LINEモバイルの価格と評判は?

LINEモバイル!使い放題&高還元P&低価格!口コミ評判は?

LINEモバイルが開始!注目を集めたカウントフリー機能が特徴の格安SIMサービス。格安スマホ辞典でも実際に申込んでチェックしてみることにしました。

 

LINEモバイルの評判や口コミはもう少ししないと信頼できるものは集まりません。でも、実際に使ってみて、速度やシステムをよく調べてみると評価できる点と気を付けなければならない点がはっきりわかりました。ラインモバイルは特徴のあるサービスなのでできる限りわかりやすく解説します!

 


目 次

  1. LINEモバイルとは?カウントフリーの魅力
  2. 1-1. 本当に使い放題ではないカウントフリー。それでもすごい理由

    1-2. 通話回線のかけ放題はなし

  3. LINEモバイルの料金やオプションの一覧表
  4. LINEモバイルの通信スピードは?実測した速度表
  5. LINEモバイルのメリット・デメリット
  6. 4-1. 良い点:高速通信の残量を気にせずSNSが使える
    4-2. 良い点:他のコミュニケーションフリープランと比べたコスパ
    4-3. 良い点:若い人、学生向けに価格とセキュリティの面で優しい
    4-4. 良い点:高速データ容量の追加購入に安い
    4-5. 良い点:付与されるLINEポイント還元率が他社を圧倒している
    4-6. 悪い点:オプションが少ない〜端末保証サービスがない
    4-7. 悪い点:学生には辛い?口座引落しがない>コンビニ対応で
    4-8. 悪い点:端末の支払いが一括払いしかない

    4-9. メリットとデメリットを比較してみたまとめ

  7. LINEモバイルで利用できる端末は?
  8. 5-1. SIMと一緒に新規購入できる端末リスト
    5-2. 今使っているiPhoneは利用できるか
    5-3. ドコモ・au・ソフトバンクの端末は利用できるか
    5-4. VoLTEやおサイフケータイには対応しているか
    5-5. iPhoneでLINEモバイルを利用する設定方法

    5-6. Android端末でLINEモバイルを利用する設定方法

  9. LINEモバイルはどんな人におすすめか

 

LINEモバイル 公式サイトはコチラ

 

 

LINEモバイルとは?カウントフリーの魅力

LINEモバイルの最大の特徴は「LINE使い放題」から始まった「SNSが無料になる」カウントフリープラン。

 

カウントフリープランとは

特定のアプリで高速データ容量を利用しても、1か月に契約した所定の高速データ容量にカウントされないように区別する仕組み。基本的には所定のアプリでどれだけ利用しても、契約の高速データ容量を消費しない仕組み。

 

ただアプリの中でカウントフリーになる機能とならない機能があったり、カウントフリーとはいっても1日に利用できる容量が決まっていることも・・・LINEモバイルのこのあたりの実情も以下で解説!

LINEモバイルにはカウントフリープランしかありません。このカウントフリーは今のところSNSの特定サービスを対象にしています。もちろん、検索やメール・YouTubeなども利用できますがカウント除外にはなりません。

 

カウントフリーでも2つのメインプランに分けられています。それは・・・

 

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン

 

この2つのプランの違いを最初に確認しておきましょう。

 

■LINEフリープランは・・・

 

その名の通り、LINEが使い放題になるプランです。プランの詳細は・・・

LINEフリープラン

  • データ専用タイプとデータSMS付きと通話付きタイプがある
  • 高速データ容量は1GBの一択
  • 月額500円からの目玉プラン

 

LINEに特化して利用するならばズバ抜けたコスパを発揮します!

