BIGLOBEのスマホの評判は?

BIGLOBEスマホ評判は?使って得な人・損する人の見分け方!

BIGLOBEsim

BIGLOBEは元NECグループの老舗プロバイダー。いち早く格安スマホSIMサービスを開始したMVNOです。

 

他社の動向に合わせどんどんスペックアップし続け、大手にあぐらをかかない小回りを利かせています。口コミや評判だけではわからないビッグローブのポイントを徹底解説!

 

 

biglobe公式サイト 

 

《料金・サービス》・・・あの最安値宣言会社より安い?

 

データ専用SIM<月額料金表>

プラン名

月額料金

最大受信速度

 

3GB エントリープラン

900円

262.5Mbps

 

6GB ライトSプラン

1,450円

262.5Mbps

実はこの2つのプランは業界最安値!

12GB 12ギガプラン

2,700円

262.5Mbps

 

通話機能付きSIM<月額料金表>

プラン名

月額料金

最大受信速度

 

音声通話スタートプラン

1GB

1,400円

262.5Mbps

 

3GB エントリープラン

1,600円

262.5Mbps

 

6GB ライトSプラン

2,150円

262.5Mbps

実はこの2つのプランは業界最安値!詳しくはご覧のページの下記部分で解説

12GB 12ギガプラン

3,400円

262.5Mbps

 

オプション料金

 事務手数料

3,000円

 最低利用期間

音声通話サービスのみ12ヶ月間、契約解除料 8,000円
データ専用プランはなし

 操作サポート

・2か月無料(以後継続月々475円)
※契約やトラブル対応は365日電話サポート。つながりやすい!

 転送サービス 音声プランのみ無料付加
 端末保証 月々300円~400円  追加容量購入

300円/100MB

 留守番電話 端末機能のみ  その他

・i-フィルター・・・200円
・訪問サポート・・・1.2万

 

機能・特徴のまとめ

通話料金 通常MVNOは20円/30秒だが、音声プランで利用できるBIGLOBEでんわだと10円/30秒になる。しかも「通話パック60」が発売され1,200円分の通話(最大60分)が月額650円になる。

ポイント・割り引き

・BIGLOBEのwifi・光回線・ADSL利用者は個別でかかる「接続料」の200円が値引かれる
・6GBと12GBプランは200円割引き(値引き期間はSIM単体で1年。スマホセット購入で2年間)2016年1月31日まで

3日間速度制限 6GBと12GBは無制限。1GBは200MB。3GBは600MB以上で200kbpsに制限。

選べる端末の数は多い?

タブレット含め7端末(2015.12月現在)
・ASUS ZenFone2 Laser
・ASUS ZenFoneSelfie
・富士通 arrows M02
・ASUS ZenPad8.0
・ASUS ZenFone2 Laser
・SHARP AQUOS SH-M01
・ASUS ZenFon 2(ZE551ML)

毎月プラン変更できる? 1ヶ月単位で無料変更可能

ファミリーシェアできる? データプラン・音声プランともに6Gは3枚。12GBは5枚シェアできる。データSIMは1枚追加で200円。音声SIMは1枚追加で320円で利用可能。

その他のポイント

無料WIFIスポットが2015年12月からアクセスポイント数を約5,200カ所から約77,200カ所に拡大された。それに伴い6GBと12GBプランは無料、他プランは月々250円の有料オプション化

 

《 主だった無料Wifiスポット 2016年2月調整 》
・コンビニ 
セブンイレブン、ローソン
・鉄道
 西武鉄道、東武鉄道、京王電鉄、京成電鉄、JR駅、東海道新幹線(東京〜新大阪間)のN700系車内および全17駅のコンコース待合室、成田エクスプレス、ひたち/ときわ、神戸市営地下鉄
・カフェ・ファストフード
 ロッテリア、プロント、タリーズ、カフェ・ド・クリエ、上島珈琲店、Cafe Miyama、Cafe ルノアール、喫茶室ルノアール、ニューヨーカーズカフェ、ミヤマ珈琲、マクドナルド
・カー用品店
オートバックス
・商業施設 
アリオ、アカチャンホンポ、ロフト、六本木ヒルズ
・スーパー 
イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマル
・デパート 
そごう・西武
・ホテル 

