UQモバイルの解約方法!手順や注意点を詳しくまとめて解説

大手キャリアでも格安スマホでも、通信サービスとユーザーの間には、相性があります。au回線を利用するau系MVNO・UQモバイルユーザーの中には、サービスとの相性が悪いと感じて、解約を考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。また、現在UQモバイルの契約を検討している方にとっても、解約方法は気になるところでしょう。

 

格安SIMサービスの場合、お得な料金プランは魅力ですが、契約更新月とか違約金はどうなのか気になりますね。専用ショップも多いauプランやドコモ、ソフトバンク等の携帯電話会社の利用に慣れていると、UQ mobile公式サイトからの解約方法なども気になるのではないでしょうか。

 

そこで本ページでは、UQモバイルの解約について解説いたします。解約方法から解約時の注意点、契約解除金まで詳しくご紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

 


目 次

  1. 解約する時はどうするの?
  2. 1-1.MNP転出する場合の解約方法

    1-2.SIMカードの返却は必要?

  3. 解約にかかる費用
  4. 2-1.MNP転出には手数料がかかる
    2-2.日割り計算はある?

    2-3.端末購入アシスト解除料に要注意

  5. 解約するときの注意点
  6. 3-1.電話が混み合いやすい
    3-2.解約のキャンセルはできない

    3-3.端末を他社で使えない場合がある

  7. まとめ

 

 

UQモバイル 公式サイトはコチラ

UQモバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

解約する時はどうするの?

格安SIMの解約は、2タイプに分けることができます。

 

  • 通常の解約
  • MNP転出をともなう解約

 

UQモバイルの場合、MNPの有無によって、選べる解約方法が違ってきます。

 

まず通常の解約は、電話でしか申し込めません。MNP転出を行わない場合は、「UQ mobileお客様サポートセンター」に電話をかけて解約を申し込んでください。電話番号および受付時間は、以下のとおりとなっています。

 

電話番号・・・0120-929-818

受付時間・・・09:00〜21:00

(年中無休)

 

UQ mobileお客様サポートセンターに電話をかけると、まず音声ガイダンスが流れます。ガイダンスに従って、ダイヤルの「2」をプッシュしてください。続いて、UQモバイルのガイダンスメニューが再生されます。「3」をプッシュして、オペレーターに繋がるのを待ちましょう。

 

オペレーターに解約したい旨を伝えると、以下の情報を求められます。すぐに答えられるように、メモを準備しておいてください。

 

  • 契約中の電話番号
  • 契約者名
  • 契約時に設定した暗証番号

 

上記のほか、オペレーターからは解約理由も尋ねられます。執拗な引き留めに遭うことはないので、思うところを率直に伝えるとよいでしょう。電話での手続きが終わると、UQお客様サポートセンターより解約受付を知らせるメールが届きます。このメールの到着をもって、解約手続きは完了です。

 

 

ページの一番上に戻る

 

MNP転出する場合の解約方法

MNP転出をともなう解約を行う場合は、まずMNP予約番号を取得する必要があります。MNP予約番号は、電話もしくは「my UQ mobile」で取得可能です。電話で取得する場合は、前述のUQお客様サポートセンターにコールしてください。ダイヤルをプッシュする順番は、通常の解約を行うときと同じです。

 

「my UQ mobile」でMNP予約番号を取得する場合は、以下の順番で手続きを行ってください。

 

MNP予約番号の取得方法

  1. 「my UQ mobile」にログイン
  2. 画面左のリストから「ご契約内容」を選択
  3. 「ご契約内容」の項目から「契約一覧照会/変更」を選択
  4. 「契約回線情報一覧」が表示されるので、解約したい契約の「詳細へ」ボタンをクリック
  5. プランの内容が表示されるので「他社へ乗り換え」をクリック
  6. 「他社乗り換え(MNP)確認」画面が表示されるので「実行」ボタンをクリック
  7. MNP予約番号と有効期限が表示される

 

MNP予約番号の発行可能時間は、9時30分から20時30分までとなっています。MNP予約番号を取得したら、次に利用する通信事業者でMNP転入手続きを行ってください。転入手続き完了後、回線切り替えが実施された時点でUQモバイルは解約となります。

 

なお、MNP予約番号は、発行日を含めて15日間有効です。ただし、有効期限が10日以上残っていることを、MNP転入の条件としている通信事業者もあります。MNP予約番号を取得したら、速やかに次のサービスを申し込みましょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

SIMカードの返却は必要?

