本当に最安値のSIM選別方法

10円差にごまかされなな!格安SIM《本当の最安値》早見表!

「1GBでこっちは590円、こちらのSIMは600円・・・。いったいどちらを選べばいいの?」

 

元々、価格が安いMVNOサービスは毎月の利用料金で比較するとさほど料金差がありません。あっても10円から100円ちょっと。

 

それでもせっかく格安SIMを利用するんだから、一番お得なSIMサービスが利用したい!ではどんな基準で比較すれば《 本当の最安値 》のMVNOを選べるの?2つのポイントがあります。それは・・・

 

  1. 同額でもサービスで見極める
  2. 同容量で比較せず3層で見比べる

 

1、サービスで見極める

例えば、1GBで月額590円はDMMモバイル、600円はDTIです。この2つを比較するとき2社の付属サービスをしっかりチェックしましょう。

 

DMMはバースト転送という低速時にも一瞬早くしてくるターボ機能やシェア特典がついています。DTIはそもそも低速になる前に業界唯一(2015年2月時点)何の設定もしなくてもメールでお知らせメールを送ってくれます。

 

どちらがあなたの利用パターンあうSIMでしょうか?容量をはじめから超えそうな方はターボ機能が付くDMM。容量を超えないようにしっかり使いたい方はお知らせメールのDTIがあうかもしれません。10円差よりもここらへんをチェックしましょう!しかし、それより大切なのは・・・

 

2、同容量で比較せず3グループで比較する

同高速容量でどこが一番安いのかは、当サイトの「容量別比較表」をご覧ください。一目瞭然です。しかし、この方法では大きく損をしてしまうことがあります。どういうことかというと・・・

 

まず、1GBから15GBまでの容量クラスを3つのグループに分けます。

1、1GB・2GB・3GB  ⇒ 低容量グループ
2、4GB・5GB・6GB  ⇒ 中容量グループ 
3、7GB・8GB・10GB〜 ⇒ 高容量グループ

決してピッタリ同じ容量同士では比べず、この3つのグループごとに見比べてみます。すると・・・クッキリと本当の最安値が見えてくるんです。では実際にやってみますね。まずはデータSIMで比較してみましょう!

 

最安値宣言をしているDMMモバイルが実際には一番コスパが優れているわけではないことがハッキリするんです。※以下の比較表は2015年2月調査結果

 

< グループごとで見るデータSIM・最安値早見表 >

データ専用SIMをグループごとに分けて比べると・・・

《 低容量グループ 》

最安1位

2位

1GB

DMMモバイル/ 590円

DTI/ 600円

2GB

DMMモバイル/ 770円

BBエキサイト/ 870円

3GB

DTI/ 840円

DMMモバイル/ 850円

こうやって見てみると1GBが590円。その3倍の3GBが840円。
260円しか差がありません。1GBなんてもしうっかり動画を見てしまったらすぐに飛んでいってしまいます。3GBは最低利用できるようにしておきたいものです。低用量グループで選ぶならDTIの3GBプランが本当の最安値!

◆ 低容量データSIM・コスパNo1!⇒ DTI公式サイト

 

 

 

《 中容量グループ 》

最安1位

2位

4GB

BBエキサイト/ 1,440円

該当なし

5GB

DMMモバイル/ 1,210円

DTI/ 1,220円

6GB

BIGLOBE/ 1,450円

該当なし

このクラスが大手キャリアの7GBの容量になれている方が利用するクラス。

この区切りで見ると、意外に価格競争していないかに思える「 BIGLOBE 」が最安値なんです。4GBのBBエキサイトと比べるとほぼ同額で2GBも多く利用できます。中容量のユーザーはBIGLOBEがお勧め!

