BIGLOBEモバイル iPhoneSE・6sの購入価格と、3つのメリット! - 格安スマホ辞典

 

2017年9月にサービス名を「BIGLOBEモバイル」に変更して以来、CMの放映開始、au回線を利用した「タイプA」SIMの提供開始など、一気に「勝負をかけてきた」感のあるBIGLOBEモバイル(ビッグローブモバイル)が、さらなる一手として2017年11月17日(金)よりiPhoneの発売を開始しました!

 

今回BIGLOBEモバイルで購入できるiPhoneは、なんと新品のiPhone 6sとiPhone SEです。MVNOが新品のiPhoneを発売するだけでもすごいことですが、端末価格や料金プランの内容を見てみるとさらに驚きのメリットが見えてきます。

 

この記事ではBIGLOBEモバイルのiPhone SE、iPhone 6sをおすすめできる3つのメリットをご紹介します!

 

 


目 次

  1. モデルはiPhone 6s、iPhone SEから選択可能
  2. 最新のiPhoneと何が違う?
  3. 気になる端末価格は?
  4. メリット1:月額料金は通常のプランと同じ
  5. メリット2:高額キャッシュバック特典あり
  6. メリット3:最低利用期間は1年間だけ
  7. UQモバイルと月額料金を比較
  8. BIGLOBEモバイルがiPhoneを発売! まとめ

 

 

BIGLOBEモバイル 公式サイトはコチラ

(遷移先のページには、「15,600円キャッシュバック」という案内がありますが、iPhone購入の場合には独自の「25,200円キャッシュバック」キャンペーンが適用されます)

 

 

モデルはiPhone 6s、iPhone SEから選択可能

今回BIGLOBEモバイルが発売したのは、BIGLOBEモバイル、タイプAのSIMで利用できる”新品の”iPhone 6sとiPhone SEです。UQモバイル以外のMVNOがメーカー認定整備済(リフレッシュ品)ではなく新品のiPhoneを発売するのはBIGLOBEモバイルが初、これは快挙です!!

 

この快挙が実現したのは、2017年1月にBIGLOBEモバイルがauを運営するKDDIの子会社になったためと思われます。今回BIGLOBEモバイルが発売したのはau回線向けのSIMロックがかかったiPhoneで、同じKDDI傘下のグループ会社UQモバイルが販売しているiPhoneと同じものです。

 

iPhone 6s、iPhone SEどちらも、カラーはスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色、ストレージは32GB、128GBの2種類から選ぶことができます。

 

テザリングについては、すべてのモデルで可能です。

 

※ 今回発売されたiPhoneは、BIGLOBEモバイル、タイプD(ドコモ回線)のSIMには対応していません

 

 

▼iPhone SEとiPhone 6sの違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してください
iPhone SE、iPhone 6sの違いは何?

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

最新のiPhoneと何が違う?

現在発売されている最新のiPhoneは2017年11月に発売されたiPhone X(テン)ですが、iPhone SEは2016年3月発売、iPhone 6sは2015年9月に発売されたモデルです。

 

▼iPhone 6s以降発売されたiPhone歴代モデル

モデル(世代)

チップ

発売年月

iPhone X

A11 Bionic

2017年11月

iPhone 8/8 Plus

A11 Bionic

2017年9月

iPhone 7/7 Plus

A10

2016年9月

iPhone SE

A9

2016年3月

iPhone 6s/6s Plus

A9

2015年9月

 

発売年月はiPhone SEよりiPhone 6sの方が半年ほど古いものの、iPhone 6sにもiPhone SEにも同じA9チップが搭載されています。サイズとデザインこそ大きく違いますが、性能は2モデルとも同じです。

 

上の表を見ると、iPhone SEはiPhone Xから数えて3つ前のモデル、iPhone 6sは4つ前のモデルなので、もうかなり古いモデルのように思えるかもしれませんが、どちらのiPhoneもまだ最新のAndroidスマホと比較しても遜色ない性能を持っています。

 

iPhone 6sとiPhone SEには、防水防塵機能やおサイフケータイ機能などはありませんが、iPhone7以降廃止されたイヤホンジャックがあるので、今まで利用していたイヤホンを変換プラグなしでそのまま使うことができます。この点は7以降のiPhoneより便利に感じる方も多いかもしれませんね。

 

 

▼以下の記事では、iPhone 6sとiPhone 6sの性能をiPhone 8と比較しています。
最新のiPhoneと何が違う?

 

 

BIGLOBEモバイル 公式サイトはコチラ

(遷移先のページには、「15,600円キャッシュバック」という案内がありますが、iPhone購入の場合には独自の「25,200円キャッシュバック」キャンペーンが適用されます)

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

気になる端末価格は?

