使う価値あり?楽天モバイルWi-Fiエコネクトを徹底検証

楽天モバイルには、「楽天モバイルWiFi byエコネクト」というWiFiオプションサービスが用意されています。エコネクトは、全国63,000カ所以上のwifiスポットが利用できるようになるサービス。自宅WiFiを使っている人でも外出先で上手に利用することで、さらに高速データ通信容量や通信料の節約に役立ちます。

 

ただ、気になるのは料金プランを見ての費用対効果ですね。エコネクトは有料オプション。はたして、月額料金を支払ってまで利用する価値があるのでしょうか。

 

本ページで、エコネクトのサービス内容を詳しくチェックしてみましょう。外出先でもWi-Fiが使えるのなら速度制限の不安も減らせそうですね。専用アプリの設定方法や利用方法、注意点にも触れますので、ぜひご一読ください。

 


目 次

  1. エコネクトって早いの?
  2. 1-1.利用者の口コミに見る実行速度

    1-2.自分の行動範囲内で使えるか試す方法

  3. 楽天モバイルのエコネクトは安い?
  4. 2-1.BBモバイルポイントを単体で加入したら
    2-2.wifiスクエア wi300を単体で加入したら

    2-3.その他wifiスポットサービスと比較して

  5. 設定は面倒?その方法を解説
  6. どこで使える?対応スポットはココ
  7. 4-1.カフェ
    4-2.公共の乗り物
    4-3.公共施設

    4-4.その他

  8. 一緒に使うと便利なアプリ
  9. 5-1.タウンwifi

    5-2.Japan Connected-free Wi-Fi

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

エコネクトって早いの?

本文のはじめに、エコネクトで利用できるwifiスポットの通信速度をチェックしてみましょう。エコネクトを契約することで利用できるのは、ソフトバンクの提供する「BBモバイルポイント」とWi-Fiスクエアの「Wi2 300」。両者の通信速度は、以下のようになっています。

 

  • BBモバイルポイント・・・3Mbps〜4Mbps程度
  • Wi2 300・・・最大300Mbps

 

数値だけを確認すると、Wi2 300の方がかなり高速で通信できるように見えますね。しかし、上記数値はあくまで理論上の最高値。実際に利用できる通信速度は、wifiスポットの設置場所や時間帯によって変化します。

 

 

利用者の口コミに見る実行速度

Wi-Fiスポットの実行速度を知りたい場合、参考になるのが、利用者の口コミ情報ですね。一部ユーザーの口コミをみると、エコネクトの実行速度は各サービスで以下のようになっています。

 

  • BBモバイルポイント・・・4Mbps強
  • Wi2 300・・・7Mbps強

 

BBモバイルポイントの通信速度は、理論上の最高値が出る場合があるようです。一方、Wi2 300の速度はBBモバイルポイントよりやや速い程度で、理論上の最高値とはほど遠い数値となっています。

 

上記数値もあくまで一部ユーザーが計測したものであり、どのwifiスポットでも同じ速度で通信ができるというわけではありません。ちなみにスマホであれば、下り回線で1Mbps出ていれば十分快適にインターネット通信を行えます。BBモバイルポイントとWi2 300のどちらで接続を行っても、大きな不便を感じることはないでしょう。

 

 

自分の行動範囲内で使えるか試す方法

wifiスポットの通信速度や安定性は、設置エリアによって大きく変わります。最も多く利用する場所で安定した通信が行えないようであれば、月額料金を支払ってまで利用する価値を感じられないかもしれません。

 

とはいえ実際の使用感は、利用してみなければわからないのも事実。楽天モバイルのエコネクトは2ヶ月間無料で利用できるので、試用するつもりで加入してみるのも1つの手です。

 

日常的に利用するカフェや駅などで通信を試してみて、快適に通信を行えるようであれば契約を続行するとよいでしょう。使い勝手がよくないと感じた場合は、無料期間の間に解約すればいいのです。

 

なお、楽天モバイルのオプションの解約は、毎月25日までしか受け付けていません。26日以降に解約を行うと、翌月末の解約扱いとなるのでご注意ください。

 

 

ページの一番上に戻る

 

楽天モバイルのエコネクトは安い?

