SIMマニアが運営する格安スマホ/SIMの解説・比較サイト

格安スマホ辞典

LINEモバイルは子供用におすすめ!たった500円で制限機能フル活用

格安SIMを提供する「LINEモバイル」はLINE使い放題で500円~利用できるので、お子さん用の初めてのスマホとして契約し、家族同士がLINEで連絡を取れるようにしたい、とお考えの方も多いかもしれません。
ただ子供にスマホを持たせる上では、有害な情報から子供を安全に守ることができるか?ということが料金以上に気になりますよね。その点LINEモバイルなら、子供を有害な情報から守ったり、子供のスマホの使い方を管理したりする上で役立つ便利なサービスが無料で利用できますのでとてもおすすめです。
この記事では、LINEモバイルがお子さん最初のスマホとして最適と言える理由をご紹介します。

LINEモバイルは500円で『LINE』が使い放題!

 LINEモバイルの大きな特徴は、『LINE』アプリ利用時のデータ通信量が「カウントフリー」になることです。

カウントフリーとは、LINEの音声通話やビデオ通話、スタンプの送受信、テキストや音声メッセージの送受信などを行う際に発生するデータ通信量については利用したデータ通信量としてカウントしない機能を指します。

つまりLINEが使い放題になるので、LINEモバイルは家族内でLINEを利用して連絡を取り合うのに最適な格安スマホと言えますね。LINEモバイルで選べる3種類のプランのうち「LINEフリープラン」なら、月額500円(税抜)でLINEが使い放題となります。

※LINEモバイルなら、通常LINEの初期登録時に必要なSMS認証が「パス」できますので、LINEのSMS認証のために月額120円プラスしてSMS機能をつける必要はありません。500円のLINEフリープラン、データSIMを契約すればLINEをはじめられます。

LINEモバイルなら「契約者・利用者連携」で利用者の機能制限ができる

一般的に携帯電話やスマホを契約する際に、契約者と利用者は同一人物になることが多いですが、LINEモバイルでは契約者と利用者を分けることができます。これにより契約者(親)が、利用者(子供)のスマホの機能制限をすることができるようになり安全性が高まります。

契約者連携と利用者連携とは

 LINEモバイルでは、契約者とは別に利用者を登録することで課金や契約に関する変更に制限をかけることができますが、そのために必要なのが契約者連携と利用者連携です。
「連携」というのは簡単に言えば、使用するLINEアプリのアカウントとLINEモバイルの契約を「紐付け」することを意味します。

契約者ができること

 契約者連携によって契約者が行えることは下記の通りです。

■LINEの公式アカウント上で「マイページ ログイン」ができる
■月額基本料の1%分のLINEポイントがもらえる
■いつでもヘルプ(LINEモバイルオペレーターへの問い合わせ)

 契約者が行えることの中でも「マイページへのログイン」ができるというのが重要なポイントで、ログインすれば契約内容の変更データ量の追加購入各種アプリの課金などが可能です。親が契約者連携をすれば、親だけがこうした契約内容や料金に関係する大切な情報を管理することができるようになります。
もちろん、親だけがマイページにログインできると言っても、子供がLINEモバイルで契約しているIDやパスワードを知ってしまうと親と同じようにログインできてしまいますので、子供に知られないように注意が必要です。

利用者ができること

 利用者連携によって利用者が行えることは下記の通りです。

■データ残量の確認
■データプレゼント
■いつでもヘルプ(LINEモバイルオペレーターへの問い合わせ)

 子供が利用者連携をすれば毎月のデータ残量を確認できますので、データを使いすぎないようにデータの節約や管理する能力を磨くことができ、大人になっていく段階で実際のお金をきちんと管理することの練習にもなります。余ったデータがあればそれを誰かにプレゼントすることもできますが、プレゼントのやり取りをするにはデータを受け取る側も利用者連携をしておかなければなりません。
家族全員がLINEモバイルを契約していて、利用者連携をしておけば家族の誰とでもデータのやり取りが可能となります。
このように契約者連携・利用者連携をすることで、利用者(子供)はデータの追加購入や契約変更などはできないようになりますので、安心して子供にスマホを持たせることができます。

利用者連携をする方法・手順

 では利用者連携する手順をご紹介します。なお、利用者連携にはマイページへのログインが必要なので、お子さんには、親自身が利用者連携を行なった後でスマホを渡しましょう。
▼パソコンやスマホでマイページ(https://mobile.line.me/mypage/login/)にアクセスしてください。
▼上段にログインID、下段にパスワードを入力して「ログインする」をクリックします。

▼「契約情報」の中にある「利用コード」に記載されている16桁のコードをメモしてください。なお大文字や小文字の区別がありますので、注意しながら正確にメモします。

▼子供が使うLINEアプリを起動し、公式アカウントの中から「LINEモバイル」公式アカウント選択します。
▼画面下部のメニューの中から「利用者連携」を選択してください。

▼利用コードの入力を求められますので、メモしておいた16桁の利用コードを入力し「連携する」をクリックします。

▼次画面でステータスが「連携済み」になったら「利用者連携」が完了です!

