格安スマホをとにかく安く利用したい場合はこの方法が一番!

通常のキャリアよりも約1/3は安くなる格安スマホ!しかし格安スマホの中でも安い高いがあり、毎月 数百円から千円くらい違ってしまうことも。

 

『せっかくだから一番安く、でも自分に必要なプランにしたい!』そのためには以下のチェックポイントをしっかり見分ける必要があります。

 

  • スマホでやりたいことは何か整理する
  • 何ギガ必要か?090はいる?か決める
  • 金額だけでなく、速度とポイントも考える
  • 毎月のコストだけでなく最初にかかる費用も抑える

 

これらをきちんと考えて格安スマホを選ぶと自分にピッタリ。かつ、一番安い格安スマホを選ぶことができます!

 

したいことで費用は変わる!スマホで何がしたい?

やりたいことによって費用は変わってきます。

  • 通勤通学の電車や昼休みに動画が見たい
  • 自宅にwifi環境がないので家でもスマホで動画を見る
  • 動画はほとんど見ない検索やニュース、メールやSNS程度
  • 通話が多いのでかけ放題が必須

など皆さんの用途で費用は変わってきます。

 

ただこのページは「とにかく安く使いたい方」のまとめページなので本当にわずかな金額で利用できるケースを扱います。比較的利用料金が少なく済む利用の方の中でも、自分が以下のどのケースにあてはまるかチェックしてください。

  1. 動画は見ない!
  2. 動画は少しだけ見る
  3. 090の電話番号は必要?不要?

いかがですか?動画など容量をくう使い方をしない方は小さめのプランでよいので安くすみます。090の番号も不要であればワンコインで終わってしまう可能性も!

 

動画をたくさん見る方は数百円から1,000円ちょっとではなかなか収まりません。このサイトで動画をガンガン見ても安く済むプランをご紹介していますのでそちらでチェックしてください。では具体的に考えてみましょう!

 

 

ページの一番上に戻る

何ギガ必要?かんたんチェック方法&090はいる?

まず、プランや会社を決めるのに大切な点はどのぐらいの容量が必要か?

上では動画を見るか見ないかと書きましたが、容量を一番くうのが「動画」ですが他の部分で知らないうちにデータを消費していることも・・・既にドコモやauなどのスマホを利用している方は以下の手順でチェックしましょう!

 

iPhoneユーザーのデータ容量の使用量チェック方法

 

 

1、設定>モバイルデータ通信

 

2、一番下までスクロール 3、いつからのデータ総量か確認

 

上の方法で「前回のリセット日時」がいつか調べてください。私の場合色々実験をしているので最近ですがこれが数カ月前の方もおられるとおもいます。それと「2」の『現在までの合計』を見て割り算し1カ月のだいたいの利用量を調べてください。

 

Androidユーザーのデータ容量の使用量チェック方法

 

1、設定 > データ使用 2、モバイルとWi-Fiが別々に表示されるようにする 3、モバイルの方の期間中の利用容量をチェックする

アンドロイドの場合は、「データ使用」を開けば上の3の画面になっているケースはすぐチェックできます。まれにモバイルとWi-Fiの総量表示になっている場合は、2のように右上のクロ点が縦に3つ並んでいるところをタップして、「Wi-Fiの使用状況を表示」にして3の形式に切り替え「モバイル」だけチェックできるようにしてください。

 

上の方法ならばキャリアのマイページなどにログインしなければだいたいの自分の利用する容量をチェックすることができます。これで1カ月に何ギガ利用しているかチェックしましょう!ドコモやソフトバンクでは5GBや7GBで契約している方が多いですが実際には2GBくらいしか利用していない方がほとんどです。格安スマホなら1GBからプランがあるので、自分の利用量にあったプランを活用しましょう。

 

スマホをまだ使ったことのない方は「動画はみない」か「少し見る」「かなり見る」か考えて、かなり見るかた以外はこのページで紹介するプランが良いはずです。毎月の利用料が500円で終わることも!頑張って読み進めてくださいネ。

 

もう一つ毎月のコストに大きく関係があるのが090の通話回線が必要か?

大人の方ならばほぼ090や080の電話回線が必要でしょう。ただ2台持ちでいつもはガラケーで通話して、サブ機としてスマホでデータ通信をしたい方は090不要のデータ専用回線で十分です。

 

また、子供や学生さんはLINEなどの通話アプリ、SNSでよいケースがあります。その場合もデータ専用プランで必要をまかなえるかも。データ専用回線は通話回線より、月々およそ700円は安いので上記にあえばデータ専用回線を選びましょう。

 

 

ページの一番上に戻る

表示価格に騙されない!コスパは速度とポイントをチェック

格安スマホを選ぶとき公式サイトで表示されている月額料金で選ぶと失敗することも・・・

 

それは、ほんの少し安くても(格安スマホは数十円単位><)速度が遅かったり、ポイントを考えれば表示価格で安くても実質価格や使い勝手では損することも。

 

速度はどうやってチェックするか?こればっかりは口コミや公式サイトを見ても実際のところはわかりません。それで姉妹サイトで毎月主要MVNOの実測速度をチェクしていますのでご確認ください。やはり大手は強いのが印象です。

 

あとはポイントも結構大切です。例えば、楽天モバイルは最安値ではありません。でもポイント制度がすごいので実質最安値になってしまうことも・・・

 

 

 

しかも、ポイント払いできるので管理人はほぼ無料で楽天モバイルを使っているような状態です。速度とポイントも毎月のコストを考える時にとっても大切な要素です。

 

ページの一番上に戻る

けっこうかかる?導入コスト。初期費用も抑えたい!