◆ 中容量データSIM・最安値!⇒ BIGLOBEI公式サイト

 

 

 

《 高容量グループ 》

最安1位

2位

7GB

DMMモバイル/ 1,880円

該当なし

8GB

DMMモバイル/ 2,140円

BIGLOBE/ 2,838円

10GB

DMMモバイル/ 2,190円

DTI/ 2,200円

12GB

BIGLOBE/ 2,700円

該当なし

15GB

DMMモバイル/ 4,570円

該当なし

20GB

DMMモバイル/ 6,090円

該当なし

ハードユーザーが利用する高容量グループ。ここは圧倒的にBIGLOBEです。DMMモバイルの10GBより2GBも多い12GBなのにたったの約500円差。逆にDMMモバイルの15GBは5GBの差なのに、1,900円近く高くなっています。さりげなくDMMはこのクラスで利益を取ろうとしているように感じます。このクラスで3,000円以下を叩き出すBIGLOBEと孤軍奮闘しているDTIは立派!

 

◆ 高容量データSIMでも大健闘!⇒ BIGLOBEI公式サイト

< グループごとで見る通話付きSIM・最安値早見表 >

通話付きSIMをグループごとに分けて比べると・・・

《 低容量グループ 》

最安1位

2位

1GB

DTI/ 1,200円

DMMモバイル/ 1,260円

2GB

DMMモバイル/ 1,470円

該当なし

3GB

DTI/ 1,490円

DMMモバイル/ 1,500円

通話付きSIMは3GBのDTIがお勧め!2GBのDMMモバイルと20円の差で1GB多く利用でき一番お得。これでNTT回線でデータと通話回線が利用できるなんて本当に安くなりました!

 

■ 低容量の通話付きSIMを安く使うなら⇒ DTI公式ホームページへ

 

 

 

《 中容量グループ 》

最安1位

2位

4GB

該当なし

該当なし

5GB

DTI/ 1,920円

DMMモバイル/ 1,970円

6GB

BIGLOBE/ 2,150円

該当なし

中間の容量クラス、多くの方がこのあたりを利用されるのではないでしょうか?このグループではデータSIM同様「BIGLOBE」がコスパよくサービスを提供しています。ほぼほぼ2,000円ぽっきりで6GBのデータ通信と通話回線が利用できます。一番お勧めなプランです。
 

■ 中間クラスでハイコスパサービスは⇒ BIGLOBE公式サイトへ

 

 

 

《 高容量グループ 》

最安1位

2位

7GB

DMMモバイル/ 2,580円

該当なし

8GB

DMMモバイル/ 2,840円

BIGLOBE/ 3,738円

10GB

DTI/ 2,900円

DMMモバイル/ 2,950円

12GB

BIGLOBE/ 3,400円

該当なし

15GB

DMMモバイル/ 5,270円

該当なし

20GB

DMMモバイル/ 6,790円

該当なし

10GBで3,000円を切るDTI!12GBでその差500円のBIGLOBE!
悩ましい所です。ただハッキリしているのは15GBで5千円越えのDMMは少し手が出にくい価格設定です。このクラスになると自宅のWiFi環境を整えることを考えたほうがいいかもしれません。
 

■ サイトは2択でお勧め!区切りよく3,000円ギリなら⇒ DTI公式サイトへ

■ 12GB仕えてこの価格・限りなくコスパを求めるなら⇒ BIGLOBE公式サイトへ

 

みなさん早見表でご理解いただけたでしょうか?

 

同容量の比較だけで決めるとハイコスパなサービスではなくなってしまうことがあります。どのMVNOも特に力を入れているコースがあり、そこを狙って利用するのが一番お得になります。

 

ただ、通話無料や家族でシェアしたいなど、価格だけではなくサービスの中身もしっかりチェックして選ぶ必要があります。是非、当サイトを活用してピッタリの格安SIMを見つけてください!

10円差にごまかされなな!格安SIM《本当の最安値》早見表!記事一覧

申込みの月が無料になる格安スマホは?比較一覧表【最新更新中】

格安スマホを申込むなら、月末よりも月の一番初めに申込むのがお得なのはご存じですか?すべてのMVNOではありませんが、申込んだ最初の月をまるまる無料にしていれるところがあります。通話タイプの格安スマホを申込んだ場合は、月々の利用料金は約2,000円近くになるはずです。この料金が最初の1月は無料になりま...

≫続きを読む