ワシントンホテル、プリンスホテル、ANAクラウンプラザホテル、東急イン、エクセルホテル東急、ホテルメトロポリタン、山の上ホテル、ホテル法華、ホテルニューオータニ
・レストラン 
デニーズ
・コンベンションセンタ 
東京国際展示場、幕張メッセ
・空港 
福岡空港、中部国際空港、那覇空港、大阪国際空港、JALラウンジ、羽田空港の主要エリア、成田国際空港の主要エリア、中部国際空港、大阪国際空港 伊丹空港、関西国際航空、岡山空港、北九州空港、JALラウンジ
・スタジアム 
千葉マリンスタジアム、楽天Koboスタジアム宮城

 

 

ページの一番上に戻る

《メリット・デメリット》・・・明暗くっきり!得する人損する人

BIGLOBEは2015年の1年でサービス内容を大きく変更し「BIGLOBEが進むMVNOの方向性」をハッキリさせました。

 

それでメリットの大きいユーザーと、使いづらくなる利用者が明確になりました。ポイントは3つ!

1、低容量ユーザーはメリットが減った・・・
2、データ量が多いユーザーは最安値に!
3、そこそこ通話が多い人にGood!

どんな変更があったかというと・・・

wifiスポット全プラン無料→1GB・3GBは有料に・・・

今まで一番安いデータSIMの900円プランでも利用できた、無料wifiスポットが、2016年2月から「BIGLOBE Wi-Fi」と名称をかえ1GBと3GBプランは毎月250円必要になりました。

 

そのかわり今まで全国5,200カ所しかなかったwifiスポットが「80,000カ所(2016年1月現在、随時増強中)に拡充されました。SIMを契約していない家族の端末でも250円払えば10台までBIGLOBE Wi-Fi」を利用できます。

 

簡単に言うと、BIGLOBEは月々900円の低価格層ではなく、6GB・12GBのユーザーにまとを絞り込みました(賢い!)

 

具体的に6・12GBのプランにどんな優遇をしているかというと・・・

ライバル不在の領域で展開し隠れた最安値MVNOに!

一か月の利用容量で比較するとどこが最安値かハッキリします。例えば、本サイトのデータSIM通話SIMの容量別比較表をご覧ください。

 

よーく見てみると激戦区のプランとそうでないところがあります。例えば5GBのプランは6社もあり数十円の僅差でしのぎを削っています。BIGLOBEはあえて、この消耗戦には参入せずもう1GB上の6GBのプランを提供しています。

 

これが実に賢い!なぜか?
5GB、6GB、7GBで比較してみると面白い結果が見えてきます。

 

同プラン最安値MVNO

データSIM/通話SIM

5GB

DMMモバイル

1,270円/1,970円

6GB

BIGLOBE

1,450円/2,150円

7GB

DMMモバイル

1,880円/2,580円

5GB、7GBだけで見てみると他のMVNOよりも安いDMMモバイルですが、BIGLOBEの6GBプランと比較すると「高い」んです。

 

DMMの5GBにわずか180円足すともう1GB多く利用できます。また、BIGLOBEの6GBに1GB多いDMMの7GBプランは400円近く高く設定してあります。つまり5〜7GBで見るとBIGLOBEが一番安いんです。

 

大手キャリアの以前の標準プランは「7GB」だったので、今までその中でやりくりしてきた方は、5〜7GBのプランはちょうどよい容量です。

 

それで、BIGLOBEの6GBプランは多くのユーザーが利用しやすい最安値プランと言えます。ビッグローブ、うまい所で展開してきました!

 

通話だって最安値!?なんと半額の半額!

格安スマホは「通話かけ放題」が基本的にはないので、『通話料金が多い人に格安スマホは向かない』と言われてきました。

 

LINEやIP電話ですむ方は問題ありませんが、確かに090などの3G回線で安定した通話をしたい方にとっては、かけ放題がないのは大きなネックです。しかし、BIGLOBEは通話料金のコストカットもできるようにしてくれました。どういうことかというと・・・

 

今までも、通常30秒で20円かかる通話料金を「BIGLOBEでんわ」を使うと半額の30秒10円でかけられました。(つまり、普通に1時間かけると2,400円だったものが1,200円ですみます)

 

しかし、2015年10月に「通話パック60」を発表し、月額650円の追加で合計1時間まで話せるようになりました。整理すると・・・

・1時間の通常通話=2,400円
・BIGLOBEでんわ=1,200円
・「通話パック60」=650円

通常通話料の半額の半額になります。これで通話料金がかかる方でも、格安スマホが『 ググッ 』と利用しやすくなりました!