 

 

■コミュニケーションフリープランは・・・

 

このプランはLINEだけでなく、「Twitter」「Facebook」「Instagram」も使い放題になるプランです。

 

コミュニケーションフリープラン

  • 通話付きタイプとデータSMS付プランのみでデータ専用プランはない
  • 高速データ容量は3GB・5GB・7GB・10GBから選べる
  • 通話回線付きで1,100円からのローコスト

 

スマホを利用する人の8割が利用しているというLINE/ツイッター/フェースブックにプラスしてインスタグラムも使い放題のまさにコミュニケーションし放題のプランです。

 

ページの一番上に戻る

 

 

本当に使い放題ではないカウントフリー。それでもすごい理由

上記のように特定のSNSアプリは使い放題・・・とうたっていますが、実は2つの制約があります。それは・・・

 

1:アプリのすべての機能が使い放題なわけではない

「どのアプリも高速データ通信で使い放題、カウントフリー」としていますがそうは簡単にはいかずいくつかの制約があります。以下をご覧ください。

 

●まず「LINEフリープラン」は・・・

 

LINEフリープランの制限

 

とあり、約款なども見てもう少し詳しく解説すると以下の表になります。

< LINEフリープラン >

カウントフリーの制限対象一覧

カウントフリー(使い放題)になるのは・・・

カウントフリーの対象外なのは・・・

【 トーク機能 】
・テキストや音声メッセーシ?の送受信
・スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信
・無料通話、ビデオ通話

 

【 タイムライン機能 】
・画面閲覧、投稿(画像、動画含む)

 

【 その他 】
・スタンプ、着せ替えのダウンロード
・アカウント設定に関わるご利用
・友だち一覧画面の表示、友だち追加
・「その他」画面の表示

・ライン内でのリンクをクリックした時に接続した外部リンクへの接続

 

・LINE LIVE 機能(ライブストリーミンクグ動画)

 

●次に「コミュニケーションフリープラン」は・・・

 

コミュニケーションフリープランの制限

 

※LINE制約は同内容のため上記の表を参照

< コミュニケーションフリープラン >

カウントフリーの制限対象一覧

カウントフリー(使い放題)になるのは・・・

カウントフリーの対象外なのは・・・

■ Twitter

・タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含む)
・「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
・メッセージ機能のご利用
・プロフィール編集

・Twitterのライブストリーミング動画(Periscope)の利用
・外部リンクへの接続
・外部サイトを埋め込む方法により再生される動画(YouTube なと?)

■ Facebook

・タイムライン/ニュースフィート?画面の表示・投稿(画像・動画含む)
・「リクエスト・お知らせ・その他」の画面表示
・プロフィール編集

・Facebook Live(Facebook上でのライブストリーミング動画)及びFacebookが提供するMessengerの利用
・外部リンクへの接続
・外部サイトを埋め込む方法により再生される動画(YouTube なと?)

■ Instagram

 ・タイムラインの画面表示・投稿(画像・動画含む)
 ・ストーリーの画面表示・投稿(画像・動画含む)
 ・検索画面での検索・検索結果表示(画像・動画含む)
 ・アクティビティの画面表示
 ・ダイレクトメッセージの利用
 ・プロフィールの編集

・外部リンクへの接続
・外部サイトを埋め込む方法により再生される動画(YouTube なと?)

 

SNSアプリ機能別のカウントフリー除外について

上を見てわかるのは、使い放題にならないのは・・・

 

  • LIVE配信系
  • 対象アプリではない外部サイトの動画埋め込み
  • 対象アプリ経由であっても別ブラウザのサイト閲覧

 

この3つは対象外と覚えておけば大丈夫です。通話やアプリ機能内での動画や画像、メッセージを見る分には見放題ということになります。

 

 

 

2:使い放題とはいっても使いすぎると速度制限をかけられる

カウントフリーの約款を見ると気になる一文があります・・・

 

・カウントフリー機能の利用により、他のお客様のこ?迷惑となるような、大容量のテ?ータの継続的な送 受信なと?を行った場合に、一時的に通信を制限する場合か?あります。

(公式サイトより)

 

つまり、カウントフリーの範囲内としている機能でも使いすぎたら一定期間高速では使わせない!と言っています。ただどのぐらい使うと、何日制限があるかなどは一切記載がありません。試してみるしかありません。

 

皆さんも使ってみるとわかりますが、今のところ以下の基準で規制されるようです。

 

