LINEモバイルのテザリングは超ハイスペック!接続先端末もカウントフリー - 格安スマホ辞典

 

外出先でもパソコンやタブレットでインターネットができるようになる「テザリング」は、LINEモバイルでももちろん無料で使えます。しかもLINEモバイルならテザリング時にも「カウントフリー」が適用されるのでLINEやSNSが使い放題になる、というすごいメリットがあります。

 

LINEモバイルを契約するなら、このメリットを生かさないともったいない!というわけで、この記事ではLINEモバイルのテザリングの特徴や使い方、注意点について詳しく解説します。

 


目 次

  1. LINEモバイルは無料でテザリングが可能

    1-1. テザリング時もカウントフリーは有効
    1-2. テザリング不可の端末があるので注意

  2. テザリングをする方法

    2-1.iPhoneのテザリング設定
    2-2. Androidのテザリング設定

  3. LINEモバイルでテザリングをした際の通信速度は?
  4. データ通信の使いすぎに注意
  5. まとめ

 

 

LINEモバイル 公式サイトはコチラ

 

 

LINEモバイルは無料でテザリングが可能

「テザリング」とは、スマホをアクセスポイントにしてパソコンやタブレット、ゲーム機などの通信機器をインターネットに接続する機能です。

 

LINEモバイルでは、テザリングが無料、しかも申し込みは不要で使うことができます。LINEモバイルのスマホさえあればどこでもインターネットが使えるようになるので、外出先でパソコンやタブレットをインターネットに接続したいときに便利です。

 

ちなみに大手キャリアでもテザリングは使えますが、auとソフトバンクの場合は別途テザリングオプションの申し込みが必要で、しかも月額料金が500円かかってしまいます。(現在、auもソフトバンクも2018年3月末までテザリングオプション無料キャンペーンを実施していますが、その後どうなるかは分かりません)

 

※ ドコモの場合、テザリングは無料で申し込みも必要ありません。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

テザリング時もカウントフリーは有効

LINEモバイル最大の特徴が「カウントフリー」です。カウントフリーとは、対象となるサービスをどれだけ使ってもデータ通信がカウントされないので、データ容量の残りを気にせず使い放題になるサービスです。

 

LINEモバイルでは、500円〜利用できるLINEフリープランを含め全プランでLINEアプリがカウントフリー対象です。

 

さらにコミュニケーションフリープランではTwitter、Facebook、インスタグラムが、MUSIC+プランでは上記4つのSNSに加えてLINE MUSICがカウントフリーの対象になっています。

 

このLINEモバイルのカウントフリーは、なんとテザリングの通信でも適用されます。つまりLINEモバイルのスマホでテザリングしてインターネットに接続しているパソコンやタブレットでも、LINEやSNSが使い放題になる、ということです。

 

パソコンやタブレットでもLINEを利用している方なら、LINEモバイルのスマホでテザリングをしてインターネットに接続すれば、LINEのメッセージはもちろん、LINEの無料通話やビデオ通話を利用してもデータ容量は消費しません。

 

オプション料金不要なのに、テザリング先の端末でもカウントフリーが適用されるなんて超お得、信じられないような話ですが、ちゃんとLINEモバイル公式ブログでも以下のように紹介されています▼

 

テザリングは他の格安SIMでもできますし、SNSがカウントフリーになるMVNOも他にいくつかありますが、管理人が調べたところ2017年10月現在テザリング時にもLINEが使い放題になるのはLINEモバイルだけです。さすがLINEの格安スマホ、これはLINEモバイルの強みですね!

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

テザリング不可の端末があるので注意

LINEモバイルのテザリングはすべての端末で出来るわけではないので注意が必要です。LINEモバイルでテザリングを使いたい場合は、テザリングができる端末を利用するようにしてください。

 

LINEモバイルでテザリングができる端末は以下の3種類です。

  • ドコモおよびSIMフリーのiPhone
  • SIMロック解除をしたauまたはソフトバンクのiPhone
  • SIMフリーのAndroid端末

 

iPhoneではすべてのキャリアおよびSIMフリーのものでテザリングができます。ただし、auおよびソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除が必要です。Android端末の場合は、SIMフリー版のみテザリングが可能です。

 

 

一方、以下の端末はLINEモバイルでテザリングができません。

■キャリア版のAndroid端末

 

キャリア版のAndroid端末はテザリング機能がついていてもLINEモバイルではテザリングが利用できません

 

LINEモバイルではドコモの端末ならSIMカードを挿すだけでデータ通信や音声通話が可能ですが、テザリングは利用できないので気を付けましょう。SIMロックを解除しても、ドコモを含めてキャリア版のAndroid端末ではテザリングは利用できません

 

 

LINEモバイル 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

LINEモバイルでテザリングをする方法

LINEモバイルのスマホでテザリングを利用するためには、端末側でテザリングの設定をする必要があります。設定方法はOSごとに異なりますので、順番にご紹介します。(Wi-Fiテザリングの場合)

 