「連携済み利用コード」の下部に前画面で入力したコードが反映されていることを確認できます

LINEモバイルならフィルタリングアプリが無料で使用可能

 子供が持つ初めてのスマホには、親として安全性を求めるのは当然のこと。LINEモバイルには子供を守るためのどんな機能やサービスがあるのか気になるところですが、LINEモバイルには子供を守るためのフィルタリングアプリ「i-フィルター」が無料で使用できるという大きなメリットがあります。

i-フィルターはLINEモバイルが開発したものではなく、デジタルアーツ株式会社が販売しているアプリで、フィルタリングを活用している家庭のうち約95%で使用されているという実績のあるアプリです。「フィルタリングアプリ」とは、スマホ利用者が意図しないネット上の危険にさらされるのを防ぐ『人を守る』アプリのことを言います。具体的にはどんな機能があるのか、またフィルタリングアプリを導入していても、親としてどんな点に注意を払うと良いのか説明しましょう。

無料のフィルタリングアプリ「i-フィルター」でできること

無料で使用できる「i-フィルター」でできることの幾つかを下記にご紹介します。

■有害サイト(アダルト、麻薬、出会い系など)へのアクセスをブロックする
  有害サイトへのアクセスにアクセスできないようにするフィルタリングの設定は、子供の年齢に合ったボタンをチェックするだけで推奨設定にできるので簡単です。子供の年齢が上がるに連れて設定を見直すことができます。他にも、子供に見させても良いと思えるカテゴリやサイトを個別にブロック除外するというような、細かいカスタマイズも可能です。
■子供のネット利用状況の把握
  フィルタリングアプリがインストールされていない他のパソコンから、子供のインターネット利用状況が確認・把握できます。i-フィルターでブロックされたサイトや検索した単語まで分かるので、子供が今興味を持っていることに気付くことができるでしょう。買い物中や職場など、離れた場所にいてもインターネットの使用状況が分かるので、子供をネット上の危険から守りやすくなります。
■インターネットの長時間利用の防止
  子供はとかく何かに夢中になると時間を忘れて没頭してしまいがちですよね。子供の長時間に及ぶインターネットの利用は健康に悪影響を与える可能性がありますが、i-フィルターならインターネットの利用時間や利用時間帯の制限を行うことができますので、使いすぎの心配がありません。
■位置情報の確認(Android端末のみ)
  子供に持たせる端末のOSがAndroidであれば、i-フィルターで子供の位置情報を確認することができます。子供が行った場所や現在の居場所が分かるので、子供の安否を確認するのにも役立つでしょう。なお「位置情報の確認」機能は、端末のOSがiOS(iPhone)の場合は使用できません。
■利用状況のメール通知
  子供のインターネットの利用状況を、1日に1回指定したメールアドレスへメールで通知してくれる機能です。忙しくて親が自分から子供の使用状況を確認できない時などに、i-フィルターから連絡をくれるわけですからとても便利ですね。
■アプリの購入ブロック機能(Android)およびアプリフィルタリング機能
  子供はゲームを始め、色々なアプリをインストールしようとするかもしれません。もちろんアプリの中には、子供にはふさわしくないと思えるものが含まれていますので、そうしたアプリを含め、どのアプリも購入することができないようにするのがアプリの購入ブロック機能です。その一方、アプリフィルタリング機能は子供の年齢に適したアプリフィルターに設定しておくことにより、購入・インストールできるアプリを限定することができる機能となります。32種類のアプリカテゴリによって、子供の成長や家庭ごとのルールに沿った細かな設定も柔軟に対応できるでしょう。なお、「アプリ購入のブロック」機能も「アプリフィルタリング機能」も、端末のOSがiOS(iPhone)の場合は使用できません。

このように、子供にスマホを持たせるにあたって親として気になるネット上の危険から子供を守るために「i-フィルター」を活用してください。もちろん目まぐるしく変化するネット環境の中では、フィルタリングアプリも万能ではありませんので親子のコミュニケーションが大切になってきます。

例えば、ご紹介した「アプリの購入ブロック」機能はすべてのアプリの購入を制限してしまいますので、子供が「このアプリを使いたい」と言ってきた時にはアプリの内容や子供が希望する使い方などを話し合って、子供が利用しても問題がないことを確認して購入制限を一時的に解除するなどの対応が必要となるでしょう。

スマホ初心者でも簡単に設定できる?

