データSIM 容量別比較表

データ専用の格安SIMをわっかりやすく容量別で料金比較!

データ専用SIMは090などの3G通話はできないませんが、検索やメール、LINEやIP電話、動画が楽しめます。

 

20社近くあるMVNO会社からデータ専用SIMは選べます。管理人お勧めのMVNOと、1か月の高速データ容量クラスごとにわかれた比較表を作成いたしました。

 

楽天モバイル|525円〜選べるプラン ※迷ったらココがお勧め!
圧倒的人気!楽天ポイント永久2倍・キャッシュバックなどメリットが沢山。


三木谷社長の4月会見で「1000万件の契約を目指す!」と発言した後から、キャンペーンの手厚さや、選べる機種と質の高さがグーーンと上げてきました。最安値の低速使い放題の525円プランから、3.1GB(900円)・5GB(1,450円)・8GB(2,260円)と計4つのプランから選べます。利用料金も楽天ポイントが付くように改善され、楽天市場ポイントも永久2倍。その他随時キャッシュバックキャンペーンがされています。三木谷社長本気です…

BIGLOBE|3GB 900円コース〜 
大手プロバイダの安心感と無料wifiで人気♪容量繰越しもOKに!



BIGLOBEは言わずとしれた老舗プロバイダー。元はNECのグループ会社で抜群のネームバリューで安心できます。特徴はマクドナルドや様々な外出先で利用できるwifiスポット(通常は毎月400円サービス)を無料提供!高速データ容量を上手に節約できます。プランが全部で4つあって1ヶ月単位で自由に変更できるのでまずは5GBあたりから初めて翌月から自分にあった容量に変更するのもお勧め。4月から容量UP+繰越しもOKに!

DMMモバイル|最安値宣言実効中!
IIJの技術力とDMMの最安値戦略のいいとこ取りができるmvno!

最安値宣言&業界で一番多い料金プランでカスタマイズ度・お得感の強い格安SIM。サービスは技術力にiOSのバージョンアップなどの対応力に定評がある、IIJmioから卸受けているので安心です。バースト転送もうれしい機能。ただ価格面で最安値といってももともと安い金額のものなので、「差は10円、数十円の世界」。だとすると、楽天ポイントが付く楽天モバイルや、無料でwifiが付くBIGLOBEも捨てがたいですネ。

 

各料金税抜き価格

データ専用SIMカード|高速データ容量別 比較表

通信量

社名

料金

3大機能

一言コメント

低速

無制限

楽天モバイル

525

   
DMMモバイル

440

 

1GB

イオンモバイル

480

 
DTI

600

   
ニフモ

640

 
DMMモバイル

480

U-mobile wプラン

680

   
U-mobile

790

   
BBエキサイト

750

2GB

DMMモバイル

770

イオンモバイル

780

 
BBエキサイト

870

3GB

DTI

840

   
DMMモバイル

850

IIJmio

900

 
ビッグローブ

900

無料wifiが魅力
楽天モバイル

900

楽天ポイントが毎月つく
ニフモ

900

 
OCNモバイルONE

1,100

110MB/1日(約月3GB)で900円あり

4GB

BBエキサイト

1,440

イオンモバイル

1,480

 

5GB

DTI

1,220

   
DMMモバイル

1,210

OCNモバイルONE

1,450

170MB/1日(月約5GB)で1,380円有
楽天モバイル

1,450

毎月楽天ポイントが付く
U-mobile

1,480

   
IIJmio

1,520

ニフモ

1,600

 

6GB

ビッグローブ

1,450

 
イオンモバイル

1,480

   

7GB

DMMモバイル

1,880

 

8GB

イオンモバイル

1,980

DMMモバイル

1,980

 
ビッグローブ

2,838

 

10GB

DTI

2,200

   
DMMモバイル

2,190

楽天モバイル

2,260

毎月の使用量にポイント付加
OCNモバイルONE

2,300

※左リンク購入で初期費用65〜90%OFF
IIJmio

2,560

ニフモ

2,800

 

12GB

イオンモバイル

2,680

ビッグローブ

2,700

 

15GB以上

DMMモバイル

15GB:3,600

20GB:4,980

 
イオンモバイル

20GB:4,980

4,480

30GB、40GB、50GBもあり
※各プラン500円〜3,500円値下げ

高速

無制限

U-mobile

2,480

   
DTIsim

2,200

   

 

 


格安SIMを提供している各社様々なサービスを提供しています。
全てをアイコン表示でわかりやすく比較できるようにしたいのですが、かえって複雑になってしまうため、その中でも、格安SIMの弱点になりがちな高速通信できる、制限容量をクリアするのに役立つ3つの機能に絞りこんでみました。以下に解説いたします。

格安スマホの問題なのは、1ヶ月の高速データ容量の上限です。しかし、無料wifiスポットがついていれば、上手に節約することができます。毎月400円前後かかるサービスで、無料で利用できるのは魅力です。

 

 

1ヶ月と3日間の容量を使い切ってしまった場合、速度が制限されます。しかし!このバースト転送機能は車で言う「ターボ」のように一瞬早く表示してくれて、検索やサイト閲覧がストレスなく行えます。これさえあれば…

 

 

高速データ容量をあまり使わなかった月が繰越せる機能は意外と便利です。毎月のデータ使用量にムラがある方は、繰越すことによって無駄なく快適に利用することができます!

 

 

 

あなたに必要な1か月の高速データ容量の欄から用途にあったサービスを提供している会社をお選び下さい。失敗しない格安スマホ選びの為に価格・機能・会社の安心感など合わせて考慮すると、間違いないお買い物ができると思います。

 

 

 
格安SIMは毎月利用できる高速データ通信の容量が決まっています。
自分にあった容量はどのくらい?一番正確なのは、今お使いのスマホで実際に利用した容量を確認することです。

 

「…よくわからない…」という方の為に、以下にだいたいの目安がわかる表を作りました。参考にされてください。

 

※条件:スマホでの閲覧の場合・IP電話はスカイプやLINE・その他動作環境で左右されます

 

YouTube

Yahoo!閲覧

IP電話など

 

1GB

15分/1日

100ページ/1日

1時間/1日

動画はほぼ見ない方向け

2GB

30分/1日

200ページ/1日

2時間/1日

ニュース動画等少しだけ見る

3GB

45分/1日

300ページ/1日

3時間/1日

まずはこの位で試してみては?

4GB

60分/1日

400ページ/1日

4時間/1日

 

5GB

75分/1日

500ページ/1日

5時間/1日

大手キャリアのデフォルトGB

7GB

105分/1日

700ページ/1日

7時間/1日

大手キャリアの旧制限容量

8GB

120分/1日

800ページ/1日

8時間/1日

安心!

10GB

150分/1日

1000ページ/1

10時間/1日

満足!

低速

ほぼ無理

閲覧可能

通話可能

動画、ゲームは難しい