やさしく解説!楽天モバイルの本人確認書類、提出方法

楽天モバイルをネットで申込むと、契約手続きの最後に本人確認書類の提出を行うことになります。初めて格安スマホを申込む方は、書類の提出方法がわからずに迷ってしまうかもしれませんね。

 

でもご安心を!このページを読めば、ネットを通じた本人確認書類提出に必要な情報を収集できますよ。提出する書類の種類や、具体的な提出手順までアップロード作業についても詳しく契約方法をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 


目 次

  1. 本人確認の必要書類に関する注意点
  2. 1-1.運転免許証
    1-2.運転経歴証明書
    1-3.健康保険証
    1-4.日本国パスポート
    1-5.住民基本台帳カード
    1-6.身体障がい者手帳
    1-7.精神障がい者保健福祉手帳
    1-8.特別永住者証明書
    1-9.外国人登録証明書
    1-10.在留カード

    1-11.補助書類

  3. 手続きは面倒?何分くらいかかる?
  4. 手続きの時間日数はどのくらいかかる?
  5. 本人確認の流れ、アップロード方法
  6. 4-1.本人確認の全体的な流れ

    4-2.WEBでの書類提出が難しいと感じたら

  7. まとめ

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

本人確認の必要書類に関する注意点

楽天モバイルの本人確認に使用できる書類を最初に確認しましょう。以下にご紹介する書類のいずれか1つを用意できれば、問題なく楽天モバイルを契約できます。なお、本人確認はカメラで撮影したデジタル写真やスキャンした画像データの画像アップロードによる提出で完了するので、原本を楽天モバイルに郵送する必要もありません。

 

共通した注意事項

  • 写真を含め鮮明な画像であること
  • 有効期限内のものであること
  • 申込時に記載したものと同じ氏名・住所・生年月日であること

 

運転免許証

自動車や自動二輪車の運転免許証】は、本人確認書類としてよく利用されています。楽天モバイルに申込みをした内容と同じ氏名、住所、生年月日が記載された運転免許証であれば、本人確認書類として提出することが出来ます。

 

ただし、書類を提出する際は、運転免許証の有効期限にご注意ください。期限切れとなった免許証では、本人確認書類として認められません。また、運転免許証の画像は、顔写真や公安印が鮮明に写っているものを用意しましょう。免許裏面の画像も必要なので、こちらも写りが鮮明なものを用意してください。

 

 

運転経歴証明書

運転免許証を返還している方は、【運転経歴証明書】を楽天モバイルの本人確認書類として提出できます。運転経歴証明書は、運転免許証の返納を行った日から5年以内であれば取得可能です。

 

提出する画像は、前述の運転免許証と同様に写りが鮮明なものを用意してください。証明書に記載された氏名や住所、生年月日が、楽天モバイルのネット申し込み時に入力した内容と一致しているかどうかも確認しておきましょう。証明書裏面の画像を用意することもお忘れなく。

 

 

健康保険証

健康保険証】も、楽天モバイルの申し込み手続きの際に入力した内容と同一の住所氏名が記載されているものなら本人確認書類として提出できます。ただし、健康保険証を本人確認書類とする場合は、後述する補助書類の同時提出が必要となるのでご注意ください。(※補助書類

 

また、健康保険証がカードタイプである場合は、住所が裏面に記載されていることを確認してから提出しましょう。被扶養者に該当する方は、保険証全体の画像とともに、ご自身の氏名が記載された箇所の画像を提出してください。

 

 

日本国パスポート

日本で発行したパスポート】も、本人確認書類として利用できます。ただし、有効期限が切れたパスポートは、本人確認書類として認められません。パスポートに記載された住所氏名および生年月日が楽天モバイル申込み時に入力した内容と一致しない場合も、書類不備とみなされます。また、パスポートを本人確認書類とする際は、所持人記入欄に住所や氏名が記載されていることを確認してから提出を行ってください。

 

 

住民基本台帳カード

住民基本台帳カード】も、楽天モバイル申込時の本人確認書類として利用できます。住所のある市区町村で交付が受けられるので、ここまでにあげた書類をお持ちでない方は役所で交付を受けるとよいでしょう。

 

ただし、本人の写真が付いたカードでなければ、楽天モバイルの本人確認書類として利用できません。また、有効期限が切れている場合や、記載された住所氏名、生年月日が楽天モバイルに申込んだ内容と一致しない場合も、本人確認書類として不適当とみなされます。住民基本台帳カードを本人確認書類とする際は、これらの点に注意してください。

