iPhone

中古iPhoneの購入なら2018年が最大の当たり年である5つの理由

更新日:

iPhoneを格安SIMと組み合わせて購入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。実際、当サイトでもSIMフリーiPhoneの購入方法をまとめた記事は良く読まれています。

もちろん新品のSIMフリーiPhoneをAppleで単体購入したり、格安SIMの契約時にセット割で購入するのもよいですが、ここでは2018年こそ「中古のiPhone」を購入するための当たり年である理由を紹介したいと思います。スマートフォンは手で持って使うものなので新品でないと嫌だという方や、常に最新版のiPhoneを使っていたいという方にはおすすめできませんが、中古でも使うことができれば問題ないという方にとっては今年が購入にピッタリのタイミングだということです。

iPhoneのバッテリ無償交換プログラムが有効

中古のiPhoneを購入するなら2018年のうちに、と断言できる最大の理由が2018年いっぱいまで期間限定で実施されている「iPhoneのバッテリー交換プログラム」です。

これは、2017年にiOS11にアップデートした際に、iPhoneのバッテリが劣化していると強制的に性能をダウンしていたことが発覚したためにアメリカや全世界で大問題となった事件をうけてAppleが発表したプログラムです。2018年末までであれば、iPhone6, iPhone6s, iPhone7シリーズ(もちろん、Plusも対象です)すべての機種についてバッテリ交換を3,200円に値下げするという内容です。

この謝罪のためのプログラムが終了してしまうと、バッテリ交換は通常価格の8,800円に戻ってしまいます。そのため、バッテリがまだまだ使える状態だとしても、これからもiPhoneを使い続ける予定の人はとりあえずバッテリを新品に交換しておくというのが2018年のブームになっています。

さて、このバッテリー交換プログラムのすごいところは「中古のiPhone」でも対象だということです。中古でiPhoneを購入することの最大の悩みは「バッテリーがすでにヘタっていたらどうしよう」ということです。それが、3,200円払うだけで無条件で新品のバッテリに交換してもらえると考えれば、この悩みは無きに等しいといえます。中古でiPhoneを購入する際に、あらかじめ3,200円のバッテリ交換代を織り込んで予算をたてるといいでしょう。

ただし、1つの製品につき特別価格でバッテリー交換ができるのは1回だけなので、購入後にすでにバッテリを交換されていた場合には対象外となります。とはいえ、その場合には追加費用を払うことなく新品に近いバッテリのiPhoneを手に入れたということですのでお得です。(ちなみに中古で売られているiPhoneではすでに交換されている確率はかなり低いです。)

iOS12のおかげで古いiPhoneの性能が向上する

2018年が中古iPhoneにとって当たり年である2つ目の理由が、iOS12の登場です。

iPhoneを動かすための基本ソフトであるiOSは毎年9月に大型アップデートがあり、その度に新しい機能がどんどん追加されてきました。しかし、新しい便利な機能が追加される度にどんどん動作は重くなり、古いiPhoneでは満足なスピードで動かすことができなくなるため、新型iPhoneを購入する気持ちになっていたものです。

しかし、2018年に発表されるiOS12については、「新機能の追加」よりも「古い機種を含めた速度の向上」に注力していることが発表されています。

Appleの発表によるとカメラの起動が70%高速化、文字入力する際のキーボードの表示が50%高速化、アプリの起動が2倍の速度に向上するとされています。改めて書きますが、これは「古いiPhoneをアップデートしたときの高速化」の数値だということです。

つまり、これまで使っていたiPhoneであっても2018年の秋以降にはより高速に使うことができるようになるというわけです。そうであれば中古のiPhoneであっても十分な、むしろこれまでよりも快適な動作が期待できるわけで、わざわざ新機種を買う必要はないのです。

このiOS12の対象機種は、iPhone5s以降の機種(iPhone6,iPhone6s,iPhoneSE,iPhone7,iPhone8,iPhoneX)が対象なので、これより古い機種を間違って購入するのはやめましょう。これから購入して長く使う予定があるのであれば、iPhone6s以降の機種を購入するのがおすすめです。