UQモバイルを解約したら、SIMカードは不要となります。返却は求められないので、ご自身で処分してください。なお、SIMカードには、契約者の個人情報が記録されています。処分する際は、ハサミで裁断しておいた方がよいでしょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

解約にかかる費用

UQモバイルの音声通話付きプランには、契約期間あるいは最低利用期間が定められています。各期間内にプランを解約すると、9,500円の契約解除料が発生するので要注意です。各種音声通話付きプランに設定されている、契約期間と最低利用期間をチェックしてみましょう。

 

  • おしゃべりプランの契約期間

      25ヶ月間(自動更新)

  • ぴったりプランの契約期間

      25ヶ月間(自動更新)

  • データ高速+音声通話プランの最低利用期間

      12ヶ月間

  • データ無制限+音声通話プランの最低利用期間

      12ヶ月間

 

「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」は、2年契約のプランとなっています。更新月に解約を行えば、契約解除料金は発生しません。最初に更新月が訪れるのは、契約26ヶ月目です。

 

「データ高速+音声通話プラン」と「データ無制限+音声通話プラン」には、12ヶ月の最低利用期間が設定されています。契約13ヶ月目以降であれば、いつ解約しても契約解除料金は発生しません。

 

なお、データ通信専用のデータSIMプランには最低利用期間の設定がないため、いつでも契約解除料金なしで解約できます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

MNP転出には手数料がかかる

音声通話付きプランからMNP転出を行う場合は、必ず3,000円のMNP転出手数料が発生します。契約解除料金と転出手数料が重なると、解約に必要な費用が12,500円と高額になるのでご注意ください。

 

 

日割り計算はある?

UQモバイルの解約月の料金は、日割り計算となります。ただし、オプション料金については、日割り計算とならない場合があるのでご注意ください。

 

 

ページの一番上に戻る

 

端末購入アシスト解除料に要注意

「端末アシスト」を利用している場合には、契約24ヶ月目までに解約を行うと端末購入アシスト解除料が発生します。契約しているアシストや残り支払期間によっては、解除料が高額になるので注意しましょう。各種アシストの解除料は、以下のとおりとなります。

 

端末購入アシスト500 

12,000円〜500円 

端末購入アシスト700 

16,800円〜700円 

端末購入アシスト750 

18,000円〜750円 

端末購入アシスト800 

19,200円〜800円 

端末購入アシスト1200 

28,800円〜1,200円 

端末購入アシスト1400 

33,600円〜1,400円 

端末購入アシスト1450 

34,800円〜1,450円 

端末購入アシスト1500 

36,000円〜1,500円 

端末購入アシスト1800 

43,200円〜1,800円 

端末購入アシスト1900 

45,600円〜1,900円 

端末購入アシスト2000 

48,000円〜2,000円 

端末購入アシスト2100 

50,400円〜2,100円 

 

端末購入アシストとは、簡潔にいうと無金利の端末代分割払いです。各アシスト名に付いている数字は、月々の支払い額。利用開始から解約月までに支払った分だけ、端末アシスト解除料が安くなります。

 

なお、マンスリー割が適用されている場合は、解約を申し込んだ時点で割引が打ち切られるのでご注意ください。割引が適用されるのは、解約申し込み月の前月分まで。端末購入アシストの残金については、満額で請求されます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

解約するときの注意点

UQモバイルを解約する際は、以下の点に注意してください。

 

  • 電話が混み合いやすい
  • 解約のキャンセルはできない
  • 端末を他社で使えない場合がある

 

各注意点を、順番に詳しく見ていきましょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

電話が混み合いやすい

曜日や時間帯にもよりますが、UQお客様サポートセンターは混み合いやすくなっています。オペレーターに繋がるまでに、20分以上を要するケースもあるので注意しましょう。

 

電話をかけるタイミングとしては、平日の午前中がおすすめです。17時以降は混雑によって繋がりにくくなるので、なるべく早めの時間帯に解約を申し込むようにしてください。

 

なお、UQコミュニケーションズでは、UQお客様サポートセンターの混雑予想をカレンダー形式で発表しています。気になる方は、以下の手順で情報をチェックしてみてください。

 

混雑予想チェック方法

  1. UQコミュニケーションズのウェブサイトにアクセス
  2. トップページで「お客様サポート」をクリック
  3. 「お客様サポート トップ」をクリック
  4. 「お問い合わせ」項目の「UQ お客様サポートセンター」をクリック
  5. 「UQ お客様サポートセンター(WiMAX)はこちら」をクリック
  6. 画面を「混雑カレンダー」項目までスクロールさせる
  7. 「UQお客様サポートセンター混雑予想についてはこちらをご覧くださいの「こちら」部分をクリック
  8. 「UQお客様サポートセンター混雑カレンダー」が表示される

 

混雑カレンダーは、黄色と緑で色分けされています。黄色に塗られている日付は混雑が予想されるので、解約申し込みを避けた方が賢明です。

 

 

ページの一番上に戻る

 

解約のキャンセルはできない

電話で解約を申し込んだ場合、オペレーターとの会話中に回線を停止する手続きが実行されます。電話での受付が完了した段階で、UQモバイルの通信・通話機能は利用できなくなるので注意しましょう。

 