  • カウントフリー対象のSNSで1日に1GB以上の利用
  • 上記基準で規制速度は200Kbpsに規制
  • 規制時間は24時間

 

上の条件で規制がされるようです。しかし、規制されても200Kbpsで利用できます。つまりメッセージのやり取りは可能です。ただ通話はちょっと厳しくなります。こちらからかけても相手からかけても音がちょっと途切れたりしてしまいます。

 

でも、逆を言えば1日1GBはSNSを高速データ速度で利用できるので月間30GBの容量を(対象SNSサービス内ですが)月額500円で利用できます。こんなコスパありません。ナイス、LINEモバイル!

 

ページの一番上に戻る

 

通話回線のかけ放題はなし

LINEはコミュニケーションツールです。カウントフリーの対象にしている他のSNSもコミュニケーションツール。だからなのか、他社が主流になりつつある「かけ放題オプション」がありません。

 

「090」などの通話回線でのかけ放題がありません。きっとLINEはLINEで連絡をして欲しいというところなのかもしれません。しかし、仕事などでどうしても090や080の今までの電話番号からかけなければいけないこともあります。

 

その場合は、仕方がないので「楽天でんわ」などの通話半額アプリを利用しましょう。月額基本料は無料で30秒20円が半額の10円になります。ここはネックですが割り切ってLINEモバイルは使うしかありません。

 

 

ページの一番上に戻る

 

LINEモバイルの料金やオプションの一覧表

 

データ専用SIM<月額料金表>

プラン名

月額料金

LINEフリープラン

1GB

500円

SMS付は120円追加

コミュニケーションフリープラン

【以下アプリ使い放題】

LINE

Twitter

Facebook

Instagram

3GB/1,110円

5GB/1,640円

7GB/2,300円

10GB/2,640円

※SMSコミ価格

 

通話機能付きSIM<月額料金表>

プラン名

月額料金

LINEフリープラン

【LINEのみ使い放題】

1GB/1,200円

SMS付は120円追加

コミュニケーションフリープラン

【以下アプリ使い放題】

LINE

Twitter

Facebook

Instagram

3GB/1,690円

5GB/2,220円

7GB/2,880円

10GB/3,220円

※SMSコミ価格

 

オプション料金

 事務手数料 3,000円  最低利用期間

12か月以内の
解約時9,800円

 操作サポート

メール
電話(0120-142-275)
チャット

 転送サービス 無料であり
 端末保証 なし  追加容量購入 0.5GB(500円)
 留守番電話 月額300円  その他  

 

機能・特徴のまとめ

通話料金

データ通信時はLINEoutが適用
・LINE間は無料
・日本の携帯電話1分14円(参考:楽天でんわ1分20円)
・日本の固定電話1分3円(参考:楽天でんわ1分20円)
・アメリカ、中国1分1円(参考:楽天でんわ1分20円)
※LINEはIP電話、楽天でんわは一般回線の品質の違いがある
通話プランは20円/30秒

ポイント・割り引き

LINEポイントが始まり適用される予定。
LINEpayが業界最高還元率2%

3日間速度制限

・カウントフリー対象アプリは1日に1GB利用で制限あり
・カウントフリー対象外の容量の利用制限については不明

選べる端末の数は多い? 9機種

毎月プラン変更できる? 申し込み日の翌月1日から変更後プランが適用される

ファミリーシェアできる? なし!友人へのデータ容量プレゼントはあり

その他のポイント  

 

ページの一番上に戻る

 

LINEモバイルの通信スピードは?実測した速度表

ラインモバイルの実測速度を姉妹サイトで公開しています。以下にその情報を掲載いたします。結構スピード出ています!