エコネクトの月額料金は、362円となっています。この価格設定は、妥当といえるのでしょうか。楽天モバイル以外の方法でWi-Fiスポットを契約した場合の料金と、比較を行ってみましょう。

 

 

BBモバイルポイントを単体で加入したら

BBモバイルポイントは、プロバイダに加入しなければ利用できません。また、月額料金はプロバイダによって違います。以下をご覧ください。

 

  • So-net・・・362円
  • Yahoo!BB・・・290円

 

So-netでBBモバイルポイントに加入した場合の月額料金は、楽天モバイルのエコネクトと同じ362円。エコネクトがWi2 300も利用できることを考えると、少し高額ですね。他方、Yahoo!BBのBBモバイルポイントの利用料金は、290円とやや安価に設定されています。

 

 

wifiスクエア wi300を単体で加入したら

Wi-FiスクエアでWi2 300に加入した場合の月額料金は、楽天モバイルのエコネクトと同じ362円となっています。もちろん、この料金で利用できるのはWi2 300のWi-Fiスポットのみ。BBモバイルポイントを利用できる分だけ、楽天モバイルのエコネクトの方がお得だといえます。

 

 

その他wifiスポットサービスと比較して

現在多数の企業がWiFiスポットサービスの提供を行っています。特にWiFiサービスに力を入れているのが、いわゆる携帯電話の3大キャリア。ドコモ、au、ソフトバンクでは、以下のwifiスポットサービスを提供しています。

 

3大キャリアのWiFiスポット利用

  • docomo Wi-Fi

      月額料金=300円(ドコモユーザーが利用した場合)

  • au Wi-Fi SPOT

      月額料金=300円

  • ソフトバンク Wi-Fiスポット

      月額料金=467円(2年間まで無料)

 

ドコモユーザーであれば、「docomo Wi-Fi」を月額300円で利用可能。さらにドコモが指定されるサービスに加入すれば、月額料金が永年無料となります。なお、ドコモユーザー以外の方もdocomo Wi-Fiスポットを利用できますが、料金が1日プランで388円と高額です。

 

「au Wi-Fi SPOT」は、auユーザー向けのwifiスポットサービス。月額料金は300円となっていますが、一部プランでauの端末を契約している場合は、利用料金が無料となります。ちなみにau Wi-Fi SPOTで利用できるのは、Wi2 300のwifiスポットです。

 

「ソフトバンク Wi-Fiスポット」は、ソフトバンクユーザー向けのwifiスポットサービスです。月額料金は、467円とやや高額。ただし、加入から2年間までは無料で利用できます。また、フラット型パケット定額サービスでソフトバンク端末を契約している場合は、同サービスをずっと無料で利用可能です。

 

以上のように、3大キャリアのWi-Fiスポットサービスは、格安スマホと違い条件を満たすことにより無料で利用できるようになっています。格安SIM MVNOの楽天モバイルと比べると、サービスの手厚さでは大手に軍配が上がりそうですね。

 

とはいえ楽天モバイルは、端末や格安SIMカードの月額利用料金が安価。エコネクトの料金を加味しても、3大キャリアよりかなり低コストで運用できます。ちなみに楽天モバイルのエコネクトは、格安スマホだけでなくパソコンの通信にも利用可能です。

 

外出先で無線LANルーター付きのパソコンを使う機会が多いなら、月額362円を支払って利用する価値は十分にありおすすめ度も高いです。

 

 

ページの一番上に戻る

 

設定は面倒?その方法を解説

「楽天モバイルWiFi byエコネクト」は、簡単な設定で利用できます。まずはサービスに申し込む方法を見てみましょう。エコネクトへの加入は、楽天モバイルの新規契約時と契約後のどちらでも行えます。これから楽天モバイルのSIM契約をする方は、申し込みフォームでオプションへの加入を選択してください。

 

すでに楽天モバイルを契約している方は、「メンバーズステーション」を通じてエコネクトに加入できます。以下で、申し込み手順をチェックしてみましょう。

 

楽天モバイルWiFi byエコネクト申し込み方法

  1. パソコンでメンバーズステーションにログインする
  2. 「各種オプションご利用状況」欄で「楽天モバイルWiFi byエコネクト」を探し、「お申し込みへ」ボタンを選択
  3. サービス内容が表示されるので、チェックボックスにチェックを入れて「お申し込みへ」を選択
  4. 確認画面が出るので、内容を確認して「お申し込み」を選択
  5. エコネクト申し込み完了画面が表示される

