

是非メリットとデミリッとを理解して、
分かってしまえば簡単なので無駄な通信をかけないように、
格安スマホを上手に利用しましょう。

関連ページ

ビック、ヨドバシより安い格安スマホ!簡単自分で用意!
イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラと次々に参入してきた格安スマホ。実は簡単に自分で作ることができます。ただ端末とSIMをくっつけて販売しているだけで毎月300円ほど高く設定されています。知っているか知らないかだけで最安値格安スマホを利用できます。
格安スマホって音質が悪い・遅い?どうして安いの?
格安スマホの基礎知識|話題の格安スマホは安さに比例して音質が悪かったり、速度が遅かったりするの?どうして安い料金で利用できるかを解説しています。
格安スマホが合う人合わない人の見分け方。通話時間が決め手!
格安スマホは圧倒的な安さが魅力的ですが、合う人と合わない人がいます。決め手はズバリ通話時間とメールアドレス。自分に格安スマホはあうかチェックしてみましょう。
格安スマホを手に入れる4つのパターン - 格安スマホ辞典
話題の格安スマホに変えたいけど何から始めればわからない方へ。同じ格安スマホでも入手方法は4つの方法に分かれます。まずはここから理解しましょう!