 

 

 

biglobe公式サイト

 

 

ページの一番上に戻る

《3大キャリアと比較》・・・ほぼキャリアと同じ使い方でこの歴然差

今お使いのスマホは3大キャリアのドコモ・ソフトバンク・auですか?ほとんどプランを見直してない方は恐らく毎月6,000円から8,000円ほどかかっていると思います。

 

最近でた1通話5分まで無料プランで節約しておられる方も多いはず。恐らく大手キャリアを使っている場合は以下のプランが最安値クラスです。

 

その場合とBIGLOBEのプランを比較したらどの位安くなる?今回ビッグローブで比べてみるのは通話付き(090などの3G通話付きLTE)の高速6GB。それに60分通話無料がつく「通話パック60」を足しています。さて差額は幾ら?

 

税抜き表示

 

ドコモ

au

ソフトバンク

BIGLOBE

エントリープラン

+通話パック60

5分通話し放題

基本利用料金

1,700円

1,700円

1,700円

2,150円

600円

接続料金

300円

300円

300円

なし

データ容量/料金

5GB/5,000円

3GB/4,200円

5GB/5,000円

6GB/上記込み

合計料金

7,000円

6,200円

7,000円

2,750円

 

大手キャリアとの毎月の差額は約3,500円から4,250円!年間にすると42,000円から51,000円です。家族で変えたら数十万円の節約になることも・・・。しかも利用できる高速データ容量は同じauの2倍、ドコモ・ソフトバンクより1GB多い6GB!

 

通話も60分まで無料なので、家族や友人とはIP電話やLINEなどを利用すれば十分にその時間内で収まる方も多いはずです。大手キャリアのままにしておく理由ってほぼありません!

 

 

ページの一番上に戻る

《どんな人にお勧め?》・・・答えは簡単!BIGLOBEの動きを見れば

BIGLOBEはどんな利用タイプの方にお勧めか?これは簡単・・・ビッグローブのこの1年のプラン調整を見れば明らかです。

 

上でも解説したように、1GBや3GBなど低用量の利用者へのWi-Fiスポットの提供をやめました。

 

そのかわり、6GBや12GBの利用者への「えこひいき」なぐらいの優遇を強めています!それでBIGLOBEをお勧めできない方、お勧めしたい方は・・・

 

《 BIGLOBEのスマホ、お勧めできないのは・・・ 》

 

低容量でいいので安く利用したい方は他にもたくさん安いMVNOがあります。BIGLOBEは3GBのユーザーへの無料wifiスポット提供をやめてしまいました。他と同じ900円なので高いわけではありませんが、大手の安心感以外にメリットが多くはなくなりました。

 

《 ビッグローブの格安スマホをお勧めしたいのは・・・ 》

 

やはりある程度スマホをよく利用する方にはお勧めのMVNOです。動画もそこそこ見るので毎月3GBでは収まらない方はこのBIGLOBEの6GBプランは最安値でおすすめです。

 

通話も1時間までは最安値で利用できるので「データ通信でも通話でもスマホをよく利用する」方にはお勧めしたいMVNOです!

 

大手キャリアの安心感とともに、本格的に利用するユーザーへの優遇プランを加速させるBIGLOBE!コールセンターもつながりやすく、「格安スマホって大丈夫・・・?」不安を感じる方も、契約後安心して利用できる会社です。

 

 

biglobe公式サイト

▲ 結構お得なキャンペーン頻発の公式サイトをチェック ▲

 

 

 

 

ページの一番上に戻る

BIGLOBEスマホ評判は?使って得な人・損する人の見分け方!記事一覧

BIGLOBEのSIMが最強はなぜ?他にないwifi無料と速度

ビッグローブは誰もが知っている老舗プロバイダーです。この通信事業界大手の会社が格安スマホに本格参入しています。参入当初は企業としてどれほど本気で、この分野に参加したのか未知数でした。でも時間を追うごとにBIGLOBEが本腰を入れて、参入していることがハッキリしてきました。他社が900円で1GBから2...

≫続きを読む