 

以上の手順を実践すると、楽天から申し込み完了を通知するメールが届きます。メールにはエコネクトの利用に必要となる接続IDおよびパスワードが記載されているので、必ずメモをとっておきましょう。続いて、エコネクトの利用に必要となる、専用スマホアプリの設定方法をご紹介します。

 

楽天モバイルWiFi byエコネクト設定方法

  1. 「Google Play」もしくは「App Store」でアプリをダウンロード
  2. ダウンロードしたアプリを起動する
  3. アプリが現在地の取得を行うので少し待つ
  4. 現在地取得後、メニューボタン→「設定」の順番でタップ
  5. 「エコネクト設定」画面でIDとパスワードを入力
  6. 「保存」ボタンをタップ
  7. 「自動接続」をタップしてチェックを入れる

 

ダウンロードするアプリは、Android端末のGoogle Playの場合は「エコネクトWi-Fi接続ツール」、App Storeの場合は「エコネクト」で検索してください。以上ご紹介した設定で、無線LANスポットのアクセスポイントに入った際に自動でWiFi利用のインターネット接続が行われるようになります。

 

最寄りのWi2 300あるいはBBモバイルポイント対応施設に出かけて、接続を試してみてください。

 

 

ページの一番上に戻る

 

どこで使える?対応スポットはココ

「楽天モバイルWiFi byエコネクト」は、全国63,000カ所のWi-Fiスポットに対応しています。利用可能箇所の一例として、東京都渋谷区の「wi2 300」対応スポットを表で確認してみましょう。

 

なお、楽天モバイルのエコネクトは、「Wi2premium」と「Wi2premium_club」のサービスに対応していません。このため、「オプションエリア」はリストから除外しています。

 

 

カフェ

Cafe masumiya  渋谷区神宮前1-20-13 
Cafe Miyama渋谷公園通り店  渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F 
DexeeDiner  渋谷区松濤1-4-8 
JANAT 表参道店  渋谷区神宮前5-46-10 
LIFE IS BEAUTIFUL  渋谷区恵比寿南2-3-3 恵比寿第1マンションB1F 
MAX BRENNER表参道  渋谷区神宮前4-12-10 
NewYorkersCafe千駄ヶ谷駅前店  渋谷区千駄ヶ谷1-30-10 
WIRED CAFE 360°  渋谷区神宮前4-32-16 
WIRED CAFE 渋谷QFRONT店  渋谷区宇田川町21-6 
WIRED CAFE<>FIT  渋谷区神南2-1-1 

 

公共の乗り物

JR東日本 千駄ヶ谷駅 改札口内  渋谷区千駄ヶ谷1丁目 
JR東日本 恵比寿駅 指定席券売機寄り  渋谷区恵比寿南1丁目 
JR東日本 恵比寿駅 西口改札外  渋谷区恵比寿南1丁目 

R東日本 渋谷駅 山手線外回りホーム恵比寿寄り
 どん兵衛 渋谷駅ナカ店付近

渋谷区渋谷3丁目 

JR東日本 渋谷駅 新南口改札外
 渋谷珈琲研究所付近 

渋谷区渋谷3丁目 
渋谷マークシティ高速バス乗り場  渋谷区道玄坂1-12-1 
都営地下鉄 代々木駅(大江戸線)  渋谷区代々木1-35-5 

 

公共施設

TKP渋谷カンファレンスセンター  渋谷区渋谷2-17-3 
ひがし健康プラザ  渋谷区東3-14-13 
中央図書館<3>  渋谷区神宮前1-4-1 
千駄ヶ谷出張所  渋谷区千駄ヶ谷4-5-14 

 