BIGLOBEモバイルが発売したiPhone 6s、iPhone SEの端末価格は以下の通りです。

 

▼iPhone 6s、iPhone SEの端末価格(税別)

 

iPhone SEは32GBモデルが1,700円×24カ月(合計40,800円)、128GBモデルが2,100円×24か月(合計50,400円)、iPhone 6sは32GBモデルが2,350円×24カ月(合計56,400円)、128GBモデルが2,850円×24カ月(合計68,400円)で購入できます。

 

支払方法は、必ず「アシストパック」を利用した24回払いとなり、一括払いでの購入は取り扱っていません。またiPhone端末のみの購入をすることもできません。

 

ちなみにアップルストアでは、SIMフリー版のiPhone SEは32GBモデルが39,800円、128GBモデルが50,800円、同じくSIMフリー版のiPhone 6sは32GBモデルが50,800円、128GBモデルが61,800円で購入できますので、単純に端末価格だけで見ると、iPhone SEの128GBモデル以外はアップルストアで購入したほうが安いです。

 

ただし、後述しますがBIGLOBEモバイルでiPhoneを購入すると、高額なキャッシュバックを受けることができます!

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

メリット1:月額料金は通常のプランと同じ

iPhoneを購入した場合も、月額料金はBIGLOBEモバイルの通常プランと同じで以下の通りです。

 

▼BIGLOBEモバイル、iPhoneの料金プラン

 

iPhone購入時には、音声通話SIMしか選ぶことができません。また、通常の料金プランにある月間データ容量1GB、3GBのプランも選ぶことができませんが、3GBプランは今後提供予定となっています。

 

BIGLOBEモバイルでとくにおすすめのプランは6GBプランです。月のデータ容量が6GB使えて月額2,150円は、MVNO業界でもかなり安い価格設定です。

 

さらにBIGLOBEモバイルでは、すでにBIGLOBEのインターネット接続サービスを利用している人なら月額料金200円引きになりますので、6GBプランの音声通話SIMなら1,950円と、超激安で利用できます。

 

今ビッグローブ光やビッグローブWiMAXなどを利用されている方で、iPhoneにしたいけど値段が高い…と思っておられた方は、今お使いのスマホ、携帯をBIGLOBEモバイルに乗り換えればMVNO業界でも最安値級の月額料金でiPhoneが使えちゃいますので、今が乗り換えのチャンスです!

 

▼初月と翌月以降の支払い

 

初回のみ初期費用として3,394円がかかりますが、初月(申し込んで利用を開始した月)のプラン月額料金と端末料金は無料になりますので、月の始めに利用開始するように申し込めば1カ月ほぼ丸々無料で利用できます。

 

 

BIGLOBEモバイル 公式サイトはコチラ

(遷移先のページには、「15,600円キャッシュバック」という案内がありますが、iPhone購入の場合には独自の「25,200円キャッシュバック」キャンペーンが適用されます)

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

メリット2:高額キャッシュバック特典あり

BIGLOBEモバイルでiPhoneを購入すると、アップルストアで購入するよりも端末価格が高くなってしまうのですが、そこはキャッシュバックが得意なビッグローブ、今回も高額キャッシュバックを用意してくれていますので、実質、大幅に値引きされた価格でiPhoneを購入することができます。2018年1月8日(月)までの期間限定キャッシュバック特典は以下の通りです。

 

▼iPhone購入者向けのプレミアムキャッシュバック特典

 

サービス開始月の翌月を1カ月目として、6カ月目、12カ月目、18カ月目、24カ月目にそれぞれ6,300円、合計25,200円のキャッシュバックを受けることができます。そこで、このキャッシュバックを全て受け取ったとして、2年間の端末料金とプラン月額料金の合計料金を月額で換算すると以下のようになります。

 

▼6ギガプランで上記キャッシュバック適用時の実質月額料金

 

iPhone SEの場合は、32GBモデルで実質月額2,800円、128GBモデルで実質月額3,200円となり、iPhone 6sの場合は32GBモデルで実質月額3,450円、128GBモデルで実質月額3,950円となります。これ、念のためもう一度お伝えすると、iPhoneの端末料金と6ギガプランの月額料金を合計した料金です。

 

iPhoneの端末価格と音声通話SIMのセットでここまで安く利用できる会社はキャリア、MVNO含めてありません。BIGLOBEモバイル、かなり攻めてきましたね!

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

メリット3:最低利用期間は1年間だけ

iPhoneをセット販売しているキャリアやMVNOは、大抵端末価格を割り引く代わりに2年〜長くて3年の最低利用期間を設定していますが、BIGLOBEモバイルの場合は最低利用期間が1年しかありません

 

1年間の間に解約した場合は、音声通話サービス契約解除料として8,000円がかかりますが、1年間経過すれば契約が自動更新されることはなく、いつでも自由に解約することができます。(ただし、3回目、4回目のキャッシュバックは受け取れません。iPhoneの残金は一括して支払うことが必要になります)

 

 

BIGLOBEモバイル 公式サイトはコチラ

(遷移先のページには、「15,600円キャッシュバック」という案内がありますが、iPhone購入の場合には独自の「25,200円キャッシュバック」キャンペーンが適用されます)

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

UQモバイルと月額料金を比較

ではBIGLOBEモバイルでiPhoneを購入する場合と、同じKDDI傘下のUQモバイルでiPhoneを購入する場合、どちらの方がよりお得に利用できるでしょうか?

