楽天モバイルはSIMフリーiphoneがおすすめ!他のiPhoneも使える?

楽天モバイルで人気のiPhoneを使ってみませんか?楽天モバイルでもデータSIMや音声SIM単体だけではなく、端末のコミコミプランも用意されています。しかし、残念ながらiPhoneは端末セットの中には用意されていません。

 

それでは、どのようにしてiPhoneを手に入れられるのでしょうか?本ページでは、楽天モバイルで利用するためのiPhoneの入手方法、その注意点などにも触れますので是非チェックしてみてください。

 

 


目 次

  1. 楽天モバイルでiPhoneを使おう
  2. 1-1.楽天モバイルってどんな格安SIM?
    1-2.楽天モバイルでiPhoneを使うには

    1-3.楽天モバイルに乗り換えるなら買取りも利用しよう

  3. SIMフリーiPhoneはどこで買えるの?
  4. 2-1.SIMフリーiPhoneはApple Storeで購入できます

    2-2.Apple Store以外で購入するなら?

  5. 楽天モバイルでiPhoneを使うなら知っておきたいこと
  6. 3-1.データ移行サービスは使えない

    3-2.SIMロック解除を自分でやるのは大変

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

楽天モバイルでiPhoneを使おう

現代の生活にスマホは欠かせませんね。でも「それにしても料金が高い」と思ってしまいますよね。そのような人にお勧めなのが格安SIMプランです。格安SIMとはNTTドコモなどの3大キャリア以外の格安SIMカードを利用する方法です。月額料金など料金プランが大幅に安いのが魅力です。

 

格安にスマホが使える楽天モバイルで、人気のiPhoneを使う方法をご紹介します。

 

 

楽天モバイルってどんな格安SIM?

楽天モバイルも格安SIMのひとつです。総合的に見ると格安SIMカードを使うと、大手キャリア版と違いかなり安くおさえられます。格安SIM会社は、MVNO(仮想移動体通信事業者)という形態をとっています。MVNOとは大手キャリアの回線を借りることでサービス提供を行う会社のことです。楽天モバイルはドコモ回線を利用しているので通信速度も安心です。

 

楽天モバイルの格安SIMごとにデータプランを見てみると、

  • ベーシックプラン(低速通信)
  • 3.1GBプラン
  • 5GBプラン
  • 10GBプラン
  • 20GBプラン
  • 30GBプラン

があります。10GBの高速データ通信でも2250円/月と安く、データSIMにSMSのみ追加すると120円/月、SMS+音声通話なら700円/月の加算がされます。

 

楽天モバイルのおすすめポインとして

  • 通話料の1%が楽天スーパーポイントとして還元される
  • 楽天市場での買い物でもポイントが+1倍になる
  • 楽天会員なら会員情報をそのまま楽天モバイルの契約に利用出来る

という便利さもあります。

 

 

ページの一番上に戻る

 

楽天モバイルでiPhoneを使うには

楽天モバイルでも端末は用意されていますが、iPhoneは売られていません。楽天モバイルでiPhoneを使う方法は、今使っているもののSIMカードを入れ替えるか、新しくiPhoneを買うことになります。格安SIMを使ったことがない人は「SIMとスマホはセットで買うもの」と思いがちですが、今はSIMカードのみの購入もできます

 

キャリアで販売していた白ロム端末やSIMフリー端末を利用しますが、購入する際はSIMロック解除条件などもしっかり確認してください。SIMカードを購入したら、SIMトレイを開いてSIMカードを差し替えれば楽天モバイルのスマホとして使えます。

 

また、SIMカードを取り出すときはiPhoneの電源を切ってからにしてください。SIMカードがうまく挿さっていない、トレイから少しずれているといった場合もうまく認識されないので丁寧にSIMカードをセットしましょう。また端末によっては利用できるSIMカードサイズが違いますので契約前によく確認してください。

 

ネット接続のためには面倒なAPN設定というものもありますがiPhoneの場合は必要な構成プロファイルをダウンロードすればそれでOKです。詳しい手続き方法はこちらのページで解説していますので参考になさってください。
 ⇒ iPhoneの場合の初期設定手順を解説

 

楽天モバイルはドコモ系回線を使っていることからSIMフリーiPhone以外にもdocomo版iPhoneであればSIMロックを解除せずに使えます。楽天モバイルが公式サイトで動作確認を公表しているのは

 

  • iPhone5s以降のSIMフリーiPhone
  • iPhone6以降のdocomo版iPhone

 

のみですが、iPhone6以降であればau版やSoftBank版のiPhoneも使えます。ただその2社のiPhoneを使う際は事前のSIMロック解除手続きを忘れずに行いましょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

SIMフリー≠すべての会社で使える だった理由とVoLTEを少し解説

 

実は、スマホにはSIMロックの他に通信方式や周波数帯の制限もあります。そのため、3大キャリアで唯一異なるau系端末は、docomo系の格安SIMで使えませんでした。この通信方式の違いは3G通信についてのものですが、音声通話は未だに3G回線を使っているので「データ通信は出来ても通話はできない」という事態が起きるわけです。