SIMロック解除に対応したiPhone6sが多く出回っている

3つ目の「2018年こそが中古iPhoneの当たり年である理由」が、SIMロック解除対応端末の増加です。従来、ソフトバンクやauといった各キャリアから販売されるiPhoneはSIMロックが解除できないのが当たり前でした。そのため、ソフトバンクで購入したiPhoneは、ソフトバンク以外では使うことができないため、例えばドコモ系MVNOの格安SIMを挿しても通信をすることができないという制限があり、中古品を使い回すのに難がありました。

そのままにしておくと携帯キャリアの乗換が不便なままだということで、総務省主導で2015年5月1日以降に発売されるすべてのスマートフォンはSIMロックの解除に対応することが義務化されました。これはiPhoneでいうとiPhone6s以降のシリーズがSIMロック解除に対応したということになります。これによって、iPhone6sシリーズ以降であればどのキャリアで購入したものであっても「SIMロック解除」さえしていれば、格安SIMでも全く問題なく使えるようになったのです。

大手キャリアが採用する2年縛りの影響でスマートフォンはだいたい2年ごとに買い替える人が多いのですが、今年からiPhone8やiPhoneXに買い替えた人が、前の機種であるiPhone6sを下取りに出すことが多いために、ちょうどSIMロック解除に対応したiPhone6sの中古品が多く店頭に出回っているのです。

ただし現在のルールでは、SIMロックを解除することができるのは元の購入者だけなので、間違ってSIMロックを解除していない中古品を購入してしまっても、あとからではどうにもなりません。そのため、信頼できるお店で【SIMロック解除済】といった表記がある中古iPhoneを購入するのをおすすめします。

ドコモ,auに続きソフトバンクの格安SIMが一気に登場

これまでは格安SIM(MVNO)といえばドコモ系かau系しかありませんでした。そのため、SIMロック解除にそもそも対応していないソフトバンク版iPhone6を購入したり、間違えてSIMロックを解除していないソフトバンク版iPhone6sを購入してしまうと、格安SIMでは使うことができませんでした。

それが、2018年になってから急速にソフトバンク系の格安SIMが登場したことで状況が変わります。有名なところでいうと、

  • ソフトバンクの子会社になったLINEモバイル
  • docomoとauに加えてソフトバンクの3キャリア全てに対応したmineo

などです。これらの他にも、bmobileやNUROmobileなどがソフトバンク網を利用した格安SIMを発表しています。これらの格安SIMであれば、ソフトバンク版iPhoneであってもSIMロック解除をすることなく、そのまま使うことができるようになりました。(これらの格安SIMを契約するときに、「Softbank回線(LINEモバイル)」「Sプラン(mineo)」などのソフトバンク回線を使ったプランを間違えずに契約するようにしましょう)

このソフトバンク版のMVNOの登場によって少しでも初期費用をおさえてiPhoneを使いたいと考える人にとっては選択肢が広がったといえます。なぜならば、中古でiPhoneを購入するときに【SIMロック解除済】版と【SIMロック未解除】版では、1万円~1.5万円くらいの値段の差がついていることが多いからです。将来的に他のキャリアで使えなくても構わない、という場合には、あえて【SIMロック未解除】の中古iPhoneを購入してソフトバンク網やau網などをつかった格安SIMを組み合わせることで安くおさえることができるのです。(一般的に格安SIMが充実しているドコモ版のiPhoneは高止まりしている傾向にあります。)

中古のiPhoneもOKのスマホ保証が充実してきた

中古のiPhoneを購入するうえでの不安のひとつが「端末のサポート」に関するものではないでしょうか。新品の購入であれば故障や破損したときのサポートとしてApple Careをつけたり、セット売りしている格安SIMの「つながる端末サポート」などをつけることができます。

これまで、中古のiPhoneを購入した場合には購入点による初期不良サポート以外では、こうした保証を期待することはできなかったのですが、最近は「モバイル端末用のミニ保険」が登場したことで、こうした問題点を解決できるようになっています。

その代表格が、月額700円でモバイル機器を最大3台まで保証する「 モバイル保険 」です。

 