 

※姉妹サイト:SIM速度ランキングより

調査日/場所

下り

スマホなら4Mbpsでスムーズに視聴可能

上り

アップロードする速度

PING

30ちょいで合格。値が多いほど反応が遅く小さいほど早い

2016年10月/横浜

73.40

Mbps

31.02

Mbps

35

ms

2016年11月/      

 

まだ加入者が少ないのもありますが「73.40Mbps」はありえない高速な速度でした。今後どの程度の速度で安定してくるかが見ものです。毎月計測しこちらにも反映させます。お楽しみに。

 

ページの一番上に戻る

 

LINEモバイルのメリット・デメリット

LINEモバイルは該当のSNSをよく利用する方。そのアプリしかほぼ使わないという方にとってはものすごくメリットの大きいSIMサービスです。

 

しかし、メリットもあればデメリットも必ずあります。両方を比較して検討できるように以下で解説いたします。

 

ページの一番上に戻る

 

 

良い点:高速通信の残量を気にせずSNSが使える

契約している高速データ容量の中から、SNSを利用するデータ容量も消費していると思うと、いつも残量を気にして利用しなければならず結構ストレスです。

 

でも、ラインモバイルのカウントフリーならばデータ容量の残りを気にしないで利用できます。実際のところは1日1GBでカウントフリー対象のアプリでも制限がありますが、通話などの容量を喰う機能は使いづらくなりますが、ほかのメッセージ機能は十分稼働する速度を保たれます。心配しないで利用できるというのは体験してわかる爽快さです。

 

ページの一番上に戻る

 

良い点:若い人、学生向けに価格とセキュリティの面で優しい

LINEフリープランのデータ専用SIMなら1GBの高速データ容量付きで月額500円です。090の番号はナシですがLINEで通話もできるのでこれで十分かも。

 

しかも、LINEモバイルは無料オプションでフィルタリングアプリを利用することができます。

アイフィルター

 

端末はiPhoneでも、アンドロイドでもWindowsのパソコンからでも設定することができます。主な機能は・・・

 

  • 子供の年齢をチェックすれば自動的に適切なサイトを見れる・見れないのフィルタイリング適用
  • 他のPCから子供の検索履歴などをチェックできる
  • 長時間のスマホ利用を制限できる

 

若い方の利用率が多いLINEモバイルは、さりげなく学生さんや小さなお子さんが利用しやすい工夫をしています。あとはGPSがついている端末だったら居場所確認もできるので安心ですね。

 

 

ページの一番上に戻る

 

良い点:高速データ容量の追加購入が安い

LINEフリープランのネックは高速データ容量が「1GB」しかなく選択しがないことです。そこで大切になってくるのが「追加容量のコストパフォーマンス」です。LINEモバイルの容量追加は3タイプから選ぶことができます。

0.5GB

1GB

3GB

500円

1,000円

3,000円

です。他社と比較すると結構安く設定してくれていることがわかります。

LINEモバイル

IIJmio

mineo

100円/100MB

200円/100MB

150円/100MB

 

ただし、追加容量ではなく元々3GBのプランで他社と比較すると・・・

LINEモバイル

IIJmio

DMMモバイル

3GB追加容量が3,000円

毎月3GB容量プランが1,040円

毎月3GB容量プランが1,000円

となり、高めに見えます。

 

しかし、LINEなどが使い放題な部分を差し引けば元が取れます。使い方次第です。追加容量はかなり安いですので、もし1GBより必要な月があれば、1か月に3回まで購入できるので上手に活用しましょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

良い点:付与されるLINEポイント還元率が他社を圧倒している

 

LINEモバイルでポイント

LINEはMVNO事業とともに、「LINEポイント」というポイントサービスと、「LINE Payカード」というの開始も発表しました。この機会に金融サービスも提供し、楽天グループのように経済圏をグループ内で作ろうとしています。

 

楽天市場も楽天モバイルや楽天カードを使っていると最大7倍のインパクトあるポイントサービスを提供しました。でも楽天の場合はあくまで楽天市場での買い物が対象です。その他の普通のお店や関係のないネットショップでの買い物は楽天カードのポイントの1倍です。

 

しかしLINEポイントとLINEpayカードは還元率が2%。クレジットカードではない、プリペイドカードですが、Payサービスで主要な銀行から(みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行)地方銀行(横浜銀行、滋賀銀行、伊予銀行、百五銀行、十六銀行)ネットバンク(ジャパンネットバンク)などで無料でオートチャージができるのでほぼクレジットカード状態。