 子供にとっては初めて持つスマホでも、大人よりも速いスピードで操作に慣れてしまい、親のほうが色々な設定を難しく感じることがあるものです。そんなスマホ初心者の大人(親)でもできるような簡単な設定で子供をきちんと守れるのか不安を感じる方もおられることでしょう。

その点i-フィルターは、本来パソコンやスマホが苦手な人でも簡単に設定できるように、分かりやすい直感的な画面操作で高く評価されているので安心です。一例として前述の「アプリフィルタリング機能」は、「ファミリー」「小学生」「中学生」「高校生」「大人」「フィルターOFF」から選択するだけで、かんたんにアプリフィルター強度設定が可能となります。

もっと簡単なのは、子供の生年月日を入力するだけで、i-フィルターが自動的にアプリフィルターの強度を推奨強度に設定してくれる機能です。
こうした設定・操作の簡単さだけでなく、有害な情報から子供を守る機能の点でもi-フィルターは高く評価されています。

上図は、i-フィルターと他社のフィルタリング製品・サービスを比較した時の「有害サイトブロック精度」をグラフにしたものです。軒並み50%代のブロック率が目立つ中で、i-フィルターはブロック率96,1%という圧倒的な精度を誇っています。これなら、フィルタリングを活用している家庭のうち約95%で使用されているアプリであるというのもうなずけますね!

他社MVNOではi-フィルター(フィルタリングアプリ)は有料のケースが多い

 i-フィルターをインストールして使用できるMVNOは他にもあります。例えば楽天モバイルでもi-フィルターのオプションを付けることができますが、月額300円(税別)の費用がかかりますし、BIGLOBEモバイルの場合は月額200円(税別)、mineoの場合は月額350円(税別)となっており、他に無料でi-フィルターを利用できるMVNOは見当たりません。また、他にもi-フィルター以外の独自のフィルタリングアプリを無料で利用できるMVNOがありますが、i-フィルターに比べると設定できる項目が限られます。

大手キャリアでは子供向けのフィルタリングは無料で利用可能です。ドコモの「あんしんフィルター for docomo」、auの「あんしんフィルター for au」、ソフトバンクの「あんしんフィルター」はいずれも月額料金無料で使用できます。

つまり、LINEモバイルがフィルタリングアプリとして定評のあるi-フィルターを無料で利用できるというのは、大手キャリア並みのサービス提供を意味しており、子供にスマホを持たせることについて検討している親にとって大変魅力的と言えるでしょう。

大手キャリアの『キッズケータイ』との比較

 子供が小学校から中学校にかけては、通常のスマホではなく大手キャリアが提供する「キッズ・ジュニアケータ(スマホ)」を持たせ、高校に入ってから一般的な「スマホ」を持たせる親の方も多いようです。こうしたキッズ・ジュニアケータイ(スマホ)とLINEモバイルのスマホの間で料金や機能を比較してみました。

▼大手キャリア3社とLINEモバイルの料金比較

キャリア

機種名

最安プランの月額料金

端末代金

(24回分割)

月額合計金額

(最安)

ドコモ

F-03J

540円(税込)

432円(税込)

972円

au

mamorino3

1,126円(税込)

実質無料

1,126円

ソフトバンク

みまもりケータイ4

529円(税込)

430円(税込)

959円

LINEモバイル

GLAND X LTE

540円(税込)

637円(税込)

1,177円

まずは、大手キャリアとLINEモバイルの料金面での比較です。auを除いてドコモとソフトバンクではジュニアスマホが現在販売されていませんので、大手キャリア3社から販売されている主に12歳以下の小学生向け「キッズケータイ」で比較しました。
LINEモバイルに関しては、ジュニアケータイ・スマホとして販売されている端末はありませんので、現行の最安値のスマホ端末を挙げてあります。端末代金はすべて24回の分割払いの場合ですが、大手キャリアはそれほど差がありません。

auに関しても端末代金は分割払いにより実質無料ですが、月額料金に反映されているような形になり、月額合計金額はキャリアの中では最も高くなりました。LINEモバイルの場合は「ケータイ」ではなく、れっきとしたスマホですので端末代金がやや高くなっていますが、月額合計では大手キャリアと大きな開きはありません。

