家電量販店取扱

ケーズデンキで即日契約可能な格安スマホ・格安SIM・MVNO一覧と契約時の注意点

更新日:

 

戦国時代と化している通信業界。

少し前までは、大手3大通信会社の争いだったのが、今では格安SIMの台頭がめざましく、横一線の状態になっていますよね。

 

とは言え、通信料を抑えるのにはやはり、格安スマホ。

皆さんも、格安スマホへの乗り換えを検討しているのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ケーズデンキで即日契約可能な格安スマホ・SIM・MVNO一覧をご紹介。

契約時に必要なものや注意点も合わせてお話ししていきます。

 

【ケーズデンキで契約できる格安SIMの会社は5社!】

ケーズデンキで契約できる格安SIM会社は次の通りです。

 

  • Y!mobile(ソフトバンク回線)
  • LIBMO(ドコモ回線)
  • UQモバイル(au回線)
  • U-mobile(ドコモ・ソフトバンク回線)
  • 楽天モバイル(ドコモ回線)

 

実は、ケーズデンキは店舗ごとに取り扱っている格安SIMが異なります。

大体各店舗2~3社となるようなので、他店に比べると契約できる格安SIMは圧倒的に少ない印象です。

 

しかも、Y!mobileは独自の回線を持っているため、厳密に言うと格安SIMではありません。

ただ、価格面で格安SIMと同じくらいの値段になるので、格安SIMと捉えられているようです。

 

詳しい取り扱い格安SIM会社に関しては、最寄りのケーズデンキへご確認ください。

 

【ケーズデンキで格安SIMを契約するときの注意点と事前にすべきこと】

ケーズデンキで格安SIMを契約するときの注意点と事前にすべきことをまとめました。

 

■格安SIMを契約するときの注意点

格安SIMを契約する時に、必ず必要になるのが身分証明書と本人名義のクレジットカードです。

 

身分証明書は、現住所の記載のある運転免許証、健康保険証、パスポートなど。

現住所の記載の無いものに関しては、それにプラスして公共料金の領収書などが必要になる場合があるようです。

 

大手3大通信会社の場合だと、支払いは銀行引き落とし、コンビニなどで振り込むことができますが、格安SIMの場合、クレジットカード決済が一般的です。

 

クレジットカードを持っていない、18歳未満の契約者に関しては、保護者の同意書が必要で、保護者名義のクレジットカードでの手続きになる場合もあります。

 

■格安SIMを契約する前にすべきこと

格安SIMは、SIMカードを手に入れただけでは使えません。

端末が、SIMカードに対応しているか、自分が使う場所は対象エリアかどうかを確認する必要があります。

 

まず端末ですが、SIMフリーといって、携帯会社の制限がかかっていない端末は特に処理する必要はありませんが、SIMロックといって、携帯会社の制限がかかっている場合は解除が必要になります。

SIMロック解除を行い、SIMフリーの状態にしてから格安SIMの処理を行うようになるので、あらかじめ済ませておくようにしましょう。

なお、SIMロック解除の手順は、各携帯会社のホームページにて確認することができますよ。

 

そしてもうひとつ。

 

MNPといって、今使っている電話番号を、格安スマホにもそのまま引き継いで使うための処理があります。

MNPを希望する人は、使用している携帯会社に連絡をして、MNP予約番号を発行してもらいます。

予約番号は発行日から2週間が有効期限とされているので、その間に格安SIMへの乗り換えを行うようにしましょう。

 

【ケーズデンキで格安SIMを契約するメリットは?】

ケーズデンキで格安SIMを契約するメリットは、次のようなことがあげられます。

 

■専門スタッフに質問しながら契約できる

初めて乗り換えをする人や新規で購入する人にとって、新たに契約を結ぶことは不安が多いものです。

 

ケーズデンキなら、専門のスタッフが対応してくれるので、疑問に思うところや不安に思うところなど、質問しながら契約を結ぶことができます。

 

また、選択肢が多すぎて決めかねている場合でも、専門スタッフにアドバイスを貰いながら決めることができるので、安心ですよね。

 

■端末を実際手に取って選ぶことができる

こちらも店頭ならではのメリット。

端末の大きさや重さ、デザインなどは、実際に見て触れてみないと分からないものです。

 

色合いも、画像で見るのと実際目にする色とでは異なるもの。

見ずに購入してしまった結果、イメージと違ってがっかりした・・という人も少なくないのではないでしょうか。

 

大きすぎても持ちづらいし、小さすぎても使いづらい。

人それぞれに、ココだけは譲れないというポイントがあるはずなので、店頭で確認できるのは嬉しいところですよね。

 

【ケーズデンキで格安SIMを契約する時のデメリット】

ケーズデンキで格安SIMの契約をするときのデメリットとしては、大手家電量販店であるため、待ち時間が発生しやすいということ。

 

時期や日時によっては、何時間か待たなければいけないときもあるようです。

 

また、ケーズデンキと言えば、「あんしんパスポート」という、その場で現金値引きをしてもらえる会員カードがありますが、残念ながらスマホは対象外となっています。

 

【オンライン契約でも電話不通期間はないって知ってますか?】

オンラインで格安SIMをMNPで乗り換える際に、電話の不通期間が生じ、それが嫌で店頭で契約をしているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、現在ではオンライン契約でも不通期間がほぼない状態で切り替えることができるようになっています。

 

以前は、オンラインでMNPを申し込みすると、SIMカードが届くまでの数日間、電話やメールが使えない不通期間が発生していました。

現在は、SIMカードが届いてから手続きを行えるようになったため、不通期間が劇的に少なくなったのです。

しかも、申込者の都合の良いときに行えるので、不通期間のイライラが解消したのです。

 

これなら、店頭に行く暇のない人も、安心して格安SIMを契約することができますし、店での待ち時間も気にする必要が無いのでいいですよね。

 

【格安SIMを取り扱うケーズデンキの主要な店舗】

店舗名 住所 営業時間 格安SIM取り扱いの有無
ケーズデンキ札幌麻生店 北海道札幌市北区北36条西10-1-5 10時~21時
ケーズデンキ仙台太白店 宮城県仙台市太白区山田新町33 10時~21時
ケーズデンキインターパーク宇都宮 栃木県宇都宮市インターパーク5-1-6 10時~21時
ケーズデンキ湘南平塚本店 神奈川県平塚市田村2-8-3 10時~21時
ケーズデンキ女池インター本店 新潟県新潟市中央区女池8-16-17 10時~21時
ケーズデンキ名古屋みなと店 愛知県名古屋市港区新川町3-1 10時~21時
ケーズデンキガーデンシティ垂水店 兵庫県神戸市垂水区舞多聞東3-1-1 10時~21時
ケーズデンキ福山店 広島県福山市松浜町1-9-5 10時~21時
ケーズデンキ高松本店 香川県高松市多肥上町1210 10時~21時
ケーズデンキ久留米店 福岡県久留米市東合川5-3-26 10時~21時

 

【まとめ】

ケーズデンキは、店舗数自体は少なくないものの、扱っている格安SIMは店舗ごと異なるため、事前調査が必要なようです。

 

残念なのは、あんしんパスポートが格安SIMは対象外であること。

取り扱っている格安SIM会社が少ないのも、物足りないかもしれませんね。

-家電量販店取扱

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.