 

プリペイドカードなので自分のお財布の範囲で使い無駄使いがなくなり、ポイントも付くので使いかによってはうれしい1枚です。他のカードのポイントと比べてみると・・・

 

 

 

LINEPayカード

auウォレット

nanaco

T−ポイント

リクルートカード

種類

プリペイド

カード

プリペイド

カード

プリペイド

電子マネー

ポイント

カード

クレジット

カード

年会費

無料

無料

無料

無料

無料

ポイント還元率

2.0%

0.5%

1.0%

0.5%

1.2%

ポイント現金化

×

×

×

×

 

最強です・・・恐らくこの「LINEポイント」と「LINEPayカード」がLINEモバイルと関連したサービスとして提供されると思われます。

 

ページの一番上に戻る

 

悪い点:オプションが少ない〜端末保証サービスがない

今のところ端末の保証はメーカー補償のみです。格安スマホ各社は紛失・盗難・落下・水没などに対応できる端末保証を500円くらいのオプションでつけているところが多いですがありません。

 

もしご希望の方は、スマホ保険で検索すると別途つけることができます。それで自分で加入する必要があります。メーカー保証でいいかなぁと思いますが・・・

 

ページの一番上に戻る

 

悪い点:学生には辛い?口座引落しがない>コンビニ対応で

ラインモバイルは支払方法が基本はクレジットだけです。BIGLOBEや楽天モバイルのように口座引落しで支払ができません。まだクレジットを発行できない学生さんにはネックになるかも。

 

対処方法としては、「LINE Pay」での支払いです。LINE Payは先にチャージしておいて支払いに活用できるプリペイドシステムです。コンビニでもチャージできるのでこれで支払をすることもできます。

 

ページの一番上に戻る

 

 

悪い点:端末の支払いが一括払いしかない

数万する端末をセット購入する場合「一括払い」しかできません。もしどうしても分割払いしたいときは、LINEモバイルではSIMだけを申し込みましょう。

 

端末はそのメーカーのオンラインショップなどで購入します。例えばZenfoneを扱う「ASUS」。Xperiaを取り扱う「ソニーオンラインショップ」などは分割払いで購入することができます。この方法ですれば一括払いを避けて自分の好きな端末にも手が届きますね。

 

ページの一番上に戻る

 

 

メリットとデメリットを比較してみたまとめ

ここまででLINEモバイルの悪い点と良い点を挙げてみました。ここで一度まとめてみると・・・

 

メリット

  • 高速通信の残量を気にせずSNSが使い放題
  • 価格面セキュリティの面で子供に優しい
  • 高速データ容量の追加購入が業界最安値クラス
  • 付与されるLINEポイント還元率が他社を圧倒している

デメリット

  • オプションが少なく端末保証がない
  • クレジット払いかLINEpayでしか支払えない
  • 端末の支払いが一括払いしかできない

 

デメリットは各部分で細かく書きましたが対処できる範囲でした。メリットは他社にないカウントフリーという特徴があり、SNSをたくさん利用する方にとってはメリットが上回ると思います。

 

 

ページの一番上に戻る

 

LINEモバイルで利用できる端末は?

LINEモバイルはSIMだけを購入して、端末を自分で用意することも、セットで購入して利用することもできます。どんな選択肢があるかを確認してみましょう。

 

SIMと一緒に新規購入できる端末リスト

以下が2016年11月現在でセット購入できる端末です。価格はセールもあるので公式ページで確認してみてください。

 

HUAWEI P9 lite

ZenFone 3

Blade V7lite

 

 

 

28,800円

公式詳細ページへ

39,800円

公式詳細ページへ

22,800円

公式詳細ページへ

arrows M02

AQUOS mini SH-M03

arrows M03

 

 

 

29,800円

公式詳細ページへ

49,800円

公式詳細ページへ

32,800円

公式詳細ページへ

ZenFoneGo

Blade E01

ASUS ZenPad7.0

 

