BIGLOBEのSIMサービス

BIGLOBEのSIMが最強はなぜ?他にないwifi無料と速度

ビッグローブは誰もが知っている老舗プロバイダーです。
この通信事業界大手の会社が格安スマホに本格参入しています。

 

参入当初は企業としてどれほど本気で、この分野に参加したのか未知数でした。でも時間を追うごとにBIGLOBEが本腰を入れて、参入していることがハッキリしてきました。

 

他社が900円で1GBから2GBに、高速データ容量をアップさせればしっかり遅れずスペックアップし、時々大手キャリアにあるように、新規の顧客だけ適用して既存客は旧プランのまま。というようなことしませんでした!しっかり全顧客に高スペックを提供し「さすが!」と管理人をうならせました!

 

企業によっては、SIMだけの提供。通話付プランだけの参入など部分的なサービス提供になっているところもありますが、BIGLOBEは格安スマホでできうる全プランを提供しています。(データ専用SIM単体/通話付SIM単体/各SIMのスマホ本体セット)まさに不退転の覚悟でBIGLOBEさんは格安スマホサービスを提供しています!

 

他社に少ないwifiスポットを無料提供=これで通信制限問題解決!

格安SIMカードを利用するときの一番の問題、
通信制限によるスピードの低下。これを解決する為に、
どうしても、WIFIスポットを上手に利用する必要があります。

 

自宅や勤務先は、備え付けのWIFIを使えば済みますが、
外出先が問題になってきます。もちろん、2GBは高速回線を利用できますし、速度制限がかかっても、ツイッター、FB、通常の検索などは問題がありません。※速度制限についての実験ページを参照ください。

 

でも、どうしても確認したい動画のニュースや、見ておきたいYoutube、クラウドへのアップロード、重めのダウンロード、ラジコの視聴などに利用するときにはストレスになります。

 

外出先で利用できるWIFIサービスを申込むと毎月300円ほどかかります。BIGLOBEはこれを無料で開放しています。900円のSIMカードを使えば利用できるのでお得ですネ。

 

 

 

ページの一番上に戻る

 

ビッグローブの全プランを一覧表で徹底チェック!

ビッグローブは全部で4つのプランで格安スマホを提供しています。

  1. データ専用SIM
  2. 通話付データSIM
  3. スマホ本体セットのデータ専用SIM(うれスマ)
  4. スマホ本体セットの通話機能付きSIM(うれスマ)

公式サイトにも説明があるのですが、
各プラン別々のページで表記しているので、
一覧で比較してチェックすることができません。

 

下の表で各プランの料金差など確認されてください。

2015年2月現在

 

データ専用SIM

音声通話付SIM

スタートプラン

なし

¥1,600/1GB

エントリープラン

¥900/2GB

¥1,800/2GB

ライトSプラン

¥1,505/5GB

1,450円/6G

¥2,405/5GB

2,150円/6GB

スタンダード

12GBプランへ

¥3,790/10GB

2,700円/12GB

¥4,690/10GB

3,400円/12GB

ポイント

 

  • 全プランにマクドナルドなどで利用できる無料wifiスポット付き。
  • サービス開始月は無料。
  • BIGLOBEの自宅インターネットサービス利用の方はさらに200円引き。

 

 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る

BIGLOBEを申込む前の5つのチェックポイントは?

通信量のチャージ機能はある?

100MB=300円でチャージできます。OCNモバイルONEと比較すると、1Gと2Gプランしかチャージできません。BIGLOBEは全プランでチャージが出来るのが魅力です。

 

プラン変更はできる?

毎月行えます。手続きした日の翌月から、反映されます。

 

SIMのサイズのバリエーションは?

ナノ、マイクロ、通常すべて対応でき大丈夫です。

 

最低利用年数はある?

データ専用SIMは最低利用期間がありません。
音声付きSIMは12か月の間で辞めると8000円かかります。
うれスマのスマホ本体付きプランは1年以内は8000円+端末代の残り。
13ヶ月目から2年までは端末分割代金の残金に該当する金額がかかります。

 

お得なサービスは?

上の表にまとめた、wifiサービスと初月無料特典・BIGLOBEユーザー割引

 

 

ページの一番上に戻る

 


当サイトで携帯電話やスマホの毎月の支払いを極限まで激安にする方法を詳しく解説しています。是非参考にされてください。その際にどうしても必要になる格安SIMカードは各社参入してきて、どうそれぞれが違うのかわからなくなってきました。それで、自分にピッタリなSIMサービスはどの会社のサービスなのか、それぞれの特徴をわかりやすくご説明しています。BIGLOBEのLTE、3GのSIMカードはNECビッグローブが展開するサービスです。最大の特徴は他社は行っていない、WIFIスポットサービスを無料で提供していることです。BBモバイルポイントやWI2 300を展開するWIFIスクエアのサービスこの2つを利用することができます。スターバックスやマックでの利用もさらにしやすくなります。あとは、無料のセブンイレブンのセブンスポットや、ローソンのローソンwifi、FON、FREESPOTや、ファミマのWIFIも利用して賢く格安SIMを活用しましょう。BIGLOBEのネックは通信制限がかかった時の通信速度です。他社と比較すると、日本通信もIIJも楽天ブロードバンドも、エキサイトのBb.ExciteモバイルLTEも200kbpsなのに、128kbpsと少し低いところです。今後改善されることを望みます。ただ、IP電話はなんとかできますし、検索やツイッターなどは問題ありません。ネクサス7を最安値で手に入れやすいキャンペーンやAQUOSEFONEを分割なのに激安な価格で手に入れるキャンペーンも行っています。イオンの店頭でも購入できます。Amazonではこの時点で購入できなかったと思います。対応機種は、MEDIAS NE-202/Aterm MR01LN/AQUOS PHONE SH90B/MEDIAS U N-02E/Disney Mobile on docomo N-03E/Xperia AX SO-01E/GALAXY Note II/ELUGA V P-06D/LUMIX Phone P-02/らくらくスマートフォン F-12D/iPhone 4S SIMロックフリー版/MEDIAS TAB UL N-08D/fonepad ME371 MG /Sony Tablet P/GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D/L-09C/などが確認されています。