 

 

身体障がい者手帳

身体障がい者手帳】をお持ちであれば、本人確認書類として提出できます。ただし、やはり有効期限には注意が必要です。期限切れとなっている場合は、更新したうえで提出を行ってください。

 

手帳に記載された住所氏名や生年月日が、楽天モバイルの申込内容と一致していることも提出前に確認しましょう。もし、身体障がい者手帳に住所の記載がない場合は、後述する補助書類も用意してください。(※補助書類

 

 

精神障がい者保健福祉手帳

精神障がい者保健福祉手帳】も、楽天モバイルの本人確認書類として使用できます。楽天モバイル申込時に入力した住所、氏名、生年月日と、手帳に記載された内容が一致することをご確認のうえ提出してください。なお、有効期限が切れた精神障がい者保健福祉手帳は、本人確認書類として認められません。

 

特別永住者証明書

特別永住者に該当する方は【特別永住者証明書】を楽天モバイルの本人確認書類として提出できます。書類を提出する際は、証明書の表面だけでなく裏面の画像も用意してください。住所氏名および生年月日や、有効期限についての注意点は、ここまでにご紹介した書類と同じです。

 

 

外国人登録証明書

中長期在留者に該当する方は、【外国人登録証明書】を楽天モバイルの本人確認書類として利用できます。書類を提出する際の注意事項は、特別永住者証明書とほぼ同様です。

 

ただし、証明書に記載された在留期間が分割払い契約期間より早く終了する場合は、分割払いを利用できない可能性があるのでご注意ください。

 

 

在留カード

外国人登録証明書からの切替えで入手できる【在留カード】も、本人確認書類として使用できます。書類提出時の注意点は、外国人登録証明書と同じです。

 

 

補助書類

上記本人確認書類の中には、提出時に補助書類が必要となるものがあります。補助書類として利用できる書類は、以下3つのいずれかです。

 

  • 公共料金領収書(電気、都市ガス、水道のいずれか)
  • 住民票(3ヶ月以内に発行されたもの・本籍地は隠して提出する)
  • 届出避難場所証明書(3ヶ月以内に発行されたもの)

 

どの書類を補助書類とする場合も、記載された氏名および住所などの個人情報が楽天モバイルの申込内容と同じでなければ無効となるのでご注意ください

 

 

ページの一番上に戻る

 

手続きは面倒?何分くらいかかる?

先にも少し触れましたが、楽天モバイルの本人確認書類提出は画像データを送信する形で行います。こうした方式での書類提出を行った経験のない方なら、手続きが面倒に思うかもしれませんね。また、毎日を忙しく過ごしている方であれば、書類提出にかかる時間も気になるところでしょう。

 

しかし、心配することはありません。楽天モバイルの本人確認書類提出は、わずか数分で完了します。ゆっくり作業しても、10分もあれば提出を終えることができますよ。

 

なお、書類のアップロードは、パソコンだけでなくスマホ端末で行うことも可能です。書類提出専用ページの操作方法は、とても簡単!後ほどご紹介する手順を守れば、迷うことなく提出完了までたどり着けるはずです。

 

 

ページの一番上に戻る

 

手続きの時間日数はどのくらいかかる?

前節で述べたように、本人確認書類のアップロードは数分で完了します。では、手続き全体が完了するまでには、どのくらいの時間あるいは日数がかかるのでしょうか。MNP手続きを行う際はMNP予約番号に有効期限があるので、本人確認に要する時間は気になるところですね。

 

タイミングにもよりますが、書類のアップロードから手続き完了までにかかる設定時間は、おおむね8時間〜10時間程度です。ただし、夜に本人確認書類を提出すると、手続き完了が翌日になる場合があるのでご注意ください。

 

 

ページの一番上に戻る

 

本人確認の流れ、アップロード方法

楽天モバイルお申込み時に行われる本人確認の流れと、申し込み画面での書類アップロード方法をご紹介します。

 

本人確認の全体的な流れ

まずは、本人確認の申し込み方法の全体的な流れを見てみましょう。

 

本人確認の全体的な流れ

  1. 楽天モバイル申込後に「本人確認書類提出のお願い」と題したメールが届く
  2.  

  3. 本人確認書類のアップロードを行う
  4.  

  5. 書類の受領を知らせるメールが届く
  6.  

  7. 「楽天モバイルお申し込み状況ご確認ページのご案内」メールが届く
  8.  