毎月のランニングコストの他に考えておきたいのが「導入コスト」。MVNOを契約する事務手数料や端末代金も結構バカになりません。

 

対処するいくつかの方法は・・・

  1. 自分の持っている端末を利用する
  2. SIMフリーの安い端末を購入する
  3. キャンペーンを活用する
  4. 月の初めに契約する

ひとつめの自分でもっている端末を利用する方法は・・・

持っているスマホを活用して新しく端末を買わないで済むようにすればかなり費用を抑えられます。以下のケースごとで方法が違います。

  • ドコモ端末・・・そのまま利用できる(mineoとUQモバイルだけ使えないケースあり)
  • ソフトバンク端末・・・シムロック解除で利用可能( 〃 )
  • au端末・・・mineoとUQモバイルしか使えません

シムロック解除は店舗よりもオンラインで行うほうが手数料が安いのでご注意を。

 

安いSIMフリー端末を購入する

シムフリーの端末をAmazonなどで購入しましょう。格安スマホの各社公式サイトからもシムフリー端末のセット購入ができますがそれよりも安く手に入れられることも。ただこの場合設定などが少しひと手間かかることがあります(APN設定がしていないので自分で入力するなど。大したことではないが初めての人はとまどうかもググって頑張って下さい!)。

 

各社の毎月のキャンペーンを上手に活用する

各社初期費用無料や、端末半額セールなどキャンペーンを行っていることもよくあります。長く使ってくれることを期待して端末代は赤字覚悟のキャンペーンを行うことも時々見られます。管理には新品のスマホが3,000円ポッキリで購入できたことも。上手に活用しましょう。

 

初月無料をフルに活用するなら1日申込みが必須!

よくあるのが初月無料。1ヶ月分の料金が無料になりますが、これって不思議なことに25日に申込んでも1日に申込んでもその月の分がただになり25日から申込ん方は5日分くらいしかタダになりません。上手に活用するには「1日申し込み」が必須!

 

 

 

ページの一番上に戻る

で、おすすめは?使い方別:それぞれの最安値はココ

ここまでで格安スマホを賢く選ぶためのチェックポイントを解説いたしました。でも、各項目を考えて自分に合うところを探すのもなかなか難しいものです。それで2つのケースに分けてお勧めのMVNOをランキング形式にしてみました。各プランはデータ専用プランで表記していますが090などの通話プランにできますのでプラス約700円で考えてください。

 

『 動画は見ない!使うのはメールや検索、SNSだけ 』のあなたはコレ!

動画やゲームはほとんどしない方はそもそも高速データ通信が必要ないかも

 

だとすれば200kbpsから600kbpsの低速、中速のプランなら使い放題で500円から1000円で利用できます。

 

おすすめなのは・・・

 

 

中速600kbpsで使い放題!端末も割安機があるTONEモバイル

月々1,000円ポッキリで050の電話番号も付いてデータ通信は使い放題のツタヤのスマホ「TONEモバイル」実は隠れた2016年のヒットモバイルです。他社の低速無制限プランは速度が200Kbpsな中、トーンは600kbps!推奨はされていないけど意外と動画が見られてしまうことも。

 

端末も2万を切る低コスト機を販売しています。ただここは端末とセット販売しかしておらず、SIM単体契約ができません。今のスマホを使いたい場合は利用できません。端末とセットならおすすめできるMVNO!

 

 

200kbps使い放題で525円。動画を捨てられるなら、楽天モバイル

こちらは完全な低速回線での使い放題。本当に動画やゲームはしない方におすすめです。価格が525円とほぼワンコイン。通話回線として090を付けても1,225円で完結!かけ放題プランもあるので通話が多い人にも便利。

 

楽天市場での買い物ポイントが最大の7倍になるので、ネットの買い物を楽天にまとめればかなりのポイントに・・・。ポイントから楽天モバイルの料金も払えるので管理人はほぼ毎月無料で使えている感覚に!

 

 

『 たまーに動画は見る!ゲームも少しだけ 』そんな、あなたはコレ!

上の200KBPSのシムでは動画はほぼ見られません。600kbpsのトーンも保証はされていないのでわからない部分もあり。動画やゲームを少しやる方は高速データ容量プランを活用しましょう。

 

管理人のテストでは機種によって変わりますが、高画質でYouTubeを見ると1GBで1時間と考えておいたほうがよいと思います。でも画質を落としてみるとその数倍見られます。5時間位いけるかも。

 

まずは1GBのプランでどの程度使えるかチェックして足りなければ必要な分だけプラン変更しましょう。おすすめは・・・

 

最安値なのに速度もバッチリ!イオンモバイル

イオンモバイルは最安値の料金設定なのに速度が速い!高速データ通信1GBで480円!もうけはあるの?といらぬ心配をさせるほどです。全部で30プラン近くあるのでもし足りないと感じてもピッタリのプランに変更できます。

 

速度も安定していて動画再生など全くストレスなく楽しめます。さすが大手の堅実さと資金力を感じます。ここが一番安心かも。

 

 

通話回線契約No1の楽天モバイルは速度も安定。ポイントがイイ!

楽天モバイルは090の通話回線契約数がOCNなどを抜いて1位になった支持率急上昇のMVNOです。楽天市場のポイントアップ制度がやはりうれしいです。

 

速度もこの1年計測していますがずっと高速度を維持しています。価格は最安値ではなく、他社同プランで比べると数十円ちょっと高いことも。でもポイントアップと、ポイント払いができることを考えると実質一番安く感じます。上手な仕組みですネ。

 

 

 

ページの一番上に戻る