ドコモのキッズケータイ「F-03J」の契約に関しては、親がカケホーダイプラン(カケホーダイライトプランを含む)及びパケットパックを契約していることが条件となっており、他のプランおよびキッズケータイ単独での契約はできません。(auとソフトバンクではキッズケータイ単独の契約が可能です)

またauでは現在、キッズケータイ向けのキャンペーンを実施しており2年契約を条件に12ヶ月間802円(税込)が割引かれるので、1年間は1,126円-802円で月額324円となります。ソフトバンクでは最初の2ヶ月間の基本料金529円が無料になるキャンペーンを実施中です。単純に料金だけで見ると、キャンペーンを利用することにより特にauではLINEモバイルよりかなり安く使うことができます。
では次に、肝心な機能の比較です。

▼機能比較

 

ドコモ

au

ソフトバンク

LINEモバイル

(i-フィルター)

家族内通話無料

(LINEの無料通話)

位置情報検索無料

 ×

(オプション)

×

(オプション)

×

(オプション)

防犯ブザー搭載

×

フィルタリングオプション付加

 ×

×

×

家族内の無料通話は大手キャリア、LINEモバイルとも可能ですが、位置情報の検索を無料で行えるのはLINEモバイルでi-フィルターを使用した場合だけです。大手キャリア3社はオプションで位置検索が行えますが、ドコモとソフトバンクは、月額200円および検索の度に5円かかります。auが月額300円のオプション設定です。そして大手キャリア3社のキッズケータイでは、前述の有料フィルタリングオプションを付加することができません。キャリアの通常のスマホであれば付けられますがキッズケータイでは契約できないことになっています。

唯一LINEモバイルのスマホについていないのが防犯ブザーです。大手キャリアのキッズケータイに付いている紐を引っ張ると大音量のブザーが鳴るため、不審者を撃退するのに役立ちます。LINEモバイルのスマホに防犯ブザーが付いているものはありませんが、防犯ブザーそのものは100円ショップでも売られていますので、それを持たせれば問題解決です。

確かにLINEモバイルにはキッズ専用の端末は販売されていませんが、i-フィルターを無料で利用できるメリットは非常に大きく、子供に持たせるのには最適なスマホと言えるでしょう。もちろんLINEモバイルで端末を購入しなくても、ドコモから販売されているスマホかSIMフリースマホであれば、LINEモバイルのSIMを入れて使用できますので、中古の安いスマホを入手して子供に持たせることもできます。子供はスマホを落としたり汚したりする可能性がありますので、価格の安い中古端末を購入してもいいかもしれませんね。

LINEモバイルのプランはどれがおすすめ?

 LINEモバイルには、3つのプランが用意されており、それぞれカウントフリー(データ消費ゼロ)になるアプリ・サービスが異なります。では、子供(小学生)が初めて持つスマホとして考えると、どんなプランが最適でしょうか。

小学生ならLINEフリープランで十分

 LINEにはプランが3つ用意されていますが、小学生向けならば「LINEフリープラン」で十分ではないでしょうか。

 LINEフリープランなら、月額500円(税抜)でLINEアプリの各種機能が使い放題となります。家族が皆でLINEの通話機能を使えば、子供と家族との通話が無料ですので通話料の心配をする必要もありません。

 その他のプランとして、「コミュニケーションフリープラン」、「MUSIC+プラン」があります。コミュニケーションフリープランは、カウントフリー(データ消費ゼロ)になるのがLINEだけでなくTwitter・Facebook・Instagramが追加となり、MUSIC+プランはさらにLINE MUSICの視聴もフリーです。カウントフリーになるSNSが増えれば便利ではありますが、それだけ情報量が増えて思わぬ危険に巻き込まれることも生じ得るので、小学生であればLINEフリープランで十分でしょう。

データSIMと音声通話SIMのどちらにするか

LINEフリープランでは、データ専用SIMであれば月額500円(税抜)で運用可能ですが、月額1,200円(税抜)の音声通話SIMを選ぶことも可能となっています。

実はLINEモバイルでデータ専用SIMを一旦契約した場合、後で音声通話SIMにプラン変更することはできません。一度解約して再度契約し直す必要があります。データSIMには最低利用期間がありませんのでいつ解約しても解約手数料は取られませんが、再度契約する時に事務手数料+SIM発行手数料で3,400円(税抜)が請求されます。もしも将来的に子供が中学生、高校生になった時にプラン変更しようと考えるのであれば、500円での運用はできなくなりますが、最初から音声通話SIMを契約したほうが良いかもしれません。

LINEモバイルの申し込み方法は?