 

iPhoneのテザリング設定

iPhoneのテザリング設定は以下の通りです。

 

iPhone(iOS11)の場合

▼「設定」→「インターネット共有」の順にタップすると、テザリングの設定画面が表示されます。この画面で、「インターネット共有」をタップしてオンにしてください。

 

▼これで、iPhoneをアクセスポイントにしてテザリングができるようになります。テザリングをオンにすると、インターネット共有画面に、「ネットワーク名」と「パスワード」が表示されますので、接続する側の端末でこのネットワーク名を選択し、パスワードを入力すれば接続できます。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

Androidのテザリング設定

Androidの場合はメーカーによってOSがカスタマイズされているので設定方法が異なることがありますが、基本的には同じですので以下を参考にしてください。

 

Androidの場合

▼「設定」→「その他(無線とネットワーク)」→「テザリングとポータブルアクセスポイント」の順にタップすると、テザリングの設定画面が表示されます。この画面で、「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をタップしてオンにしてください。これでテザリング機能がオンになります。

 

▼次に「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」をタップすることで、ネットワーク名およびパスワードを設定できますので、iPhoneの時と同様に、接続する端末側で設定したネットワーク名を選択し、パスワードを入力すれば接続できます。

 

 

LINEモバイル 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

LINEモバイルでテザリングをした際の通信速度は?

テザリングを利用する際に気になるのが通信速度です。いくらテザリングでインターネットにつなげても、速度が遅くて使い物にならないのでは意味がありません。

 

そこで実際にLINEモバイルでテザリングを利用して、接続先の端末で通信速度を測ってみました。

 

【測定条件】

 

アクセスポイントにした端末LINEモバイルのSIMカードを挿入したHUAWEI P10 lite
接続した端末ZenFone 5
テザリング方法Wi-Fiテザリング
計測アプリOokla Speedtest.net
計測時間平日の午前9時56分

 

今回はSIMフリーのHUAWEI P10 liteにLINEモバイルのSIMカードを挿入し、Wi-FiテザリングでSIMフリーのZenFone 5を接続してZenFone 5上で通信速度を計測しました。計測したのは平日の午前9:56分です。

 

▼速度計測結果

 

アプリで速度を計測した結果、下りで31.73Mbpsというかなり早い速度が出ていることが分かりました。スマホでYouTubeの動画を見る場合は、通信速度が4Mbps出れば、超高画質の動画も止まることなく見られますので、31.73Mpsなんて、スマホには必要ないくらいの超高速です。

 

これだけ速度が出ていれば、パソコンの大画面でも“余裕”で超高画質の動画を楽しむことができます。テザリング時にもこれだけ速い通信速度が出るなら、家のインターネットをすべてLINEモバイルのテザリングでまとめてしまう、なんてことも可能かもしれません。(※ただし注意点あり、次の見出し参照)

 

実際にテザリング接続したZenFone 5を利用して閲覧、メールの送受信、ウェブ閲覧、動画視聴、ゲームのプレイを行ってみましたが、いずれもとても快適に行うことができました。

 

ただし、通信速度はLINEモバイルを利用する時間帯や場所によって変動します。とくに回線が混雑する昼時(12時〜13時)や夕方は速度が低下しますので気を付けましょう。それ以外の時間帯に関しては比較的速い速度で安定しているので、テザリングをしても快適にインターネットを楽しめました。

 

 

LINEモバイル 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

データ通信の使いすぎに注意

無料で使えて便利なLINEモバイルのテザリングですが、データ通信量を使いすぎないように注意が必要です。

 

テザリングでインターネットに接続すると当然データ通信量を消費しますが、月のデータ通信量をすべて使い切ると通信速度制限がかかり、月の終わりまで最高速度が200kbpsになってしまいます。

 

とくにLINEモバイルの場合、もっとも容量の大きいプランでも10GBしかありません。パソコンでテザリングを利用すると大容量のデータ通信を行うことがありますし、スマホやタブレットでも動画を視聴するとかなりのデータ通信量を消費します。とくにパソコンやタブレットの場合、画面が大きい分多くのデータ通信料を消費します。通信速度が速く快適だからといって、ついつい使いすぎてしまわないように気を付けてください。

 

ただしLINEモバイルは、LINEなどSNSのカウントフリーがあります。万一通信速度制限がかかってしまっても、カウントフリー対象サービスを利用する場合は通常時と変わらず速い通信速度で楽しむことができます。この点もLINEモバイルのいいところです。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

まとめ

LINEモバイルを契約すれば無料、オプション加入不要でだれでもテザリングが利用できます。しかもLINEモバイルの最大の特徴、「カウントフリー」はテザリングにも適用されますので、LINEやSNSが使い放題になるのがうれしいところです。

 

LINEモバイルは通信速度も速いので、複数の端末をつないだりパソコンを使ったりするのにもピッタリだと思います。それほどたくさんインターネットを利用しない方であれば、家のインターネットをすべてLINEモバイルのテザリングでまとめて通信料をぐっと安く抑える、なんてことも可能です。

 

ただし、速度制限がかからないように、使いすぎには注意してくださいね。

 

 

LINEモバイル 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る