ServersmanSIMLTEは最強?

ServersManSIMLTEこの使い方で最強500円SIM

 

 

 

 

ServersManSIMLTEの特徴とおすすめな人はどんなケース?

 

 

サーバーズマンのSIMサービス<ServersManSIMLTE>は業界最安値をうたう、
DTI(株式会社ドリーム・トレイン・インターネット)の格安SIMカードサービスです。

 

このサービスは横並びのこの業界の中で、
思い切りのいい割り切ったサービスを提供しています。
それは、子供用ともいえるワンコイン価格!

 

500円以下の為低速度回線しか利用できないのですが
これが子供に携帯やスマホを持たせるときの親の心配を、
解決するのに大いに役立ちます。それは・・・

 

 

 

 

※下にも記載ありますが、なぜ検索やIP電話、LINE、facebookは大丈夫なのかは、
50MBってどのくらい?のページをお読みください。
各通信スピードでできることが詳しく説明されています。

 

子供にスマホを持たせるときに心配なのは、
FBやツイッターなどで、不健全なコミュニケーションがないかという点もあります。
いじめや、出会い系、悪い大人が友人を装って騙そうとするケースもあります。

 

しかし、これらは親御さんが登録を制限することや、
お子さんが参加するコミュニケーションに自分も参加すること。
IDやパスワードを共有して、チェックできるようにしてあげることで防げます。

 

 

しかし、YOUTUBEやその他の動画サイトの閲覧による

お子さんへの不健全な影響は、一度見てしまったら、

その子の心にずっと残り、大きな影響を与えてしまいます。

 

 

 

それで、ServersManSIMLTEのメリット、デメリットを逆手にとり、
子供が持つスマホを超健全化するカスタマイズをもともとしておくことが有効です。
カスタマイズといっても、サーバーズマンのSIMサービスを利用するだけです。

 

OCNモバイルONEは1日50MBまでとか、
BIGLOBEは1か月1GBまでなど、
高速回線を利用できる限度を設けています。

 

しかし、サーバーズマンのsimカードサービスは、月々467円と安い代わりに、
標準だと、250kbpsと低速度の回線しか提供されていません。
高速回線を使用したい場合は、100MB262円で買い足さなければ使えません。

 

つまり、ServersManSIMLTEを利用するだけで、
高速回線がどうしても必要なYOUTUBEなどを、
お子さんが好奇心で見ることができなくなります。しかも最安値!

 

 

 

 

 

低速度回線だと何ができて、何はできないのかは、
50MBってどのくらい?ので詳しく説明しています。
250kbpsならば大抵のことは大丈夫ですので安心されてください。

 

子供にスマホや携帯を持たせるときに、
約束やルールをつくったりしますが、好奇心でつい見てしまうこともありますし、
フィルターや、アプリも限界があるので、低速度でそもそも見れないのは強力です。

 

料金も安いですし、スマホならばGPSもついているものもあります。
子供用スマホや携帯はソフトバンクやドコモauだと通話だけになってしまいます。
スマホのメリットも生かせ、ワンコイン運用ができるしメリットが大きいです。

 

子供用のスマホ携帯を手に入れる方法や、
契約の仕方は、子供用は格安スマホで納得!?のページで、
利用できる機種などの説明もありますのでご覧ください。

 

勿論大人の2代目のセカンドスマホ携帯として、
完全に検索、フェイスブック、ツイッターなどの利用のためならば、
激安運用ができてコストパフォーマンスは最高です。

 

サービス名|ServersMan SIM LTE

社名|ドリーム・トレイン・インターネット<DTI

プラン

月額料金

最大速度

通常速度

SMS

SIMサイズ

 

 

 

1プランのみ

 

 

 

490円

有料追加時のみ4G3G速度

kbps⇒Mbps

250kbps

143円

・ナノ

・マイクロ

・通常

その他

◆チャージ対応/      100MB=250円他あり

◆高速回線切替/有    (下のYoutubeをチェック)

◆初期費用/3000円

◆高品質IP電話サービス/  月300円:2か月無料 ◆最低利用期間/無し    ※いつでも解約可能

※2014年4月21日よりsimサイズにナノ追加、通常速度150kbps⇒250kbpsにアップ、ip電話の高性能化のバージョンアップがされました。

 

 

 

 

その他ServersManSIMLTEのチェックポイントは?