モバイル保険は「中古の端末」でも中古ショップで購入したものであれば(メルカリやヤフオクではダメです)保険の対象にすることができるため、中古のiPhoneを購入して利用する場合にはうってつけです。モバイル保険は2016年から販売開始されている「老舗」の保険サービスのため、スマートフォンの修理店などと組んだ「キャッシュレスリペア」などを提供しているのが特徴です。

通常であれば、修理代を現金で支払ったあとに自分で保険金を請求するという手続きを省略し、最初から提携する修理店で現金を出すことなく修理してもらえるというサービスです。また提携している修理店舗も全国に広がっているため、近くにアップルストアがないという人にとってはかえって使いやすいといえます。(アップルストアではキャッシュレスリペアができない。)

 

モバイル保険キャンペーン

今だけキャンペーン実施中!このサイトから申し込むとAmazon ギフト1000円分プレゼント!詳細は以下のページで▼

 

中古のiPhoneを購入できる代表的なショップ3つ

中古のiPhoneを購入するための方法は、大きく分けて2つあります。ひとつは、メルカリやヤフオクなどを利用して購入することです。こうしたC2Cのオークションやフリマアプリで購入するのがたしかに最も安く購入する方法なのですが、デメリットもあります。

  1. SIMロックが確実に解除されているか不明
  2. 過去に水没していたような場合でも保障が受けられない
  3. モバイル保険のような保険をつけることができない

これらが主だったデメリットです。初心者にはあまりおすすめできないのですが、写真などから確実に目利きできる人であればこうした方法を検討するのがよいです。しかし、オークションやフリマアプリで売られている中古スマートフォンは「店舗での販売価格と大差がない」というのも事実です。傷や凹みの状態によって中古端末の価格は大きく変わるのですが、同じような状態の端末同士をくらべてみるとフリマアプリで購入しても5~10%くらい安いかどうかなのです。(なぜ意外と大差ないのかというと、フリマアプリに支払う手数料である10%というのが意外と大きい金額のため個人間取引のメリットである中間マージンの削除がそこまで効いてこないのです)

そのため中古のiPhoneといっても3~6万円くらいする商品であることを考えると、中古スマートフォン販売店で購入することをおすすめします。こうしたお店であれば1~3ヶ月程度の初期不良の保証がついていますし、前述のような保険をつけることもできます。

中古iPhoneの代表的な販売店

これらが代表的な中古スマートフォンショップとなります。さまざまな機種があって選べないという場合には、SIMロック解除済みのiPhone6sを購入することをおすすめします。

それぞれのショップで、取扱商品の種類や保証が異なるので、まずは見比べてみて、ご自身にあった料金や保証、アフターサービスを提供しているショップで購入しましょう。

ソフマップ:ビックカメラグループで安心の老舗ショップ:SIMロック解除版の取扱が豊富

icon

パソコン販売や買取で有名な店舗のソフマップが運営するソフマップ・オンラインで中古iPhoneを購入することができます。初期不良も1ヶ月間の保証がついており、また、購入してから3年間の赤ロム保証がついているので安心して購入することができます。

商品のランクも細かくわかれているので、状態がある程度わかった状態で購入することができます。一般的には「ランクB」以上であれば、細かい傷などはありますが特に気にならず綺麗な状態だといえます。カバーをしてしまうのであれば、ランクCでもあまり気にならないかもしれません。

イオシス:中古スマホやタブレットの販売に特化した専門店

イオシスは中古のスマホやタブレットの買取・販売に力を入れているお店です。特徴としては、赤ロムも積極的に取扱をしているところです。そのため(まだまだ支払い途中のはずの)最新のiPhoneの中古品の取扱も比較的多いといえます。

【ネットワーク利用制限▲】となっているものが赤ロムとなりますので購入する際には注意しましょう。一方で、赤ロム保証については「永久保証」をうたっていますので、あえて赤ロムを安く買って使うという手もありますね。

ゲオマート

-iPhone

Copyright© 格安スマホ辞典 , 2018 All Rights Reserved.