 ではLINEモバイルを子供用に契約する際の申し込み手順を説明します。

①まずはLINEモバイルの契約までの流れですが、最初にプラン選択、続いて契約者である親自身の情報を入力してください。

②続いて本人確認書類をアップロードし、月額料金の支払い方法をクレジットカード、LINE Pay払い、LINE Payカード払いの中から選択します。
ちなみに、LINEモバイルの端末を分割24回払いで購入して子供に持たせる場合は、クレジットカードしか選択できません。

③その後任意のログインID、パスワードを設定して申し込み完了です。前述したように、このログインIDとパスワードでマイページにログインすることになりますので、子供に知られないようにしてください。

④その後LINEモバイルで登録内容を確認した上で、審査結果がメールで送信されてきます。審査が通れば「契約成立のお知らせ」というメールが送信され、SIMだけの申し込みならSIMカードが、端末も購入した場合はSIMカードがセットされた端末が早ければ翌日、遅くても数日以内には到着します。

もし本人確認審査が通らなかった場合は「登録情報不備によるお申し込みキャンセルのご連絡」または「お申し込み内容についてのご確認」などのメールが送付されますので、申し込み内容を確認した上で、メールに記載されている通りの正しい情報で今一度、本人確認書類のアップロードまたは再申し込みしてください。

⑤契約が成立して端末が届いた(あるいはSIMが届いた)後は、契約情報の中にある16桁の利用コードを使って「利用者連携」を行ってください。(子供が使うLINEアプリを起動して、親が契約したLINEモバイルとの間で連携する)

⑥利用者連携が完了たらスマホを子供に渡して利用開始となります。ちなみに、親自身が契約者連携をすれば同時に利用者連携も完了するわけではありませんので、契約者側、利用者側両方で個別に手続きをしてください。これによりデータプレゼントのやり取りも可能となります。

子供用スマホとしてLINEモバイルがおすすめの理由まとめ

 LINEモバイルなら、小学生の子供にも安心してスマホを持たせることができます。子供がデータ量の管理をすることにより、将来お金を毎月管理することの練習になりますし、データのプレゼントも可能です。通常はデータが足りなくなれば追加でデータ量を購入しないと通信速度がかなり落ちてしまいますが、家族間で余ったデータをやり取りできますのでとても経済的ではないでしょうか。

またLINEモバイルのSIMだけ契約して端末は中古のものを使用することができますので、新品ではなく親のお下がりスマホを持たせることも可能です。

なおこの場合は事前に、LINEモバイルの公式ホームページにある「動作確認端末」のページで、お下がりで使わせたいスマホがLINEモバイルで使えるかどうか確認することをお勧めします。
 他社MVNOにはないLINEモバイルの特徴を十分に生かして、安心して子供に初めてのスマホを持たせましょう!

※LINEモバイルの不安点としては、格安スマホで唯一LINEのID検索機能を使用できる、ということがあります。LINEのID検索機能を使えば友だちの追加がとても簡単にでき、見ず知らずの人ともつながることができるのでとても便利ですが、それだけ危険もありますので、このLINEのID検索機能を子供が使ってしまうことを心配している親の方がいるかもしれません。
でも、LINEのID検索は青少年保護のために18歳未満の人は使うことができませんのでご安心ください。

格安SIM選びに迷ったら、まずはこの3社!

3キャリア対応の「mineo」


mineo(マイネオ)

docomo,au,ソフトバンク全てに対応しているので、今使っているスマホをそのまま使える。
現在6ヶ月間月333円(500MB音声プラン)から使えるキャンペーン中!3GBのプランでも月額533円~使えるので圧倒的にお得

SNS使い放題の「LINEモバイル」



LINEに加えてInstagram, Twitter, Facebookがカウントフリー(使い放題)のLINEモバイル。ソフトバンク回線開始キャンペーンで半年900円引き!
3GB+SNS使い放題が月額790円~(3GB音声プラン)

高速通信を使い切っても1Mbpsの「楽天モバイル」



大手キャリアより長い「10分通話放題コミ」で2年間1,480円~!さらに楽天ダイヤモンド会員なら500円引きで980円から可能!低速モードでも1Mbpsとそこそこ出るのでギガを使い切ってもYouTubeが視聴できる優れもの。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.