 

ちなみに、データ通信は3大キャリア共にLTEを使っています。しかしVoLTEという技術が導入されたことで音声通話もLTEで行う端末が出てきました。iPhoneもiPhone6以降はVoLTEが使えるのでauやSoftBank版のiPhoneでも使えるようになりました。VoLTEの導入により音質が向上し混雑時のタイムラグも起きづらくなりました。

 

 

楽天モバイルに乗り換えるなら買取りも利用しよう

もし、楽天モバイルへの変更を機にiPhoneに買い替えるのなら、これまで使っていた携帯電話は楽天買取を利用して買い取ってもらうのがおすすめです。楽天買取では楽天モバイル契約者向けに対象端末の買取で還元キャンペーンを行っています

 

  • Androidスマホ買い取りで3000ポイント
  • iPhoneも5sなら3000ポイント
  • 6以降は4000ポイント

※1ポイント1円相当で、楽天市場内での買い物に利用出来ます。

 

楽天モバイルの買い取りの注意点

  1. 楽天モバイル契約「前」に公式サイトからエントリー
  2. 楽天モバイルを契約
  3. それから楽天買取の買い取りサービスに申し込み

という手順が必要です。もちろん、通常利用と同じく査定金額の1%もポイント還元されます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

SIMフリーiPhoneはどこで買えるの?

スマホと言えば各スマホ会社のショップで買うのが普通でした。確かにスマホメーカーには富士通やソニー、Panasonicなどがありますが、わざわざメーカーで買うことはありませんよね。それに、3大キャリアのiPhoneはそれぞれのSIMロックがかかっているため、そもそもSIMフリーではありません。SIMフリーiPhoneはどこで買うのでしょうか?

 

 

SIMフリーiPhoneはApple Storeで購入できます

SIMフリーiPhoneはApple Storeで購入できます。他にもキャリア向けiPhoneをApple Storeで購入することも可能です。また、iPhoneの購入はApple Storeの公式サイトでも可能なのでApple Storeが近くにないという人も購入できます。

 

Apple Storeの店頭で購入するならアップルのスタッフがアプリのダウンロード方法や使い方などの説明をしてくれる点が魅力的ですね。「スマホは新品が一番!」という人にとっても正規販売店での購入がおすすめです。

 

 

ページの一番上に戻る

 

Apple Store以外で購入するなら?

また、iPhoneは人気機種なので中古でも多く出回っています。中古のiPhoneは新品の6〜7割程度で売られているものが多く、劣化があるものや表面が傷ついているものほど安くなっています

 

iPhoneを買う選択肢は中古屋さんかオークションです。ヤフオク相場に限らず、だいたいどこのオークションも似たようなものなので利用しやすいオークションの状況を見ながら決めるといいでしょう。「○○GBヤフオク相場」などのキーワードで検索するとその時のiPhoneの目的の容量の相場を比較できます。

 

iPhoneを中古で購入するときもSIMフリーiPhoneかドコモ版iPhoneがおすすめです。なぜなら、auやSoftBank版のiPhoneは「SIMロックが外されていない」こともあるからです。

 

中古で購入する場合の注意点

  • SoftBankのSIMロック解除条件は、解約から90日後かつ本人限定
  • auは購入から180日後であれば本人以外も可能だが、SIMロック解除手数料がかかる
  • docomo版やSIMフリー版のiPhoneであっても「アクティベーションロックがかかっている」ことがある

 

特にオークションの場合は、出品者がSIMロックと同様に解除し忘れていることがあります。そのため出品者と余計なやり取りをすることもあります。アクティベーションロックとはIDとパスワードを入れないと利用開始できないようにするものです

 

さらに、オークションの場合は端末が赤ロムであることも考えられます。赤ロムとはスマホの分割払いを放置したために機能が停止させられているものです。新品なのにやたら安い値段で売られていたら危険です。赤ロムであるかどうかの確認は、各大手キャリアのサイトから行うことができます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

海外版iPhoneって使えるの?

SIMフリーiPhoneについて調べていると「海外版iPhoneが格安」という情報もあります。たしかに、海外版iPhoneは国内のものに比べて安めです。しかし周波数帯が異なるため、国内での使用が確かではない、楽天モバイルで使えるかもわからないといった注意点があります。また、わが国では技適マークのないスマホを使えないため、この点も確認する必要があります。

 

一応、海外のiPhoneはシャッター音がならないというメリットがありますが、その恩恵を受ける人は非常に少ないと思います。

 

 

ページの一番上に戻る

 

楽天モバイルでiPhoneを使うなら知っておきたいこと

ここまで、楽天モバイルでiPhoneを使うための基礎をご紹介しました。

 

