もしもシークスの評判は?

もしもシークスの挑戦!評判の通話し放題&iPhoneセット売り

2014年末から始まった格安スマホ、MVNOサービス「もしもシークス」。ベンチャー企業のエックスモバイルが展開する、ピリッとセンスのあるサービスを提供しています。大きな企業がほぼ価格・サービスで横並びになる中の注目株です。

 

何が違うか?大きく分けて「通話し放題・iPhoneセット販売」です!この2つは大手MVNO各社がやるやるといいながらなかなかできなかった分野・・・小回りの利く企業だからこそできた、もしシークスの格安スマホのポイントを解説します!

 

 

もしもシークス 公式サイトはコチラ

もしもシークス通話し放題は安い?ワイモバイルと比較すると・・・

少し前までのもしもシークスは途上国へ1%寄付するというぐらいでほとんど特徴がありませんでした。しかし、2015年夏に大手3社、ワイモバイルにつぎ「通話し放題」プランを発表しました。これはMVNO・格安スマホの中では初の試みです。ニフモが6月にサービス開始するとしながら、今だに実現しない鬼門のサービスです。

 

 

 

電波は他のMVNOと同じくドコモを借り受けているので、エリアやつながりやすさは問題なし!問題は価格・・・ ドコモを例にとるとスマホの5GBプラン・通話し放題だと通常8,000円ほどかかります。もしもシークスの通話し放題プランはいくら?

 

 

 

高速データ通信が7GBついて、通話し放題で2,980円!かなりのローコストで利用できます。問題は「純粋な通話し放題」ではないところ・・・上記の「あんしんコース」の場合、月に30回で1通話5分までという制限付きです。これで思い出すのが「ワイモバイルの通話し放題プラン」。

 

なんだか複雑・・・><。そこでスッキリ理解するために3社の比較表を作ってみました。《 もしもシークス・楽天モバイル・ワイモバイル 》なぜこの3社にしたかというと、3社とも通話料金に特徴があるからです。

 

もしもシークスとワイモバイルはちょっと制限付きの通話し放題。楽天モバイルは格安スマホは通常30秒/20円かかる通話料金が、楽天でんわを利用すれば通常の電話番号発信でも半額になります。通話料金サービスに特徴のある3社を比較してみるともしもシークスのサービスの強みがよくわかります。

 

 

楽天モバイル

もしもシークス

ワイモバイル

元回線

ドコモ

ドコモ

ソフトバンク系

通話料金

楽天でんわ利用で

30秒/10円

各プランに通話料コミ

各プランに通話料コミ

容量別 月額料金 1GB 

なし

1,980円

1回3分・1ヶ月30回迄

2,980円

3GB 

1,600円

なし

3,980円

7GB 

なし

2,980円

1回5分・1ヶ月30回迄

5,980円

7GB 

なし

3,980円

1回10分・1ヶ月100回

上記全プラン

1回10分・1ヶ月300回

25か月後の料金アップ

なし

なし

各プラン1,000円アップ

容量越え制限時速度

200kbps

200kbps

128kbps

コメント

半額通話の楽天でんわをつかっても、1日3分、月10回かけると通話料金だけで600円加算で最低でも2,200円に・・・ 1回の通話が下位プラン2つは1回の通話が3分と5分。1ヶ月30回までの制限・・・。家族や友人にはLINEなどで連絡し、ちょっとした電話を無料にしておきたい場合にはコスパを発揮! 大手3社には及ばずも、1回10分、月300回までと通話し放題の内容が充実。制限時の速度と、2年後は割引が終わり各プランが1,000円上がるのがネック・・・

各社公式HP

 

まず楽天モバイルを見てみると3GBプランの通信費だけのプランで、1,600円かかります。通話料金は通常の半額ですが、もしもシークスの基本プランの1回3分で10回通話したとしたら既に600円かかり合計2,200円に。たまにしか電話はかけない。家族友人はLINEで十分という方には以前お勧めのMVNOです。

 

でも、通話を頻繁にかける方は《もしもシークスvsワイモバイル》の一騎打ちになります!7GBのもしもシークス3,980円プランと、ワイモバイルの5,980円プランで比較すると、2,000円の差がありながらも、もしもシークスも1回10分かけられ月に100回の通話をすることができます。ワイモバイルは月に300回かけられる、という所だけが違います。

 

でも、月に100回・1回10分かけられれば十分という方には3,980円ですべてコミコミのこのプランはピカイチです!