 

UQモバイルでも、BIGLOBEモバイルと同じラインナップ、同じau回線向けのSIMロックがかかったiPhoneを販売しています。

 

iPhone SE(32GBモデル)を購入してBIGLOBEモバイルのiPhone向けの6ギガプラン(2年間のキャッシュバック適用あり)を利用した場合とUQモバイルのおしゃべりプラン/ぴったりプラン(6ギガ・プランM)を利用した場合の月額料金を比較してみると以下のようになります。

 

▼BIGLOBEモバイル 6ギガプラン

6ギガプラン 月額料金

2,150円

iPhone SE(32GB)端末料金月額

1,700円

キャッシュバック4回分(25,200円)適用

-1,050円(1カ月換算)

月額料金 合計

2,800円

24カ月の合計料金

67,200円

 

▼UQモバイル おしゃべりプラン/ぴったりプラン プランM(6GB)

月額基本料金1年目(2年目)

2,980円(3,980円)

iPhone SE(32GB)端末料金月額

1,700円(初回のみ1,800円)

マンスリー割 2年間

-1,200円

1年目月額料金(2年目)

3,480円(4,480円)

24カ月の合計料金

95,520円

iPhone SE(32GB)をBIGLOBEモバイルの6ギガプランで24か月利用した場合、合計料金は67,200円、UQモバイルのおしゃべりプラン/ぴったりプランで24か月利用した場合、合計料金は95,520円と、BIGLOBEモバイルの方が圧倒的に安い結果になりました。

 

この比較では、UQモバイルのプランには5分かけ放題が含まれていてBIGLOBEモバイルのプランにはかけ放題が含まれていない※ため、厳密に公平な比較とはいえません。

 

ただ、仮にBIGLOBEモバイルでキャッシュバック(4回の合計25,200円)を1度も受け取れなかったとしても合計92,400円でまだBIGLOBEモバイルの方が安いですから、BIGLOBEモバイルのプランの安さがよく分かりますよね。

 

※BIGLOBEモバイルのかけ放題オプションは月額650円

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

まとめ

@通常のプランと同じ月額料金でA”新品”のiPhoneを高額キャッシュバック適用※で購入でき、B最低利用期間は1年間だけなんて、MVNO業界では本当に画期的なことです。BIGLOBEモバイルよくやってくれました!

 

iPhone 6sもiPhone SEも旧モデルとはいえ、まだまだ最新のAndroidスマホに負けない性能を持っています。iPhoneを使ってみたいけど値段が高い…と思ってあきらめていた方は、ぜひ購入を検討してみてください。

 

唯一のネックは、今回発売されたiPhoneにはau回線向けのSIMしか利用できないようにSIMロックがかかっているという点ですが、BIGLOBEモバイルではSIMロック解除の対応も準備中とのことなので、解約した場合iPhoneのSIMロックを解除すれば好きな会社のSIMを入れて利用することも可能になると思われます。

 

これまで、新品のiPhoneを販売するというのはMVNOにとって高い壁でしたが、今回BIGLOBEモバイルはその限界を突破、しかもキャッシュバックで大幅な割引を実現してくれました。これからますます、MVNO業界でBIGLOBEモバイルの存在感は大きくなっていきそうです!

 

【重要】キャッシュバックを必ず受け取ることができるように、BIGLOBEモバイル公式サイトの「特典受取方法」の部分を必ず確認しておきましょう!大切なポイントは、キャッシュバックに関する各種連絡は「BIGLOBEメールアドレス」宛に来る、ということです。

 

BIGLOBEの「連絡先メールアドレス」にBIGLOBEメールアドレス以外のアドレスを登録している場合も、キャッシュバックの手続きに必要な「口座指定案内メール」はBIGLOBEメールアドレス宛に届きます。忘れてしまいそうな場合は、BIGLOBEメールアドレスに届くメールがいつも利用しているメールアドレスに転送されるように設定をしておきましょう!

 

 

BIGLOBEモバイル 公式サイトはコチラ

(遷移先のページには、「15,600円キャッシュバック」という案内がありますが、iPhone購入の場合には独自の「25,200円キャッシュバック」キャンペーンが適用されます)

 

 

▼動画見放題のエンタメフリーオプション、複数回線をお得に使えるシェアSIMなどBIGLOBEモバイルの特徴について知りたい方はコチラ

BIGLOBEモバイル徹底レビューはコチラ

 

 

ページの一番上に戻る