また、一度申し込んだ解約はキャンセルできません。MNPを行わない場合は、解約申し込み前に次の通信事業者を契約しておくことをおすすめします。

 

 

ページの一番上に戻る

 

端末を他社で使えない場合がある

UQ mobileオンラインショップで購入出来る端末には、SIMフリー端末では無くSIMロックがかかっている機種がいくつかあります。また、UQモバイルでは、SIMロック解除サービスを行っていません。つまり、UQモバイルの端末は、他社のSIMカードで利用できない可能性があるのです。

 

SIMロックがかかっている端末には、以下の4機種があげられます。

 

  • iPhone 5S
  • P9 lite PREMIUM
  • AQUOS L
  • LG X screen

 

今後発売が開始される機種にも、SIMロックが施される可能性があります。これからUQモバイルを契約する方は、欲しい端末のSIMロックについて契約前に問い合わせたほうがよいかもしれません。

 

 

ページの一番上に戻る

 

まとめ

本文でご紹介したように、UQモバイルの解約は比較的簡単に手続きできます。特にMNP転出する場合は、ウェブでMNP予約番号を取得できて手軽で便利。電話での解約申し込みに苦手意識がある方でも、気楽にMNP転出でき安心ですね。

 

通信サービスの解約手続きは、どうしても手間に感じてしまうものです。この点でUQモバイルは、利用者の立場にたったユーザーフレンドリーなMVNOといってよいでしょう。

 

 

UQモバイル 公式サイトはコチラ

UQモバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

関連ページ

プラン
APN設定方法
SIM変更
対応機種&SIMの選び方
着信拒否
facebook
UQモバイルのSIMカードおよび端末でもFacebookは利用できます。キャリアのスマホと同じように全機能を利用可能です。UQ mobileポータルアプリを利用して高速データ通信をオフにすればFacebook利用時のデータ消費を防げます。
softbank
エリア
UQモバイルはau回線のサービスエリアで利用できます。サービスエリアとは無線基地局が発した電波が到達する地域です。au回線のサービスエリアの人口カバー率は99%です。UQモバイルは3G、4G、LTEに対応しています。ただしデータ通信については3Gを利用できません。
プラン変更方法
UQモバイルに家族割ってある?家族で安く利用できるかを徹底検証!
UQモバイルには家族割が用意されていません。複数回線の契約を行うことは可能です。ただし2回線以上を契約しても割引は行われません。とはいえUQモバイルは格安で端末を購入できます。端末込みの料金ならmineoより安価です。
UQモバイルは子供の防犯に強い?&UQ学割の解説
どっちがおすすめ?UQモバイル取扱店での即日開通と通販
店舗のほうが便利?UQモバイル契約後の相談窓口をチェック
UQモバイルはビックカメラやヤマダ電機のような家電量販店、AEONやイトーヨーカドーのような流通系店舗などで契約できます。ただし店舗によっては、契約後の相談に乗ってもらえない場合があるので注意が必要です。
「楽天でんわ」アプリ活用法
ソフトバンク版のiPhone
ソフトバンクの端末もSIMロック解除すればUQモバイルの端末として利用できます。ただし公式に対応が発表されているのはiPhone6s、6sPlus、SEのみです。iPhone7の利用もユーザにより確認されていますがテザリングは使えません。
繋がらない
UQモバイルはau回線を利用する格安SIMです。通信はau回線のバンドで行われます。ドコモやソフトバンクのスマホは一部のauのバンドに対応していないためUQモバイルのSIMカードで電波が繋がらない場合があります。
au版iPhone使用条件
auのiPhone6,6s,6sPlus、SEはUQモバイルのSIMカードでの動作が確認されています。ただしSIMロック解除しなければVoLTE用SIMで通信を行えません。SIMロック解除はauショップまたはauお客さまサポートで行えます。
UQモバイル版iPhone5s
UQモバイル版iPhone5sはマンスリー割により実質108円で購入できます。テザリングやキャリアメールも使用可能です。選べるモデルは16GBモデルのみ。SIMロックがかかっており、UQモバイルではSIMロック解除に対応していません。
UQモバイルで利用できるドコモ版iPhone
ドコモのiPhone6s、6s Plus、SEはUQモバイルのSIMカードに対応しています。ただしUQモバイルの端末として使用するにはSIMロック解除が必要です。テザリングやMMSを利用するにはマルチSIMを選ぶ必要があります。
LINE
格安SIMならUQモバイルかワイモバイルか?乗り換える前にチェックすべきこと
テレビ好き必見!UQモバイルのワンセグ対応機種まとめ
UQモバイルの一部機種ではワンセグ放送を視聴できます。2017年3月で販売されている機種ではDIGNO Lやarrows M03などがワンセグに対応しています。ワンセグ対応機種はUQコミュニケーションズ公式サイトの製品比較表でチェックできます。
iphoneSE