b-mobileのおかわりSIMの価格って安い?

b-mobileおかわりSIM 評判・価格・比較でわかる便利さ!

1,980円使い放題の日本通信のb-mobileが使った分だけ払う、とっても合理的なコスパの「おかわりSIM」の運用を開始しました!

 

仕組みは名前の通りで、食べた分だけ払う食事のように、毎月使った分だけ課金される5段階定額制のLTEサービスです。
 
1GB500円が基本料金で、1GBづつ超えると250円追加されて、最大でも5GBで1,500円までの課金です。これ以上いくと、b-mobileのもう一つのサービス「使い放題1,980円」と同じ料金になるのでそちらを利用してください。ということだと思います。

 

この「おかわりSIM」のシステムはとってもいいのですが、そもそもの料金は安いのか高いのか?業界最安値宣言をしているDMMモバイルと比較してみました。

 

 

b-mobile「おかわりSIM」

最安値宣言のDMMモバイル

1GB

500円

630円

2GB

750円

770円

3GB

1,000円

850円

4GB

1,250円

プランなし

5GB

1,500円

1,270円

 

上の表でわかるとおり、2GBまではDMMよりも安い価格です。5GBまでいくと200円ちょっと高くなってしまいます。しかし、「おかわりSIM」のメリットが使った分だけ課金される「段階別課金」システム!

 

大方のユーザーは毎月の通信量に「ムラ」があります。数か月単位で考えると大きな料金の差が出てしまいます。以下のケースで比較してみてください。

1か月の利用料の例 b-mobile「おかわりSIM」 DMMモバイルを5GBで契約
6月 |メール・検索・LINEだけで1GB以内

1GB 500円

1,270円

7月 |動画ニュースを利用し始め3GB

3GB 1,000円

1,270円

8月 |油断して動画を見過ぎ5GB…

5GB 1,500円

1,270円

9月 |無駄に動画を見ないで2GB!

2GB 750円

1,270円

10月|2GBで落ち着く

2GB 750円

1,270円

5か月間の合計利用料金

4,500円

6,350円

 

大きな容量で余裕をもって契約するよりも、使った分だけ課金してもらうことで、大幅な節約をすることができます。普段はなるべく節約して安く済ませて、でも必要な時までは高速データ通信が5GBまでできるこの仕組みはとっても合理的でコスパも優れています。

 

 

最後にひとつ注意点が…この日本通信の「おかわりSIM」は、データ専用プランなんです。090の番号を新規・MNPで引き継いで利用できる通話機能付きプランがありません。スマホひとつで電話も通信も使いたい方には不向きなです。データ通信だけ、電話はIP電話やLINEだけでよい方にはなかなかお勧めのサービスです。

 

▼ 詳しくは公式HPをご確認ください ▼