 

 

 

SMSサービスは使える?

 

お子さんと簡単なメールがSMSでやり取りできます。
1か月143円のオプションで、1通あたり3円です。受信は無料。

 

通信量のチャージ機能はある?

 

上記でも記載しましたが、DTIのサーバーズマンSIMLTEサービスは、
とっても割り切ったサービスで、通常は低速度の250kbps回線を利用します。
そこに、100MB=250円の通信料を購入して高速回線を利用することもできます。

 

ServersManSIMLTEのすごいところは、
低速と高速の切替アプリがついているところです。
これがスゴイ!

 

せっかく高速回線を有料で購入したのに、
低速回線でも利用できるgoogleの検索などを高速回線で消費したら
もったいないですよね。『重たいページだな』と感じた時ここぞ!で利用できます。

 

最低利用年数はある?

 

解約違約金などが請求される最低利用年数はあるでしょうか?
どんどんかわっていくSIMカードサービスを1年2年続けなければならないのもつらいところ・・・
でも、DTIのServersManSIMLTEは、いつやめても大丈夫です。

 

最低利用年数も、解約違約金もありません!
ただ、SIMカード以外のモバイルルーターなどの機器を、
レンタルした場合はまた別ですから注意してください。

 

SIMサイズのバリエーションは?

 

今までは、標準とマイクロSIMカードしかありませんでした。
でも、ナノSIMも2014年4月21日からサービスを追加してくれました。
simの場合は小は大を兼ねるですから小さいものがいいですね。
※詳しくは、サイドメニューの質問箱に記事掲載予定

 

お得なサービスは?

 

ServersManSIMLTEの特徴はとにかく低価格なこと。
子供用や大人の2代目のセカンドスマホにはピッタリです。

 

あとは、独自のIP電話を用意しています。
得に音声品質の機能を向上させたようです。

 

 

250kbpsでも、きれいな音で会話できるように改善されたと報道してました。
でも、LINEやSkypeでも十分ではないかとも感じます。

 

月々300円かかってしまうので、2か月無料キャンペーンで
最初に試してみて、気に入れば継続してもいいかもしれません。
基本は500円以内で利用できる値段がメリットですから。

 

 

 

 

 

 

 

ServersManSIMLTE<サーバーズマンSIMLTE>は、DTI(株式会社ドリーム・トレイン・インターネット)の格安simカードサービスです。格安スマホにも利用できます。docomo(ドコモ)のXiやFOMA、FOMAプラスを利用できるのに、月額467円で利用できる業界最安値。SMSやSERVERSMAN050のIP電話サービスを使えばご家族と音声通話も可能です。月額300円で利用できるので最初の2か月間は無料なので高品質な音声サービスを試してみることが出来ます。それでも1つのスマホが910円で済んでしまいます。250kbpsの低速回線なので、有害なポルノや残虐な映像、過激なゲーム、ネットサーフィンによる時間の浪費などがなくなります。でも高速回線を100MB500MBで1250円、1GBで2500円です。高速通信容量へ専用アプリからスイッチを押すだけで変更できますので、無駄な通信量を使わないですみます。SiLK Senseは、特定のアプリを使ったときだけ自動的に高速にするので手動でなく面倒がなくなります。動作確認済みの端末は、GALAXY S II SC-02C/GALAXY Note II SC-02E/Xperiaシリーズ一部/LUMIX Phone P-02DELUGA power P-07D/ARROWS X LTE F-05D/AQUOS PHONE/スマートフォン for ジュニアSH-05E/MEDIAS N-04C/dynapocket T-01B/HT-02A/Ascend HW-01E/Phone4S (SIMフリー版)/FT132A/GALAXY Tab /Sony Tablet /ARROWS Tab LTE/Optimus Pad L-06C/MEDIAS TAB/などです。詳しくはDTIホームページでご確認ください。