楽天モバイルの音声通話SIMを利用する時に5分以内なら何度でも無料でかけ放題になるオプションがあります。ただ5分以上だと通話料金が高くなるので注意が必要です。これまで大手キャリアのかけ放題のつもりで電話をしていると月額利用料金が跳ね上がる場合もあるので、あなたのライフスタイルに合わせてプランはよく検討しましょう。

 

この後は、その他の楽天モバイルでiPhoneを使う上で知っておくべきポイントをお伝えします。

 

 

データ移行サービスは使えない

楽天モバイルにはデータ移行をしてくれるサービスが設けられています。これは極度の初心者しか使わない制度ですが、「端末と同時契約した人」限定です。つまり、iPhoneでデータ移行サービスを利用することはできません。

 

ただ、楽天モバイルでも他の業者でもこのようなサービスは価格が高いのでスマホの基本操作で困ったときは家族や友人を頼ることです。

 

 

ページの一番上に戻る

 

SIMロック解除を自分でやるのは大変

もし、オークションで購入したau版・ソフトバンク版のiPhoneがSIMロック解除されていなかった場合は、出品者に連絡します。それでも対応してくれない場合は自分でSIMロックアダプター(1000〜2000円程度)を使うしかありません。これは非公式のツールのため上手くいくとは限りませんし、失敗すると端末に悪影響が出ます。

 

やはり、楽天モバイルでiPhoneを使うなら、SIMフリー版iPhoneがおすすめです。SIMフリーなら楽天モバイルから他の格安スマホに乗り換える時にも使い続けられます。楽天モバイルに乗り換える時に必要なMNP予約番号の取得方法やどのような本人確認書類があるのかや、テザリングについては別ページで詳しく解説しています。

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

 

関連ページ

LINE
楽天モバイルAPN設定解説 iPhone編
中古購入時の注意点
楽天モバイルではSIMフリーおよびdocomoのiPhoneを利用できます。SIMロックを解除すればauやソフトバンクのiPhoneも利用可能です。インターネットに接続できない場合はデータ通信のON・OFFで問題が解消する可能性があります。
買い取り
楽天モバイルではSIMフリーおよびdocomoのiPhoneを利用できます。SIMロックを解除すればauやソフトバンクのiPhoneも利用可能です。インターネットに接続できない場合はデータ通信のON・OFFで問題が解消する可能性があります。
データ移行
auと比較
auユーザーが楽天モバイルに乗り換えるとiPhoneを安く利用できるようになる可能性があります。データ定額5を契約しているなら乗り換えで料金が数万円安くなります。ただしauのiPhoneは楽天モバイルで利用できない場合があります。
ソフトバンクと比較
ソフトバンクユーザーがiPhoneを利用する場合、楽天モバイルに乗り換えた方が料金を安く抑えられる可能性があります。ただしソフトバンク版のiPhoneは2015年5月1日以降に発売されたモデルでなければ楽天モバイルで利用できません。
テザリング
楽天モバイルVSドコモ iPhoneXを使うならどっち?2年間の料金比較
楽天モバイルならdocomoよりも安価にiPhoneを利用できます。内容の近いプランなら2年間で5万円ほど出費に差が生まれます。ただし音声通話を多用する場合はdocomoのカケホーダイを利用した方が安くつく可能性があります。
iPhone5/iPhone5S
SIMフリー版のiPhone5とSIMフリー・ドコモ版のiPhone5sは楽天モバイルの端末として利用できます。新たに購入する場合は中古を探す必要があります。iPhone5はアップデートの対応期間終了が近い可能性があるので要注意です。
楽天モバイルセット販売のiPhone SE、6s/6sPlus 価格と月額料金は?
楽天モバイルの整備済iPhoneは”ほぼ”新品?断言できる2つのワケ
iPhone4・4s
iPhone4や4sは楽天モバイルの端末として利用できません。iPhone4・4sを所有している方が楽天モバイルを利用するには端末を購入する必要があります。新品ならiPhone7かSE、中古で購入するならiPhone6がおすすめです。
iPhoneユーザーの口コミ
楽天モバイルでiPhoneを運用しているユーザーの口コミを見ると「30Mbps程度の通信速度は出ている」という意見が見られます。一方昼間や夜間は速度が低下するという口コミもあります。料金についてはおおむね好評です。
ios
iOSをアップデートするとiPhoneに不具合が発生する場合があります。バッテリーが急速に減ったり操作に反応しなくなったりと不具合の症状はさまざまです。楽天モバイルはiOSのアップデートに素早く対応しています。
iPhoneSE
楽天モバイルはiPhoneSEの利用に対応しています。利用できるのはSIMフリー版とdocomo版です。au版とソフトバンク版はSIMロックを解除しなければ使えません。新品のiPhoneSEを利用するには別途購入が必要です。
iPhone7
iPhone7とiPhone7Plusは楽天モバイルの端末として利用できます。動作が確認されているのはSIMフリー版とドコモ版です。楽天モバイルなら、どちらのiPhone7シリーズもキャリアと比べて安価に利用できます。