  9. 「本人確認書類お手続き完了のご連絡」メールが届く

本人確認手続きの進捗状況は、「楽天モバイルお申し込み状況ご確認ページ」で確認できます。申し込み完了までの手続きが遅いと感じた場合は、ページをチェックしてくださいネ。

 

では次に、パソコンから本人確認書類を提出する方法を見てみましょう。実際に本人確認書類を提出した際のレビューを交えつつ手順をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

パソコンから本人確認書類を提出する方法

  1. 楽天モバイルの申込みが完了すると、「本人確認書類提出のお願い」メールが届きます。今回の申込みでは、約15分後にメールが届きました。
  2.  

  3. メールに記載された「本人確認書類提出アップロード」をクリックします。
  4.  

  5. アップロードページが開くので、メールに記載されていたログインIDとパスワードを入力。続いて「Log in」をクリックします。
  6.  

  7. 次に、本人確認書類の種類を選択します。今回は運転免許証を選びました。
  8.  

  9. 画面に確認事項や「ファイルを選択」と書かれたボタンなどが表示されます。
  10.  

  11. 今回は事前に免許証の両面を撮影していたので、「ファイルを選択」をクリックして写真をアップロードしました。
  12.  

  13. 続いて、運転免許証の氏名住所変更の有無を確認します。今回は変更がなかったので、「特に変更はない」のラジオボタンをクリックしました。
  14.  

  15. プライバシーポリシーをひととおり読んで、「同意する」にチェックを入れます。
  16.  

  17. 最後に「アップロードする」をクリックすると、データを受領した旨が表示されて本人確認書類提出は完了です。

筆者の場合、本人確認書類提出手続きにかかった時間は5分程度でした。ちなみにスマートフォンで書類を提出する場合も、アップロードの設定方法手順は上記とほぼ同様です。スマホならアップロード時に直接カメラで撮影できるので、事前に画像を用意する手間が省けますよ。

 

なお、提出した書類に不備があった場合は、本人確認書類の再提出を案内するメールが届きます。メールには再提出が必要だと判断した理由が記載されているので、内容を確認してください。申込内容と提出書類の記載内容が一致していなかった場合は、以下の手順で修正を行えます。

 

本人確認書類の再提出方法

  1. 再提出の案内メール上で「ログインページはこちら」を選択
  2.  

  3. ログインIDとパスワードを入力する
  4.  

  5. 申込画面が表示されるので、本人確認書類と内容が一致するように項目を修正する
  6.  

  7. 修正が完了したら、「入力内容を確認する」を選択
  8.  

  9. 表示された入力内容に誤りがなければ、「ご本人確認書類の種類を選択してください」と書かれた欄で再提出する書類の種類を選択する
  10.  

  11. .書類のアップロードを行う

再提出時の書類のアップロード方法は、最初にアップロードを行ったときと同じです。もし、何度修正しても本人確認が完了しない場合は、楽天モバイルカスタマーセンターに問い合わせを行ってみてください。

 

楽天モバイルカスタマーセンター

  • 電話番号 0800-600-0000
  • 受付時間 午前9:00〜午後18:00

 

WEBでの書類提出が難しいと感じたら

ここまでの内容を読んで、ネットを通じた本人確認書類の提出が難しそうだと感じる方もいるかもしれませんね。そう感じる方は、楽天モバイルショップでの乗り換えを検討してみてください。ショップ店頭での契約なら、本人確認書類の提出も店員にコピーをとってもらうだけで完了しますよ。

 

 

ページの一番上に戻る

 

まとめ

難しそうに見えるWEBでの本人確認書類提出も、実際に行うとあっけなく完了します。楽天モバイルのウェブサイトはとてもわかりやすく作られているので、特に迷うところもなく手続きできることでしょう。ぜひ本文の内容を参考にして、本人確認書類提出にチャレンジして格安SIMデビューをしてください。

 

 

楽天モバイル 公式サイトはコチラ

楽天モバイルの詳しい解説はコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

関連ページ

ドコモから
ドコモでMNP予約番号を取得する方法】を詳しく解説します。ドコモが用意しているMNP予約番号取得方法は、全部で3種類。本ページに目を通せば、各予約番号取得方法の特徴や注意点を一気に理解できます
ソフトバンク
ワイモバイル
データ移行
楽天モバイルへのデータ移行は自分で行う必要があります。電話帳や写真、動画などの基本的なデータは問題なく楽天モバイルに移行できます。移行方法にはアプリを使った方法やクラウドストレージを使った方法などがあります。