 

 

もしもシークス 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

MVNOのどこも手を付けなかった禁断のiPhoneセット販売!

もしもシークスのもう一つの特徴は大手MVNOが手を付けなかった機種端末の提供です!ズバリ「iPhone6・plus」の提供です。

 

もちろん、AppleストアなどでSIMフリー版を購入して格安SIM入れれば使えるのですが、もしもシークスは未使用品のアウトレットを仕入れて2万円引きで回線とセット販売してくれます。

 

iPhoneは今までドコモ、ソフトバンク、auしか回線とのセット購入ができませんでした。しかし「アウトレット未使用品の仕入れ」で、割引価格で初期設定もして届けてくれます。

 

 

 

期間限定価格とうたっていますが、仕入元がアウトレット未使用品なので恐らく提供している限りは通常よりも安く購入させてくれると思います。

 

ただ端末だけの購入はできません。もしもシークスさんも回線利用者を増やすための恐らく赤字戦略だと思います。アイフォンが安く使えるMVNOは貴重です!他にもこんな機種も提供しています・・・

 

BlackBerry!キーボードが付いた根強い人気のある、あの機種が日本語対応で扱ってくれるようになりました!

 

今使ってる人ってほとんどいないですよね。iPhone一辺倒の中、ブラックベリーをサッと取り出すだけでちょっと個性的で楽しいですね。

 

輸入して使うのは怖いけど、もしもシークスならサポート付きで利用できるので安心です。

 

 

もしもシークス 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

そもそも「もしもシークス」って大丈夫?不安なんだけど・・・

通話し放題のスマホは大手だと8,000円、ワイモバイルでも5,980円、もしもシークスは3,980円!iPhoneも安く手に入れて面倒な設定は行ってくれるMVNO、エックスモバイル。

 

是非お勧めします・・・と言いたいところですが、気になるのがそれほどメジャーではない会社だということ。正直「大丈夫なの?」とちょっと心配になる方もおられるのでは?

 

「もしもシークスって大丈夫?」はこの3ポイントで考える!
1、代理店制度を大規模に取り入れた本気の経営方針
2、利用電波はドコモで安心な通話品質
3、そもそも電話会社は乗り換えができる!

 

多くのMVNOはネット通販完結で無店舗経営の方針です。あっても主要都市で数件程度・・・しかし、もしもシークスは代理店制度を積極的に展開して全国規模で実際の店舗展開を始めています。

 

しかも、加盟金に400万円が必要できちんとした法人しか参画できないようにしています。確かに大手MVNOではありませんがエックスモバイルは小回りを利かせながら着実に拡大展開していくと思われます。

 

電波の品質は楽天モバイルやOCNモバイルONE、ビッグローブと同じ「ドコモの電波」を借り受けています。もちろん速度などは管理体制により若干の差はでますが、つながりやすさや通話品質はドコモのそれを利用していると思って差異のない品質です。

 

最後に、「もしも、もしも・・・もしもシークスが倒産した・・・」なんてことがあったとしたらどうなるか?ハッキリいって問題ありません。総務省が管轄している電波事業ですからもしつぶれてしまっても、MNPで転出することはできます。ただ乗り換えればいいだけです。

 

もし、「通話はそこそこすることが多いけどワイモバイルはちょっと高いんじゃ?」なんて思っていたなら、もしもシークスはお勧めMVNOです。検討の余地ありですネ。よかったら公式HPで詳細をチェックしてみてください!

 

 

もしもシークス 公式サイトはコチラ

 

 

 

 

ページの一番上に戻る