その他

MOSHI MOSHI BOX  渋谷区神宮前3-25-5 
ほぐし処渋谷店  渋谷区道玄坂2-10-12 
みやぎし歯科クリニック  渋谷区渋谷3-15-4 
アスカティスリー  渋谷区千駄ヶ谷5-34-7 
アプメス  渋谷区円山町5-5 
アポットチョイス渋谷  渋谷区道玄坂1-11-1 
エムエスアイエデュケーション  渋谷区幡ヶ谷1-2-8 
オフィスKキャリアナビ株式会社  渋谷区猿楽町11-1 
ジョイ ネットワーク株式会社  渋谷区広尾5-19-12 
スパイラル  渋谷区神宮前3-27-17 
テクニコ  渋谷区猿楽町2-12 相野谷ビル206 
ドクターマーチンショップ渋谷店  渋谷区神南1-20-1 青柳ビル1階 
ネイルサロンブランシュール  渋谷区桜丘15-8 高木ビル101 
ハーフ ムーン  渋谷区恵比寿南1-11-2 
ヒラハタクリニック  渋谷区渋谷1丁目24番6号 
プピエミミ  渋谷区猿楽町13-5 代官山ステラハウス1-A 
マンボー新宿南口店  渋谷区代々木2-10-13 
dog salon maroa  渋谷区初台2-11-7 

 

ページの一番上に戻る

 

一緒に使うと便利なアプリ

本ページの最後に、エコネクトと一緒に利用すると便利なアプリを紹介しておきましょう。

 

  • タウンwifi
  • Japan Connected-free Wi-Fi

 

これらのアプリをインストールしておけば、Wi2 300やBBモバイルポイントだけでなく、無料wifiスポットを簡単に利用できるようになりますよ。

 

 

タウンwifi

無料wifiスポットに自動接続してくれるWiFiスポット接続アプリです。自動接続先スポットを登録すれば、サービスエリアに入るだけで無料WiFi接続できるようになります。タウンwifiは、AndroidとiOSの両方に対応。どちらのバージョンも、無料で利用できます。

 

 

Japan Connected-free Wi-Fi

ワンタップで無料WiFiスポット(公衆無線LANサービス)に無線LAN接続できるアプリです。2016年12月現在の対応WiFiスポット数は、144,000スポット。画面に表示された「Connect」ボタンをタップすれば、利用登録なしで無料WiFiサービスに接続できます。「Japan Connected-free Wi-Fi」も、AndroidとiOSの両方で利用可能。利用料金も無料となっています。

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

 

関連ページ

SIMアプリ
楽天モバイルSIMアプリを使えば月間および直近3日間の高速データ通信量をリアルタイムで確認できます。高速データ通信のON/OFF機能も備わっているのでデータ通信量の調整および速度制限の防止に役立てることも可能です。
データ容量繰り越し
楽天モバイルで使い切れなかった高速データ通信容量は翌月に繰り越せます。繰り越し容量の使用期限は翌月末まで。繰り越せる容量の上限は契約しているプランと同量になります。繰り越したデータ通信量は楽天モバイルSIMアプリでチェック可能です。
データ復旧サービス
楽天モバイルのオプションは20種類以上用意されています。通信費や通話料金の節約に役立つものや故障やトラブル発生時に役立つもの、エンターテイメント系のものなどその種類は多彩です。ただし必要に応じて契約後に加入したほうが賢明です。
セキュリティ/マカフィー
楽天モバイルのオプションで加入できるマカフィーは高性能なウイルス対策ソフトです。加入するとウイルスから保護してくれるだけでなくプライバシー保護機能や盗難対策機能でスマホの安全性を高めてくれます。ただし月額料金300円はやや高額です。
シェアプラン
楽天モバイルには家族プランが用意されていません。データシェアは2017年1月からスタートします。家族で契約するメリットの少ない楽天モバイルですが、楽天ポイント楽天カードを上手く活用すればお得に利用することができます。
端末補償
楽天モバイルにはオプションとして端末補償とつながる端末保証があります。前者はセットで購入した端末、後者は楽天モバイル以外で購入した端末を補償するサービスです。月額料金は500円。水没や全損、自然故障などの補償を受けることができます。
楽天メール
楽天モバイルに乗り換えるとキャリアメールは使えなくなります。しかしGmailやヤフーメールなどのメールフリーメールは使用可能です。楽天モバイル独自のメールアカウント楽天メールも利用できます。楽天メールアプリと合わせて使用すると便利です。
楽天でんわ/カケ放題
楽天モバイルには通話料が安くなるアプリ楽天モバイルと5分までの通話が何度でも無料で行える楽天でんわ5分かけ放題by楽天モバイルが用意されています。楽天でんわの通話料金は30秒10円。月に42分30秒以上通話するなら5分かけ放題がお得です。
端末が故障したとき