 

 

19,800円

公式詳細ページへ

13,800円

公式詳細ページへ

23,800円

公式詳細ページへ

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

今使っているiPhoneは利用できるか

今使っているiPhoneがSIMフリー端末であれば問題なく利用できます。またドコモで購入したものであれば、LINEモバイルはドコモから卸したSIMを利用しているので適合します。iPhoneはauやドコモのバンドも対応しているのでSIMロック解除さえしていれば利用できます。

 

ただ3G回線は利用できないので、iPhone4S以前のものは利用できません。

 

 

ページの一番上に戻る

 

ドコモ・au・ソフトバンクの端末は利用できるか

上記と重複しますが、ドコモの端末であれば利用できます。ただアンドロイド機種のソフトバンクやauはバンドに対応していないことなどありSIMロック解除しても利用できないことがあります。

 

公式サイトに掲載されている動作確認端末の一覧からチェックしておいたほうが無難です。この機会に新しいSIMフリー端末を購入して今後どのMVNOでも利用できるようにしておいてもいいですね。

 

 

ページの一番上に戻る

 

VoLTEやおサイフケータイには対応しているか

今お持ちの端末またはこれから購入される端末が「VoLTE」に対応していればLINEモバイルでも同サービスを使って高音質の通話ができます。おサイフケータイも端末側で対応できていれば利用できます。

 

ページの一番上に戻る

 

iPhoneでLINEモバイルを利用する設定方法

  1. LINEモバイルのSIMカードを挿す
  2. Wi-FiにiPhoneを接続して「構成プロファイル」をダウンロード

    (ダウンロードURL https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig)

  3. APN構成プロファイルを設定する
  4. パスコードを入れる
  5. プロファイルをインストールする
  6. おわり

 

そんなに難しくないのでチャレンジしてみてください。

 

 

 

ページの一番上に戻る

 

Android端末でLINEモバイルを利用する設定方法

  1. LINEモバイルのSIMカードを挿す
  2. 設定を開く
  3. 無線ネットワーク>もっと見る>モバイルネットワーク を開く
  4. アクセスポイント名>右上の+(新しいAPN)
  5. 以下に設定する
  6.  

    • 名前/LINEモバイル
    • APN/line.me
    • ユーザー名/line@lineト
    • パスワード/line
    • 認証タイプ/PAPまたはCHAP

     

  7. 保存>LINEモバイルを選択
  8. おわり

 

 

ページの一番上に戻る

 

LINEモバイルはどんな人におすすめか

LINEモバイルはSNSがカウントフリーになり便利に利用できます。ただかけ放題がないことなどいくつかの注意点もあったのでこのページでじっくりチェックして上手に活用できるか検討してください。どんな方にお勧めかをまとめると・・・

 

LINEモバイルはこんな人にお勧め

  • 音声通話はいらない。もしくはほとんど使わない。
  • 家族や友人とはLINEやツイッター、Facebookでほぼやり取りしている
  • 家や職場などのWi-Fiも活用してカウントフリーを1日1GBで抑えられる

 

LINEの動画が自動再生されないように、「動画自動再生」のところを「モバイルとWi-Fi」から「Wi-Fi接続時」か「自動再生しない」に変更しておくなど、各アプリ自動で流されてしまう動画や画像をストップさせておくのも手ですね。LINEモバイルは上手に活用すればSNS使い放題でストレスなく楽しめます。
あああ

LINEモバイル 公式サイトはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る

LINEモバイル!使い放題&高還元P&低価格!口コミ評判は?記事一覧

実際契約してみた、ラインモバイル。2つの理由で不要!〜速度も

ニュースでも取り上げられた「LINEモバイル」。しかし、スペック事態をみるとそれほど魅力的ではないんです。なんて契約もしないで知ったようなことは言えないので実際にラインモバイル契約してみました。届きました→申込んで次の日には届く迅速さ!しかし問題は速度やスペックです。まずは実際に契約し色々検証した今...

≫続きを読む